Samurai Goal

応援


スポンサード リンク





応援は手拍子のみ? 会場内での飲食はNG? 新型コロナ収束後のJリーグ観戦はどうなるのか 

20200326-00010001-realspo-000-4-view




1: 2020/03/29(日) 15:10:20.95
■新たに設定された再開プランから見えるJリーグの意図

3月25日、Jリーグは2度目となる公式戦再開の延期を発表した。新型コロナウイルス感染拡大を受けて、Jリーグが最初に延期を発表したのが2月25日。この時は「3月18日の再開を目指す」としていたが、3月12日には「4月3日」に再設定され、今回は「J3が4月25日、J2 が5月2日、J1が5月9日」と段階的に再開(J3は開幕)することが新たに発表された。
以前の記事でも指摘したが、今回の非常事態に対してJリーグは、どのスポーツ興行団体よりも素早い対応を取ってきた。公式戦の延期を最初に決めたのもJリーグだったし、3月2日にはNPB(日本野球機構)と共同で、感染症学の専門家3名を加えた「新型コロナウイルス対策連絡会議」を立ち上げている。今回の延期発表も、同会議での専門家の意見を参考にしながら、全Jクラブ代表者とのウェブ会議での議論を踏まえてのものだ。

こうした危機管理能力を発揮する一方で、Jリーグは綿密なシミュレーションに基づいた再開のための準備を進めている。すべての会場に検温用のサーモメーター、そしてマスクや消毒薬が行き渡るように手配。キャパシティが少ないJ3から開催し、平均観客数が多いJ1の再開をゴールデンウイーク明けに設定するなど、段階的な再開プランには主催者側の細やかな配慮が見て取れる。

新たな再開日程が設定されたことを受けて、Jリーグでは3月27日に臨時合同実行委員会を開催し、その内容がウェブ上でのメディアブリーフィングで公開された。具体的には「試合日程」「協議の公平性」「観戦環境対策」「財務対応」の4つのテーマだが、本稿ではファン・サポーターに最も関連性のある、3番目の「観戦環境対策」についてお伝えすることにしたい。もっとも、現段階ではあくまで「たたき台」であり、決定事項ではないことはあらかじめ強調しておく。

■Jリーグによる『再開直後の試合運営プロトコル(案)』

「観戦環境対策」についてメディアブリーフィングを行ったのは、プロジェクトリーダーの藤村昇司氏。藤村氏は、これまで4回行われた対策連絡会議にも陪席。今回のブリーフィングでは、作成中の『再開直後の試合運営プロトコル(案)』に基づきながら、Jリーグが考える「観戦環境対策」について語っている。その内容から、再開後のJリーグがどのような観戦環境となるのか、うっすらとイメージできるはずだ。

本題に入る前に、前提となるJリーグの考え方を確認しておこう。まず《状況が好転次第、一日も早くJリーグを再開したい。ホームタウンの笑顔と元気を、全国に届けたい》(プロトコル案より。以下、同)。その上で《できれば満員のお客様と共に再開したい。しかしその時期を待っていると、シーズン日程消化ができなくなる》として、完全収束を待たずに再開に踏み切ること。さらに《無観客は「最後の手段」と位置づける》ことが明記されている。

Jリーグでは「観戦環境対策」のリスクについて、レベル3(厳重警戒)→レベル2(警戒)→レベル1(注意)と設定。レベル3の段階から《できる限りの感染リスク対策をして、お客様をお迎えしながら、Jリーグを再開する》としている。そのためには《リーグから、ぜったいに守ってほしい基準を示す》。具体的には、感染リスクの主要因となっている「3密=密閉、密集、密接」の状態を作らないための禁止事項を設けることだ。

3月25日の会見で村井チェアマンは「試合は野外で行われるので、密閉については問題ない」とした上で、密集対策については「(再開から)2カ月をめどに遠距離移動による観戦の自粛を呼びかけること」、密接対策については「前後左右の客席を空けること」を方針として挙げている。余談ながら、最近はメディアを通してすっかり定着した感のある「3密」だが、Jリーグでは対策連絡会議が立ち上がった3月初旬から提唱している。


https://news.yahoo.co.jp/byline/utsunomiyatetsuichi/20200329-00170356/
3/29(日) 15:00

天皇杯観てサッカーに興味もったんやがおすすめのチーム教えて 

7e1bb677-s




1: 風吹けば名無し 2020/01/04(土) 21:11:41.91 ID:KQVQVBv50
Jリーグでも海外サッカーでも
ちなD

Jリーグサポーターに“少しだけお願い” 北九州MF加藤「近くにいた大人が大声で暴言...」「言葉を選んで」  

news_273213_1[1]




1: Egg ★ 2019/05/03(金) 12:16:33.65 ID:qJcqAo/59
ギラヴァンツ北九州に所属するMF加藤弘堅が、自身のツイッター(@koken0403)を通じて、Jリーグのサポーターに「少しだけお願い」をした。

 これまで京都サンガF.C.やカターレ富山、ザスパクサツ群馬でもプレーした経験がある加藤。スタジアムとチーム名を明かさない形で「少し前の話」として、友人の子どもが体験したJリーグ観戦時の“恐怖体験”を綴った。

「僕の友人が週末に子供を連れてJリーグを見にスタジアムに行ったそうです。初めてのスタジアムでかなり楽しみにしていたみたいです。ただ近くにいた大人の方が大声で暴言を言っていたそうで、その子供がそれ以来、スタジアムに行くのを怖がるようになったみたいです。。。」

 そう綴った加藤は、ヤジも含めて応援であると理解した上で「ただ言葉は選んでほしいです。。選手はもちろんですが、サポーターの方も一緒にスタジアムの雰囲気を作ってくださっています。ただ子供が見ているのはピッチだけではない事を少しだけ気にかけてくれたら嬉しいです」と、サポーターにお願いした。

ゲキサカ
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?273213-273213-fl



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索