Samurai Goal

持論


スポンサード リンク





<FW鈴木武蔵>世界中で社会問題化する人種差別に持論! 「色や外見で判断しないで中身を見よう」 

1: 2020/06/03(水) 23:33:50.07
アメリカ・ミネアポリスで現地時間5月25日、アフリカ系アメリカ人ジョージ・フロイド氏が白人警官に手錠で拘束された際、無抵抗だったにもかかわらず膝で首を圧迫され続け、のちに死亡する事件が発生した。これが新たな人種差別問題の火種となり、全米各地で大規模な抗議デモに発展して大きな社会問題と化しており、テニス界の大坂なおみや錦織圭、野球の大谷翔平がSNSに黒一色の画像を投稿して抗議の意思を表明しているが、ジャマイカ人の父を持つサッカー日本代表FW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)が3日、自身の公式インスタグラムで思いを綴った。

「最近人種差別のニュースをよく目にする」

 鈴木はインスタグラムで、このように切り出し、アメリカで起こった黒人男性の死亡事件を発端に表面化した人種差別問題に持論を展開した。

「この問題ってめちゃくちゃ難しくて、人種差別を無くしたいとも思うけど僕は無くならないかも知れないとも思ってる。これは恐らく自分が幼少期に受けてきた事が影響してるのかもしれない。多くの人が優しさに満ち溢れてる世の中だけど、全ての人がそうではない。でも人種が違うだけで命を落としたり貧しい思いをするのは違う。色や外見で判断しないで中身を見よう」

 過去の経験から、人種差別をなくしたくても、完全にはなくならないかもしれないという複雑な胸中を吐露。人種で判断することなく、中身を見てほしいと訴えた。

「人種差別だけではなく色々な差別が世界中で少しでも無くなりますように」

 2019年にツイッター上で人種差別的な投稿の対象となった過去を持つ鈴木は、差別のない世の中を切に望んでいた。

6/3(水) 22:11
https://news.yahoo.co.jp/articles/f086dcb4c1dadee5ea29d8311058b8fc6d632051

写真
no title


ジャマイカ人の父を持つ日本代表FW鈴木武蔵がインスタグラムで人種差別問題に言及

<本田圭佑>経済危機に再び持論「ずーっと政府に文句を言う? 違うでしょう。」 

1: 2020/04/10(金) 00:27:55.96
サッカー元日本代表MF本田圭佑(33)=ボタフォゴ=が9日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済危機を念頭に、「政府も全員を救うことは出来ない。優先順位の高いもんを政府が助けて、低いもんを国民同士で助けられるかどうか」と自らの見解を示した。

 その12時間後、再び自身のツイッターで「当然、優先順位の最上位にくるべきは生活することがままらない人(経済弱者)なわけです。ただ現実はそこまで政府の対応が行き届くとは思えない」と、多くの人が国の補償から漏れる可能性を指摘。その上で、「じゃ誰が助けるのか? ずーっと政府に文句を言う? 違うでしょう。僕らが1人1人、政府が救えない人を支えられるかでしょう」と記した。

 国際医療ボランティア団体NPO法人「ジャパンハート」(東京都台東区、吉岡春菜理事長)は9日、本田圭佑ら著名人10人がアドバイザーに就任したことを発表。「より多くの子どもたちに医療を届けるために寄付・支援の新しい取り組みを開始いたします」としている。

4/9(木) 20:32配信 東京中日スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200409-00010052-chuspo-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索