Samurai Goal

採点


スポンサード リンク





日本代表「アジア杯初戦出場12人」を金田喜稔が採点 “5つ星”選手、がっかりした選手は? 

20190111-00161059-soccermzw-000-14-view

【速報】日本代表“コスタリカ戦”各選手の採点!! 

キャプチャ

【速報】日本代表“ポーランド戦”各選手の採点 

DgyN1pFXUAI7WiT

【速報】日本代表“各選手の採点”〈セネガル戦〉 

キャプチャ
1 2018/06/25(月) 02:04:09.04 _USER9
1 2018/06/25(月) 02:04:09.04 _USER9
二度追いつく粘り

【日本 2-2 セネガル ロシアワールドカップ・グループリーグH組第2節】

川島永嗣 4.5
パンチングの判断自体は間違っていないが、弾くコースが悪すぎた

長友佑都 5
機を見た攻撃参加で同点ゴールに絡んだが、守備は後手を踏んだ

昌子源 6
無闇に飛び込まず対応したが、もっとタイトにマークできればさらに良かった

吉田麻也 5.5
高さで対抗できる数少ない選手。空中戦では互角に渡り合う

酒井宏樹 5.5
マネにしつこく対応。フリーランにより、ボールを持った原口に選択肢を与えた

柴崎岳 6
単純なパワーの差はあったが、相手の当たりにも動じなかった。だが2失点目の場面はもう少し間合いを詰めたかった。

長谷部誠 5.5
守備の出足がよく、相手の懐に入った。安定感が戻ったか

乾貴士 7
貴重な同点ゴール。あの角度で持った時の可能性は“半端ない”。本田のゴールもアシスト

香川真司 6
間で受けて前を向いた時はチームに推進力が生まれた。状況判断の精度が非常に高い

原口元気 5
結果論だが、CKに逃げていればあの失点はなかった。ただ、なるべくCKにしない約束事があったのだろう

大迫勇也 6
タイミングよくボールが入った時は素早く味方に繋いだ

本田圭佑 6.5
途中出場で1ゴール。スーパーサブとしての仕事を果たす

岡崎慎司 5.5
運動量豊富に動き回り、味方を生かす

宇佐美貴史 –
出場時間短く採点不可

西野朗監督 6
初戦と同じ11人を先発で送り出す。自信を得た面々が奮闘し、価値あるドロー

【了】

 https://www.footballchannel.jp/2018/06/25/post277260/

スイスが日本代表を“採点”最低点はなんと西野監督!! 

1 2018/06/10(日) 00:01:12.22 _USER9
▽超WS有料版で実施していた8日の国際親善試合、スイス代表戦における日本代表の採点アンケート結果を発表します。

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)開幕まで1週間を切った6月8日。日本代表はW杯グループHのポーランド代表戦を見据えてスイス代表と対戦した。
試合は42分に吉田が相手を倒したことでPKを献上。これを沈められ、0-1で試合を折り返す。後半も全く良いところが見せられないまま、
82分にはセフェロビッチに追加点を奪われ試合終了。西野朗体制発足後2連敗となった。

▽ユーザー採点では、軒並み低評価に。最低は西野朗監督の【2.8】。驚愕ミスのGK川島永嗣には【3.0】という、出場した選手の中では最低の評価がついた。
その他全選手が厳しい評価を受ける中、最高点は長友佑都の【4.5】。豊富な運動量でチームを助けた姿勢が一定の評価を得た。

◆スイス戦のユーザー採点結果
GK
川島永嗣 3.0

DF
酒井高徳 3.6
→酒井宏樹 4.1
吉田麻也 3.3
槙野智章 3.4
長友佑都 4.5

MF
本田圭佑 4.2
→香川真司 3.6
原口元気 4.0
宇佐美貴史 3.7
→乾貴士 4.2
長谷部誠 4.2
大島僚太 4.4
→柴崎岳 4.1

FW
大迫勇也 3.6
→武藤嘉紀 3.5

監督
西野朗 2.8

超ワールドサッカー / 2018年6月9日 18時30分
https://news.infoseek.co.jp/article/webultrasoccer_316040/

写真
no title

【速報】日本代表“スイス戦”採点結果!!! 

20180609s00002014116000p_thum



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索