Samurai Goal

指揮官


スポンサード リンク





「傑出した人物。存在は天の恵み」フランクフルト指揮官が長谷部誠を大絶賛! 

スクリーンショット 2021-01-12 7.02.17




1: 2021/01/11(月) 20:07:31.21 _USER9
フランクフルト指揮官アディ・ヒュッターが、教え子長谷部誠について絶賛している。

現地時間8日、フランクフルトはブンデスリーガ第15節でマインツとのアウェー戦に挑む。この一戦を前にヒュッター監督は会見の場で、前節レヴァークーゼン戦で好プレーを見せた長谷部について語った。その言葉を『Bild』が伝えている

「長谷部は効果的な働きができる選手だ。それに、とにかくよく走る。フットボール面においても、人間的にも、とても傑出した人物だよ。フランクフルトにおいて、彼の存在はまさに天の恵みとも言えるね」

なお、長谷部の現行契約は今年6月までとなっているが、『Bild』は「コーチは長谷部との新しい契約を考えているようだ」と伝えている。

1月18日には37歳を迎える長谷部。ブンデスリーガ1部最年長選手である元日本代表MFは、引き続き衰え知らずのプレーを見せることができれば、おのずと契約更新へと近づくことになりそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a6e58bfdb27f3abafacbeefbe07ef66aa06e12e1

批判浴びる大迫をベンチ外に…指揮官が理由を説明「彼とたくさん話をした」 

スクリーンショット 2021-01-11 10.30.16

エイバル指揮官が乾貴士を絶賛「彼はフェノメノ(怪物)。スペイン語は話せないんだけど我々の話は理解している」 

1: 2020/12/31(木) 07:33:32.98 _USER9
「彼はフェノメノ(怪物)だよ」エイバル指揮官が乾貴士を絶賛! 元スペイン代表監督に「言葉も分からない日本人なのに」と問われ…

「私が求めていることを正しく理解できる」


 過去にレアル・マドリーやスペイン代表を率い、いくつもの重要なタイトルをもたらしたビセンテ・デル・ボスケがインタビュアーを務めるスペイン紙『エル・パイス』の対談企画。エイバルのホセ・ルイス・メンディリバル監督がゲストとして招かれた最新回では、両氏による乾貴士に関する興味深いやり取りが繰り広げられた。


 最初に話を持ち出したのがデル・ボスケだった。

「エイバルのようなチームで乾がプレーしているのがピンとこない。日本人で、スペイン語はあまり得意ではないようだが、にもかかわらず、君たち(コーチ陣)は彼の素晴らしいパフォーマンスを引き出している」

 この賛辞を受けて、メンディリバル監督はこう答えている。

「監督になってかれこれ20年以上が経過するけど、彼ほどわたしが何を求めているのかを正しく理解できる選手はいない。フェノメノ(怪物)だよ。スペイン語はまったくと言っていいほど話せないんだけど、我々が話していることはすべて理解しているように思う。

 視線でこちらの考えを推し量ろうとするんだ。ベティスから復帰したあとは、自分の意見を主張することも覚えた。ナイスガイだよ」

 厳格で知られるメンディリバル監督だが、長年の関係も追い風に、乾には全幅の信頼を置いているようだ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=84109
no title

「カマダをどうすればいい?」フランクフルト指揮官、クルーゼの獲得を見送った理由を明かす 

スクリーンショット 2020-11-21 11.01.56

「反抗的にボールを蹴り飛ばし…」久保出場試合で発生した指揮官への“ブチギレ騒動”に現地騒然! 

スクリーンショット 2020-11-09 23.39.41

柏 異次元のペースで得点量産の要因。チームメイトや指揮官が明かすオルンガの“根底にある凄み”とは? 

1: 2020/10/25(日) 14:54:04.76 _USER9
決してゴールを奪うためだけに独りよがりなプレーをしているわけではない
https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/81119_ext_04_0_1603595007.webp?v=1603595136

[J1リーグ24節]G大阪2-1柏/10月24日(土)/パナソニックスタジアム吹田

 やはり、この男はただ者ではなさそうだ。

 この日は前半に訪れた数々の決定機を攻撃陣が逃し続けたことが勝点を奪えなかった一因としてあるため、手放しに得点を喜んで評価することは難しいが、オルンガは集中力を高く保ち、強い警戒を寄せてきていた相手守備陣が見せた一瞬の隙を突いた。いとも簡単にゴールネットを揺らすあたりは、ハイペースで得点を重ねている最中のこのエースならでは。80分、ルーズボールに対しクリスティアーノが競り勝ち、江坂任に渡ることを予測すると、素早く裏に抜け出して得意の左足で豪快に沈めた。

 終盤の時間帯での高い集中力と決定力。まさにエースストライカーとしてのゴールだった。これで今季のリーグ戦、23試合に出場して23ゴールと異次元の得点ペースを維持。残り10試合、今季の得点王獲得はさることながら、1シーズンの最多得点記録(36点)更新にも期待がかかる。

 ただ、オルンガという選手を説明するにはゴールという要素だけでは足りない。

 これだけのペースでネットを揺らし続けているわけだから、ゴールや攻撃のことばかりに注目が集まるのはある意味仕方がない。“23試合・23ゴール”という数字のインパクトが大き過ぎるため、そこばかりがフューチャーされることは本人も受け入れている部分はあるだろう。しかし、オルンガはしっかりとした献身性とフォア・ザ・チームの精神を携えており、決してゴールを奪うためだけに独りよがりなプレーをしているわけではない。

以前、ポジションを争うライバルである呉屋大翔がこんなことを言っていた。

「ミカ(オルンガの愛称)が凄いのは、チームとしてやらないといけないことや守備をしっかりとこなしたうえであれだけ結果を残していること」

 チーム全体が組織的に機能することを重んじ、特に守備の部分においては毎試合、相手ごとに、選手ひとり一人にはっきりとした役割を与えるネルシーニョ監督も、オルンガのその姿勢を高く評価。その積み重ねがチームメイトからの信頼やチーム内での立ち位置につながっていると話す。決定力と献身性の両方を持っているのが柏の14番だ。

 そして何よりも、オルンガ自身がよく口にするのは「ハードワーク」の6文字。今季開幕前に行なったインタビューの席でも「どんなときもハードワークをすることは約束する」と言い、前代未聞の超過密日程のなかでどれだけゴールを重ねてもケニア人ストライカーはその要因を「ハードワーク」だと強調する。チームのために走り、仲間のことを思ってプレーすることが、最終的に自分のゴールにつながることを誰よりもオルンガ自身が理解している。

 ゴール前にいるだけ恐怖を与え、左足を振り抜くだけで脅威を及ぼす。そんな圧倒的な存在感を身に付けながら、その根底にあるのが献身性やフォア・ザ・チームの精神、そしてハードワークだと知ると、オルンガの見方もまた変わってくるかもしれない。ただやっぱり、ゴールを決めている姿が最も輝いている瞬間であることは言うまでもないが――。

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=81119
2020年10月25日

https://www.youtube.com/watch?v=kSFCusSnhvg


【注目選手プレー集】高い!速い!強い!J歴代最高の得点力を誇るFWオルンガ 2020JリーグYBCルヴァンカップ決勝
https://www.youtube.com/watch?v=S-OvwWVphB0


1:20 / 3:53
#オルンガ #Jリーグ #DAZN

no title



no title

ビジャレアル指揮官、久保建英の今後に「結果を期待。内部の声に耳を傾けてほしい」 

スクリーンショット 2020-10-25 13.30.24

コートジボワール指揮官が森保ジャパン称える「非常にいい試合」「日本におめでとうと言いたい」 

スクリーンショット 2020-10-14 6.57.04

ビリャレアル指揮官 久保の特別扱いなし「適応し、成長する必要がある」スペイン紙に明言 

スクリーンショット 2020-10-13 6.56.05

バルセロナ指揮官クーマン、アトレティコ移籍のルイス・スアレスに「私が間違っていることを証明できた」 

スクリーンショット 2020-10-12 15.18.48


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索