Samurai Goal

批判


スポンサード リンク





森保監督が帰国、批判は「当然のことだと思っています」と受け止め 

20200117-00000112-dal-000-9-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/17(金) 20:28:54.14 ID:xKwWLeHM9
タイで行われているサッカーのU-23アジア選手権に出場していたU-23代表の森保一監督(51)が17日、成田空港着の航空機で帰国した。

東京五輪イヤーの幕開けとなる大会だったが、結果は2敗1分けと未勝利で1次リーグ敗退。
指揮官の手腕や、A代表と五輪代表の兼任監督という体制に対して批判の声もあがっているが「当然のことだと思っています。結果が問われる世界で試合をしているので、結果が伴わなければ責任問題、批判は当然出てくる」と胸中を語った。

その一方で「結果として今回、アジア選手権で良い結果がでなかったが、おととし(2018年)のアジア大会では準優勝だったが、決勝までいくことができた。
今回、反省することはたくさんある。これまでの活動を振り返って改善しながらやっていきたい」。そして「去年の6月、11月、12月はおそらく兼任で監督をしていないとチームはまわらなかったと思う。
スタッフもA代表、五輪世代と幅広く選手を見ているからこそグループ分けができたと思う」と話した。

今後については2月に入ってからは、欧州視察を行う予定。「目の前の試合の結果が問われるのは覚悟しながら、未来の発展に向けてこれからも活動していきたい」とこれまでと同じように、勝利と発展の両輪をまわすことを追い求めていくという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-00000112-dal-socc
1/17(金) 18:04配信

<ポンペオ米国務長官>ウイグル弾圧批判のエジルを擁護!「重大な人権侵害を隠すことはできない」  

1: Egg ★ 2019/12/18(水) 16:55:53.50 ID:gIiaTQ0d9
[ワシントン 17日 ロイター] - マイク・ポンペオ米国務長官は17日、サッカーのイングランド・プレミアリーグのアーセナルに所属するメスト・エジルが中国政府のイスラム教徒少数民族ウイグル族への弾圧政策を批判したことを受け、同選手を支持する姿勢を見せた。

トルコにルーツを持つドイツ人イスラム教徒のエジルは、先週SNS上でウイグル族を「迫害に抵抗する戦士」とたたえ、中国政府と、この問題に沈黙を保つイスラム教徒の両者を批判した。

これを受け、中国国営放送は15日に行われたアーセナルとマンチェスター・シティー(マンC)のプレミアリーグの試合放送を中止していた。

ポンペオ国務長官はツイッターで「中国共産党はシーズンを通してメスト・エジルとアーセナルの試合を検閲できるが、真実は勝利する。共産党はウイグル族やその他の宗教的信仰に対して行った重大な人権侵害を隠すことはできない」と語っている。

国連と人権団体は、中国が新疆ウイグル自治区でウイグル人らイスラム教徒100万人から200万人を過酷な状況で拘束していると推定している。

中国はウイグル人への虐待を繰り返し否定。16日にはエジルについて「虚偽のニュースと声明に完全にだまされた」と述べた。

12/18(水) 12:53配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191218-00000064-reut-spo

写真
no title

<Jリーグでも導入のVARに批判の声>VARモニターを蹴ったモナコDFの行為に話題騒然! 「人々の不満を代弁」  

1: Egg ★ 2019/11/06(水) 09:08:59.48 ID:hhQ3f2qs9
no title


サッカー界でも導入が進んでいるビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)システムだが、これに否定的な選手や識者たちが少なくない。そのなかで、不満を露骨に示した選手がいる。モナコに所属するルベン・アギラだ。

【動画】アギラがVARモニターを蹴っ飛ばした決定的シーンはこちら
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=66305

 現地時間11月4日に行なわれたリーグ・アン第12節のサンテティエンヌ戦で、先発出場していたアギラは、後半アディショナルタイム2分に一発退場を命じられると、ピッチを去る際に通路にあったVARモニターを蹴っ飛ばしたのだ。

 この退場を巡るレフェリングにVARは関与していなかったが、フランスのサッカー専門誌『France Football』は、アギラは、試合を通じてのジャッジに不満を抱いていたためにVARモニターを蹴りつけたと見立てた。

 ただ、レフェリングに不満を溜め込んでいたのは、アギラだけではない。モナコの指揮官レオナルド・ジャルディムは、試合後の会見で、「レフェリーはサンテティエンヌを勝たせたがっていた」と言い放ち、さらに審判団の振る舞いを激しく糾弾した。

「今日のような拮抗した試合で誰が勝利を与えるのか? 当然、レフェリーだ。今日はテレビを見ていた誰もがその事実を目の当たりにしたはずだ。99パーセントの人々が同じことを考えるはずだよ」

 アギラの振る舞いには各国メディアも反応。英紙『Daily Mail』が、「VARに対するフラストレーションがついに爆発した」と綴り、スペイン紙『AS』は、「モナコの選手はVARに飽き飽きしている人々の声を代弁するように機械をこわした」と記した。

 もっとも、辛辣だったのは、元イングランド代表FWガリー・リネカーの一言である。VARに対しては、「現状は無秩序で、サッカーを壊している」という見解を示しているレジェンドは、自身のツイッターで、アギラの行為を捉えた動画を関連付けて、次のようにつぶやいた。

「こんなのここだけじゃないでしょ」

 来シーズンからJリーグでも導入が決定しているVAR。否定的な意見が噴出している現状を鑑みれば、その使用方法にはまだまだ議論の余地がありそうだ。

11/6(水) 6:04 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191106-00010001-sdigestw-socc

サッカー日本代表監督の森保一ってやたら批判されてるけどなんでなん?  

20190830-00010024-goal-000-5-view[1]




1: 風吹けば名無し 2019/08/31(土) 13:41:08.68 ID:aeqGbma/d
アジアカップ準優勝
コパアメリカは若手主体で挑んで負けたのはチリ戦だけ
親善試合も勝ち越し

ええやんけ

「態度が傲慢」「単なるカネ目当てだった!」中国メディア、プレシーズンツアーでのマンCの姿勢を非難 

20190723-00061801-sdigestw-000-3-view[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索