Samurai Goal

拒否


スポンサード リンク





マンC戦の招集を拒否したベイルがまたしてもゴルフ!# 地元メディアは「もはや失望を超越した!」と憤慨 

no title




1: 2020/08/08(土) 14:04:04.79 _USER9
 世界中のサッカーファンから「やっぱりな」との声が上がりそうだ。

 ラ・リーガ王者のレアル・マドリーは現地金曜日、チャンピオンズ・リーグのラウンド・オブ16(第2レグ)でマンチェスター・シティとの大一番を戦った。第1レグのホームゲームで1-2と敗れており、まさに背水の陣を敷いてのビッグチャレンジだ(結果は1-2の黒星。2戦合計2-4での敗退が決まった)。

 ジネディーヌ・ジダン監督は出場停止でピッチに立てないセルヒオ・ラモスもマンチェスターに帯同させるなど、チーム一丸となっての総力戦を訴えた。しかしながらそんななか、ひとりだけマドリードに残った選手がいる。ほかでもない、指揮官との確執が深刻なウェールズ代表MF、ガレス・ベイルである。

 試合前日会見でジダン監督は、「彼はプレーしないことを望んだ。いろいろと話はしたが、その事実がすべてで、君たちに話せる唯一のことだ」と明かした。さらに指揮官は「関係性はなにも変わっていないよ。彼は我々のプレーヤーであり、私はその事実と彼自身をリスペクトしている。ほかの選手と同様にね」とフォローしたが、両者の間に深まる溝はもはや修復不可能と見られている。

 そしてマンC戦のキックオフを3時間後に控えたタイミングで、地元テレビ局の『El Chiringuito』がひとつの動画をツイッターに投稿。そこにはなんと、金曜日の昼に友人とゴルフに興じるベイルの姿が映し出されていた。これまでも怪我のために遠征帯同を回避したにも関わらず、リハビリメニューをすっぽかしてゴルフをラウンドするなど物議を醸したベイルだが、今回もやらかしてしまった格好だ。

 番組のコメンテイターは「みなさん、信じられますか! 彼はまたしてもゴルフコースに行ったようです。もはや失望を超越した行動だ!」と呆れ顔で声を荒げた。

 週給35万ポンド(約4750万円)の超高給取りながら、完全にベンチウォーマーに成り下がっているベイル。移籍の噂は絶えないが、不思議にも選手本人に退団の意思はないとも伝えられている。

 英公共放送『BBC』の解説者で元イングランド代表FWのガリ-・リネカー氏は同情的で、自身のツイッターで「人びとは彼の身に本当になにが起こっているのかを理解していない」と綴った。ベイル自身も直近のインタビューで、「ベルナベウ(本拠地)の8万人のサポーターからブーイングを受けるんだ。自信を無くしてしまうよ。これが最大の疑問であり、まったく理解できない」と苦言を呈している。

 それぞれの思惑が交錯し、こじれにこじれている“ベイル狂騒曲”。はたしてこの夏に、ひとつの結論が見出されるのだろうか──。

動画
https://twitter.com/elchiringuitotv/status/1291725339937382400

https://news.yahoo.co.jp/articles/8d65c371becda319831c39d23a97042a4fd5809d
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

マンチェスターC・グアルディオラ監督 契約延長オファーを拒否 

20190209_pep-guardiola

広がる波紋…なぜポルト中島翔哉はポルトガルリーグ再開もチーム合流を拒否したのか 

20200605-00010000-wordleafs-000-2-view




1: 2020/06/05(金) 05:41:55.20
ポルトガルを代表する名門、FCポルトの「10番」が敵地のピッチに立つことはなかった。ベンチで出番を待つリザーブのなかにも名前を連ねていない。約3カ月に及んだ中断期間をへて待望の再開を迎えた一戦を、日本代表でも「10番」を背負うMF中島翔哉は自宅で見届けていた。
 新型コロナウイルスの影響を受けて、3月8日を最後に中断されていたポルトガル1部リーグ、プリメイラ・リーガが現地時間3日に再開。2シーズンぶり29度目の優勝を目指す首位のポルトは敵地でFCファマリカンに1-2で競り負け、今シーズン3つ目となる痛恨の黒星を喫した。

 昨夏にアル・ドゥハイルSC(カタール)から加入した中島が、プリメイラ・リーガでベンチ外となるのは通算6度目となる。年明け早々に3試合連続で外れたときは右足の故障が原因だったが、今回はシーズンが始まった直後に外れた2試合と同じく、けがとは別次元の理由があった。

 スポーツ紙の『A BOLA』を含めたポルトガルのメディアは、ファマリカン戦前日の段階で中島の欠場を伝えている。報道によれば5月中旬に体調を崩した夫人を看病するために、中島は全体練習の初日に参加しただけで離脱。自宅で個人練習トレを積みながら、夫人に付き添っているという。

 自宅での個人練習はイコール、国内がロックダウンされていた5月上旬までの状態に逆戻りしたことを意味する。全体練習を積み重ねてきたチームメイトたちとはコンディション面で大きな差が生じていて、ポルトのセルジオ・コンセイソン監督もファマリカン戦前日の会見でこう言及していた。

「ナカジマはグループとともに練習を積めていない。なので、彼は明日のグループに入っていない」

 夫人は呼吸器系の疾患に罹ったと報じられている。全土で発令されていた非常事態宣言が先月3日から災害事態宣言に切り替えられ、経済的活動や社会文化活動などに課されていた制限が段階的に緩和されていた時期だったが、ポルトガル国内で新型コロナウイルス感染が終息したわけではない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/67f55156151a38971c6cbb16bd02c81dec084363

アトレティコ、214人ものクラブ会員が年間シート代の返金を拒否 

spa20053023090005-p1




1: 2020/05/31(日) 00:19:13.72
クラブを愛するがゆえに…アトレティコ、214人ものクラブ会員が年間シート代の返金を拒否!

サポーターが熱狂的なことで知られるAマドリードだが、彼らのクラブ愛はこの新型コロナウイルスのパンデミック下でも表明された。なんとソシオ(クラブ会員)の214人が、年間シート代の返金を拒否したのだ。スペイン『マルカ』が報じている。

今季残り試合が無観客で開催されることになり、アトレティコは年間シートの代金の20%分を返金することを決定していた。しかしシート保有者の214人がクラブの財政的な打撃をおもんぱかって、返金を拒否。アトレティコはそうしたソシオに感謝を表すためスタジアムツアーに招待し、さらにはユニフォームとマフラーをプレゼントしている。

『マルカ』はアトレティコに対する無償の愛を示したソシオの一部を紹介。その内の一人は、5人の子供が生まれた際にまずしたことが、アトレティコのソシオに登録することだった。彼の家族全員となる7人が今回の返金措置に対して首を横に振っている。そのほかサラゴサや、アメリカ在住のソシオも返金を拒否し、距離をも越える愛情を示したのだった。

なおラ・リーガは、今季はもちろんのこと来季も観客を入れて試合を開催できるか不透明な状況だが、アトレティコは来季の年間シート購入を希望するファンがすでに500人を突破するという異常な事態となっている。(Goal.com)

サンスポ 2020.5.30
https://www.sanspo.com/soccer/news/20200530/spa20053023090005-n1.html

チェルシー仏代表MFカンテ、コロナ禍の練習参加を拒否 今季残り9試合欠場と英メディア報道 

20200523-00263354-soccermzw-000-3-view




1: 2020/05/23(土) 10:35:33.58
MFカンテ、チーム許可を得て練習参加を取りやめ…背景に2年前の“悪夢”
 チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテは中断中のプレミアリーグが再開されても、残り試合をすべて欠場することになるようだ。同選手は新型コロナウイルス感染の可能性を危惧し、チーム練習への参加を取りやめクラブから自宅での個別トレーニングを許可されているという。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

 プレミアリーグは3月13日から中断されており、現在は6月12日の再開を目指している。すでに各クラブで少人数グループでの練習が始められているが、いまだ再開へ不安を感じている選手も少なくない。

 その1人がチェルシーの中心選手であるカンテだ。報道によれば、29歳のフランス代表MFは新型コロナウイルスへの感染の懸念から、フランク・ランパード監督やクラブの首脳陣の許可を得たうえでチームトレーニングへの参加を取りやめたという。それに伴い、シーズン再開の場合も今季の残り9試合は欠場となる見通しだ。

 カンテが練習参加を拒否した背景には、2018年のロシア・ワールドカップ直前に心臓の病気で兄を失くした経験があるという。また、カンテ自身も18年に練習中に倒れ、マンチェスター・シティとの試合を欠場したことがあるために今回の決断に至ったようだ。新型コロナウイルスに感染したケースでは、持病を抱えている場合に重症化の危険性や致死率の高さが指摘されている。

 シーズンの完了を最優先として再開への動きを加速させているプレミアリーグ。しかし、カンテ以外にもワトフォードのFWトロイ・ディーニーが家族を危険に晒したくないという理由から練習参加を拒否するなど反対の意思を示す選手も現れている。そうした状況下で、果たしてリーグ戦再開は実現するだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200523-00263354-soccermzw-socc

バルセロナの選手が70%減給を拒否。交渉決裂なら一時雇用調整を行使か? 

20200327-00368482-footballc-000-1-view




1: 2020/03/27(金) 12:00:36.54
 バルセロナから提案された最大70%の減給に対し、同クラブに所属する選手たちが拒否する姿勢を見せた。26日にスペイン紙『アス』が報じている。

 新型コロナウイルスの感染者数はスペイン国内で増えており、感染拡大を防ぐためにリーガエスパニョーラの試合は無期限延期となった。試合を開催できないことにより、収入を確保できないクラブは経済的打撃を受けている。

 同紙によると、バルセロナの理事会とキャプテンが減給について話し合ったという。しかし、最大70%の減給という提案に選手側が難色を示したようだ。合意には至らなかったが、まだ交渉を続けていく見通しだ。なお、交渉が決裂した場合は、バルセロナが一時雇用調整(ERTE)を適用するという。

 一時雇用調整とは、完全解雇ではなく一時的に解雇するというもの。そして、市場が回復した後に復職を約束するものである。理事会はクラブの経済的緩和をするために必要だと考えており、それほど深刻な経済的打撃を受けているのかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200327-00368482-footballc-socc

<なぜジャマイカに大勝したUー22代表メンバーはミーティングでの森保監督提案を拒否したのか?> 

1: Egg ★ 2019/12/29(日) 06:56:16.94 ID:foymI9xb9
no title


 スペインでプレーするU-22日本代表のゴールキーパー、山口瑠伊(エストレマドゥーラUD)がボールを手で扱ったのは、前半でわずか一度だけだった。U-22ジャマイカ代表が苦し紛れに蹴った縦パスが通らず、そのままキャッチしたのが39分。飛んできたシュートはゼロだった。

 トランスコスモススタジアム長崎で28日に行われたキリンチャレンジカップ2019。前半のほとんどがジャマイカ陣内で展開される、いわゆるハーフコートマッチとなり、キックオフからわずか28分間で大量5ゴールをもぎ取る日本の猛攻を導いたのは、前線からの連動した激しいプレスだった。

「立ち上がりだけでなく、90分間を通してすべて前線から取りに行こうとみんなで言っていた。観ていた方々も楽しかったと思うし、プレーしていた選手自身が一番楽しかった」

 試合後に会心の笑顔を浮かべた、1トップの前田大然(CSマリティモ)のプレスから先制点が生まれた
。一度は相手にかわされ、右タッチライン際へパスを出される。あきらめずに方向転換する前田に連動するように、右ウイングバックの長沼洋一(愛媛FC)も猛然と間合いを詰めた直後だった。

 大きなプレッシャーを感じたのか。前田と長沼に挟まれた相手選手がパスミスを犯した。こぼれ球はMF中山雄太(PECズヴォレ)と前田を経由して、相手ゴール前にいたMF安部裕葵(FCバルセロナ)へテンポよくわたる。次の瞬間、相手ディフェンダーがたまらず背後から安部を倒してファウルを献上する。開始わずか5分。中山の直接フリーキックが、ゴール左上を鮮やかに射抜いた。

 豪快な一撃が呼び水となり、日本のプレスがさらに鋭くなる。マイボールになってもすぐに奪い返される展開に、ジャマイカはシュートを放つどころか、日本のペナルティーエリア内に侵入することもできない。16分にMF旗手怜央(順天堂大)、17分に前田、19分に再び旗手がゴールで続いた。

つづく

12/29(日) 5:02配信 THE PAGES
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191229-00010000-wordleafs-socc

ロシア代表、アディダスの新ユニ着用を拒否 袖配色が国旗と逆  

1: ぜかきゆ ★ 2019/11/14(木) 12:29:51.96 ID:zdvvUjTM9
サッカーロシア代表、アディダスの新ユニ着用を拒否 袖配色が国旗と逆

【AFP=時事】ロシアサッカー協会(RFU)は13日、独スポーツ用品大手アディダス(Adidas)が手掛けた新ユニホームの色の配置が国旗のパターンと逆だとの指摘を受け、欧州選手権(UEFA Euro 2020)予選ではこれまで使用していたユニホームを着用すると明かした。

【写真】物議を醸す新ユニホーム
no title


 RFUはAFPに、「近く開催される試合では、ロシア代表は予選が始まったときのキットを使用し続ける」と明かした。

 アディダスは先週、袖が赤で袖口が青と白のストライプのロシア代表の新ユニホームを発表。同様の袖のデザインは、ドイツ代表のユニホームにも採用されている。

 しかしドイツ代表の袖の色は国旗のパターンと同じであったのに対し、ロシア代表のユニホームは国旗の白、青、赤のトリコロールとは逆に配置されている。

 ファンは新ユニホームの色がセルビア国旗に酷似しているとして不満の声を上げている。あるファンは、ロシアのユニホームを掲載したアディダスのインスタグラム(Instagram)の投稿に対し、「セルビアチームの素晴らしいユニホーム。ロシアのユニホームはいつ発表するんだ?」とコメントしている。

 同社が、「国旗の力強くて大胆なカラーを再導入した」ユニホームだと説明する中、同国代表のスタニスラフ・チェルチェソフ(Stanislav Cherchesov)監督は、「サポーターが腕を宙に突き上げて手をたたけば袖はロシア国旗になる」と、「面白い解決策」を提案した。

 ロシアの新ユニホームはすでにアディダスの公式ショップで販売されている。しかしソーシャルメディアを見ると、現在ソチ(Sochi)で調整しているチームは、W杯ロシア大会(2018 World Cup)のためにデザインされた古いキットを着用している。

 欧州選手権予選でグループIの2位につけるロシアは、16日にベルギーをサンクトペテルブルク(St. Petersburg)に迎え、19日にはサンマリノと対戦する。【翻訳編集】 AFPBB News

AFP=時事 11/14(木) 10:37配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191114-00000012-jij_afp-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索