Samurai Goal

抗議


スポンサード リンク





サッカー審判「6万人の客のブーイングは全然気にならないけど選手の抗議はストレス」←豆腐メンタルすぎ 

53ed8406-46f4-4001-8f21-42a7d3093d95




1: 2020/09/16(水) 19:35:08.59 0
応援制限届く選手の声
笛への抗議審判心痛
「今までと違う声がストレスになっている」。
コロナ禍のJリーグで、選手とともに奮闘する審判員の心理という。
シーズン再開から2カ月あまりが過ぎ、各試合にレフェリーを割り振る日本サッカー協会審判委員会の扇谷健司氏は、この「ストレス」を気にかけている。
原因は、判定に抗議する選手たちの言動だ。観客数も応援スタイルも制限された中、選手たちの声は、スタジアムにいても中継映像を見ていても、よく響く。
当然、審判の耳にも入るだろう。
審判から遠く離れた場所にある集音マイクに拾われるケースもあるという。
扇谷氏がレフェリーの気持ちを代弁する。
「実は5万人、6万人の(判定への)ブーイングは、あまり気にならないmmです。
でも選手の声が耳に入り、試合映像を振り返った時にも声が入っていると、ストレスがかかtってしまう」。
落ち込まないよう、オンライン研修や電話を増やしている。

<栃木エスクデロ競飛王>警察に抗議「見た目が外国人というだけで差別はやめてほしい」13年前から日本国籍… 

1: 2020/09/03(木) 22:17:03.77 _USER9
栃木SC所属のFWエスクデロ競飛王が3日、自身の公式Twitter(@chacarita151)を更新し、日本国内の警察当局に抗議した。

競飛王は2度の投稿で抗議の意を表明。1つ目はスペイン語で「日本の警察は差別的です。私は日本国籍を持っていて、日本語を勉強しています。
彼らは私が外国人だからといって、足を止めさせて合法かどうかを確かめてきます。このことを書きたくはありませんが、このことが変わってほしいです。ありがとう」と記した。

また続いて日本語で「血は日本人じゃないかもしれないけど、中学2年から日本に居て海外行ったりしたけど、両親も姉もみんな日本で生活して日本が大好きです。
僕も日本が大好きです」と吐露。「本当見た目とか外国人っていうだけで差別はやめてほしいです」と訴えている。

スペイン出身の競飛王は父親が浦和レッズの選手だった縁で幼少期に来日。一時はアルゼンチンに帰国したが、中学時代に再び日本を訪れ、柏レイソルと浦和の育成組織で育った。
2005年には浦和のトップチームに昇格し、07年には日本国籍を取得。世代別の日本代表にも選ばれた実績を持つ。

12年の浦和退団後は韓国のFCソウル、中国の江蘇蘇寧でプレーした後、16年から再びJリーグ入り。19年まで京都サンガF.C.に在籍し、今季から栃木に加入している。

9/3(木) 22:08配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/b8db2dd9be4b6e2ff10dbbf8ab3eb24ce07f3e89

写真
no title

本田圭佑ら再開に抗議の横断幕、監督ベンチ入りせず 

20200629-26290029-nksports-000-10-view

本田圭佑 黒人への不当な暴力に抗議の黒い画面を投稿し「Peace」 

1: 2020/06/03(水) 14:02:14.46
 元サッカー日本代表MFの本田圭佑(33=ボタフォゴ)が3日、ツイッターに「Peace」という単語とともに真っ黒い画面を投稿した。

 黒い画面は米国で黒人男性が警察官に拘束された直後に死亡した事件を受け、人種差別や黒人への不当な暴力の反対を表明するもの。

 マライア・キャリーやジャスティン・ビーバーら米国のアーティストを中心にSNS上で世界的に広がり、テニスの大坂なおみも黒い画面を投稿している。

2020年06月03日 13時19分
https://www.tokyo-sports.co.jp/soccer/world/1885434/
no title

ポルトFWが自ら退場、人種差別に怒りの抗議 

20200217-00000004-jij_afp-000-6-view[1]

「サッカー場から旭日旗をなくせ」韓国の大学教授、Jリーグに抗議の書簡  

2d711_1682_b25ee186_8d6c9fc7[1]




1: 豆次郎 ★ 2019/05/16(木) 12:50:36.39 ID:zFsWgz4r9
韓国の大学教授がJリーグに抗議の書簡「旭日旗をなくせ」

2019年5月16日 10時36分
ざっくり言うと

◆韓国の誠信女子大学の教授が16日、Jリーグに抗議書簡を送ったと明かした
◆ファンが旭日旗を掲げた写真を使用したとして、当該クラブに懲戒措置を要求
◆教授は「世界全体の旭日旗退治に向けた努力」が必要だと主張している


全世界での旭日旗撲滅キャンペーンを繰り広げている誠信(ソンシン)女子大学のソ・ギョンドク教授が、今回はJリーグ側に旭日旗応援に関する抗議書簡を送ったことを5月16日に明らかにした。

約50万人のフォロワーを保有するJリーグの公式ツイッターアカウントに最近掲載された写真で、大型の旭日旗を使った応援旗2つが露出されて現在、議論になっている。

ソ・ギョンドク教授は「まだJリーグの観客席には旭日旗がしばしば登場する。Jリーグ側に旭日旗の写真をすぐに下ろし、当該クラブに強力な懲戒措置を求める内容の抗議書簡をオンライン、オフラインの両方に送った」と伝えた。


特に、当該クラブの川崎フロンターレは2017年AFCグループリーグ第5戦だった水原三星とのアウェーゲームで、一部ファンが旭日旗を使ったことでAFCから罰金1万5000ドルの懲戒を受けたことがある。

しかし、今回もファンの大型旭日旗の使用があると見ると、川崎だけでなく、Jリーグ全体が旭日旗の使用についてまったく気にしていないことを如実に示しているというのがソ・キョンドク教授の主張だ。

ソ・ギョンドク教授は「これまで日本のスポーツ界ではJリーグだけでなく、サッカー・ワールドカップの日本代表ユニフォーム、オリンピックの体操日本代表ユニフォームなどに旭日旗を形象化したデザインを使ってきた」と独自の見解を主張しつつ、こう述べている。

「このように日本スポーツ界の歴史的な無知を悟らせることも重要だが、今後AFCやFIFAなど国際社会にも絶えず知らせ、世界全体の旭日旗退治に向けた努力がもっと必要だ」

ソ・ギョンドク教授は、ロシアW杯当時、FIFA公式インスタグラムにアップロードされた旭日旗応援写真を変え、全世界の人々が熱狂した映画『ボヘミアンラプソディ』の宣伝映像の中に登場した旭日旗Tシャツをなくすなど、旭日旗問題のために奔走している。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16466679/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索