Samurai Goal

戦力外


スポンサード リンク





アルテタ監督「失敗した」 エジルのアーセナル戦力外に責任感 

スクリーンショット 2020-10-22 17.42.21

<レアル・サラゴサのアランテギSD>香川真司退団は「スポーツ面で戦力外」 金銭面は無関係と主張 

スクリーンショット 2020-10-07 11.25.46




1: 2020/10/06(火) 22:50:55.98 _USER9
レアル・サラゴサのラロ・アランテギSD(スポーツディレクター)は、MF香川真司の退団は同選手を戦力としていなかったことが唯一の理由であり、金銭面は無関係だと主張した。
スペイン紙『マルカ』などが同SDのコメントを伝えている。

香川は今月2日にサラゴサと双方合意のもとで契約を解除したことが発表された。昨季のスペイン2部で期待されたほどのパフォーマンスを見せられなかったことに加えて、
チーム内で最高クラスの年俸がクラブにとって負担となっていたことも一因だと盛んに報じられていた。

だがアランテギSDは6日の会見で、金銭面は理由ではなかったと主張。「彼には(昨季)プレーオフ最終戦の1週間後にスポーツ面で戦力外だと考えていることを伝えた。それ以外の理由はない」と振り返っている。

香川には中東のクラブなどから好条件のオファーが届いているとも報じられていた。「サラゴサは彼のために動き、複数のオファーを受けていたが、全て断る結果となった。
1ヶ月を経て契約を解除しなければならなくなったのは驚きだ」とアランテギSDは語る。「今のチーム内にはシンジほどの過去(実績)はなくとも、もっと良い現在と未来があり前進の可能性がある選手たちがいると考えている」と続けた。

香川はスペイン国内の他クラブに加入することを希望しているようだが、新天地は未決定。サラゴサは香川にクラブの練習施設を提供し、コンディション維持のためトレーニングを行うことを認めたと説明されている。

10/6(火) 22:41配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/05a2cdc8e9e7ad179b95c8daedd9166eb45d0421

香川、サラゴサから“戦力外” EU圏外選手枠から外れ公式戦出場不可 地元メディアが報道 退団交渉は難航 

1: 2020/09/27(日) 09:25:09.55 _USER9
スペイン2部サラゴサのMF香川真司(31)が、今季の選手登録から外れたとエラルド紙など複数の地元メディアが報じた。在籍していても公式戦に出場できないため、事実上の戦力外となった。スペイン2部のEU圏外選手枠は2。クラブは香川を外し、ブラジル人FWライーと新加入のコロンビア人FWフェルナンデスを登録する決断を下した。

 これまで現地メディアでは、サラゴサが財政難とEU圏外選手枠の問題を理由に、契約が1年残っている香川の放出を望んでいると報じられていた。アス紙によるとサラゴサと香川代理人による退団交渉は難航しており、クラブは今季の年俸55万ユーロ(約6765万円)を支払うことで契約を解除することを提案しているという。

 またペリオディコ紙によるとカタール、米MLS、トルコなどからのオファーは、香川がスペインでのプレー続行を望んでいるため拒否。スペイン2部のログロニェス、ラヨ・バリェカノなど香川に興味を示すクラブとの交渉は、EU圏外選手枠、年俸上限(サラリーキャップ制)の問題から難航しており、来月5日の今夏移籍期限までに新天地が見つかるかは不透明な状況だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/35493af95d4344974a760cff93867e260de65462
no title

戦力外報道のスアレス、伊強豪ユベントスに”売り込み”? 12億円年俸&年齢がネックか 

スクリーンショット 2020-08-29 7.24.37

ブレーメン大迫がドイツ1部残留も…日本代表戦力外の危機 

20200712-00000012-nkgendai-000-1-view

Jリーガーの過去隠し営業マンに…2回の戦力外、8年経って向き合えたこと 気づけばトップクラスの成績に 

20200619-00000001-withnews-000-1-view

バルセロナで戦力外扱いのコウチーニョ、プレミアリーグ復帰希望も…買い手なしか 

20200602-00010006-goal-000-2-view

香川真司、ドルトムントから事実上の戦力外通告か。移籍先探しを容認される  

1: 豆次郎 ★ 2019/07/03(水) 21:39:35.31 ID:ZXcf2tuf9
7/3(水) 7:20配信
香川真司、ドルトムントから事実上の戦力外通告か。移籍先探しを容認される

 ボルシア・ドルトムントの香川真司は今夏にクラブを離れる事が濃厚となった。

 2日付けの独誌『キッカー』など複数のメディアは、ドルトムントが香川に対し現地時間3日から始まる新シーズンの初練習に参加せず移籍先を見つける事を許可したと報じている。


 2010年にドルトムントに加入した香川はすぐにレギュラーポジションを獲得すると1年目でリーグ優勝に貢献、2年目はリーグとドイツ杯(DFBポカール)の2冠獲得に貢献する。

 その後、マンチェスター・ユナイテッド移籍を経て2014年に再びドルトムントへ復帰を果たすも、かつてのパフォーマンスを見せる事が出来ず。今季はルシアン・ファブレ監督の構想外となりシーズン後半はトルコ1部ベシクタシュでプレーしていた。

 そんな香川にはベシクタシュの他、セルタやベティス、ヘタフェといったスペインのクラブも興味を持っているようで、30歳を迎えた今季は新天地で一からのスタートを切る事になりそうだ。

 なお、ドルトムントは香川の他にアンドレ・シュールレにも同様の通知をしたようだ。28歳のシュールレは昨季フラムにレンタル移籍しリーグ戦24試合で6得点を挙げていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190703-00329120-footballc-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索