Samurai Goal

感染


スポンサード リンク





マンCのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが新型コロナに感染 

1: 2021/01/22(金) 10:03:32.99 _USER9 BE:828120593-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
1/22(金) 8:03
東スポWeb

マンCのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが新型コロナに感染
セルヒオ・アグエロ(ロイター)
 イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティーに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(32)が21日、自身のツイッターで新型コロナウイルスに感染したことを報告した。「親しい人に陽性反応が出て自主隔離をしてきたが、検査で陽性反応だった。いくつかの症状があるので、医者の指示に従って回復に努めている。みなさん、気を付けて」と書き込んだ。

 今季は出番が激減している中、直近3試合は濃厚接触者に認定されたため、ベンチ入りしていなかったが、残念ながら感染してしまったようだ。マンチェスターCではブラジル代表FWガブリエルジェズス(23)やイングランド代表DFカイル・ウォーカー(30)、GKスコット・カーソン(35)が陽性となるなど、昨年末から感染者が続出している。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/85c5efcc395fa89f4e64b649050cb33d31a049fa

ポグバ感染の恐ろしさ語る「自分じゃない感じ」 

1: 2020/12/08(火) 01:21:46.36 _USER9 BE:604476912-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
12/7(月) 22:00配信
日刊スポーツ

マンチェスター・ユナイテッドのポグバ(ロイター)

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ(27)が新型コロナウイルスの恐ろしさを訴えた。ポグバは今年8月、新型コロナウイルスに感染。検査で陰性となった後も、後遺症に悩まされたという。

同MFは6日、MUTV(クラブ公式チャンネル)の中で「奇妙だった。トレーニング中もコーチに『変な感じなんだ』と言い続けた。自分じゃない感じですぐに疲れてしまうし、すぐに息が上がってしまう」と感染後の自身のコンディションについて説明した。

1-3で敗れた9月19日の今季初戦クリスタルパレス戦ではスタメン出場。だが後半途中交代となった。「今季初戦では全然走れなかった。走ろうとはしたんだけど。(試合前)監督に『スタメンで出ますので、様子を見てください』と言ったんだけど、結局苦しくなってしまった。それから普段の良いコンディションに戻るまで時間がかかったよ」と話した。

ポグバは6日のウエストハム戦で、11月1日アーセナル戦以来となる先発出場を果たし、豪快な同点ミドルシュートを決めて3-1の逆転勝利に貢献した。「感じが全然違うよ。自分のリズムを取り戻した。感覚がとても良いし、以前のようにボールを受けて、ゲームをコントロールすることができる感じがする。それこそチームに貢献できる部分だと思うんだ。自分はチームプレーヤーだから。チームが勝つことが1番大事なんだ」と笑顔を見せた。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/7f91b8743900eed6e32247733ce4965dd10ef6e5

本田圭佑のボタフォゴで新監督が新型コロナ感染報道 

1: 2020/12/01(火) 08:59:35.24 _USER9
12/1(火) 8:18配信
日刊スポーツ

本田圭佑(20年3月撮影)

ブラジル1部の古豪、ボタフォゴのバロッカ新監督が新型コロナウイルスに感染したと、11月30日、複数のブラジルのメディアが報じている。

【写真】本田圭佑(20年1月撮影)

MF本田圭佑(34)が所属している。

ボタフォゴは本田の加入から約10カ月で何と5人目の監督が誕生という迷走ぶり。当然というべきか、主戦場の全国選手権でも、降格圏で低迷している。

バロッカ監督は11月28日に就任したばかりで、12月5日のフラメンゴ戦で初めて指揮を執るはずだったが、この試合での指揮は不可能になった。

本田ら選手の状況は、不明だが、一部報道によると、本田は11月29日に就任したばかりのバロッカ監督と話し合いの場を持ったという。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/4ff0f278ffbfe328fa867752e75f1af2cc921a20

ローマのレジェンド、トッティが新型コロナウイルスに感染・・・先月には父がコロナの影響で死去 

ser20110309160002-p1




1: 2020/11/03(火) 10:32:21.01 _USER9
ローマのレジェンドであるフランチェスコ・トッティが、新型コロナウイルスに感染したことが明らかとなった。
イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。

44歳となったトッティ。発熱と脱力感があり、新型コロナの陽性反応を示したようだ。
現在はローマにある別荘で静養しているという。

なお、トッティの父であるエンツォ・トッティ氏は先月、
76歳でコロナのために亡くなっており、トッティの状況も心配されるところだ。

トッティは2017年に現役を引退。24年のキャリアすべてをローマに捧げ、
785試合に出場し、307ゴール183アシストを記録した。

その後、ローマのフロント入りを果たしたが、現在はチームを離れている。
https://www.sanspo.com/soccer/news/20201103/ser20110309160002-n1.html

ベガルタ仙台対柏レイソルの中止が決定。柏1名に新型コロナ陽性の診断 

スクリーンショット 2020-11-03 7.42.41




1: 2020/11/03(火) 02:09:59.36 _USER9
3日に開催を予定していたJ1リーグ第26節のベガルタ仙台対柏レイソルの一戦が中止となることが決まった。Jリーグが2日に発表している。


 Jリーグによると、2日、「柏レイソルで新型コロナウイルス感染症の検査で1名に対して陽性の診断が出た」とのこと。また、「検査結果が得られていない2名について濃厚接触疑い者を特定するプロセスが試合開催までにとれないことが確認された」ため、3日の試合を中止することを決めた。


 柏レイソルは7日にルヴァンカップ決勝を予定している。Jリーグは「専門家チーム指導のもと、柏レイソルの選手・スタッフに対して複数回のPCR検査を実施し、試合開催に向けて準備を進めてまいります」としている。

11/2(月) 23:27
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20201102-00395863-footballc-socc

レアル、コロナ感染拡大の恐れ MFウーデゴール陽性判明と地元メディア 

スクリーンショット 2020-09-23 18.43.28

名古屋DF宮原 新型コロナ感染を発表、Jリーグ再開後で初 

スクリーンショット 2020-07-25 22.13.22のコピー




1: 2020/07/25(土) 15:57:37.20 _USER9
名古屋は25日、DF宮原和也(24)が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。
24日に38度の発熱と頭痛を訴え、PCR検査を実施。同日に陽性反応と診断された。

選手としてはJリーグ再開後初の陽性反応者。

あす26日に敵地で広島と対戦する予定になっているが、心身ともに大きな影響を及ぼしそうだ。

クラブによると、宮原は現在平熱(36・8度)に戻っており、自宅で静養。またチーム関係者60人がこの日PCR検査を受診したが、
トレーニングや遠征先での行動は全て保健所に報告し、クラブ内に「濃厚接触者はいない」という判断になったという。

この日は消毒作業を行った上でクラブ施設を使用。あす26日に業者による消毒作業を予定している。

宮原は17年に広島から期限付きで加入。19年に完全移籍した。今季は負傷で出遅れたが、
22日の敵地・大分戦で今季初のベンチ入りを果たしていた。

名古屋は6月にもFW金崎夢生とGKランゲラックが陽性反応と診断され、宮原でチーム3人目の感染者となる。
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2020/07/25/kiji/20200725s00002179204000c.html

武田修宏「53歳カズさんがコロナに感染したら、Jリーグはどうするんだろう」 

20200609-01895139-tospoweb-000-7-view




1: 2020/06/09(火) 17:46:53.78
【武田修宏の直言!!】

 ようやくJリーグの再開日が決まり、少しずつだけどサッカーが動きだしているのはやっぱりうれしいことだね。
プロ野球のほうが先に開幕するけど、Jリーグはすでに再開しているドイツをお手本にして慎重に進めている。
これからも細心の注意を払っていってほしいよ。

 ファンとしては無観客とはいえ、試合が始まるという高揚感はあるはず。でも、選手にかかる負担は想像以上のものがある。
あるクラブのスタッフから聞いたんだけど、今、選手たちはクラブハウスと自宅の往復だけで、食事をともにできるのも同僚や家族だけ。
それに加えて、開幕までに新型コロナウイルスのPCR検査を行う。これがかなりのストレスのようで、開幕までに疲弊してしまわないかが心配だよ。

 もちろん感染拡大を防ぐため、徹底した検査は必要。でも、その選手たちの心身をケアする態勢は整っているの? これはクラブ単位の問題ではなく、Jリーグが中心となって選手たちを「守る」という姿勢を見せてほしい。

 サッカーは相手選手との接触があるスポーツで、どうしても感染の恐怖は消えない。今のJリーグは試合の開催ありきで、選手の本当の気持ちに応えているのかが見えてこないんだ。

 先日、カズ(三浦知良)さんが開幕に向けた意気込みを語っていたけど、一番こういうことに敏感なのは2月で53歳になったカズさんだと思う。もしカズさんがコロナに感染したら、Jリーグはどうするんだろう。余計なお世話かもしれないけど、そんなことまで心配になっちゃうよね。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f3363f1c4404628fadbb9b9384b398b804e87726
引用元:東スポweb

依頼
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1591532057/153

Jリーグ「試合再開に変更なし」 金崎選手感染でも 

20200407-00372851-usoccer-000-1-view




1: 2020/06/03(水) 19:51:21.91
サッカーのJリーグでは、J1は7月4日の再開、J2とJ3は6月27日からの実施を決めている。

J1名古屋は、2日に金崎夢生選手が新型コロナウイルスに感染していることが判明して当面の活動休止を発表したが、
リーグは試合再開スケジュールに「変更はない」としている。

リーグは公式戦スタート前に全選手のPCR検査を実施する方向で準備を進める。
今後、新たな感染者が出ることも想定されるが、チーム活動の可否や試合の実施について、明確なガイドラインを公表していない。
https://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK30739_T00C20A6000000/

レスターのロジャース監督、3月にコロナ感染していた「3週間、においも味もなかった」 

20200530-01076324-soccerk-000-1-view




1: 2020/05/30(土) 11:01:19.39 ID:D+SMqP4f9
レスターのブレンダン・ロジャース監督が3月に新型コロナウイルスに感染していたことを明かした。29日、イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 ロジャース氏は感染時を振り返り、「歩くのもままならず、キリマンジャロを登ったときのような気分だったよ」と“息切れ”に苦しんだという。また、「3週間、においも味もなかった。私には力がなく、その一週間後には妻も同じだったよ。検査をしたら二人ともウイルスが検出されたんだ」と続けた。ちなみに、同監督はスウォンジーを率いていた2011年、チャンピオンシップのプレーオフで勝ち抜けてクラブ初のプレミアリーグ昇格を決めた後、慈善事業の支援でキリマンジャロに登っている。

「キリマンジャロに登った時のことを思い出したよ。高く登るほど順化に苦しんで、呼吸するのが難しくなるんだ」

「私が健康であることに心から感謝しているよ」

 プレミアリーグの監督で新型コロナウイルの感染が明らかになっているのは、アーセナルのミケル・アルテタ監督に続く2例目。6月17日に再開予定のプレミアリーグだが、選手や監督、スタッフなどの健康のためにもまだまだ感染対策は必須である。

https://news.yahoo.co.jp/articles/68179db0a4312293bae6d70938a0534b23c27bc0



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索