Samurai Goal

播戸竜二


スポンサード リンク





Jリーグの播戸竜二特任理事が訴え 長引くコロナ禍で選手の心のケアが重要 

ecd2005050645001-p1




1: 2020/05/05(火) 09:05:34.89
新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛や練習施設の使用停止が続く中、焦りや不安を抱えるスポーツ選手が増えている。

Jリーグの理事会などで選手の心のケアの必要性を訴えた特任理事の播戸竜二氏(40)がオンラインで産経新聞の単独インタビューに応じ、
「アスリートは一般的に体も心も強いと思われがちだが、全員がそうではない。弱い部分があることも分かってほしい」と強調した。

播戸氏は現役時代の21年間で、G大阪やC大阪、神戸などJ1からJ3までの7クラブでプレー。
日本代表としても活躍し、昨年に引退を表明した。今年3月、Jリーグの特任理事に就任し、元選手の立場で発言してきた。

21日に開かれた理事会では、うつ症状を訴える選手が世界で急増しているとの国際プロサッカー選手会の調査報告を踏まえ、
Jリーグの選手からもヒアリングする必要性を痛感した。

「リーグに所属する1600人全員と話はできないが、日本プロサッカー選手会の高橋秀人会長(鳥栖)から状況を聞いた。
『何を目標にしたらいいのか分からない』『外で練習できず、不安で夜も眠れない』といった選手がいた」と播戸氏。

その上で「試合や練習が再開したとして、選手自身が移動することによって、どこかで感染する可能性がある。
妻や子供にうつす不安もあるだろうし、家族からうつされることもあり得る。

リーグがどうなるのか、所属チームはどうか、自身のサッカー人生は…。
いろんなことが複合的に積み重なって不安が生まれている」と指摘する。
https://www.sankeibiz.jp/workstyle/news/200505/ecd2005050645001-n1.htm

Jリーグの理事が正式決定、為末大氏、播戸竜二氏ら 反町康治技術委員長らが追加選任 

20200414-04140083-sph-000-1-view

播戸竜二が語る世界2位。日本には 「小野伸二という『太陽』がいた」 

20190527-00860930-sportiva-000-1-view[1]

<播戸竜二>久保建英ら若き日本代表を語る!「小野伸二のほうがすごかったで」  

20190504-00003655-hominis-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/05/04(土) 19:19:35.32 ID:oAceCh1r9
今回で22回目となるFIFA U-20 ワールドカップ。開催地のポーランドで5月23日に開幕し、6月15日に決勝戦が行われ、大会の模様はJ SPORTSで生中継を中心に放送される。日本は2大会連続10回目の出場で、今大会はB組に入り、U-20南米選手権で初優勝を飾ったエクアドル、5大会連続16回目の出場となるメキシコ、前回大会3位のイタリアとグループステージを戦うことになる。昨シーズンFC琉球を退団し、現在は解説などを務める元日本代表FWの播戸竜二が、日本代表チームの見どころや大会の展望を語ってくれた。


――ご自身は1999年のFIFA U-20 ワールドカップのナイジェリア大会で準優勝という結果を残しましたが、あの経験は選手としてどのようなものでしたか?


「ガンバ大阪に練習生として入った1998年、プロ1年目にU19の代表に選ばれたんです。僕らの世代はFW不足で、高原直泰(沖縄SV)しか、決まった選手がいなかったのでチャンスでした。そして、1998年の10月にAFCユース選手権でタイ遠征に行ったんですけど、それが初めての海外でした(笑)。素直にサッカーで海外へ行けるってすごいなって思いましたよ。その翌年のナイジェリア大会では、国際大会出場よりも小野伸二(札幌)、稲本潤一(相模原)、高原直泰(沖縄SV)、遠藤保仁(G大阪)、小笠原満男(元・鹿島)など黄金世代と呼ばれる選手たちとプレーして、1ヶ月ともに過ごせたことの方が僕の中では大きかった。とはいえ、スペインとの決勝でシャビを見た時は衝撃でしたけど」


――具体的にはどこに衝撃を受けましたか?


「稲本がボールを奪えない選手をJリーグでは見たことがなかったんです。それこそ当時、日本代表の名波浩さんや森島寛晃さん、中村俊輔選手しかり、誰が相手でもガンガンボールを奪えていました。自分の中でも、やっぱり稲本はすごいというのがあった。でも、シャビを相手にボールを取りに行った時はいつも通りにはいかなかった。普通の選手だったら体をぶつけて弾いてボールを奪えるところが奪えない。シャビはボールを取りに行くとクルッと回ってそれをかわすんです。1回のコンタクトで3~4回クルクルって(笑)。いや、こいつはすげえな。こんな選手がいるんだ、って衝撃でした」


――シャビはその後、スペイン代表の中心になって、2000年のシドニー五輪では準優勝、2008年の欧州選手権で優勝、2010年のW杯南アフリカ大会では優勝しましたね。


「U-20は、原石中の原石の世代なんです。振り返ると、U-20W杯の成績によって、その後、上にいけるのかが決まる。リンクしているんです。今大会の次は東京五輪、W杯カタール大会と続いていきます。世界を相手に結果を出すことによって五輪とA代表が大枠で見えてきます。僕らの世代もナイジェリア大会で準優勝の後、シドニー五輪でベスト8、2002年のW杯ではベスト16でした。そういった意味でもU-20の世代は見ておかないといけないと思いますね」


――サッカーを楽しむためには継続して見ることも1つの要素ということですね?


「今大会、日本には久保建英という注目選手がいます。僕らの世代には小野伸二がいて、彼が引っ張っていってくれた感じがあるんです。彼は1998年に18歳でW杯フランス大会に出場しています。当時のU-20のメンバーは、みんな彼に負けないために頑張っていたんです。僕の中でも、なんぼJリーグで試合出ましたとか、なんぼ点取っても、小野はW杯に出ているっていうのが常にありました。あの大会があったから今も切磋琢磨していると思うんです。大会後もその思いは継続していて、U-20で一緒にやった仲間と日本サッカーを盛り上げたいという思いはすごく強く持っています」


――久保選手について期待していることはありますか?


「一昨年、大宮アルディージャ在籍時にルヴァン杯で対戦したんです。『久保くん、久保くん』って騒がれてて。『そんなん、なんやって、まだ子供やろ?(笑)』って、くらいの感じだったんです。そして、昨シーズン、J3でFC東京U-23と対戦したんです。その時も『正直、このくらいじゃ上にいったら厳しいんちゃう? (小野)伸二のほうがすごかったで』って思ってたけど、今シーズンの急激な伸び具合とかを見ると、やっぱりこの年代っていいなって思います。これで国際大会を経験して、欧州に行った時、どんな成長を遂げるのか、いちサッカー人として楽しみですよ。名前とプレーが一致する若い選手ってなかなかいないけど、久保選手はインタビューを聞いていても自信を持っているし、グイグイ上にいこうというのを感じられるからいいですね」

5/4(土) 19:00配信 全文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-00003655-hominis-spo

播戸竜二(39)がJ2昇格の琉球退団「これがプロの世界」  

39802_ext_04_0




1: 2018/12/30(日) 19:49:00.20 _USER9
来季J2に昇格するFC琉球は30日、元日本代表FW播戸竜二(39)が契約満了のため退団することを発表した。

琴丘高から98年にガンバ大阪に加入。
北海道コンサドーレ札幌、ヴィッセル神戸、セレッソ大阪、サガン鳥栖、大宮アルディージャでプレーし、今季は琉球に所属。
19試合2得点でチームのJ3優勝とJ2昇格に貢献していた。
J1通算325試合87得点、J2通算52試合20得点。国際Aマッチ7試合2得点。

播戸はクラブを通じ「J3で優勝するというミッションを達成し、素晴らしい仲間とサッカーができ、本当に満足感があります。
このままJ1までの道のりを一緒に歩みたかったですが、これがプロの世界です。
これからの僕の事は、ブログやインスタグラムで、チェックしてください」と前を向くコメントをつづった。

また「琉球というチームには、本当に高いポテンシャルがあると思います。
沖縄の人達がチカラを合わせて進んでいけば、J1で優勝争いが出来るチームになると思います。
その為には、沖縄の人達、沖縄の企業、沖縄県全体で、クラブを応援していかないといけないと思いますし、それが出来ると思います! 
プロ選手としては、沖縄との縁が切れますが、播戸竜二としては、一生、沖縄と繋がっています」とエールも送った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00432358-nksports-socc
12/30(日) 13:57配信

https://f.image.geki.jp/data/image/member/300/34000/33764/member_33764_1.jpg

元日本代表FW播戸竜二、琉球の退団が決定「いちゃりばちょーでー!」 

20181230-00883658-soccerk-000-3-view

播戸竜二、リオ五輪代表を憂う!「この世代は世界で厳しい戦いをしていないから強い選手、怖い選手が少ない!」 

941: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/12/30(水) 14:31:29.76 ID:vml4vPNA0.net
【播戸竜二】憂う。
http://blog.lirionet.jp/bando/2015/12/post-af05.html

リオオリンピックや、ロシアワールドカップ。
出て当たり前と思ってるけど、オリンピックに初めて出たのが、1995年のアトランタで、
ワールドカップは、フランスの1998年。
U-20ワールドカップは、2007年以来、4大会連続で出てないし、1998年の俺らの代も含め、
U-19のアジアの大会では、優勝は未だにしていない。

リオのオリンピックの世代は、世界で厳しい戦いをしていない。
俺らは、ナイジェリアで1ヶ月戦い、事前合宿のブルキナファソでは、
今迄、普通に生活していたこと全ての感覚を、ひっくり返されたような場所で過ごした。
それを多感な19歳で経験した。

最近、群馬のチャリティマッチで感じたのは、ヒデさんやフクさん、ツネ、ヤナギさん戸田くん、キタジ、
俺らの年代、大輔やコマ、モニ。みんなホンマに強かった。
現役を辞めてる選手もいるし、現役でもオフの選手ばっかり。
でも、試合ではキツイ時に戦ってた。身体は動いてなかったけど、心は折れていなかった。
こういう気持ちがないと、アジアや世界では戦っていけない。
最近のJリーグでは感じることの出来ない凄みを感じた。

この人達は凄いっていうのを感じた。今の若い世代には、正直感じない。
でも、そいつらが悪いとかじゃないと思う。
そういう指導や訓練を受けてないからやと思う。
もちろんやり過ぎは良くないけど、甘えさせた結果が今やと思う。
技術はあり、うまい選手は多いけど、強い選手、怖い選手は少ない。

群馬のチャリティマッチに出た人は、みんなそれがあった。それをいま凄く感じる。
気持ち。気持ち。というけど、やっぱり気持ちが大事って思った。根本やし基本。
ヒデさんや満男は、気持ちの上に技術がある。だから凄い。
ヤットにしても、話してたら気持ちの話ばっかり。やっぱりそこやね。日本サッカーは。
鍛えれば強くなるし、それが普通になるから。
車の中で書き始めたブログ。日本サッカーを憂うような内容になってしまったけど、
みんなで考えて欲しい。

1月から始まるリオへの挑戦。これは全力で、みんなで応援せなあかん!

no title

大宮のFW播戸竜二 アジア杯何が問題だったか・・・「ハート カガワ、ブロークンハート メンタリティ、ノーグッド」 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 22:53:07.84 ID:???*.net
大宮アルディージャのFW播戸竜二が、セレッソ大阪時代のチームメイトである日本代表MF香川真司を気遣った。
19日に行われたプレスカンファレンスにキャリアで初めて出席した播戸は、ピッチ上さながらアグレッシブに会場内を動き回り、
「いやぁ、楽しい。なんでここに今まで来たことがなかったのか不思議なくらい」と、ご満悦だった。

大宮のブースに戻った播戸は、英国人記者からの取材を受け、日本語で質問されかけると、
「イングリッシュ、プリーズ」と、自ら英語での取材を希望。そして「アジア杯は見ていたか?」と聞かれると「イエス」と答え、
何が問題だったかと聞かれると、胸を叩きながら「ハート」と答え、「カガワ、ブロークンハート。メンタリティ、ノーグッド」と続けた。

オフの12月、播戸はドイツへ渡り、その香川と食事をしたという。そのときに、香川が自信を失っていたことを感じたようだ。
後輩を気遣う播戸は、マンチェスター・ユナイテッド時代に試合に出られなかったことに原因があると分析。
「どうすれば、自信を回復できるか」という矢継ぎ早の質問に対しも、「ゴール。スコア メニー ゴールズ!」と答えた。

流暢な英語での解答を褒められた播戸は、「今シーズンは、僕もゴールをたくさん決めたい。最低でも11ゴール。
そのためにも、まずは試合に出ること」と、引き続き英語で、自身の3年ぶりとなるJリーグでのゴールを誓った。

2月19日(木)18時17分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150219-00351038-gekisaka-socc

no title

【画像】鳥栖FW播戸竜二が蝶ネクタイでインザーギとツーショット!! 

413: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2014/12/15(月) 22:34:26.54 ID:wYlAMMZB0.net
no title

タイ移籍が噂される播戸竜二「ん?俺はタイに行くのか?」 

716: U-名無しさん@実況はサッカーch 2013/06/28(金) 11:34:23.84 ID:4CTQWZAM0
播戸の移籍の件、本人のコメントきました。
http://blog.lirionet.jp/bando/2013/06/post-d2c3.html

昨日の夕方くらいから、

タイに行くの?
っていう、
友達からのメールと、
ファンからのメッセージが殺到。

ん?

俺はタイに行くのか?

自分の知らないところで、
話が出てたみたい。(笑)
no title


関連記事: 元日本代表FW播戸竜二、タイリーグのバンコク・グラス移籍へ

さっかーなうのガセでした。



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索