Samurai Goal

批判


スポンサード リンク





ルーニーが10年前のファーガソン采配を批判「ジダンも同じ考えだと思う」 

スクリーンショット 2020-08-04 6.45.48

FAカップ決勝で“MOM”のアンソニー・テイラー主審に多くの批判の声…疑惑の退場etc… 

スクリーンショット 2020-08-02 23.09.06

アーセナルのレジェンドFWが南野拓実を批判。「リバプールの助けになっていない」 

20200707-00379976-footballc-000-1-view




1: 2020/07/08(水) 14:40:05.71
 現役時代にアーセナルなどで活躍した元イングランド代表FWのイアン・ライト氏は、リバプールのベルギー代表FWディヴォック・オリジと日本代表MF南野拓実の2人がチームに十分な貢献をすることができていないとして批判している。英紙『メトロ』が7日付で同氏のコメントを伝えた。

 すでに今季のプレミアリーグ優勝を決めたリバプールは、5日に行われた第33節の試合でアストン・ヴィラと対戦。レギュラーのFWロベルト・フィルミーノに代えてオリジが先発に起用されたが結果は残せず、60分にフィルミーノと交代した。チームはその交代後に2点を奪って2-0の勝利を収める結果となった。

 一方の南野は、この試合での先発起用を予想する英メディアもあったが、ベンチからのスタート。リーグ戦再開後では初めての出場なしに終わった。

 フィルミーノとモハメド・サラー、サディオ・マネの不動の3トップはチームを優勝に導く働きを見せたが、リバプール攻撃陣のバックアップは不十分だとライト氏は主張。「今日のオリジやこれまでの南野を見る限りでは、彼らのことを少し心配すべきだ」と来季以降への見通しを述べている。

 オリジはすでにリバプールで4シーズンを過ごし、昨季のチャンピオンズリーグ準決勝や決勝でのゴールなどの活躍もあったが、「ベンチスタートに満足しているようだ」「リバプールファンの心を掴んではいるが、実際にはチームを助けてはいない」とライト氏。同時に南野についても「今まで見てきた限りではチームを助けていない」と評した。

7/7(火) 19:27配信
フットボールチャンネル
https://news.yahoo.co.jp/articles/a3d1c7472a32dc909919ab1dcfe9e8ae583fadb5

クロップ監督、英国の新型コロナ対応を批判。「私しかマスクをしていない」 

20200621-00378089-footballc-000-1-view




1: 2020/06/21(日) 18:18:08.81
 リバプールのユルゲン・クロップ監督は、母国ドイツなどと比較するとマスクの着用が徹底されていないとして、英国政府や国民の新型コロナウイルスに対する対応を批判している。英紙『ガーディアン』など複数メディアが20日の会見でのコメントを伝えた。

 プレミアリーグであと2勝を収めれば30年ぶりのリーグ優勝が決定する状況にあるリバプールは、現地時間21日に行われるエバートンとのダービーマッチでシーズン再開の予定。リーグ打ち切りが懸念されたこともあったが、「政府のせいでタイトルが獲得できなくなると心配したことは全く無かった。それよりも死亡者数について心配している」とクロップ監督は語る。

 英国では公共交通機関などでのマスク着用が今月15日から義務化された。だがクロップ監督は「個人的には、他国が5週間や6週間も前からやっていたことなのに、6月15日からマスクを着け始めたことが理解できない」と対応の遅さを指摘している。

「マスク着用に意味があるかどうかに議論の余地もあるだろう。だがもっと早くマスクを着け始めた国では英国より死亡者数が少ない。それが事実だ」とクロップ監督。英国ではアメリカとブラジルに次いで世界3番目に多い4万人以上の死亡者が出ており、人口あたりの死亡者数は非常に高い比率となっている。

「ドイツではマスクを着けなければ店に入れさせてもらえないが、マスクを着ければどこにでも行ける。英国でガソリンスタンドに行くと、マスクと手袋を着けているのは私しかいない。自分が異星人のようだ」とマスク着用率の低さを批判。「だが私は(パンデミックが)もう終わったと誰かに言われるまでは(マスク着用を)やめないつもりだ」と語っている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1dc029fc591a430721fd01f28ccb096080a264ab

ベイルが再び批判の的に…「ブーイングなくても亡霊のようで、なおかつ29分間で筋肉痛に苦しんだ」 

20200615-00010033-goal-000-1-view

「不適切だ」リバウドがバルサ指揮官の“文句”を批判 

20200613-43480953-gekisaka-000-1-view

批判受けるバルサMFにイニエスタが言及「今さら気づくことではない」 

20200604-43480734-gekisaka-000-3-view

ネイマールがPSG批判「納得いかなかった」、けがの対応めぐり 

20200219-00000024-jij_afp-000-2-view[1]

森保監督が帰国、批判は「当然のことだと思っています」と受け止め 

20200117-00000112-dal-000-9-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/17(金) 20:28:54.14 ID:xKwWLeHM9
タイで行われているサッカーのU-23アジア選手権に出場していたU-23代表の森保一監督(51)が17日、成田空港着の航空機で帰国した。

東京五輪イヤーの幕開けとなる大会だったが、結果は2敗1分けと未勝利で1次リーグ敗退。
指揮官の手腕や、A代表と五輪代表の兼任監督という体制に対して批判の声もあがっているが「当然のことだと思っています。結果が問われる世界で試合をしているので、結果が伴わなければ責任問題、批判は当然出てくる」と胸中を語った。

その一方で「結果として今回、アジア選手権で良い結果がでなかったが、おととし(2018年)のアジア大会では準優勝だったが、決勝までいくことができた。
今回、反省することはたくさんある。これまでの活動を振り返って改善しながらやっていきたい」。そして「去年の6月、11月、12月はおそらく兼任で監督をしていないとチームはまわらなかったと思う。
スタッフもA代表、五輪世代と幅広く選手を見ているからこそグループ分けができたと思う」と話した。

今後については2月に入ってからは、欧州視察を行う予定。「目の前の試合の結果が問われるのは覚悟しながら、未来の発展に向けてこれからも活動していきたい」とこれまでと同じように、勝利と発展の両輪をまわすことを追い求めていくという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-00000112-dal-socc
1/17(金) 18:04配信

<ポンペオ米国務長官>ウイグル弾圧批判のエジルを擁護!「重大な人権侵害を隠すことはできない」  

1: Egg ★ 2019/12/18(水) 16:55:53.50 ID:gIiaTQ0d9
[ワシントン 17日 ロイター] - マイク・ポンペオ米国務長官は17日、サッカーのイングランド・プレミアリーグのアーセナルに所属するメスト・エジルが中国政府のイスラム教徒少数民族ウイグル族への弾圧政策を批判したことを受け、同選手を支持する姿勢を見せた。

トルコにルーツを持つドイツ人イスラム教徒のエジルは、先週SNS上でウイグル族を「迫害に抵抗する戦士」とたたえ、中国政府と、この問題に沈黙を保つイスラム教徒の両者を批判した。

これを受け、中国国営放送は15日に行われたアーセナルとマンチェスター・シティー(マンC)のプレミアリーグの試合放送を中止していた。

ポンペオ国務長官はツイッターで「中国共産党はシーズンを通してメスト・エジルとアーセナルの試合を検閲できるが、真実は勝利する。共産党はウイグル族やその他の宗教的信仰に対して行った重大な人権侵害を隠すことはできない」と語っている。

国連と人権団体は、中国が新疆ウイグル自治区でウイグル人らイスラム教徒100万人から200万人を過酷な状況で拘束していると推定している。

中国はウイグル人への虐待を繰り返し否定。16日にはエジルについて「虚偽のニュースと声明に完全にだまされた」と述べた。

12/18(水) 12:53配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191218-00000064-reut-spo

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索