Samurai Goal

徳島


スポンサード リンク





徳島J1昇格目前(1)浦和が切望!日本人イレブンで「得失点プラス31」のロドリゲス手腕 

スクリーンショット 2020-11-27 22.17.54

浦和、大槻毅監督、今季限りで退任…後任は徳島・ロドリゲス監督内定 

スクリーンショット 2020-11-25 8.52.53




1: 2020/11/25(水) 06:19:29.66 _USER9
浦和の大槻毅監督(47)が今季限りで退任し、後任にはスペイン出身でJ2徳島監督のリカルド・ロドリゲス氏(46)の就任が内定したことが24日、分かった。

 大槻監督は昨年5月、成績不振でオリヴェイラ監督が解任されたシーズン途中から指揮。リーグ戦14位と4年ぶりの無冠に終わったが、ACLで準優勝した手腕が評価されて続投した。今季は縦に速い攻撃的サッカーへ変貌させたが、残り4戦で9位と目標の来季ACL出場(3位以上など)も厳しい状況。クラブはすでに大槻監督に来季の契約を更新しない旨を伝えた。

 ロドリゲス氏は徳島を指揮して4年目。プロ選手としての経験はないが、母国のオビエド大でスポーツ科学の博士号を取得した知性派だ。昨季はリーグ4位でJ1参入プレーオフに進みながらも昇格を逃した。今季は残り7戦で首位。相手に応じて3バックと4バックを使い分け、組織的で攻撃的なスタイルを確立し、J2で実績を残してきた。

 浦和は複数の監督候補から戦術熟成に定評があるロドリゲス氏に一本化。クラブ初のスペイン人監督となる知将が、2年連続で無冠のチームの立て直しを図る。

 ◆リカルド・ロドリゲス・スアレス 1974年4月3日、スペイン・オビエド出身。46歳。同国の現2部オビエドのユース時代、17歳で左膝に大けがを負い、選手生活を断念。オビエド大学でスポーツ科学の博士号を取得。98年からオビエドのコーチ、2003~06年までRマドリード・メキシコのアカデミーダイレクター、ジローナとマラガでコーチを歴任。13年にU―17サウジアラビア代表、ジローナの監督を務め、14年からタイの3クラブ、17年から徳島を率いている。


2020年11月25日 04時00分 スポーツ報知
https://hochi.news/articles/20201124-OHT1T50238.html

どうなる?5P差の中に徳島、福岡、長崎の3チームでJ1昇格争いが大混戦 

スクリーンショット 2020-11-22 16.22.14

J1昇格へ期待増 J2徳島、クラブ最多6連勝なるか 21日アウェー京都戦 

スクリーンショット 2020-11-20 15.46.36

ジュビロ磐田 首位徳島に完敗、昇格絶望的 J2リーグ第31節 

IP201104TAN000113000_O_1

J2徳島「サッカーのPOシステムはふざけてる」 村井チェア「わかりました・・議論します」  

no title



1: 風吹けば名無し 2019/12/16(月) 13:31:47.97 ID:U60VO9TU0
Jリーグの村井チェアマンが15日、前日14日に閉幕したJ1参入プレーオフ(PO)の開催方式について
「いろんな角度から公平性を考え、丁寧に議論していきたい」と改めて議論する意向を明かした。

今季の同PO決定戦ではJ1の湘南がホームにJ2徳島を迎え1―1のドロー。
勝敗が決しない場合、J1を勝者とする規則から残留を決めたが
徳島のロドリゲス監督は「J2クラブにとって不公平だ」と不満を口にしていた。

これまでも中立地やホーム&アウェー方式での開催を求める声などが挙がっていた

12/16(月)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191216-00000067-spnannex-socc

J1復帰逃した徳島監督「このシステムは不公平だ」  

201912140000397-w500_1[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/14(土) 17:43:42.69 ID:G0H1U46d9
<J1参入プレーオフ:湘南1-1徳島>◇決定戦◇14日◇BMWス

J2で4位だった徳島ヴォルティスの6年ぶりのJ1復帰はならなかった。試合後、スペイン人のリカルド・ロドリゲス監督(45)は「湘南が(1-1のスコアでも残留できる)アドバンテージを生かした。我々は1点及ばなかった」と現実を受け止めた。

その上で、プレーオフの現状のルール変更を冷静に訴えた。

「このシステムはJ2には不公平だ。我々は(プレーオフを含めて45試合を戦い)22勝した。湘南ベルマーレは(34試合で)10勝しかしていない。もう1度再考した方がいい」。徳島はプレーオフで3試合を戦い1勝2分け。最後はJ1のホームで戦い、引き分けではJ1クラブが残留というルールに泣いた。

試合は前半にMF鈴木徳真(22)のゴールで先制し、J1復帰が確実に見えてきた。3-4-3システムで自陣でしっかり守り、高い位置で球を奪うと速攻でゴールに迫る。個人技に頼ることなく、組織で戦い抜く徳島らしいサッカーだった。

だが後半19分に同点を許した。迎えた後半ロスタイム、ドリブルからMF鈴木徳が右足で放ったシュートは、右ポストのわずか数十センチ横に外れた。入っていれば事実上、昇格となる勝ち越しゴールだった。

「2点目が必要なのに決めきれないのは実力なのかなと思う。練習で決めても意味がない。勝てたじゃなく、勝ったかどうかが大切。湘南は最後はいい守備をしていた」。鈴木徳は「引き分け=敗退」の事実を冷静に受け止めた。

就任3年目のロドリゲス監督が率いる徳島の快進撃は見事だった。J2リーグ戦は残り15試合で11勝3分け1敗。プレーオフを合わせると残り18試合でわずか1敗だけだ。

J2優勝で自動昇格した柏レイソルは、昨年の人件費が約28億円だったが、スター選手のいない徳島は約9億5000万円。「身の丈経営」をうたい、個人に頼ることなく組織で勝負してきたクラブの意地だった。

クラブの強化本部岡田明彦本部長は来季へ、ロドリゲス監督の続投を含めて選手を極力残したいという。だが監督や選手の評価も他で上がっていることで「J1に出たい選手やそれだけの価値がある選手、野心を持った選手が多い。できるだけ選手を残しながら、個に依存するのではなく、組織として今までやってきたことを継続していきたい」と来季への編成方針を説明した。

主将のMF岩尾憲(31)は「ここまで来られて仲間には感謝したい。サポーターには申し訳ない気持ちでいっぱい」と話した。徳島といえば熱烈サポーターだった俳優大杉漣さんが、18年2月に急性心不全で66歳の若さで急逝。クラブとして「18年シーズンを戦い、よい結果が報告できるように全力を尽くす」とコメントしていたが、大杉さんへの喜びの報告も来年以降にお預けとなった。

2019年12月14日17時30分https://www.nikkansports.com/m/soccer/photonews/photonews_nsInc_201912140000397-1.html

湘南が“崖っぷち”から生還、1-1ドローでJ1残留! 徳島は“下剋上”ならず J1リーグ参入決定戦  

20191213-12130806-nksports-000-14-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/14(土) 14:57:48.24 ID:G0H1U46d9
J1リーグ参入決定戦、0-1から湘南FW松田が値千金の同点ゴール

来季のJ1リーグ残り1枠を懸けたJリーグ参入プレーオフ決定戦が14日、Shonan BMW スタジアム平塚で行われ、J1リーグ16位の湘南ベルマーレが今季J2リーグ4位からプレーオフを勝ち上がってきた徳島ヴォルティスと1-1で引き分け、大会規定によりJ1残留を果たした。一方の徳島は先制点を奪いながら勝ち切れず、6年ぶりのJ1復帰を目前で逃した。

J2を4位で終えた徳島は、参入プレーオフ1回戦で同5位ヴァンフォーレ甲府と1-1で引き分け、大会規定により勝ち抜けると、2回戦では同6位のモンテディオ山形に1-0で勝利して、この決定戦に進出した。

大会規定により勝つしかない徳島は、“下剋上”を狙って序盤から積極的なプレーを見せていく。そして前半20分、左CKのチャンスを得ると、折り返したボールをMF鈴木徳真が右足で叩き込み、欲しかった先制点を奪った。

その後は湘南ペースで試合が進むも、徳島が1点をリードしたまま後半へ。徐々にホームチームに焦りも生まれ始めた後半19分、崖っぷちの湘南が追いつく。左サイドからのクロスを走り込んだFWクリスランがスルーすると、密集地帯でFW松田天馬が巧みに抜け出し、左足でねじ込んだ。

1-1に追いついたことで、再び徳島が1点を狙う展開に。後半28分にはCKからゴール前でチャンスを迎えるも押し込めず。その後も何度か攻め込むが、湘南の牙城を崩せなかった。

試合はこのまま1-1で終了し、大会規定により湘南の残留が決定。J1最終節の終了間際に勝利を逃し、プレーオフに回ることになったが、崖っぷちからの生還を果たした。一方の徳島はJ2リーグ4位からの“下剋上”を狙い、前半に先制点も奪ったが、あと一歩のところで2014年以来6年ぶりのJ1復帰を逃した。


https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/score/2019121401
試合スコア


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191214-00234427-soccermzw-socc
12/14(土) 14:55配信

【速報】湘南、徳島ともに譲らず1-1の引き分け! 湘南のJ1残留が決定! J1参入プレーオフ決定戦 

20191213-12130806-nksports-000-14-view[1]

J1参入プレーオフ J1最後の椅子懸け湘南vs徳島 対戦成績ほぼ五分 午後1時  

20191213-12130806-nksports-000-14-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/14(土) 08:09:13.67 ID:CiLN2yik9
J1参入プレーオフの決定戦は14日に行われ、J1で16位の湘南ベルマーレとJ2で4位の徳島ヴォルティスが、来季J1の残る最後の椅子を懸けて湘南の本拠地BMWスタジアムで午後1時から対戦する。

引き分けの場合は湘南がJ1に残留。徳島が6年ぶりにJ1に昇格するには勝たなければならない。
過去のリーグ戦通算対戦成績は湘南から見て8勝7分け9敗とほぼ五分の星。この試合で今季のJリーグは全日程を終了する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191213-12130806-nksports-socc
12/13(金) 21:14配信



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索