Samurai Goal

怪物


スポンサード リンク





CLと言えば何を思い浮かべる? 怪物ハーランドが回答「正直に言えば…」 

スクリーンショット 2021-02-17 21.26.46

<“怪物”「ハーランド」が決めた5人抜きからのヘッド弾>大反響「190cm超のメッシなんて脅威でしかない」 

84749_ext_04_0




1: 2021/01/13(水) 23:15:19.53 _USER9
RBライプツィヒ戦で見せたゴールが話題に

アーリング・ハーランドが決めたゴールが大反響を呼んでいる。

 現地時間1月9日に行なわれたブンデスリーガ第9節で、ドルトムントはRBライプツィヒとのアウェー戦に3-1で勝利。ハーランドがドッペルバック(2得点)を達成する活躍で、2連勝に貢献した。

 この試合で見せた、ハーランドの1点目が話題を集めている。71分に敵陣でパスを受けると、細かいフェイントやタッチを織り混ぜながら計5人をかわしながらドリブルで持ち運び、サイドのジェイドン・サンチョにボールをはたく。

 そして、ゴール前のファーサイドへと動き、サンチョからのクロスに、ドイツ代表DFマルセル・ハルステンベルクを背負いながら頭で合わせ、ゴールネットを揺らしたのだ。

 自慢のフィジカルの強さだけでなく、洗練されたテクニックも披露したこのゴールに、敵将ユリアン・ナーゲルスマンも「本当に並外れている。すべてがケタ違いだ」と脱帽。元ドイツ代表のローター・マテウスは、「彼はハリケーンのようだ。周りにいるものすべてを吹き飛ばすパワーがある」と称賛した。
 
 また、世界のフットボールファンもハーランドの万能ぶりに驚嘆しているようだ。サッカーに関するさまざまな動画などを公開している『433』がこのゴールシーンをアップすると、瞬く間に1200件以上のコメントが殺到している。

「同世代のエムバペを超えている」
「リオネル・ハーランド」
「190cm超のメッシなんて脅威でしかない」
「これは、彼が天から授かったギフトだ」
「凄すぎる。こんなのを止められるDFがいるのか…?」
「ハーランドは史上最高のプレーヤーになるだろう。これを見て確信した」
「規格外すぎる!宇宙人だ!」

 負傷で戦列を離れていたハーランドは、これで今シーズンのゴール数を12に伸ばした。得点ランクトップを走るバイエルンのロベルト・レバンドフスキ(20点)とはまだ大きな差があるが、どこまで迫れるかに注目だ。

サッカーダイジェット
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=84749

写真
https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/84749_ext_04_0_1610530022.webp?v=1610536062

動画https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=84749

速くて強い怪物FWオルンガ「飛んで今季28点目」得点王ダメ押し弾 32試合28得点3アシスト 

1: 2020/12/22(火) 12:03:16.01 _USER9
■12月19日/J1第34節 柏―川崎(三協F柏)

 J1の2020年シーズン最後の試合で、柏FWオルンガが衝撃の得点シーンを生み出した。川崎戦の開始前時点で27ゴールを奪い得点王を独走していたケニア人ストライカーだったが、得点王へ華麗な“ダメ押し弾”を決めてみせた。

 それは、王者・川崎を相手にチャンスを作り続けた14分のことだ。柏のゴール前から前線にロングボールを前線に送り出すと、そのボールはFWクリスティアーノの元へ。クリスティアーノはこれをダイレクトでさらに前線に送ると、そこに待っていたのはオルンガ。

 一度バウンドしたハイボールに対し、オルンガと川崎DF山根視来が競りに行く。身長差をカバーしようと思い切りジャンプした山根だったが、同じく競りに行ったオルンガに簡単にはね返されてしまう。山根が地面に転がる脇で、オルンガは川崎GKチ〇ン・ソンリョンと1対1に。ソンリョンが勢いよく前に出てきたところを、オルンガは左足でチョコンと蹴ってボールを触らせない。

 そして、思い切りジャンプしてソンリョンの上を飛び越えると、あとは無人のゴールに流し込むだけ。今季28得点目を王者から奪ったのだ。

 得点ランク2位のFWエヴェラウド(鹿島)の18ゴールに10ゴール差を付けた大記録で、これはJ1史上でも現行の34試合体制になってからは、2005年にFWアラウージョ(G大阪)が記録した33得点に次ぐ数字だ。

 昨季の得点王は仲川輝人とマルコス・ジュニオールの横浜Mに所属する2人で、33試合に出場して15得点。2018年はジョー(名古屋)の24得点だった。なお、柏レイソル所属の選手としては初めての得点王獲得となる。

 Jリーグの歴史に、そしてクラブの歴史に名を刻んだオルンガ。12月14日の取材対応で来季の所属先について聞かれると「移籍の話はしたくない」と答えただけに、オフの間もその動向に注目が集まりそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7b216ccd735e85d8e7c65bccfec24c5ccc31c173
12/21(月) 19:16配信

no title


no title


no title


no title


https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/stats/j1/
得点ランキング

https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/standings/j1
順位表

https://www.youtube.com/watch?v=2_MjwgCyNHw

【㊗2020J1得点王】オルンガ(柏レイソル)全ゴール集|明治安田生命J1リーグ

落ち目のリバプール南野拓実 20歳怪物FWに引導を渡される絶体絶命のピンチ 

スクリーンショット 2020-11-05 13.49.42

”二十歳の怪物”ハーランド 自分より優れたFWは「7人だけ」 

スクリーンショット 2020-10-27 19.44.47

怪物ハーランドはジャンプの世界記録保持者!? “驚異の遺伝子”に母国メディアが注目 

スクリーンショット 2020-10-08 13.03.42




1: 2020/10/08(木) 11:40:02.69 _USER9
父は元プロサッカー選手、母と祖母は陸上の元スプリント選手とアスリート一家に育つ
 ドイツ1部ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドは、圧巻の得点力で20歳にして“世界トップレベルのストライカー”としての地位を築いている。身長194センチの体から繰り出す驚異的なスピードも大きな武器だが、幼少期からサイズと身体能力は半端なかったという。

 2016年に母国ノルウェーのブリンでプロデビューを飾ったハーランド。モルデを経てオーストリア1部ザルツブルクへ移籍すると、昨季はリーグ戦14試合16ゴールを挙げて注目を浴び、ドルトムントへ完全移籍した。

 昨季は公式戦40試合で44ゴール、今季も4試合4ゴールを決めるなど、左足でのフィニッシュ決定率は群を抜く。それ以外にも、194センチの長身ながらカウンターでは他の選手が追いつけないほどの猛スピードが一つの特徴だが、スポーツ一家の生まれが影響しているという。

「僕は小さい頃から陸上競技に携わってきた」

 ノルウェー放送協会 (NRK)はハーランドのコメントを紹介。さらに、父親アルフィーさんは元ノルウェー代表DFでマンチェスター・シティ在籍経験もある元プロサッカー選手、母親グリ・マリタ・ブラウトさんと祖母インガー・アーゼ・ホイランド・ブラウトさんはスプリントの選手だったことにも触れている。

 また、母親を指導していた元陸上コーチのオズワルド・クバム・ブリン氏は、若き日のハーランドが「非常に(足が)速くて、バネがあった」と証言している。

 記事では、ノルウェー紙「ダグブラデット」調べとして、2006年1月(5歳当時)時点で身長が163cmだったとし、非公式ながら立った状態での垂直飛びが5歳児の世界記録として残っていることにも言及。ハーランド自身は「その分野(ジャンプ)に優れた母と祖母がいるから、良い遺伝子を持っている。僕は生まれながら背が高かったから、それがジャンプ力にもつながっていると思う」と語っているという。

 ストライカーとして必要な能力をすべて備え、20歳にして世界トップレベルとも言われるハーランド。どこまで成長を続けるのか、世界中が熱視線を注いでいる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/42887f0a51b2b44f645130843f1d6e0ebb2f6df5

「誰か覚えてる?」 怪物#ロナウド 、“東京ドーム”で衝撃ハットの貴重映像「日本が私の人生で…」 

1: 2020/10/05(月) 08:43:59.28 _USER9
自身の公式インスタグラムに1994年に行われた磐田との親善試合の映像を3本投稿

1990年代から2000年代にかけて、世界を席巻したスーパースターの1人に元ブラジル代表FWロナウドの名前を挙げるファンは多いはずだ。そんな“怪物”と呼ばれた名ストライカーが、自身の公式インスタグラムに日本での思い出となる3本の動画を投稿し、話題を呼んでいる。

ロナウドはオランダのPSVでゴールを量産して頭角を現すと、1996年夏にバルセロナへ加入。圧倒的なスピードと得点感覚で37試合34得点と大爆発し、いきなりリーガ・エスパニョーラ得点王を獲得した。翌97年にはバロンドールを受賞、インテル移籍後は大怪我に見舞われたものの、自身3度目の出場となった2002年日韓ワールドカップ(W杯)で8ゴールを奪って得点王を獲得し、ブラジル代表を5度目の世界一に導いて完全復活を遂げた。その後はレアル・マドリードで“銀河系軍団”の一員となり、ACミラン、コリンチャンスを経て2011年に現役を引退している。

 そんな輝かしいキャリアを誇るロナウドが、自身の公式インスタグラムに「誰か覚えてる?」と綴って、“意外”な3本の動画を投稿した。それはロナウドがクルゼイロに所属していた1994年に、日本で行われたジュビロ磐田とのプレシーズンマッチに出場した時の映像だ。

 磐田公式サイトの試合記録によれば、Jリーグ創設2年目となる94年2月11日に行われたプレシーズンマッチで、会場はかつて何度かサッカーでも使用されていた「東京ドーム」。Jリーグ初参戦の磐田がクルゼイロを迎えた一戦には3万9548人の観客が集まっており、26年前のJリーグブームの熱気を感じさせる。

 そして試合では、当時17歳のロナウドが大爆発。前半1分に右サイドからのクロスを右足で合わせて1点目を奪うと、同30分には左サイド後方からのフィードに反応して磐田最終ラインの背後に抜け出し、左足のシュートはGK森下申一に阻まれるも、こぼれ球を右足で押し込んだ。さらに後半11分には、右サイドからのクロスをファーサイドで打点の高いヘディングで合わせてハットトリックを達成。3-1とクルゼイロが勝利した試合で全得点を叩き出し、“怪物”として世界にその名を轟かせる前に日本の東京ドームでその片鱗を見せつけた。

 ロナウドは公式インスタグラムに、「数年後、日本が私の人生で最も素晴らしい瞬間の一つの舞台になるとは思いもしなかった」と記し、世界一の栄冠を手にした2002年日韓W杯の8年前に生まれたハットトリックに想いを馳せていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7ede65d2a4a9aa2f9867e0405dfc734dca520c16
no title

「私なら嫌悪感を覚える」韓国代表“怪物”DFにモウリーニョは多くを語らず 

20200718-43481927-gekisaka-000-5-view

「宇宙人だった」「年齢を疑った」“怪物”ロナウドは16歳の時から別次元だった!? 元PSVコーチの証言 

20200602-00010008-sdigestw-000-1-view




1: 2020/06/02(火) 20:08:33.87
ロナウドを初めて見出したコーチが語る怪物の若き日

圧倒的な身体能力と決定力の高さから“フェノーメノ(怪物)”の異名を持つ元ブラジル代表FWロナウド。そのポテンシャルの高さは、ティーンエージャーの時からずば抜けていたようだ。


 その事実を語ったのは、PSVでロナウドを指導した元アシスタントコーチのアーニー・ブランツ氏だ。現地時間6月1日にオランダ・メディア『Voetbal International』のインタビューで、元ブラジル代表FWの凄みを語った。

 ロナウドがPSVにやってきたのは、1994年の夏。ブラジルが制したアメリカ・ワールドカップに17歳でメンバー入りし、その非凡な才能に注目が集まっていた中で、代表の先輩ロマーリオ(当時PSV)のススメもあり、クルゼイロから欧州初上陸を果たしたのである。

 ただ、「PSVで最初にロナウドを見つけたのは私だ」と力説するブランツ氏は、ロナウドが16歳だった1993年時点でスカウトを始めていたことを明かした。

「ロナウドを最初に発見したのは私なんだ。ピート・デフィセル(ロマーリオをPSVに連れてきた名スカウト)は常に信頼性と注意することを要求していたが、なぜ彼が1993年の時点でロナウドの獲得をクラブに提示しなかったのかなと思うね。その年に私はブラジルに1か月間ほど滞在して、彼のトレーニングとプレーを何度もチェックし続けた」

 ブラジルで原石を見出したオランダの名コーチは、若き日のロナウドのプレーを興奮気味に振り返っている。

「とてもフィジカルが強く、アグレッシブで、信じられないほどの加速力と強烈なシュート、得点能力を持っていた。本当にロナウドは他の惑星からやって来たのかと思ったね。宇宙人のようだったんだ。それですぐに年齢を疑ったよ。16歳にしてはあまりに凄すぎて、ありえないプレーばかりしていたからね」

 PSVで約2年に渡ってプレーして声価を高めたロナウドは、96年にバルセロナに移籍。名将サー・ボビー・ロブソンに「戦術はロナウド」と言わしめる、世界屈指のストライカーに成長したのだった

6/2(火) 15:30 Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200602-00010008-sdigestw-socc

新旧“怪物”比較。オルンガとエムボマはどっちがスゴイのか? 

1: 2020/06/02(火) 20:04:46.56
オルンガを見ていると、97年にG大阪で活躍したエムボマと重なる

昨年、本サッカーダイジェストwebの「19年の5大ニュース」で、オルンガ(柏)はエムボマ以来の衝撃だと書いた。

オルンガは、久しぶりに見た個で組織を破壊できる選手。エムボマと同じく単独でゴールを奪い取れるストライカーであり、それが最大の魅力だ。

 昨年、J2最終節・京都戦での8得点はもちろん、30試合・27得点のゴールは、どれも相手を寄せ付けない、相手が防ぎ切れないゴールだった。

「反則ですよ。すべてが規格外で、防ぎようがない」

 昨年、3-0で敗れた東京Vの山本理仁は呆れた口調で、そう言っていた。

 規格外という言葉を紐解くと、「強くて、でかくて、速い」の3拍子に加え、巧くて、決定力が高い、ということだろう。個人能力の5本の柱が揃った怪物だ。
 193センチ、85キロ、ケニアの大地で磨かれたフィジカルの強さと走力は、日本人選手ひとりではとても太刀打ちができない。裏のスペースにボールを出されるとトップスピードに入るまで時間が早く、しかもリーチが長いので先にボールに触れられて持っていかれる。横から身体をぶつけても体幹が強く、倒れない。優れた武器満載の重戦車がF1レベルのスピードで走るのだから、パワーに劣る日本人選手が何もできないのは当たり前と言えば当たり前だ。

 しかも両足、頭とバランス良くゴールを決めており、決定力が高い。軽くジャンプしただけで頭ふたつ抜け出ているので、フリーで当たるのと同じ状況でのヘディングが可能になる。身体を寄せてもぶつけても鋼の肉体はフラつきもしない。シュートは常に落ち着いているし、ゴールの再現性を持っている。

 それらのシーンを見ていると、97年にG大阪で活躍したエムボマと重なる。

 今や伝説にもなったデビュー戦の平塚戦で見せた一撃は、まさに衝撃的だった。186センチ・86キロの大きな身体ながら軽やかな動きを見せ、リフティングでボールをコントロールしながら左足のボレーを決めた。その後も裏にスペースにボールが出ればエムボマが5本の柱を駆使して、相手を置き去りにしてゴールを決めていった。

「ひとりでゴールまで完結できる選手はそういないと思う」

 宮本恒靖は当時、エムボマの神がかり的な能力をそう語った。

 その頃は、日本がまだフランス・ワールドカップに出場する前で、Jリーグ全体のレベルは今ほど高くはなかった。それでも攻撃をひとりで牽引して28試合・25得点で得点王になり、関西のお荷物クラブと言われたガンバを97年の第2ステージで優勝争いに導いたことは彼の功績だ。

 その背景には、エムボマのピッチ上での厳しさにあった。

 エムボマは優しい笑顔と神対応でファンに愛されていたが、その一方でピッチでは妥協を許さなかった。1本のパスのずれ、タイミングのずれには、選手を容赦なく叱責した。
パリSGなどでプレーしてきたが監督の信頼を得られず、出番は限られていた。
1本のパスが自分の生死を分ける、そんな厳しい環境でプレーしていたので、味方には厳しく要求した。
ガンバの選手もその要求に徐々に応えていったことでチーム力が上がり、戦える集団になっていった。

オルンガが「カメルーンの雄」を越えられるかどうかは…

オルンガの“インパクト”はエムボマ級だったが、実際に「カメルーンの雄」を越えられるかどうかは、「これから」にかかっている。

 柏ではクリスティアーノや江坂任から良いパスが出てくるので、それをしっかりと料理し、得点を取ることに集中。それが昨年は良い結果につながった。もちろん攻撃だけではなく、守備もハードワークをこなし、「チームのために犠牲になることが多い展開の時こそ、何ができるかだと思う」とチームの勝利に貢献する意欲と意識が高い。

 だが、J1の選手はやられっ放しにはならないので、研究され、思うようにいかないことが出てくるだろう。性格的に真面目ゆえに悩みの淵に落ち込むとプレーに影響が出るかもしれない。また、現実に自分が点を取りにくくなった時、味方の攻撃をどのようにサポートし、チームを活かすことができるか。
 それは個人戦術の引き出しがポイントになるが、その点、エムボマは多彩な才能を見せた。当時のガンバは戦術らしいものがなかったので、ある意味、自らが戦術となり、攻撃パターンを組み立てた。そうして結果を出し、チームメイトに多くの財産を残した。エムボマは、ガンバに1年半しか在籍していなかったが、今もなおファンに愛され、記憶に残る選手になった。
 

no title


6/2(火) 17:00
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200602-00074184-sdigestw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索