Samurai Goal

拡大


スポンサード リンク





女子W杯の本大会参加国が2023年より24→32に拡大決定…次回は豪&NZでの共同開催 

1: 2020/12/25(金) 13:41:44.55 _USER9
2023年に行われる「2023FIFA女子ワールドカップ」の参加国が、24から32へと拡大されることが正式決定した。

現地時間24日にFIFAは評議会を行い、同大会についての本大会参加枠を32とすると決めた。

各大陸の予選を勝ち抜いたダイレクトインの出場枠内訳は、アジア6カ国、アフリカ4カ国、北中米カリブ海地区4カ国、南米3カ国、オセアニア1カ国、ヨーロッパは11カ国と、27代表へ振り分けられることに。

共催での開催国となるオーストラリア(アジア)とニュージーランド(オセアニア)はそれぞれ自動的に出場が確定しており、残る3つの枠は各大陸間のプレーオフで競うことになる。

2023年の女子ワールドカップ開催には日本も立候補し、最終候補の4エリアまで残っていた。だが最終投票直前に立候補を取り下げる運びに。オーストラリア&ニュージーランドがコロンビアとの決選投票に勝利して、2023年の女子W杯開催地に決定していた。

これまで女子W杯は2019年大会まで本戦参加国24で運営されてきたが、次回開催から参加枠が32へと拡大されることもあり、ホスト国としての大会運営能力もこれまで以上に問われることとなりそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ea4d9565c3b236fbb71743bcd5121802c810d137
no title

FIFA,女子W杯、32チームに拡大へ! 日本が立候補の23年大会  

無題




1: Egg ★ 2019/08/01(木) 09:25:28.09 ID:MjY1WmpK9
国際サッカー連盟(FIFA)は31日、日本など9カ国が招致に乗り出している2023年女子ワールドカップ(W杯)の出場チーム数を、現行の24から32に拡大することを同日の理事会で決めたと発表した。大陸別による新たな出場枠の割り振りは今後決める。

 FIFAは各立候補地に対してW杯開催の意思を8月中に再確認し、新規の立候補も受け付ける。締め切りは12月とし、当初は来年3月だった開催地の選定は5月になる予定。日本以外ではアルゼンチンや、北朝鮮との共催案も持つ韓国などが招致を目指している。 

8/1(木) 9:18 時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190801-00000034-jij-spo



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索