Samurai Goal

復帰


スポンサード リンク





ウーデゴール来季3年半ぶりレアル復帰へ 地元紙 

20200524-25240570-nksports-000-10-view

<久保建英>レアル即座復帰は難しい?スペイン紙見解 

1: 2020/04/19(日) 00:20:11.61
レアル・マドリードは、MF久保建英(18)を含めた来季のメンバーを再編成する必要があると18日付スペイン紙マルカが伝え、各選手の将来の行方について説明している。

チームには現在、トップチームに、FWアザールら25人が在籍している。一方で期限付き移籍により他クラブでプレーしている選手は、マジョルカでプレーする久保を含めて10人いる。
さらに今冬、入団したがEU圏外枠の問題によりBチームのカスティージャでプレーするMFヘイニエルを含めて合計36人が在籍している。クラブは、メンバーの再編成を求めているという。

1つ目は前線と中盤を補強するためにトップチームの登録枠を空け、資金を調達するためと報じた。2つ目はFIFAが来季から制限を設けた期限付き移籍。
現時点で来季は期限付き移籍での獲得と放出の上限回数が8度(22歳以上の選手の貸出、借入の合計)に設定されている。

現在のトップチーム全25人の中で唯一、今季で契約切れとなるのはパリサンジェルマンから期限付き移籍でプレーしているGKアレオラ。もし、状況が変わらない場合は所属元に戻る。
一方、それ以外の24人は全員が来季も契約が残っており、現時点で退団を希望する選手はひとりもいない。

期限付き移籍中の選手では、BミュンヘンでプレーするDFオドリオソラは来季のトップチーム復帰を望んでいる。シーズン終了後にジダン監督と話し合いを行うことになると報じた。
一方、ジダンとの確執が以前より伝えられるMFセバージョスについては放出の可能性が出ている。

また、Rソシエダードで目覚ましい活躍を見せているMFエデゴールについてはトップチーム入りの可能性が高い。また、マジョルカでレギュラーを獲得している久保について同紙は、
トップチーム入りの期待が高い選手であるものの、18歳という若さとEU圏外枠の問題により、即座の復帰は難しいという見解を示している。

今夏にドルトムントFWハーランド、レンヌMFカマヴィンガなどが獲得候補に挙がっている。一方で放出候補としてFWベール、MFロドリゲス、FWマリアーノの名前が出ている。
さらにMFブラヒム、FWヨビッチ、MFバスケス、MFモドリッチにも退団の可能性もある。来季の陣容が大きく変わる可能性が高まっている。

4/18(土) 22:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200418-24180574-nksports-socc

写真
no title

死に物狂いのネイマール 復帰の意思をバルサに告げる 

20200322-00010005-sportes-000-1-view




1: 2020/03/22(日) 15:00:57.47
SPORTの調査でネイマールがFCバルセロナへの復帰の意思をバルサへ告げたことがわかった。この情報はネイマールの関係者からのものだ。

意思に反してパリ・サンジェルマンに留まっているネイマールだが、今後退団を目指して所属クラブにプレッシャーを与えていく覚悟のようだ。

負傷から回復して以来活躍を遂げているネイマールは、PSGの欧州チャンピオンズリーグ制覇の為に全力で戦っている。しかしネイマールのバルサへの復帰の意思は依然として強く、移籍に向けての交渉をQSI(Qatar Sports Investments)の莫大な資金を持つPSGと続けていく。

またバルサもネイマールを必要としている。2月5日に28歳の誕生日を迎えたネイマールは既に成熟した選手であり、メッシと共にプレーするにふさわしい。2015年にサッカー界を圧倒したあの“MSN”(メッシ、スアレス、ネイマール)の復活を多くの人々が望んでいる。

キケ・セティエン率いるバルサはチームに活力を与え、タイトルを獲得するために世界レベルのクラッキを必要としているのだ。

ネイマール自身がバルサへの復帰の願いを明らかにした今、PSGからどうやって奪回するかが問題である。場合によってはFIFA規則第17条の「プレイヤーの規約と移籍に関する規制」に訴える手段に出るだろう。

また、スポーツの争いを解決する手段としては、裁判所や、スイス・ローザンヌにあるCAS(スポーツ仲裁裁判所)に訴える等の方法もある。この場合、裁判所はネイマール移籍の代償としてバルサに約1億8,000万ユーロ(約213億5,000万円)の支払いを命じると予想される。

2019年の時点ではPSGへ移籍してから3年満たなかった為、ネイマールは移籍交渉の自由を持たなかったが、今はFIFAに訴え、移籍に踏み切ることが可能である。バルセロナの会長ジョセップ・マリア・バルトメウはFIFA経由でネイマールの移籍を可能にする為、ベルギー人弁護士ヴァウチャ・ランブレフツ(Wouter Lambrecht)と密に連絡を取っている。

ランブレフツは2017年からバルサの顧問弁護士を務めており、FIFA関連の弁護に関しては世界有数の人物である。バルサ専属になる前はECA(欧州クラブ協会)で法務部長を務めていた敏腕弁護士だ。

いずれにせよ最も重要なのは、バルサが既にネイマール本人との移籍の口約束を取り付けてるということだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200322-00010005-sportes-socc
3/22(日) 10:53配信

J2磐田 小川航、復帰即覚悟の2発!「爆発的な活躍をしないと…」 

1: 2020/02/24(月) 09:25:23.48
◇明治安田生命J2第1節 磐田2―0山形(2020年2月23日 ヤマハ)

J2磐田のFW小川航基(22)が、山形との開幕戦で2発を決め、東京五輪メンバー入りへ弾みをつけた。

「無得点では帰れない。五輪のアピールのためには普通の活躍では駄目。爆発的な活躍をしないと…」

強い覚悟で前半からゴールに迫った。前半13分。ゴール前のこぼれ球を左足で押し込み先制弾。同35分にはMF松本の左CKを頭で合わせ2点目を奪った。
「いい球がきたので、首を振らずにしっかり当てることだけを意識してできたのがゴールにつながった」と不得手な頭でもゴールを決めて胸を張った。

17年12月の森保ジャパン立ち上げ前は世代の主役だった。だが、同年5月にエースとして参加した韓国開催のU―20W杯で左膝前十字じん帯断裂など全治半年の大ケガ。
昨年6月のトゥーロン国際大会ブラジル戦でも左足じん帯を損傷するなど故障に泣かされた。同年7月には新天地を求めて磐田からJ2水戸に期限付き移籍した。

その水戸では17試合で7得点をマークするなど復調。昨年12月のE―1選手権ではA代表に初選出され、香港戦でハットトリックをマークするなど、かつての輝きを取り戻しつつある。
「いいスタートができたので、ノンストップでいく!」。小川航はJ2から五輪代表の座を狙う。

◆小川 航基(おがわ・こうき)1997年(平9)8月8日生まれ、横浜市出身の22歳。桐光学園高卒業後、2016年に磐田(当時J1)入り。
17年ルヴァン杯では史上最年少の19歳でハットトリック達成。昨年J2水戸へ育成型期限付き移籍し、今年磐田へ復帰。U―23日本代表では通算15試合6得点。1メートル86、78キロ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200224-00000016-spnannex-socc
2/24(月) 5:30配信

https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/score/2020022310
試合スコア

no title

no title

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/299000/298545/news_298545_1.jpg

<バルサFWデンベレ>復帰間近だったが、練習中に負傷…再び離脱へ 

1: Egg ★ 2020/02/05(水) 13:26:07.74 ID:wDy0zBGr9
バルセロナに所属するフランス代表FWウスマン・デンベレが再び負傷してしまったようだ。4日、クラブ公式サイトが伝えている。

 デンベレは11月27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節のドルトムント戦に先発出場したが、26分に負傷のため交代。その後の検査の結果、右足の大腿二頭筋のハムストリングを負傷し、約10週間離脱することが発表されていた。

 先月の報道ではデンベレのリハビリは最終段階に達し、復帰に近づいていることが報じられていた。しかし、3日の練習中に再び負傷。検査の結果、右足のハムストリングを完全断裂していることが発表された。なお、離脱期間はまだ明らかになっていないが、長期離脱が予想されている。

 今シーズン負傷に悩まされているデンベレは、ここまで公式戦わずか9試合の出場で1ゴールを記録するにとどまっている。

2/5(水) 13:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200205-01030407-soccerk-socc

写真
no title

「可能性はゼロではなくなってきた」中島翔哉の復帰は週末に?ポルトは首位ベンフィカとの大一番を控える 

20200204-00069418-sdigestw-000-6-view[1]

<セレッソ大阪>「香川真司」&「乾貴士」に“復帰”オファー!「23」と「7」は現在も空き番号.. 

1: Egg ★ 2020/01/22(水) 12:03:38.93 ID:bnjHpy2e9
 C大阪がクラブOBである元日本代表MF香川真司(30=サラゴサ)と同MF乾貴士(31=エイバル)に対し、早ければ今夏にも復帰オファーを提示することが21日、分かった。複数の関係者によると、香川が現在も背負う「23」と、乾がC大阪時代に身につけた「7」を2人のために空き番号としていることが判明。本人の意思を尊重しながら、復帰の可能性を探っていく。

 C大阪から飛躍を遂げたアタッカーに対し、今夏にも古巣から復帰オファーが届く可能性が浮上した。複数の関係者によると、現在の主な空き番号が「7」「11」「23」となっている中、加入が濃厚となっているMFルーカス・ミネイロ(23)は「11」を背負う予定。香川がドルトムント時代から愛着を抱く「23」と、乾がC大阪で身につけた「7」は、2人のために空き番号としていることが判明した。

 これまでにクラブ関係者は「空けているのは(2人への)メッセージでもあります」と話しており、復帰を待つ姿勢を示している。06年にC大阪でプロのキャリアをスタートさせた香川は、才能を開花させて欧州へと羽ばたいた。一方、08年途中に加入した乾もC大阪から世界への扉を開いた。2人が共存し、J1昇格を成し遂げた09年。チーム総得点「100」のうち、香川が27得点、乾が20得点を挙げて当時のJ2を席巻した。

 C大阪では、2人の欧州移籍を容認した梶野智氏が今季からチーム統括部長に復帰した。香川はサラゴサと来季終了までの2年契約を結び、乾はエイバルと3年契約を交わし今季が1年目。獲得するためには移籍金を含めた交渉が必須だが、香川もしくは乾がJリーグ復帰を選択肢に入れれば、手を挙げる準備は進めている。今も欧州でピッチに立ち続けているだけに、それぞれの意思を最大限に尊重しつつ、古巣として動向を追っていく。

1/22(水) 5:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-00000063-spnannex-socc

写真
no title

<チョウ貴裁氏>流通経大で復帰へ!J1湘南をパワハラで退任.. 

1: Egg ★ 2020/01/17(金) 13:25:46.12 ID:zlUEQcOq9
昨秋にサッカーJ1湘南の監督をパワハラ問題で退任したチョウ貴裁氏(51)が、関東大学リーグ2部の流通経大でコーチに就任する方向であることが17日、関係者の話で分かった。Jリーグの監督に必要な公認S級コーチライセンスは今年10月3日までの1年間停止されているが、指導は禁じられていない。

 匿名の通報をきっかけとしたJリーグの調査でパワハラ行為が認定されたが、湘南を2018年のYBCルヴァン・カップ初優勝に導いた実績があり、現場復帰を期待する声もあった。本人も意欲を示しており、既に流通経大の練習を見学するなど準備を進めているという。

1/17(金) 11:47配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-00000068-kyodonews-socc

写真
no title

イブラヒモビッチが古巣ACミラン復帰に合意か 伊メディア報道 

1: ばーど ★ 2019/12/27(金) 10:04:26.52 ID:mqtolUYT9
【AFP=時事】イタリアの複数メディアは26日、サッカー元スウェーデン代表のスター選手ズラタン・イブラヒモビッチ(Zlatan Ibrahimovic)が、イタリア・セリエAのACミラン(AC Milan)と6か月間の契約に合意したと報じた。

 伊紙ガゼッタ・デロ・スポルト(Gazzetta dello Sport)や同国スカイ・スポーツ(Sky Sport Italia)によると、イブラヒモビッチは欧州の元強豪クラブであるミランからのオファーを受け入れ、古巣復帰に向けて2日以内に6か月総額300万ユーロ(約3億6000万円)の契約にサインするとみられている。契約内容には、得点数や出場試合数などに応じた、来季の契約更改オプションも含まれているという。

 米メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシー(Los Angeles Galaxy)でプレーしていた38歳のイブラヒモビッチは先月、同クラブがプレーオフで敗退したことを受けて退団を発表。ステファノ・ピオリ(Stefano Pioli)監督が率いるミランには、早ければミラネッロ(Milanello、ミランのトレーニング施設)で練習が再開される30日にも合流する見通しとなっている。

 ミランは、21日のアタランタ(Atalanta)戦で21年ぶりの大敗となる0-5での黒星を喫するなどリーグ11位に沈んでおり、現在はチームの立て直しを図っている。ウインターブレーク後の最初の試合は1月6日に行われるサンプドリア(Sampdoria)戦となっており、イブラヒモビッチにはチーム内にそのリーダーシップと勝利への士気をもたらすことが期待されている。

 ミランの元名MFで現在はクラブ幹部を務めるズボニミール・ボバン(Zvonimir Boban)氏は、アタランタ戦でのチームのプレーを「恥ずべきパフォーマンス」と糾弾し、「目を覚まして対処しなければならない。良いクリスマスは迎えられない」と述べた。

 イブラヒモビッチは2010年から2012年にかけ、ミランで2シーズンにわたりプレー。リーグ戦では61試合に出場して42得点を挙げており、クラブにとって最後となっているセリエA優勝にも貢献した。また、インテルで3度、ユベントスで2度のリーグ優勝を経験しているが、ユベントス時代の両タイトルは「カルチョポリ(Calciopoli)」と呼ばれる八百長スキャンダルにより剥奪されている。【翻訳編集】 AFPBB News

12/27(金) 9:55
AFP=時事
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-00000004-jij_afp-socc
no title

<久保建英>来季レアル・マドリード復帰へ!スペインメディア「会長はレンタル組5選手を復帰させる考え」  

1: Egg ★ 2019/10/26(土) 20:37:21.33 ID:TmUhT5SN9
エンバペ獲得のため、レンタル組の復帰に期待?
写真
no title


26日付のスペイン『アス』は、レアル・マドリーが来夏にマジョルカMF久保建英ら、レンタル組5選手を復帰させることを1面で報じた。

同紙曰く、レアル・マドリーは来夏の移籍市場でパリ・サンジェルマンFWキリアン・エンバペの獲得を目指しており、同選手に多額の金銭を投じるたさめに残りの補強はレンタルに出ている若手5選手で済ます考えであるという。

その5選手とは久保、セビージャDFセルヒオ・レギロン、レアル・ソシエダMFマルティン・ウーデゴー、アーセナルMFダニ・セバージョス、ボルシア・ドルトムントDFアクラフ・ハキミ。『アス』は、レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が「彼らが現在の成果を維持し続けるならば、(来夏に)復帰させる考えだ」と記している。

また同紙は、以上の5選手の現状についても記載。久保については「18歳の彼は少しずつ進んでいる」と、ほか4選手と比べてマジョルカで足取りがゆっくりしているとの見解を示しながらも、「今季すでに3試合で先発を務め、1アシストを記録している」と少しずつ成果を手にしていることも強調した。

10/26(土) 20:30配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191026-00010028-goal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索