Samurai Goal

手倉森誠


スポンサード リンク





ハリルホジッチ監督、手倉森監督のコーチ就任に激怒!「オレのクビを切るつもりか?」 

1: 名無しさん 2016/09/22(木) 10:03:02.99 ID:CAP_USER9
さしずめ「ハリル心と秋の空」といったところか。

10月のロシアW杯最終予選(6日・イラク戦、11日・オーストラリア戦)に向け、日本代表のハリルホジッチ監督は誰を代表に呼び、
誰を主軸に据えるべきか、変わりやすい秋の空模様のように気持ちが千々に乱れているという。

というのも、日本代表の骨子として全幅の信頼を寄せていた欧州組が、所属クラブで出場機会を失っているからである。

たとえば日本代表の大黒柱・ミランMF本田圭佑(30)。
今季セリエAで「4試合連続ベンチスタート」「試合出場は後半途中から1試合」。

ドルトムントMF香川真司(27)、レスターFW岡崎慎司(30)も先発組から外れ、
今季ゴールを決めているセルビアMF清武弘嗣(26)、

マインツFW武藤嘉紀(24)にしても、レギュラー組にはカウントされていない。

どんなに欧州で実績を残した選手でも、出場時間が少ないと試合勘が鈍り、どうしても試合でポカミスを犯してしまう。

その典型例が、W杯最終予選タイ戦(6日=バンコク)での本田の大チョンボである。
左サイドからFW浅野拓磨(21)が相手ゴール前に絶妙クロスを放り込み、フリーで待ち受けた本田がシュート態勢に入った。

ところが、利き足の左足で「空振り!」。
その直後、いつもはポーカーフェースの本田が、恥ずかしそうにニガ笑いを浮かべていたが、これこそが試合勘の欠如なのだ。

「欧州組を偏重してきたハリルだが、さすがに出番を失っている欧州組のパフォーマンス低下は無視できず、
好調キープのJリーグ組にチャンスを与えるべきという考え方に傾きつつあるが、主力は欧州組のままか? 
それとも国内組に託すか? なかなか踏ん切りがつかずに悶々としている」(サッカー記者)

■手倉森監督のコーチ就任に激怒

ハリルホジッチ監督は“別件”にも悩まされている。
8日、リオ五輪で指揮を執った手倉森誠監督(48)の日本代表コーチ就任が内定したが、このことに指揮官は不快感をあらわにしたという。

「ハリルは手倉森コーチに対して『サッカー協会は、W杯予選中に成績不振を理由にオレのクビを切るつもりか? 
後任としてコーチに復帰させたのか?』と激怒したと聞きます。

しかし、国内組を選考する際、手倉森コーチの選手の力量を見抜く眼力、選手の個人情報の豊富さは頼りになる。
このことも、実はハリルのイライラに拍車を掛けている」(前出の記者)

かくしてハリルホジッチ監督の胸中は晴れたり曇ったり、時に風雨に見舞われている――。

日刊ゲンダイDIGITAL 9月22日(木)9時26分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160922-00000015-nkgendai-socc

写真
no title

手倉森監督、A代表コーチ就任も!ハリル監督と会談し判断へ 

1: 名無しさん 2016/08/27(土) 08:55:45.84 ID:CAP_USER9
8月末で五輪監督としての契約が切れる手倉森監督は26日、日本協会からA代表のコーチ就任を打診されたことを明かした。
25日に田嶋幸三会長と西野朗技術委員長と話し合い、「推薦するという話をいただいた」。
9月に行われるロシアW杯アジア最終予選の2試合終了後に日本人コーチの入閣を望むハリルホジッチ監督と会談し、判断するという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160827-00000015-sanspo-socc
サンケイスポーツ 8月27日(土)7時0分配信

no title

手倉森誠が鹿島監督就任へ!!!フレンドリーな性格と東北人脈 

700: 名無しさん 2016/08/24(水) 19:58:55.87 ID:IFsQ9pET0
https://twitter.com/df7fw/status/768398438073458688
no title


日刊ゲンダイか。大好きな櫛引いるしな

リオ五輪で惨敗の男子サッカー手倉森監督に残念な出迎え!成田空港で待っていた景色とは? 

1: 名無しさん 2016/08/18(木) 17:39:34.42 ID:CAP_USER9
メダル獲得を意気込んでリオデジャネイロ入りしたものの、初戦のナイジェリア戦で5失点を喫するなど、あっさりと1次リーグ敗退となった五輪男子サッカーの日本代表チーム。
8月16日には手倉森誠監督が成田空港に帰国したが、待ち受けていたのは残念な光景だったという。

「予選敗退という結果にヒートアップしたサッカーファンは、『成田で生卵投げつけてやる!』『スラム街に置き去りにされろ!』などとキツい言葉を投げかけていました。
この様子では成田空港でも厳しい罵声を浴びせられるかと思われていたのですが、
拍子抜けするほど何事も起こらず、もはや監督への関心そのものがなくなっていた始末です」(スポーツライター)

しかも成田空港では、五輪の日本代表監督という立場では考えられないような、ぞんざいな扱いを受けていたというのだ。
前出のスポーツライターが耳打ちする。

「帰国後にはさっそく記者による囲み会見が行われましたが、それが到着ロビーの一角で、周りから丸見えの場所だったんです。
実績を残しての帰国だったら空港内のVIPルームが用意されたはずですから、その落差には『結果がすべて』との格言が頭をよぎりましたね」

空港を行きかう一般客のなかには会見の様子を撮影し、SNSに「記者に囲まれていたこの人は誰ですか?」と投稿するケースもあったほど。
そのカリスマ性のなさも予選敗退という結果に影響したというのは考えすぎだろうか?

http://dailynewsonline.jp/article/1181914/
2016.08.18 15:15 アサ芸プラス

no title

手倉森監督「あのブラジルとなら同等にやれていたなと!!」 

1: 名無しさん 2016/08/17(水) 08:10:48.405 ID:ZEv948FnK
敗退後は準々決勝のブラジル-コロンビアを視察した。「あのブラジルとなら同等にやれていたなと」。大会前の強化試合では0-2と敗れたものの、リベンジへの可能性も感じた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160817-00000026-dal-socc
no title



負けて手ぶらで帰ってきてこのビックマウスである

手倉森監督 リオ五輪から帰国!今後の去就は「オファー待ち」 

1: 名無しさん 2016/08/17(水) 06:04:52.77 ID:CAP_USER9
1次リーグで敗退したリオ五輪日本代表の手倉森誠監督(48)が16日、帰国した。
日本サッカー協会の田嶋会長からA代表コーチのオファーを出す方針を示唆される中、今後の去就に言及。
「僕は待つ身。日本サッカーの発展に携わる仕事ができれば。オファー待ちです」と語った。

鹿島から戦力外通告を受けた92年には地元の青森県で居酒屋を営むことも計画したが、
監督として9年目のキャリアを迎える現在はサッカー一筋。
「(リオ五輪で)残ったものはある。これを協会、日本サッカー界にフィードバックして、
世界でやれる部分を伸ばしていければ」とリオ五輪の経験を還元する意気込みを示した。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/08/17/kiji/K20160817013179960.html
2016年8月17日 05:30

no title

リオ五輪 手倉森監督が、育成年代の強化に警鐘。「世界と戦うために、世界と試合をしておくのも大事」 

1: 名無しさん 2016/08/12(金) 19:47:31.28 ID:CAP_USER9
「使い分けができるようになれば、日本はサッカーの幅を持った国になれる」

 リオ五輪のグループリーグ敗退が決定したスウェーデン戦の翌日、現地8月11日に手倉森監督が取材に応じた。「一晩経って落ち着きましたか」との記者の質問に、指揮官は開口一番、こう答えた。
 
「落ち着いたんですかね……。朝起きて練習がなかったので、改めて大会が終わったなという気持ちに浸りながら、休めるなという気持ちにも浸りながらいました」
 
 試合後はスタッフ陣と親睦会を開き、「スタッフと飲んで、6時くらいまで起きていましたね。9時には荷出しをしていたから、3時間くらいしか寝ていません」。その親睦会には、何人かの選手も顔を出したという。
 
「いろんなことを話しましたよ。選手もいたりしていて。話したこと? まあ『ありがとう』ばかりでしたね」
 
 オリンピックはどういった経験になりましたか? と話を振ると、指揮官はこう答えた。
 
「世界を体感できた。世界大会は傍から見ていた時に、手の届かないというか、どういうふうに自分が振る舞えるのか想像つかない場所だと思っていたけど、実際にやってみたら『どんとこい』の気持ちでやれたのが良かったかなと。良い大会にできました」
 
 決勝トーナメント進出は果たせなかったものの、負け→引き分け→勝利と右肩上がりに調子を上げたチームの出来に手応えも得ていた。具体的には、攻撃面での急成長を感じたという。
 
「攻撃を仕掛けられるなと思いました。アジアの時はロングボールでやられるのが嫌だから、相手に持たせて堅守速攻で勝ち取りましたが、ナイジェリアでその入り方をして痛い目にあった。なので前から取りに行って、そこからのショートカウンター気味、もしくはポゼッションをやろうとしてできたのは、俺の中での変化でしたね。だから、日本が使い分けができる準備をできるようになれば、国際試合は厳しいですが、サッカーの幅を持った国になれるかなと思いますね」
 
 監督として大きな経験になったというオリンピックは、もちろん選手たちの成長も加速させていたようだ。
 
「改めてサッカーのクオリティとか、いろんなタイプの国と戦ってみて楽しさはありました。試合をするたびに磨かれていくのもなんとなく感じていたし、選手が変わっていくのも手に取るように分かった。ものすごく良い集団と仕事ができたのを改めて感じました」

「使い分けができるようになれば、日本はサッカーの幅を持った国になれる」

no title

U23日本代表手倉森監督「勝って終わった」退任へ!東京五輪指揮官は風間氏、森保氏有力 

1: 名無しさん 2016/08/12(金) 07:42:26.31 ID:CAP_USER9
◆リオデジャネイロ五輪 サッカー男子1次リーグB組第3戦 日本1―0スウェーデン(10日・フォンチノバ・アリーナ)

 サッカー男子日本代表は10日、1次リーグ最終戦でスウェーデンを1―0と破り五輪初勝利を飾ったが、コロンビアがナイジェリアを2―0で下したため1勝1分け1敗のB組3位で敗退が決まった。 

手倉森誠監督(48)は兼任するA代表のコーチも含め退任が濃厚となり、後任となる東京五輪監督の最有力候補には広島の森保一監督(47)と川崎の風間八宏監督(54)が挙がっていることが分かった。

 手倉森監督が契約満了となる8月末に退任することが濃厚となった。兼任するA代表コーチも退き、中国リーグなど海外での活動も視野に入れる。日本サッカー協会は20年東京五輪の代表監督の最有力候補に、広島の森保監督と川崎の風間監督を挙げている。

 試合後、進退について問われた手倉森監督は「1回休んでみて、どういう道に進むべきか確認したい」と話したが、1次リーグ敗退により五輪代表監督と兼任するA代表コーチの退任は濃厚。日本サッカー協会関係者によると、五輪代表に抜てきした当時の原博実技術委員長(現Jリーグ副理事長、57)や中国の杭州緑城を指揮した経験がある日本協会の岡田武史副会長(59)から中国など海外での活動を推挙されているという。協会幹部も「選手の海外移籍は増えたけど指導者は少ない。強豪国の仲間入りするためには海外での指導経験が豊富な指導者が必要」と話しており、手倉森監督自身も興味を示しているという。

 開催国としてメダル獲得が至上命題となる東京五輪に向け、日本協会は4年間で3度のJ1優勝を誇る森保監督の手腕と育成能力を高く評価。4年前にはリオ五輪代表監督の候補にも浮上していた。また、川崎で高いボール保持率から超攻撃的スタイルを確立した風間監督も高評価を得ている。今季は16戦負けなしで年間首位を独走し、クラブ史上初のJ1タイトルも射程圏に入っている。田嶋幸三会長(58)は「東京五輪に向けては、しっかり強化していく。(監督人事については)技術委員会でしっかり話し合わないといけない」とコメント。10月には東京五輪世代の選手が出場するU―19アジア選手権が控えており、その後に新チームの骨格を固めていく。

 ◆手倉森 誠(てぐらもり・まこと)1967年11月14日、青森・五戸町生まれ。48歳。五戸高卒業後の86年に住友金属(現鹿島)に加入。NEC山形(現山形)へ移籍し、95年に引退。山形、大分、仙台のコーチを経て2008年に仙台監督に昇格し、12年に2位。14年1月にU―21日本代表監督就任。172センチ、74キロ。家族は妻と2女。

 ◆風間 八宏(かざま・やひろ)1961年10月16日、静岡県清水市(現静岡市)生まれ。54歳。清水商から筑波大に進学し、在学中に日本代表に選出され、国際Aマッチ19試合出場。84年から広島などでプレー。97年現役引退。2012年4月から川崎監督に就任。173センチ、73キロ。家族は妻と2男2女。

 ◆森保 一(もりやす・はじめ)1968年8月23日、長崎市出身。47歳。長崎日大高から87年にマツダSC(現広島)に加入し、京都、仙台を経て2003年に現役引退。U―20日本代表コーチなどを歴任し、12年に広島監督就任。12、13年にJ1連覇。174センチ、68キロ。家族は夫人と3男。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160812-00000047-sph-socc
no title

手倉森誠にA代表コーチ要請!日本協会田嶋会長が意向、手腕を高評価 

1: 名無しさん 2016/08/11(木) 18:39:04.61 ID:CAP_USER9
日本サッカー協会の田嶋幸三会長は10日、リオデジャネイロ五輪で敗退した男子日本代表を率いた
手倉森誠監督と、フル代表のコーチなどとして日本協会との契約を更新したい意向を示した。

技術委員会の総括や判断を待つことが前提とした上で「手倉森監督だからここまで来られた」と手腕を
高く評価。同監督は五輪代表に専念する前はフル代表コーチを兼任しており「われわれとしては
今まで通り、フル代表でと考えている」と話し、帰国後にも話し合う考えを明らかにした。

手倉森監督によると協会との契約は31日まで。今後については「ちょっとほっとしたい。今はそこに
対してすぐにアンテナを向けられる状況じゃない」と明言を避けた。

ソース/スポニチアネックス
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/08/11/kiji/K20160811013145720.html

no title

疑問が残る手倉森采配!自ら選んだ藤春を最後まで使うべきだった 

1: 名無しさん 2016/08/11(木) 12:27:47.80 ID:CAP_USER9
◇リオ五輪男子サッカー・1次リーグB組 日本1―0スウェーデン(2016年8月10日 サルバドル)

リオデジャネイロ五輪のサッカー男子は10日(日本時間11日)、1次リーグ各組の最終戦が行われ、
日本はスウェーデン相手に1―0で大会初勝利を挙げたもののB組3位に終わり、1次リーグ敗退が決まった。

スポニチ本紙評論家の川本治氏(64)は「色々な課題が浮き彫りになった3試合だった」と総括。
まずは手倉森誠監督(48)の選手起用法に疑問符をつけた。

川本氏は初戦のナイジェリア戦で結果を残した大島(川崎F)と南野(ザルツブルク)を第2戦のコロンビア戦で先発から外し、
19歳と最年少の井手口(G大阪)を“負ければ終わり”の大事な試合で初先発させたことを疑問視していたが、
スウェーデン戦については「なぜ亀川をここで使ったのか」と再び疑問点を指摘。

「確かに藤春はコロンビア戦でミスをしたが、五輪で勝つために監督がオーバーエージ(OA)に選んだ選手のはず。
藤春のストロングポイントは左サイドの攻撃だが、代わりに出た亀川はほとんどサイドを割ることができなかった。

交代カードを切った選手(矢島)が得点したことで良しとするのか、非常に微妙だ。

監督が悩んだ末に選んだ3人のOA選手。藤春を最後まで使うべきだった」とし、
「OA枠でメンバーに入って、ああいうミスをして、そのまま五輪が終わってしまった。

藤春はもうこの五輪で挽回することができなくなり、大きなショックを受けているだろう」
とコロンビア戦で痛恨のオウンゴールを犯した藤春(G大阪)をスウェーデン戦で初めて先発から外し、
亀川(福岡)を左サイドバックで先発させた選手起用に首をひねった。

◇川本 治(かわもと・おさむ)1952年(昭27)5月1日、北海道釧路市生まれの64歳。

室蘭清水ヶ丘高校2年までGKを務め、中央大進学後以降はFWに転向。

古河電工(現J2千葉)では9シーズンに渡ってプレーし、引退後はコーチ、監督、強化部長など要職を歴任した。

現在は日本代表戦のほか、カテゴリーを問わずスタジアムに数多く足を運び、誠実な人柄で選手や関係者からの信頼も厚い。

スポニチアネックス 8月11日(木)12時16分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160811-00000112-spnannex-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索