Samurai Goal

放出


スポンサード リンク





メッシ「バルサ残留」でグリーズマンが〝玉突き放出〟!? スアレスは残留へ 

1: 2020/09/07(月) 08:41:45.88 _USER9
9/7(月) 5:15
東スポWeb

メッシ「バルサ残留」でグリーズマンが〝玉突き放出〟!? スアレスは残留へ
メッシ残留でチーム再編が加速する(ロイター)
 スペイン1部バルセロナに残留したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)の余波が広がっている。放出が決定的だったウルグアイ代表FWルイス・スアレス(33)に残留の公算が高まっている一方で、フランス代表FWアントワヌ・グリーズマン(29)の放出が急浮上。開幕を目前に控えてチーム再編が加速しそうだ。

 昨季までバルセロナ攻撃陣の一角を担ってきたスアレスは、就任したロナルド・クーマン新監督(57)から戦力外通告を受けて、イタリア1部ユベントスに移籍間近とみられていた。

 だが、スアレスの盟友でもあるメッシは、この戦力外通告に激怒したと報じられ、自身がバルセロナに退団を申し出る引き金になったと言われている。そんな中、メッシが退団を撤回したことで、クーマン監督が方針転換し、スアレスに残留の目が出てきたとの見方も出てきている。

 スペイン紙「スポルト」もスアレスについて「まだバルセロナと退団の合意に達していない」と指摘。ユベントス入りに向けてイタリア国籍取得の問題もあることから破談となる可能性もあり、複数のイタリアメディアは、ユベントスがスアレスではなく、アトレチコ・マドリードのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(27)の獲得を目指すと報じている。

 もう一人、騒動の余波が直撃しそうなのがグリーズマンだ。英紙「デーリー・メール」は「フランス人選手はクーマン監督によってメッシの代役を約束されていた。しかし、メッシが残る決断をしたことでプランは崩れた」と報道。メッシが退団した場合、グリーズマンをエースに据えてチームづくりをする予定だったが、残留によって一転、放出候補に浮上。すでにイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド、リバプール、アーセナルがグリーズマンの動向を注視しているという。

 2人とも世界屈指のストライカーだけに、その去就がチーム編成に与える影響は大。メッシの退団騒動の余波はまだまだ続きそうだ。

no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/c3cddfe2014909fc55b9b240dc7916c06d77f92a

「この日本人を売りに出せれば…」サラゴサは香川真司の放出を“歓迎”? 地元メディアが挙げた移籍先候補は―― 

スクリーンショット 2020-08-30 18.28.21

フランクフルト、トップ下・鎌田大地のライバルを放出…ホッフェンハイムとトレードが成立 

スクリーンショット 2020-08-05 18.24.40

バルサがグリーズマン放出決め、ユーベにオファーか 

20200704-27040383-nksports-000-12-view

苦しむ武藤嘉紀…英メディアが「ニューカッスルが放出すべき5選手」の1人に選出 

20200609-00010017-goal-000-1-view




1: 2020/06/09(火) 20:16:13.81
ニューカッスルで苦しい状況が続く日本代表FW武藤嘉紀。『VAVEL』イギリス版は「ニューカッスルが今夏放出すべき5選手」の1人に選出している。

2018年夏にマインツからニューカッスルに加入した武藤。同時期に加入した新戦力の中で最高額の移籍金950万ポンド(約14億円:当時)で加入したが、2シーズン間で公式戦出場は27試合のみ。その間2ゴールと、期待に応えることはできていない。今シーズンも負傷の影響もあって出場機会をほとんど得られず、苦しい時期を過ごしている。

そんな武藤は、『VAVEL』が選ぶ「ニューカッスルが今夏放出すべき5選手」に選出されてしまった。プレミアリーグで苦しむ27歳FWについて、以下のように綴っている。

「2018年にラファエル・ベニテスが連れてきた際、一部のサポーターは活躍を本当に楽しみにしていた。彼は特別なゴールを奪う目を持つ爆発的なフォワードである」

「しかし、彼のゴールはオールド・トラッフォードでのマンチェスター・ユナイテッド戦(2018-19シーズン)のみだ」

「公平に言えば、ムトウはドイツから加入して以来レギュラーでプレーするチャンスを与えられていない。しかし、起用された際も特別な選手であると印象付ける機会を逃してしまった」

以前には『トーク・スポーツ』で「過去13年間のワースト契約」にも選ばれてしまった武藤。ニューカッスルは21日のシェフィールド・ユナイテッド戦でプレミアリーグを再開するが、残りの試合で挽回することができるのだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d6d30bb9fb0367635c5b688164a1a813cf3b8d2f
6/9(火) 17:33配信

ガラタサライが今季低調の長友放出を決断 地元紙  

20191112-11120741-nksports-000-6-view[1]




1: ゴアマガラ ★ 2019/11/12(火) 19:01:33.83 ID:MdG8mihf9
トルコ1部リーグのガラタサライのファティ・テリム監督が、20年1月の移籍市場における最初の放出選手を日本代表DF長友佑都(33)に決めたと12日付の地元紙ミリエットが報じた。

今季の長友はパフォーマンスが低調で、欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグのレアル・マドリード戦では自らのミスも絡み、チームは大量6失点で惨敗を喫していた。

ガラタサライは、今季いっぱいで契約が終了する長友の代理人、ロベルト佃氏と既に連絡を取っており、11月中に会談が行われる予定。そこで長友に対し、
次のチームを見つけるよう切り出す模様だ。200万ユーロ(約2億4000万円)という高額年俸も足かせとなっており、移籍先が見つからない場合は契約解消が濃厚だという。

今季ガラタサライにおいて、公式14試合に出場している長友のパフォーマンスは物足りなさがあり、サポーターたちからの非難が集中。先日の欧州CL、レアル戦でも失点に関わるプレーが目立ってしまった。

もし長友が移籍するとなった場合、行く先は長年インテルで活躍していたこともあって、イタリアとなる可能性が高いとみられている。(オルムシュ由香通信員)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-11120741-nksports-socc

夢が1年で悪夢に!? レアルGKクルトワ、ジダン監督の“希望発言”で退団の可能性が浮上 

20190403-00180493-soccermzw-000-6-view[1]


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索