Samurai Goal

敗退


スポンサード リンク





R・マドリーがまさかの国王杯3回戦敗退!! 退場者出した2部Bアルコヤーノに延長戦で逆転負け 

スクリーンショット 2021-01-21 13.05.19

皇后杯 INAC神戸、8強で敗退 4年連続無冠 

スクリーンショット 2020-12-19 13.57.38




1: 2020/12/19(土) 13:14:49.44 _USER9
サッカーの皇后杯全日本女子選手権は19日、栃木県のカンセキスタジアムとちぎで準々決勝2試合があり、なでしこリーグ1部のINAC神戸は2-3で同1部の新潟に逆転負けを喫した。8強で敗退し、リーグ戦も含め、4年連続の無冠が確定した。

 INAC神戸は、前半26分、杉田の左クロスに高瀬が右足で合わせて先制。同39分は、再び杉田のクロスから中島が追加点を挙げ、1点リードで前半を終えた。

 1-2の後半6分に追い付かれると、2分後に背後を突かれて逆転を許した。今季のリーグ戦3勝2分け4敗と苦手とするアウェーで、またも苦杯をなめた。

 来季イングランド1部リーグに挑戦する日本代表のエース岩渕、期限付き移籍で4年ぶりに復帰し、来季は米女子プロリーグに戻る川澄は出場しなかった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5a85c19cbd901f2229ba23fe4abc0d1a8688c269

神戸 延長戦で力尽きACLで敗退 VARで得点取り消し 相手オフサイドはゴールに 

スクリーンショット 2020-12-13 22.33.49

神戸、ACL準決勝敗退…120分死闘もVAR判定に二度泣かされ、日本勢4年連続のファイナルならず 

スクリーンショット 2020-12-13 21.51.55




1: 2020/12/13(日) 21:35:54.11 _USER9
アジア・チャンピオンズリーグは12月13日、準決勝の蔚山現代対ヴィッセル神戸の一戦が19時(日本時間)のキックオフで行なわれ、神戸は1-2で敗れた。

 神戸は大黒柱のアンドレス・イニエスタが決勝トーナメント1回戦で負った怪我が癒えず、メンバーを外れ欠場。それでも代わってキャプテンマークを巻いた山口蛍を中心に競合の蔚山を相手に互角の展開に持ち込む。

 前半をスコアレスで折り返すと、後半立ち上がりに神戸が均衡を破る。52分、CKから山口蛍がグラウンダーのボールをダイレクトで右足一閃。鋭いシュートが相手GKの足下を抜けてゴールに突き刺さった。神戸が先制に成功する。

 さらに神戸は75分、中盤で安井のボール奪取からカウンターを繰り出すと、最後は佐々木大樹が押し込みネットを揺らす。神戸の2点目かと思われたが、VAR判定によりノーゴール。ファウルとされたのは、ゴール前のシーンとは直接関係のない中盤での安井のボール奪取のプレー。このプレーもファウルとするには微妙なものだった。

 すると80分、神戸はカウンターを受けると、ユン・ビッガラムのシュートをヨハンソンに方向を変えて押し込まれ、ゴールを許してしまう。副審がオフサイドフラッグを上げ、いったんはオフサイドの判定とされたが、これもVAR判定により、蔚山のゴールが認められることとなった。神戸は二度のVAR判定で不利を被る形となる。

 神戸は後半アディショナルタイムに途中出場の藤谷壮のクロスから、ドウグラスが決定的なヘディングシュート。しかし、これは相手GKの好守に阻まれた。結局、90分を終えて1対1。勝負は延長戦に持ち込まれた。

 延長戦に入ると、神戸は足が止まり始め、蔚山のカウンターによって再三ピンチを迎える。しかし、そのたびにGK前川黛也が好セーブ。とりわけ、延長前半103分にはヨハンソンに決定的なヘディングシュートを放たれるが、これを左手一本でスーパーセーブ。なんとか、勝負を延長後半へと持ち込んだ。

 すると延長後半立ち上がりに神戸にビッグチャンス。古橋亨梧が相手DFのパスミスを誘うと、これに反応したドウグラスがGKと1対1を迎える。ドウグラスは古橋へのパスを選択。古橋は中央のドウグラスへ折り返すが、これが合わず神戸は大きなチャンスを逸してしまう。神戸は続けて108分にもセットプレーからドウグラスが決定的なヘディングシュートを放つが、ここは相手GKの好守に阻まれ得点ならず。しかし、前半は押し込まれた神戸が息を吹き返す。

 しかし、延長後半119分にGK前川がファウルを取られPKを献上。これを根グランに決められ、勝ち越しを許してしまう。結局、神戸は1-2で敗れた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ada4bcf4ca71cb3a8ab271fdd0d51c40674ea381

ACL敗退の中国クラブが「ホームシック」 カタールで足止め 

スクリーンショット 2020-12-10 18.37.36

横浜FM、先制もACLベスト16敗退…水原三星が逆転勝ちでベスト8へ 

スクリーンショット 2020-12-08 6.53.38




1: 2020/12/08(火) 00:54:48.35 _USER9
現地時間7日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)はカタールでラウンド16が開催され、横浜F・マリノスは水原三星(韓国)と対戦した。

上海上港(中国)、全北現代(韓国)、シドニーFC(オーストラリア)と同居したグループHで日本勢最多となる勝点13を挙げ、首位通過を果たした横浜FM。対する水原三星も、ヴィッセル神戸、広州恒大(中国)が同居する激戦区となったグループGを2位で通過し、何年にも渡りACLの舞台で日本勢を苦しめてきた強敵だ。

しかし、昨季のJリーグ王者として大会に臨んでいる横浜FMは立ち上がりから自分たちのペースで試合を進めていく。開始わずか3分、マルコス・ジュニオールとの連携で左サイドを突破した高野の折り返しをニアサイドのエリキが触り、ファーポストには仲川が滑り込んだが角度を欠き押し込めず。

立ち上がりの決定機をモノにできなかった横浜FMだが、やや相手に流れが傾きつつあった20分にカウンターを発動。喜田の糸を引くようなスルーパスに抜け出した仲川がペナルティーエリア内右からダイレクトで折り返すと、ゴール前に走り込んだエリキが上手く押し込んで横浜FMが先制する。

水原三星もすぐさま反撃。25分にはパク・サンヒョクの強烈なミドルシュートが横浜FMゴールを襲うが、ここはGKオビがゴール上へとはじき出した。31分には危険な位置でFKのチャンスを与えしまうが、ペナルティーエリア右からのFKはゴール前で畠中がブロック。腕に当たっていたが、笛は吹かれなかった。

やや守勢に回っていた横浜FMは33分、GKオビからのロングパスに抜け出した仲川がエリア内右から折り返し、ゴール前でフリーとなっていたマルコス・ジュニオールが合わせるも、上手く当たらず無人のゴールを外してしまう。さらに39分、カウンターからドリブルでゴール前まで持ち上がったエリキが鋭い切り返しでDFをやり過ごし、左足で狙うも上手くミートできず、ゴール左へと大きく外してしまう。再三、決定機を作り出した横浜FMだったが、1点リードで試合を折り返した。

後半、1点を追う水原三星が積極的な入りを見せ、52分にはスルーパスに抜け出したイム・サンヒョプがエリア内右からシュート。しかし、ここもGKオビが正面ではじき返す。

それでも守勢の続く横浜FMは57分、ついに失点を喫する。自陣でボールを奪われると、ショートカウンターからペナルティーエリア手前右でボールを受けた12が、カットインして左足を振り抜く。ゴール右隅を捉えた強烈なシュートはGKオビの横っ飛びも及ばず、水原三星が同点に追いついた。

62分には、マルコス・ジュニオールがファールを受けた後、両チームの選手がヒートアップする場面も。ここでは喧嘩両成敗として扇原とコ・サンボムの両者にイエローカードが提示された。

前からガンガンプレスにくる水原三星に対し、思うようにボールが運べない横浜FMは、守備でも前からのプレスがハマらず、我慢の時間帯が続く。

久々のチャンスは75分、カウンターからマルコス・ジュニオールのパスをペナルティーエリア手前右で受けた仲川が右足を振り抜く。しかし、枠を捉えたシュートはGKヤン・ヒョンモにセーブされる。

流れを変えたい横浜FMは78分、マルコス・ジュニオール、高野、喜田を下げて天野、前田、和田を投入。一気に3枚を入れ替え、90分で決着を付けようというメッセージを送り込む。

しかし、無情にも次の1点は水原三星が手にする。82分、高い位置でボールを奪い、ドリブルで持ち上がったキム・ミヌがキム・ガニとのワンツーで最終ラインを突破。そのままGKオビの股を抜くシュートでネットを揺らし、水原三星が逆転に成功する。

1点ビハインドとなった横浜FMは前掛かりになって攻めようとするが、87分にセンターサークル中央でボールを奪ったハン・ソクジョンがすかさずロングシュート。意表を突いたシュートにGKオビも反応しきれず、水原三星が決定的な3点目を奪った。

これで一気に苦しくなった横浜FM。アディショナルタイムには投入されたばかりのオナイウが天野の右クロスを頭で合わせて1点差に詰め寄るも、同点に追いつき延長戦に持ち込むことは叶わず。逃げ切った水原三星がベスト8進出を果たし、横浜FMはベスト16で涙をのんだ。

■試合結果
横浜F・マリノス 2-3 水原三星

■得点者
横浜F・マリノス:エリキ(20分)、オナイウ(90+1分)
水原三星:キム・テファン(57分)、キム・ミヌ(82分)、ハン・ソクジョン(87分)

https://news.yahoo.co.jp/articles/d46825bc9363402cae71d803939b27a524adec7f

【FC東京】「あのシーンだけ…」ACL敗退に長谷川監督が失点場面を悔やむ「アジアの大会に慣れていない選手もいた」 

スクリーンショット 2020-12-07 15.42.15

【速報】香川真司、リーガ1部昇格ならず。サラゴサがプレーオフ準決勝で敗退 

スクリーンショット 2020-08-17 7.57.27

CL敗退もペップはVAR批判せず「文句を言いたくない、言い訳したくない」 

スクリーンショット 2020-08-16 13.46.52

デ・ブライネ、マンCのベスト8敗退に落胆「もっとうまくやれたはず」 

スクリーンショット 2020-08-16 12.44.30


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索