Samurai Goal

斉藤光毅


スポンサード リンク





<FW斉藤光毅(19)>移籍金2億7千万円海外移籍の舞台裏 交渉人が明かす戦略 横浜FCからベルギー2部へ 

スクリーンショット 2021-01-04 11.22.44




1: 2021/01/03(日) 22:27:45.05 _USER9
日本サッカー界では近年、20歳前後の若手の海外移籍が活発化している。今冬にベルギー2部リーグのロンメルに完全移籍するJ1横浜FCの19歳、FW斉藤光毅もその一人だ。
今回の移籍はJクラブから海外に渡る10代の選手としては高額の約2億7千万円とされる移籍金が生じた。日本サッカー協会公認の仲介人で、斉藤の交渉を担当した柳田佑介さんに背景や意義を聞いた。(聞き手、共同通信=大島優迪)

―斉藤は横浜FCの下部組織出身でドリブル突破や俊敏性が武器のアタッカー。当初から海外志向が強かったか。

当初は必ずしもそういう感じではなかった。(バルセロナの下部組織で育ち、日本代表でプレーする)同い年の久保建英(ビリャレアル)の存在が大きい。久保の同世代の選手は皆、彼が基準になっている。
光毅も(2018年に16歳で)Jリーグでデビューし、海外からの評価を聞くにつれて自分も早く海外に行きたいとなっていった。

―17歳の時に飛び級で参加した19年のU―20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)で欧州のクラブの関心が高まった。

その前の18年のU―19アジア選手権から注目されていた。(有望な若手は)アジアでの大会からチェックされる時代になっており、インドネシアにも欧州のクラブのスカウトが10人は来ていた。
その後、U―20W杯の前後で有名クラブも含め様々な欧州クラブから『興味があるのでオファーを検討したい』と言われた。

―19年に海外移籍するチャンスもあった。

実際にオファーはあったが、慌てて行く必要はなく、まずJ1を経験してからという共通認識があった。食事、休息等のコンディショニングも含め、プロ選手として、一人の社会人として生活する力が身につかないうちに海外に行っても成功は難しい。
サッカー以外の壁を低くした上で移籍をした方が将来成功する確率が高くなるということを若い選手には伝えている。

▽目標から逆算

斉藤は欧州チャンピオンズリーグ(CL)の決勝で点を取るという大きな目標を掲げる。柳田さんはこの目標から逆算し、移籍プランを策定。強豪クラブに移籍する選択肢もあったが、
出番を確保できる欧州の下位リーグで実績を積んでステップアップする青写真を描いた。

―有名クラブから関心を持たれる中、移籍プランを立てた。

 ビッグクラブには全世界の才能が集まってくるため競争が激しく、セカンドチームを主戦場とするか下位カテゴリー(のクラブ)にレンタル移籍されることになる可能性が高い。
欧州の各リーグの特長や日本人との相性などを説明し、下位リーグで着実に実績をつくってから階段を上る方がいいと話した。

また21年1月に欧州に移籍する(欧州はシーズン途中のため最初は5月末まで約半年間のプレーになる)という方向性が比較的早い段階で固まったこともプラン策定に影響した。
その期間には延期されたU―19アジア選手権も入ってくるため、最初の半年は環境に慣れながらできるだけ試合に使ってもらえるところに移籍する、ということを中心に計画を練っていった。

―プレミアリーグの強豪マンチェスター・シティーを傘下に置く英国シティー・フットボール・グループ(CFG)が20年5月に買収したロンメルに移籍先を決めた。

ロンメルは選手の価値を上げることを重要視しているため、シーズン途中からの加入であっても起用してもらえる可能性が高い。
また、ベルギーの環境に慣れロンメルで活躍できれば、そこでのプレーを見て(斉藤に)関心を持ったクラブにレンタル移籍をすることを支援してくれることになっている。

ロンメルを含むCFGグループは、光毅の成長度合いに応じて最もふさわしいクラブを探すパートナーのような存在として捉えている。彼らの持つネットワークや資源を最大限活用し、
一緒に光毅の価値を上げて成長を後押ししようというのが今回のプラン。これが絵に描いた餅に終わってしまわないかどうかは光毅次第だ。

▽成功事例になるか

 これまで日本では若手が安価な移籍金で海外に渡る場合も多かったが、横浜FCは今回、斉藤を育てた対価として約2億7千万円とされる移籍金を受け取る。クラブにとって有望な若手の流出は痛手だが、
優れた育成システムを持つという実績や後進育成につながる。

1/3(日) 10:02配信 47news
https://news.yahoo.co.jp/articles/85f4607dc01b761ca4a3ddb1d31b9e618cfb59fd

写真
https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/317000/316002/news_316002_1.jpg

U-19日本代表候補が発表。ベルギー移籍決定の斉藤光毅や西川潤らが選出 

スクリーンショット 2020-11-13 18.36.12




1: 2020/11/13(金) 16:21:49.54 _USER9
 日本サッカー協会(JFA)は13日、11月15日からのトレーニングキャンプに臨むU-19日本代表候補を発表した。JFAの公式サイトで伝えられている。

 候補メンバーには、11日にベルギー2部のロンメルへの完全移籍が発表された横浜FCのFW斉藤光毅やセレッソ大阪FW西川潤、サガン鳥栖MF松岡大起などが選出された。


 U-19日本代表候補は来年3月に開催されるAFC U-19選手権ウズベキスタン2020に向けたトレーニングキャンプを実施。11月15日~18日まで高円宮記念JFA夢フィールドで行われる。なお、内田篤人ロールモデルコーチが17日まで帯同することになる。今回選出されたメンバーは以下の通り。

▽GK
藤田和輝(アルビレックス新潟)
鈴木彩艶(浦和レッズユース)
野澤大志ブランドン(FC東京)
▽DF
成瀬竣平(名古屋グランパス)
西尾隆矢(セレッソ大阪)
三原秀真(愛媛FC)
木村誠二(FC東京)
加藤聖(V・ファーレン長崎)
バングーナガンデ佳史扶(FC東京)
馬場晴也(東京ヴェルディ)
佐古真礼(東京ヴェルディユース)
中野伸哉(サガン鳥栖U-18)
▽MF
本田風智(サガン鳥栖)
松岡大起(サガン鳥栖)
川﨑颯太(京都サンガF.C.)
武田英寿(浦和レッズ)
鈴木唯人(清水エスパルス)
谷内田哲平(京都サンガF.C.)
山本理仁(東京ヴェルディ)
荒木遼太郎(鹿島アントラーズ)
藤田譲瑠チマ(東京ヴェルディ)
▽FW
大森真吾(順天堂大)
櫻川ソロモン(ジェフユナイテッド千葉)
斉藤光毅(横浜FC)
西川潤(セレッソ大阪)

https://news.yahoo.co.jp/articles/edf32be16bb9329fc07f1c8d8caca085e73be578
11/13(金) 16:00配信

ベルギー2部完全移籍FW斉藤光毅が会見「活躍で感謝を」…送り出す横浜FCは「緻密な育成プラン」に太鼓判! 

b27f61f7-533f-7b5d-6b4f-69e7187bc2df




1: 2020/11/12(木) 19:50:14.58 _USER9
FW斉藤 光毅
フリガナサイトウ コウキ
背番号23
身長/体重170cm/61kg
生年月日2001年8月10日
出身地東京
血液型A
所属チーム名犬蔵SC-横浜FCJrユース-横浜FCユース
ゲキサカ

 横浜FCからベルギー2部のロンメルSKへの完全移籍が発表になったFW斉藤光毅(19)が12日に会見を行った。斉藤は「ずっと海外に行きたかった。いろんな葛藤があった中で、ロンメルSKが目標に到達するために一番イメージできたチームだった。海外で活躍する姿をみせることで感謝を伝えたい」と決意を語った。

 移籍するロンメルSKはベルギー2部ながら、プレミアリーグの強豪マンチェスター・シティを筆頭とするグループの傘下に所属する。現在も世界各国の有望株が中南米やアフリカの若手有望株が所属しており、研鑽を積んでいる。

 会見に同席した服部健二ゼネラルマネージャー(GM)によると、ロンメルSKが斉藤に興味を持って調査を始めたのは、昨年5月に行われたU-20ワールドカップから。多くのビッグクラブから関心があった中で、緻密な育成プランを持つことが、送り出す側としても判断材料になったと明かす。

 また今後斉藤は、横浜FCでシーズンを終えた1月よりベルギーに渡る。そこでまずは半年間、ベルギー2部でプレーすることになるが、そのあとは次のステップに進むことも考えられるという。「新たなスタートラインだと思っています」。胸を躍らせる19歳。会見で連発した「感謝」をまずは横浜FCサポーターに示すべく、残り7試合となったラストダンスに神経を集中させる。 

https://news.yahoo.co.jp/articles/535c1fe88a229dda5d69d80b8155d51d6b86286
1/12(木) 18:51配信

横浜FC 19歳FW斉藤光毅の海外挑戦を発表 来季からベルギー2部ロンメルに完全移籍 

スクリーンショット 2020-11-11 22.23.16

横浜FCの19歳FW斉藤光毅、ベルギー2部ロンメルに完全移籍 将来的な“マンC入り”視野 

スクリーンショット 2020-11-05 8.34.01




1: 2020/11/05(木) 04:41:01.54 _USER9
 横浜FCのU―19日本代表FW斉藤光毅(19)が今冬、ベルギー2部ロンメルに完全移籍することが4日までに分かった。近く正式に発表される見通しで、移籍金は200万ポンド(約2億7000万円)にも上るという。

 ロンメルはプレミアの強豪マンチェスターCを筆頭とする複数クラブを保有するシティー・フットボール・グループ(CFG)傘下の新興クラブ。今回の移籍もCFGが深く関わっているようで、飛び級で出場した19年U―20W杯でも活躍した斉藤を長きにわたり追跡。将来性を高く評価した上で、長期にわたる“育成プラン”を提示したという。最終的にその熱意に斉藤も心を動かされたようだ。

 CFGは当初、今夏での移籍を希望していたというが、横浜FCと斉藤の意向も踏まえJリーグ終了後の今冬での移籍実現となったもよう。今後はその成長度合いに合わせて所属クラブも徐々にステップアップさせていく方針で、将来的には傘下トップのマンチェスターCでの活躍を期待しているという。

 斉藤は鋭いドリブルに加え、優れた得点感覚を持つFW。久保建英(ビリャレアル)とは同学年で、18年7月には16歳でJ2デビュー。今季はJ1デビューも果たした。来年のU―20W杯での活躍も期待される横浜FCアカデミーが生んだ最高傑作。横浜FCも「世界に羽ばたけ」と快く送り出したい意向という。日本サッカー期待の逸材が、また一人大きな期待を背負って海を渡る。

 ◆斉藤 光毅(さいとう・こうき)2001年(平13)8月10日生まれ、東京都出身の19歳。横浜FCのアカデミー出身で高校2年の18年にトップチームに2種登録された。同7月21日のJ2岐阜戦でクラブ史上最年少となる16歳11カ月11日でトップチームデビュー。年代別代表の常連で、昨年は飛び級でU―20W杯にも出場した。今季は7月の柏戦でJ1初得点をマーク。利き足は右。1メートル70、61キロ。

 ▽シティー・フットボール・グループ 08年にUAE王族の投資会社アブダビ・ユナイテッド・グループの子会社として設立されたサッカー事業グループ。豊富な資金をバックにプレミアリーグの強豪マンチェスターCを筆頭とする多数のクラブを保有。14年7月には横浜と資本提携を伴うパートナーシップを締結。主な所有クラブは米MLSニューヨーク・シティー、メルボルン・シティー、スペイン2部ジローナ、フランス2部トロワ。

 ▽ロンメルSK 本拠地はベルギー東部リンブルフ州ロンメルで創設は03年。1920年に設立されたクラブにルーツを持ち吸収合併を経て16年に現クラブ名に変更。1部リーグ経験はないが、20年5月にマンチェスターCを筆頭とする多数のクラブを保有するシティー・フットボール・グループが買収。指揮官は英国人のリーム・マニング監督(35)。ホームはスブレインスタディオン(約1万2500人収容)。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8b5f4252b29f19edfbbc9edb8d293ae7e1e047ce
11/5(木) 4:30配信

https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/players/detail/1613333/296
成績

横浜FC斉藤光毅、マンC経由ベルギー移籍か 

スクリーンショット 2020-10-15 12.27.00

マンC、U19代表FW斉藤光毅獲得へ!移籍金は1億円以上 

1: 2020/10/14(水) 05:44:24.87 _USER9
英プレミアリーグの強豪マンチェスターCが横浜FCのU―19日本代表FW斉藤光毅(19)の今冬の獲得に向けて動いていることが13日、分かった。複数の関係者によれば移籍金も100万ポンド(約1億3800万円)前後となる見込み。東京五輪出場も期待される若き才能へ、期待値の高さがうかがえる。
 斉藤は鋭いドリブルに加え、優れた得点感覚を武器とする。久保建英(ビリャレアル)とは同学年。18年7月には16歳でJ2デビュー。当時51歳のカズと35歳差2トップを組み、話題を呼んだ。昨年はU―20W杯に最年少で出場するなど順調に成長。過去には板倉滉(現オランダ1部フローニンゲン)、食野亮太郎(現ポルトガル1部リオアベ)を獲得してきたマンCは、早くから斉藤もリストアップし、今冬の移籍市場に向けて動きを本格化させているという。

 J1に昇格した今季は19戦3得点。コロナ禍による自粛期間に地道な筋力トレーニングを続け、プレー全般でパワーも増した。スペイン、A代表で躍進が続く久保の存在も強く意識する。「建英の活躍は一方的にですが、危機感を感じてます。建英がやっているカテゴリー、舞台での想定もできるので基準が1個上がる気持ちにもなります」と話している。

 A代表経験のない斉藤はプレミアリーグでのプレーに必要な英国の労働許可証が取得できない可能性が高く、移籍が実現した場合、まずは他チームでの武者修行が濃厚だが、加速するマンCの動きは期待の大きさの表れだ。14日はアウェーでの仙台戦に臨む。名門から白羽の矢が立った若き才能の今後が注目される。

 ▽マンチェスター・シティーFC 1880年創設。同じマンチェスターを本拠地とするユナイテッドとは対照的に98~99年に3部へ降格するなど低迷期が続いたが、08年に新オーナーとなったUAE王族の豊富な資金をバックにチーム強化。16年就任のグアルディオラ監督の下、18~19年はリーグ連覇を含む国内3冠を達成した。主なタイトルはリーグとFA杯が6回ずつ、リーグ杯が7回、欧州カップウィナーズ杯1回。ホームはエティハド・スタジアム(5万5017人収容)。

 ◆斉藤 光毅(さいとう・こうき)2001年(平13)8月10日生まれ、東京都出身の19歳。横浜FCのアカデミー出身で18年、高校2年のときにトップチームに2種登録。16歳11カ月11日でのJ2岐阜戦出場はクラブ史上最年少。年代別代表の常連で、昨年は飛び級でU―20W杯にも出場した。今季は7月の柏戦でJ1初得点をマーク。利き足は右、1メートル70、61キロ。

https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2020/10/14/kiji/20201013s00002179451000c.html
no title

久保建英に続く2人目の快挙! カズを驚愕させた、横浜FCの18歳・斉藤光毅を知れ! 

20200712-00010000-realspo-000-8-view

U19日本代表候補のトレーニングキャンプメンバーが発表…染野唯月や斉藤光毅らが選出 

20200710-01094969-soccerk-000-1-view

「誇りに思います」横浜FC18歳斉藤光毅、52歳カズと共演で最高の瞬間  

20191126-43474410-gekisaka-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/26(火) 07:01:47.67 ID:MJWAkTDx9
[11.24 J2第42節 横浜FC2-0愛媛 ニッパツ]

最後は現役高校生の18歳と52歳の最年長Jリーガーが共演し、歴史的な瞬間を迎えた。13年ぶりのJ1復帰を決めた横浜FC。「本当に誇りに思いますし、カズさんと一緒に同じピッチでプレーできるのは凄いこと。噛み締められたかなと思います」。FW斉藤光毅はFW三浦知良とともにピッチで迎えた歓喜の瞬間をそう振り返った。

「カズさんのピッチ内外の言動は全て自分のためになるもの。見聞きして、自分のものに吸収していくように意識していました」。後半29分、カズとハイタッチをかわし、気合十分にピッチに入った。「光毅は『俺がやってやる』という感じで出ていきました」と、カズも気迫溢れる18歳への頼もしさを語っていた。後半42分にカズが投入され、そのまま2-0勝利。最高な形でシーズンを締めくくった。

アグレッシブにドリブルで仕掛け、ゴールに絡み、クラブをJ1昇格に導いた。昨年7月、クラブ史上最年少となる16歳11か月11日でトップチームデビュー。昨年9月にプロ契約を締結した。2001年生まれの18歳に、横浜FCがJ1の舞台を戦った07シーズンの記憶はないというが、下部組織で育った生え抜き選手としての矜持がある。

「中学から横浜FCに携わってきて、その昇格の一員にいられた。こういう大事な試合に出られたというのは、もちろんまだまだですけど、ジュニアユース、ユースで関わってきたコーチ陣、お世話になってきた人たちに、少しは恩返しできたのかなと思います」

今シーズンは5月にU-20ワールドカップへの参加でチームを離れると、負傷帰国という憂き目にあった。戦線から離脱したが、約2か月ぶりの復帰戦から完全復活を告げる2試合連続ゴール。シーズン6得点。目標の2ケタ得点には届かず、「来年量産できるように強い気持ちを持って挑みたい」とJ1のステージを見据えた

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-43474410-gekisaka-socc
11/26(火) 6:30配信



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索