Samurai Goal

拒否


スポンサード リンク





久保建英獲得噂のヘタフェ、ヘセ・ロドリゲス加入は拒否 

スクリーンショット 2020-12-31 22.41.48

<スペインの女性選手>マラドーナ氏への黙とう拒否「彼は虐待者」 

7bfaa_1399_7f5d1f08_625288ff




1: 2020/11/30(月) 22:02:00.26 _USER9
元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ氏(享年60)が25日に死去し、世界各地の試合で世界的英雄への黙とうが行われている。
そんな中、スペインの女子サッカーチームのビアヘス・インテリアスに所属するパウラ・ダペーニャが、ピッチに座り込んで試合開始前の黙とうを拒否した。

スペイン紙「マルカ」など複数の欧州メディアによると、ダペーニャは「彼の実績や、サッカーの才能は素晴らしい」と前置きした上で
「彼は虐待者であり、彼のための黙とうを拒否した」と説明。さらに「11月25日は女性に対する暴力撤廃の国際デーだったが、誰も何もしなかった」と強調した。

2020年11月30日 18時24分 東スポWeb
https://news.livedoor.com/article/detail/19304452/

マンUの32歳MFが年俸25億円の巨額オファーを拒否。残留を決断か 

スクリーンショット 2020-10-13 13.51.40

スアレス、アメリカからのMLS史上最高額オファーを拒否 年俸800万ユーロ(約10億円) 

1: 2020/09/19(土) 21:20:10.02 _USER9
FCバルセロナのウルグアイ人FWルイス・スアレスは、デビッド・ベッカムが会長を務めるインテル・マイアミから受けた年俸800万ユーロ(約10億円)の4年契約を拒否している。『ESPN』が報じた。


スアレスのオファーは、ユヴェントスからインテル・マイアミに加入するゴンサロ・イグアインへのオファーを上回るものであり、MLSにおいて最高額だったという。

これまでのMLSにおける史上最高額年俸は、LAギャラクシーでプレーしたズラタン・イブラヒモビッチの600万ユーロ(約7億4,000万円)だった。

スアレスは、アメリカでプレーする可能性は残しているものの、ヨーロッパであと数シーズンプレーしたいと考えているようだ。先日もペルージャを訪れイタリア語の試験に問題なく合格している。

EU圏内の選手としてプレーするための事務的な手続きが済んでいないことに加え、エディン・ジェコの加入が秒読み段階のユヴェントスへの移籍は、スアレスの去就をより複雑なものにしている。

現在、レオ・メッシとラディスラオ・クバラに続いてバルサ史上3番目の最多ゴール数を誇る“エル・ピストレロ”は、監督ロナルド・クーマン率いるバルサでトレーニングを続けている。

オランダ人監督は、フレンドリーマッチ2試合(ジムナスティック戦とジローナ戦)にスアレスを招集していないものの、もし移籍先が決まらずにバルサに残留することになれば、再びチームの戦力として構想に入れると伝えている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e847f9c7136630d5ca3a91768f8dd96adff2ff68
no title

ボローニャ冨安健洋へのオファーを拒否…クラブ幹部は「最も素晴らしい才能は手放さない」 

1: 2020/09/08(火) 19:34:11.61 _USER9
ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋の去就を巡り、クラブのテクニカルディレクター(TD)を務めるヴァルテル・サバティーニ氏が、7日付のイタリア紙『レプブリカ』ボローニャ版のインタビューで語った。

冨安は昨シーズン、シント=トロイデンから加入するとすぐさま右サイドバックのレギュラーとして定着。新型コロナウイルスの影響によりリーグが約3カ月にわたって中断された異例のシーズンにおいて、
リーグ戦29試合に出場。7月18日のミラン戦ではセリエA初ゴールもマークするなど印象的な活躍を見せた。

そんな21歳の日本代表DFは、今夏の移籍市場において熱視線を浴びる。かつて中田英寿氏も所属した名門ローマや、近年チャンピオンズリーグの常連だったナポリからの関心が伝えられたほか、
ニューカッスルやウェストハムなどプレミアリーグのクラブも獲得を目指し、移籍金2000万ユーロ(約25億円)を準備しているとみられる。

しかしボローニャのサバティーニTDは、こうしたオファーに応じる姿勢は見せない。21歳のガンビア代表FWムサ・バロウとともに、“非売品”であることを改めて強調した。

「バロウとトミヤスは唯一の“非売品”だ。日本人選手については、すでにいくつかのオファーに断りを入れた。すぐさま2000万ユーロの現金を手に入れることはできるはず。
しかし我々は中東のクラブのようなキャンペーンを行うつもりはない。少なくともこれに関しては(会長のジョーイ)サプートのおかげと言える。
どのクラブも選手を売っているが、ボローニャは違う。サプートは最も素晴らしい才能たちを手放さない」

またボローニャ幹部は、クラブの恵まれた環境を自負し、選手たちもボローニャ退団を望んでいないと主張。「選手たちはボローニャを離れたがらない。
多くの選手がより有利な条件の移籍を拒否しているんだ。名前を公にするのは問題なので言わないがね」と明かした。

9/8(火) 11:31配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/24ae1c38810800da47e5c8ae9cb7671f4d4d7d7c

写真

no title

メッシ退団騒動の余波…ラウタロ・マルティネスがバルセロナを拒否か 

スクリーンショット 2020-08-31 20.51.56

メッシがバルサ新体制の練習“不参加”へ 始動前日のPCR検査“拒否”を告げたと現地報道 

スクリーンショット 2020-08-30 12.52.38




1: 2020/08/30(日) 10:07:33.45 _USER9
クーマン新体制で31日から練習開始も…エースの去就問題は“泥沼化”

 バルセロナ退団の意思を示したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、プレシーズントレーニングに参加するつもりはない模様だ。カタルーニャのラジオ局「RAC1」の報道を引用する形で、スペインの各メディアが伝えている

 報道によると、メッシは現地時間30日にバルサが実施する新型コロナウイルスのPCR検査に参加しないことを伝えたという。

 ロナルド・クーマン新監督が率いるチームは2020-21シーズンの開幕に向けて、翌31日からトレーニングに戻る予定であるものの、コロナ禍の現状でPCR検査を拒否するということはチームの一員として練習に加わるつもりがないことを明確にすることになった。「マルカ」紙によると、バルサ側は通常通りトレーニングに戻ってくることを期待しており、驚きをもって受け入れているという。

 別の報道では、移籍が有力視されているマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督とバルセロナ市内で直接会談したことが伝えられるなど、メッシは新天地に向かうための準備を着々と進めている。その一方で幼少期から育ててくれたクラブへの恩義として、契約期間を1年残した状況での移籍で違約金をもたらせればという意向だ。

 しかしバルサは、メッシに対して設定している違約金7億ユーロ(約878億円)を支払わない限り、メッシはこの夏にクラブを離れることができないという主張を曲げていない。“円満退団”を望むメッシと、何がなんでも残留しか選択肢にないバルサ。メッシが練習不参加というカードを切ったことで、さらなる進展は起きるのだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/be5d5b97a8abfad2aba134aaf6c7b3e1ef5dd2ae

<メッシ>バルサ会長の残留要請を“拒否” 会見でファンに対して説明をする意向 

1: 2020/08/29(土) 09:27:14.68 _USER9
スペイン1部バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)が、ジョゼップ・バルトメウ会長(57)のクビを懸けた残留要請を“拒否”した。

メッシは25日にクラブへ正式に文書で退団する意思を通達。バルトメウ会長は、メッシが公の場で残留を表明すれば辞任する意向があると27日に地元主要メディアが一斉に報じていたが、
一夜明けのムンド・デポルティボ紙によると、メッシの決意は固く、翻意することはないという。

ただし、ここまで沈黙を貫いているメッシは何らかの形で会見し、ファンに対して退団を決意した理由を説明したい意向。
クラブが30日に行うPCR検査、31日に新シーズンに向けたチーム練習には参加する見通しで、その言動に世界の注目が集まりそうだ。

8/29(土) 5:30配信 スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/9eba7fe6b952ac946c1b978114b7621c7bffe118

写真
no title


【サッカー】<メッシ退団阻止へ…>バルセロナ会長が辞任の意向!条件は公の場での残留表明
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1598565052/

マンC戦の招集を拒否したベイルがまたしてもゴルフ!# 地元メディアは「もはや失望を超越した!」と憤慨 

no title




1: 2020/08/08(土) 14:04:04.79 _USER9
 世界中のサッカーファンから「やっぱりな」との声が上がりそうだ。

 ラ・リーガ王者のレアル・マドリーは現地金曜日、チャンピオンズ・リーグのラウンド・オブ16(第2レグ)でマンチェスター・シティとの大一番を戦った。第1レグのホームゲームで1-2と敗れており、まさに背水の陣を敷いてのビッグチャレンジだ(結果は1-2の黒星。2戦合計2-4での敗退が決まった)。

 ジネディーヌ・ジダン監督は出場停止でピッチに立てないセルヒオ・ラモスもマンチェスターに帯同させるなど、チーム一丸となっての総力戦を訴えた。しかしながらそんななか、ひとりだけマドリードに残った選手がいる。ほかでもない、指揮官との確執が深刻なウェールズ代表MF、ガレス・ベイルである。

 試合前日会見でジダン監督は、「彼はプレーしないことを望んだ。いろいろと話はしたが、その事実がすべてで、君たちに話せる唯一のことだ」と明かした。さらに指揮官は「関係性はなにも変わっていないよ。彼は我々のプレーヤーであり、私はその事実と彼自身をリスペクトしている。ほかの選手と同様にね」とフォローしたが、両者の間に深まる溝はもはや修復不可能と見られている。

 そしてマンC戦のキックオフを3時間後に控えたタイミングで、地元テレビ局の『El Chiringuito』がひとつの動画をツイッターに投稿。そこにはなんと、金曜日の昼に友人とゴルフに興じるベイルの姿が映し出されていた。これまでも怪我のために遠征帯同を回避したにも関わらず、リハビリメニューをすっぽかしてゴルフをラウンドするなど物議を醸したベイルだが、今回もやらかしてしまった格好だ。

 番組のコメンテイターは「みなさん、信じられますか! 彼はまたしてもゴルフコースに行ったようです。もはや失望を超越した行動だ!」と呆れ顔で声を荒げた。

 週給35万ポンド(約4750万円)の超高給取りながら、完全にベンチウォーマーに成り下がっているベイル。移籍の噂は絶えないが、不思議にも選手本人に退団の意思はないとも伝えられている。

 英公共放送『BBC』の解説者で元イングランド代表FWのガリ-・リネカー氏は同情的で、自身のツイッターで「人びとは彼の身に本当になにが起こっているのかを理解していない」と綴った。ベイル自身も直近のインタビューで、「ベルナベウ(本拠地)の8万人のサポーターからブーイングを受けるんだ。自信を無くしてしまうよ。これが最大の疑問であり、まったく理解できない」と苦言を呈している。

 それぞれの思惑が交錯し、こじれにこじれている“ベイル狂騒曲”。はたしてこの夏に、ひとつの結論が見出されるのだろうか──。

動画
https://twitter.com/elchiringuitotv/status/1291725339937382400

https://news.yahoo.co.jp/articles/8d65c371becda319831c39d23a97042a4fd5809d
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

マンチェスターC・グアルディオラ監督 契約延長オファーを拒否 

20190209_pep-guardiola


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索