Samurai Goal

復帰


スポンサード リンク





宮市亮は年内の復帰は絶望的?ザンクト・パウリSDが離脱のさらなる長期化を示唆 

スクリーンショット 2020-10-18 15.54.13

34歳岡崎慎司が日本代表に復帰 森保監督「チーム内でも結果出している」 

スクリーンショット 2020-10-01 18.42.56

<バイエルン>コウチーニョのバルサ復帰を正式発表…11ゴール9アシストで3冠貢献 

1: 2020/09/02(水) 23:37:22.99 _USER9
バイエルンは2日、バルセロナから期限付き移籍で加入していたブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョについて、レンタル期間終了に伴いバルセロナへ復帰することを発表した。

現在28歳のコウチーニョは、インテルやリヴァプールなどを経て、2018年1月にバルセロナのクラブ史上最高額となる1億6000万ユーロ(当時レートで約218億円)で加入した。

しかし、『カンプ・ノウ』では十分なインパクトを残せず、昨年8月に買い取りオプション付きの1年レンタルでバイエルンに加入した。

バイエルンでは.公式戦38試合に出場して11得点9アシストを記録し、3冠に貢献。チャンピオンズリーグ(CL)では、準々決勝でバルセロナ相手に2ゴールを決めるなどの活躍を見せ、自身のキャリアで初めてビッグイヤーを掲げた。

コウチーニョが復帰後もバルセロナに留まるかは現時点で不透明。ロナルド・クーマン新体制となるバルセロナに残留する可能性のほか、アーセナルやチェルシーへの移籍が噂されている。

9/2(水) 23:01配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/199c3ea510b6abed0526923fefcb63267a70dbb1

写真
no title

チームと”和解”ポルトの中島翔哉が半年ぶり全体練習に復帰 開幕戦までにファンらに”真相”伝える 

スクリーンショット 2020-09-01 19.25.35

なぜJ1川崎Fの中村憲剛は301日ぶり復帰試合で円熟ループを決めることができたのか…「等々力に神様がいた」 

スクリーンショット 2020-08-30 17.42.37

<久保建英>ヘイニエルの2年間ドルトムント移籍で、来季レアル・マドリード復帰がさらに濃厚に! 

1: 2020/08/20(木) 00:29:01.84 _USER9
レアル・マドリードに所属する18歳のU-23ブラジル代表MFヘイニエルは、レンタルでボルシア・ドルトムントへ移籍することが決定した。レンタル期間が1年間ではなく2年間となったことで、久保建英は来季マドリーでプレーする可能性がさらに高まったと言えるかもしれない。

 昨季マドリーからレンタルされたマジョルカでのパフォーマンスで高い評価を受けた久保だが、EU外外国人枠が埋まっているマドリーでプレーするのはまだ困難な状況だった。再び他クラブへレンタルされる見通しとなり、多くのクラブが獲得を争った末に、ビジャレアルへのレンタルが決定した。

 現在マドリーで外国人枠を占めているのは、いずれもブラジル人であるFWヴィニシウス・ジュニオール、FWロドリゴ・ゴエス、DFエデル・ミリトンの3人。このうちヴィニシウスは、年内か年明け頃までにはスペイン国籍の取得が完了し、外国人枠から外れることが見込まれている。

 ヴィニシウスのスペイン国籍取得による空く外国人枠を久保とヘイニエルが争うとの予想も以前にはあったが、ここ最近ではマドリーは来季から久保をトップチームに加える計画だという見通しがスペインメディアで伝えられていた。ヘイニエルのレンタル期間が2年間となったことも、その構想を裏付けているかのようだ。

 ドイツへの移籍によりスペイン居住期間はリセットされるため、ヘイニエル自身のスペイン国籍取得は大幅に遅れることになる。だが2年後にマドリーに復帰する頃にはロドリゴもミリトンもスペイン国籍取得を完了し、外国人枠は空いていると予想される。2年後には久保とヘイニエル、さらに新加入選手などのもう一人がマドリーの外国人枠を占めることになっているかもしれない。

写真
no title


8/20(木) 0:01 フットボールチャンネル
https://news.yahoo.co.jp/articles/7c1bdaaf8c87c394dd177442acbc123cc33b04ed

川澄奈穂美、INAC神戸復帰で「とにかくタイトルを」 

スクリーンショット 2020-08-19 9.52.53

ウーデゴーアとセバージョスがレアル復帰へ…ジダンが中盤再編に向け決断か 

スクリーンショット 2020-08-12 16.47.55

PSG移籍が噂されるC・ロナウド、マドリー復帰の可能性も 

スクリーンショット 2020-08-11 17.42.13

<久保建英>レアル復帰可能性は本当にないのか? 

1: 2020/07/15(水) 06:46:31.41
ラ・リーガ1部で降格圏となる19位にあえぐRCDマジョルカで、代役の効かない存在感を放っている日本代表MF久保建英の去就をめぐって、スペイン国内の報道がかまびすしさを増している。

今シーズンが開幕した直後の昨年8月下旬にレアル・マドリードから期限付き移籍した久保は、36節を終えた段階で33試合に出場。
新型コロナウイルスによる約3カ月間の中断期間をはさんで12試合連続で先発として名前を連ねるなど、右サイドハーフとして4ゴール4アシストを記録している。

マジョルカとの契約が今シーズンいっぱいで満了を迎えるなかで、スペイン国内で2番目に発行部数が多いスポーツ紙『アス』や、レアル・マドリードの専門メディア『Defensa Central』が現地時間13日(日本時間14日)に、
来シーズンも引き続き期限付き移籍すると相次いで報じた。

マジョルカでの奮闘ぶりをスペイン国内のメディアも高く評価しているなかで、レアル・マドリードへ復帰する可能性は本当にないのか。
再開後に破竹の9連勝をマークし、3シーズンぶり34度目のリーグ優勝へ王手をかけているレアル・マドリードへ戻る上で、避けては通れない問題が存在する。

それは各クラブに「3」を上限として与えられている、EU(ヨーロッパ連合)圏外枠の関係となる。今シーズンのレアル・マドリードは22歳のDFエデル・ミリトン、20歳のFWヴィニシウス・ジュニオール、
19歳のFWロドリゴ・ゴエスのブラジル代表トリオにEU圏外枠を使っている。

このEU圏外枠に空きが生じない限り、たとえレアル・マドリードへレンタルバックされたとしても居場所はない。
必然的に3部リーグにあたるセグンダ・ディビシオンBに所属しているリザーブチーム、レアル・マドリード・カスティージャでのプレーを余儀なくされる。

FC東京から電撃移籍し、世界中を驚かせた昨夏の段階でも今シーズンをレアル・マドリード・カスティージャでプレーさせ、スペインへ適応させる青写真が一時は描かれていた。
しかし、トップチームに帯同したプレシーズンで久保が見せた、物怖じしないパフォーマンスが状況を一変させた。

セグンダ・ディビシオンBを主戦場とするよりも、他のクラブへ期限付き移籍して、ラ・リーガ1部のレベルを体験させた方がいい――ジネディーヌ・ジダン監督をはじめとする首脳陣の評価が高まり、
久保本人も希望した結果として、昇格組であるマジョルカが急きょ新天地に選ばれた。

つづく

7/15(水) 5:08配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/c5098a766c19b10815bd508133081679a2a80723

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索