Samurai Goal

新型コロナ


スポンサード リンク





<名古屋>金崎夢生が新型コロナ陽性…チームは活動休止へ!小西社長「クラブトップとして責任を感じている」 

20200602-00010066-chuspo-000-5-view




1: 2020/06/02(火) 22:47:11.30
名古屋グランパスは2日、元日本代表のFW金崎夢生(31)が、新型コロナウイルスに感染したことを発表した。

オンラインで会見した小西工己社長は、トップチームの活動を休止することを表明。「万全の態勢でコロナ対策をやってきたつもりだが、このような状況になってしまった。
クラブトップとして責任を感じている。金崎と一緒になり、コロナに立ち向かう」と話した。

Jリーグの選手では3月30日、神戸のDF酒井高徳が初めて新型コロナウイルスの陽性反応が出て入院し、4月25日に退院した。

6/2(火) 22:44配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/55609a48266226580d1675894ac2cb72a4305435

【サッカー】<名古屋グランパス>MF金崎夢生が新型コロナウイルスに感染したことを発表 [Egg★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1591105296/

バルセロナ、選手・スタッフ計7名が新型コロナ陽性だったとスペイン紙。「無症状だった」 

20200602-00375940-footballc-000-2-view




1: 2020/06/02(火) 17:43:35.13
バルセロナの選手・スタッフ計7名が新型コロナウイルス検査で陽性だったことがわかった。スペイン『アス』などが現地時間2日に報じた。

 バルセロナではジョルディ・カルドネル副会長、医療チームのディレクターを務めるラモン・カナル氏、ジョゼップ・アントニ・グティエレス医師の3名にウイルス感染が確認されたが、選手への感染は公表されていないかった。バルセロナは検査で選手・スタッフ全員に陰性が確認されたことにより、トレーニングを開始している。

 スペインのラジオ局『RAC1』によると、選手・スタッフは血液検査を実施し、選手5名、スタッフ2名の計7名に陽性が確認されていたという。当時クラブやリーグからの報告はなかったが、同メディアは「無症状だった」と報じている。また、現在は全員が完全に回復し、リーグ再開に向けて準備を行っているという。

 スペインリーグは6月11日からの再開が決定。バルセロナは現地時間13日にアウェイで日本代表MF久保建英の所属するマジョルカと対戦する予定である。


https://news.yahoo.co.jp/articles/57b94758c0a1298d7240f61708106fb38a35ef2d

アタランタのガスペリーニ監督が新型コロナウイルス感染を激白…感染者を増加させたCLバレンシア戦前に発症 

20200531-00375416-usoccer-000-1-view




1: 2020/05/31(日) 13:22:38.53
アタランタを指揮するジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督が、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染していたことを明らかにした。『フットボール・イタリア』が伝えた。

一時は世界で最も感染者が多い国になるなど、新型コロナウイルスの甚大な被害を受けたイタリア。その中でも、アタランタのホームタウンであるベルガモは感染拡大が急速に進んだ都市の1つとされている。

ガスペッリーニ監督率いるアタランタは、新型コロナウイルスの感染拡大が始まっていた中で、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのバレンシア戦を戦ったが、ガスペリーニ監督はこの試合の前日から症状があったことをイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』で明らかにした。

「バレンシア戦の前日に気分が悪くなって、試合の日の午後には悪化していた。写真を見てみると、ベンチにいる私は良い表情をしていない。それは3月10日だった。その後の2日間の夜は全く眠れなかったよ。熱はなかったけど、あるように感じていた」

「トレーニング場の近くに病院があるが、2分ごとに救急車が通る。それは戦場のように感じた。夜にその場所に行くとどうなると思う? 今はいけない。やらなくてはいけないことがたくさんあったんだ」

「症状を良くするということは、自分にとっても冗談のようだった。しかし、一方で私はその方法をついて本当に考えた。それから、3月14日の土曜日に私はここ数年で最も過酷なトレーニングを行った。ランニングマシーンで1時間と、10キロのランニングをした。強くて素晴らしいと感じた」

そう述べたガスペリーニ監督は倦怠感のほか、味覚障害があったことを明らかに。ドンペリを飲んでも水にしか感じなかったようだ。

「その翌日、アタランタのファンでミシュランの星を獲得したシェフから2008年モノのドンペリと食べ物を貰った。しかし、それを食べた時、『これは水だ…』と思ったし、食べ物はパンの味がすると思った。完全に味覚を失っていたよ」

「私はジンゴニア(アタランタの練習場)のトレーニング場に3週間滞在した。トリノの家に戻った時、妻と子供たちとはソーシャル・ディスタンスも常に遵守してきた。発熱は1回もなかったからPCR検査を行わなかったが、10日前の検査で新型コロナウイルスに感染したことを確認した」

「私は抗体を持っているが、免疫を持っているわけではない」

なお、CLで対戦したバレンシアではその後、トップチーム内の35%が新型コロナウイルスに感染していたと発表していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6ed0f123f79e8e06018bb5815739b8dbe72e83ed

サッカーくじ「toto」などの収益で新型コロナ影響のスポーツ界を支援 

K10012439001_2005211418_2005211444_01_02




1: 2020/05/21(木) 14:50:56.05
スポーツくじ収益で新型コロナ影響のスポーツ界支援 法改正へ

超党派の議員連盟は、スポーツ振興くじの収益の一部を新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けたスポーツ界への支援に充てるとともに、くじの対象競技にバスケットボールを加えることなどを盛り込んだ法案をまとめました。
スポーツの振興に取り組む超党派の議員連盟は、21日会合を開き、サッカーくじ「toto」などスポーツ振興くじに関する法律の改正案をまとめました。

それによりますと、新型コロナウイルスの感染拡大でスポーツ界も大きな影響を受けたことを踏まえくじの収益の一部をその支援に充てるとしています。

また、くじの対象競技にバスケットボールを加えるなどとしています。

議員連盟は、来週中にも各党の手続きを終え、今の国会に提出し、成立を目指すことにしています。

ソース:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200521/amp/k10012439001000.html

<ジャパネット>長崎サッカー場、収容人数縮小へ 新型コロナで2万人規模に 

1: 2020/05/20(水) 17:14:36.50
通信販売大手、ジャパネットホールディングス(長崎県佐世保市)は20日、長崎市中心部で計画している新サッカー場の建設に関し、
コロナ感染防止などのために座席間隔を広げ、収容人数を当初予定の2万3千人から2万人規模へ縮小することを検討していると明らかにした。

これに伴い開業時期が、予定していた2023年から24年以降へ遅れる可能性がある。
ジャパネットは来月中にも大枠の方針をまとめる。

担当者は「新型コロナ収束後も生活様式を変えていかないといけないという話もあり、丁寧に対応する必要があると判断した」と説明している。
新サッカー場はV・ファーレン長崎の本拠地となる。

5/20(水) 16:44配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200520-00000141-kyodonews-socc

写真
no title

プレミアリーグの検査で6人が新型コロナ陽性反応 再開に向けて大きな問題と直面 

Unknown




1: 2020/05/20(水) 10:21:34.01
サッカーのイングランド・プレミアリーグは19日、新型コロナウイルスの検査で3クラブの6人が陽性反応を示し、7日間の自主隔離に入ると発表。17、18日に19クラブの748人の選手、スタッフが検査を受けたもので、AP通信によればそのうち3人はワトフォード(選手1人、スタッフ2人)だったことが明らかになった。

さらにバーンリーはイアン・ワーン・アシスタントコーチ(52)が陽性だったことを公表。最後の20クラブ目(名前は非公表)は19日に検査を受けたと伝えられている。

英国では新型コロナウイルスに約25万人が感染してすでに3万5000人以上が死亡。19日だけでも545人が死亡しており、6月12日からの再開を目指しているプレミア・リーグは、6人が陽性反応を示したことで難しい対応を迫られている

ソース/スポニチアネックス
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2020/05/20/kiji/20200520s00002021105000c.html

<本田圭佑>新型コロナの“第2波”に警鐘!「経済活動行いながら、防止する方法を考えることが重要」 

1: 2020/05/18(月) 20:50:23.46
ブラジル1部・ボタフォゴのMF本田圭佑(33)は18日、自身のツイッターを更新。今後、新型コロナウイルスの“第2波”が到来するとして警鐘を鳴らしている。

 日本ではウイルスの新規感染者の発生が落ち着き、今月14日に39県で緊急事態宣言が解除された。だが、多くの人が外出自粛をやめて経済活動を通常通り再開することで、第2波、第3波として感染が再び拡大する可能性が懸念されている。

 本田は「コロナウイルスの第2波は少なくともやって来る」と英語でツイート。その上で、「経済活動を行いながら、それを防ぐ方法を考えることが重要ではないでしょうか」と持論をつづった。

 これまでにもコロナ関連の問題に対して自身の見解を発信。先月12日には、サンパウロ州政府が出した隔離政策にに反発するデモが頻発した記事を引用し、「新型コロナよりも、経済崩壊の方が命に関わる危機だという人が多いという現実。もうこうなると正解は分からんよね」と心境を吐露していた。

5/18(月) 18:51 スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/0c283f89d62313cb6531f99c5e9da8d285e52bfc

写真no title

新型コロナで選手の肺に損傷の可能性、独医師が警告 

20200515-00000027-jij_afp-000-2-view

サッカー選手が新型コロナ感染した5歳の息子を殺害・・・トルコ 

20200510-00000005-jij_afp-000-3-view




1: 2020/05/13(水) 17:55:28.60
トルコのサッカー選手が5歳の息子を殺害したと自供して逮捕される衝撃の事件が起きた。トルコでの報道を元にスペイン紙『マルカ』など各国メディアが伝えている。

逮捕されたのは32歳のDFジェヴヘル・トクタシュ。トルコ4部にあたるアマチュアリーグのブルサ・ユルドゥルムスポルでプレーしていた。若手時代の2008/09シーズンにはトルコ・スーパーリーグのハジェッテペでの出場経験もある選手だった。

5歳だったジェヴヘルの息子は4月23日に死去。新型コロナウイルス感染による呼吸器の問題により死去したとみられていたが、ジェヴヘルは自身が殺害したことを警察に自供したとのことだ。

伝えられる自供内容によれば、新型コロナウイルス感染が疑われる症状により入院した息子と病室で2人になったジェヴヘルは、約15分間にわたって枕を息子の顔に押し当てて窒息させたという。息子が動かなくなったあと同選手は医者を呼び、息子は集中治療室へ運ばれて処置を受けたが助からなかった。

それから11日後の5月4日にジェヴヘルは警察に出頭し殺害を自白。動機としては「理由は分からないが、産まれた時から息子を愛していなかった」と話したという。同選手は逮捕されており、終身刑となる可能性が高いとの見通しも伝えられている。

ソース/FOOTBALL CHANNEL
https://www.footballchannel.jp/2020/05/13/post373725/

ウルグアイ代表DFカセレスが新型コロナ感染 

20200513-00374536-usoccer-000-1-view




1: 2020/05/13(水) 10:10:08.59
トレーニング再開前に陽性者が出たフィオレンティーナ、ウルグアイ代表DFカセレスが感染

トレーニング再開に向けた検査で、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者が6名発覚したフィオレンティーナ。その1人は、ウルグアイ代表DFマルティン・カセレスだったようだ。

ウルグアイ『エル・パイス』などスペインや南米の複数メディアによると、フィオレンティーナで見つかった陽性者6名のうち3名が選手であることは事前に発表されていたが、12日にそのうちの1名がカセレスであったことがわかったようだ。

なお、ヨーロッパでプレーするウルグアイ人選手としては、エスパニョールのDFレアンドロ・カブレラに続いて2人目の感染者となる。

カセレスは、フィオレンティーナのクラブドクターであるルカ・ペンゲ氏によって明かされ、他の2選手とともに無症状であるという。なお、これにより、フィオレンティーナのトレーニング再開が延期になることはないようだ。

イタリアでは、新型コロナウイルスの感染が爆発したこともあり、セリエAが中断された他、ロックダウン(都市封鎖)の措置が取られ、各クラブの選手たちは自宅隔離されることとなっていた。

選手にも次々と感染者が出る中、イタリア国内での感染者増加が緩まってきたこともあり、イタリア政府は先週からトレーニング施設を利用した個別トレーニングを許可。18日にもチームトレーニングの再開が許可される見込みとなっている。

フィオレンティーナのジョー・バローネGD(ゼネラルディレクター)は「我々のトレーニング施設は準備ができており、プロトコルが示す全てのことを対応した。6つの陽性反応が出ているが、それぞれ無症状であり元気だ。できるだけ早い回復を願っている」とコメントしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200513-00374536-usoccer-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索