Samurai Goal

復帰


スポンサード リンク





久保建英の来季レアル復帰を示唆…「今季EU圏外枠ではなかったら残っていた。来季は空きが出る」 スペイン紙 

1: 2021/01/17(日) 05:30:17.83 _USER9
1/16(土) 23:33
配信
GOAL
スペイン紙、久保建英の来季レアル復帰を示唆…「今季EU圏外枠ではなかったら残っていた。来季は空きが出る」

スペインのスポーツ紙『マルカ』は、レアル・マドリーMF久保建英がレンタル先をビジャレアルからヘタフェに変えた経緯を説明している。

昨夏にビジャレアルに加入しながらも出場機会が限定され、この冬にヘタフェに加わることになった久保。マドリーは久保と定期的にコンタクトを取っているようだが、ビジャレアル加入の初期段階から選手側がビジャレアルで良い感触をつかんでいないことを把握していたようだ。そしてマドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が今季、数年ぶりにビジャレアルとのアウェー戦に赴いたのは、久保から直接的に意見を聞くためだたったという。

久保がビジャレアルで厳しい状況に陥っていることを悟ったマドリーは、すぐさま同クラブとの契約解消に動いたとのこと。そして『マルカ』はマドリーが素早い動きを見せた理由について、久保に大きな期待をかけているためと説明する。マドリーは日本人MFが、クラブの将来のプロジェクトにおける中軸になると考えており、昨季マジョルカで見せたような活躍を継続することを望んでいた模様だ。

『マルカ』曰くマドリーは今季、もしEU圏外枠が埋まっていなければ、久保を自チームに残していたという。久保に対する信頼は「際限がない」ほどであり、その成長を止めさせないため、また出場時間の確保や責任を背負わせるためにヘタフェへと貸し出したとのことだ。同紙はさらに、マドリーが自チームのEU圏外枠を占めるDFエデル・ミリトン、FWロドリゴ、FWヴィニシウス・ジュニオールのいずれか一選手を、来夏に放出することを予測(特にミリトンの可能性が高い模様)。久保が来季マドリーに復帰することも示唆している。

なお昨夏とこの冬に久保についての交渉を行ったレアル・マドリーとビジャレアルの関係は、悪化するどころかより良好なものとなり、ビジャレアルのスペイン代表DFパウ・トーレスの移籍などについても話し合っているようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/89ac9a301c8cbbd46622d32aa864c703b1568d74
no title

ブレーメン大迫、Jリーグ復帰の可能性に独メディア見解 「東京五輪が懸かっている」 

スクリーンショット 2021-01-06 11.49.50




1: 2021/01/06(水) 07:20:53.36 _USER9
 ドイツ1部ブレーメンの日本代表FW大迫勇也は今季、レギュラーの座を奪えずにいる。今冬のJリーグ復帰も囁かれるなか、ドイツメディアは改めて、今後の去就動向に注目している。

 ブレーメンで3シーズン目を迎えた大迫は、ここまでリーグ戦11試合に出場も無得点。スタメンに名を連ねた試合もあるが、2日の第14節ウニオン・ベルリン戦(0-2)では前半のみで交代を告げられるなど、チーム内で確固たる信頼を勝ち取れていない。

 こうした状況を受け、現地メディアは今冬に放出される可能性を報じ、新天地候補としてJリーグが浮上。2014年のFCケルン加入以降、ブンデスリーガで7シーズンにわたって戦ってきた30歳ストライカーの動向に注目が集まるなか、ブレーメン専門サイト「Deich Stube」は、改めて日本復帰の可能性に注目している。

 同メディアは、スポーツディレクターのフランク・バウマン氏が「移籍候補だとは言っていない」と指摘しつつも、チーム内での序列が低下している現状から、「移籍期限内において、彼の中でも変化の要求が成熟する可能性がある」と、今後の移籍動向における見解を綴った。

 日本代表ではエース格であり、今夏に開催予定の東京五輪の代表チームにおいて、オーバーエイジ枠の1人としての招集が有力とされている大迫。「Deich Stube」はそうした事実にも触れながら「何しろ、今夏の東京五輪への出場が懸かっている」と、出場機会の確保が望めるJ移籍の可能性を伝えた。

 かつて2009年から5シーズン、鹿島アントラーズでプレーした大迫だが、13年以来となるJリーグ復帰は実現するだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/636cc6430bba1681217916349ddb90fcd9c1834e
1/6(水) 7:10配信

C大阪が大久保嘉人(38)の獲得に動く 15年ぶり復帰か 19試合0得点 

スクリーンショット 2020-12-25 10.54.42




1: 2020/12/25(金) 06:54:00.13 _USER9
セレッソ大阪が、元日本代表でJ2東京ヴェルディのFW大久保嘉人(38)の獲得に動いていることが24日、分かった。既に水面下で接触し交渉しているという。C大阪は大久保が01年にプロ生活をスタートさせたクラブ。交渉がまとまれば、06年以来15年ぶりの古巣復帰となる。

C大阪は来季、レビークルピ監督を招聘(しょうへい)し、若手の育成を掲げている。同クラブで4度目の指揮となる同監督は、過去に若手の積極起用の一方で、勝者のメンタリティーを注入すべく、過去にはG大阪からFW播戸、鹿島からDF新井場のベテランを獲得してきた。大久保は川崎F時代に3年連続得点王(13~15年)を獲得し、J1通算歴代1位の185得点を挙げている。川崎F、東京、東京Vでも若手に精度の高い縦パスを要求するなどチーム力アップに貢献しており、若手の手本にもなる。

今年は盟友の川崎FのMF中村憲剛が引退を発表。大久保は中村の引退セレモニーで「自分はあと少し、現役でやりたいと思っています」と現役続行を宣言していた。来年は39歳。現役生活も終盤にさしかかり、かねて縁のある土地でのプレーを希望していた。C大阪への復帰は最高の新天地となりそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b0a6c4e6d9a59a0117f2a550972719ae71e63cd1
12/25(金) 2:00配信

福岡J1復帰王手「自信を持って次の試合に」監督 

スクリーンショット 2020-12-13 21.09.15

曹貴裁氏、J2京都の新監督最有力 資格停止から復帰…地元クラブから再スタート 

スクリーンショット 2020-11-21 7.43.52




1: 2020/11/21(土) 06:47:16.41 _USER9
 流通経大サッカー部コーチの曹貴裁(チョウ・キジェ)氏(51)が来季、Jリーグの監督に復帰することが20日、分かった。複数クラブからオファーが届いた中、J2京都での監督就任が最有力に。湘南を指揮していた19年に発覚したパワハラ問題で、1年間の公認S級コーチライセンスの資格停止処分を受けた同氏だが、10月4日に処分は解除。出身地でもある京都で、新たなスタートを切る可能性が高くなった。

 曹氏は12年から指揮を執った湘南で、走力で相手を上回る攻守にアグレッシブな「湘南スタイル」と呼ばれるチームを作り上げた。しかしJリーグの調査で選手、スタッフへのパワハラ行為が認定され、昨年10月に退任。ハラスメント講習などを受けた上で、今年3月からは実地研修として関東2部の流通経大でコーチに就任した。大学でも指導力を発揮し、来年1月の全国大会の出場権をかけた11月の関東大学トーナメントで初優勝。2部所属で初の制覇を達成したほか、リーグでも現在首位とチーム強化に貢献している。

 湘南時代の曹氏は、MF斉藤未月(21)ら若手を積極起用してチームの主力へと育成。また大学などへのスカウティングも行い、ビッグネームに頼らないチームを作り上げていた。10年を最後にJ1から遠ざかる京都は、実好礼忠監督(48)の下で戦う今季も10位と低迷。21日の徳島戦(サンガS)で、今季の昇格が消滅する可能性がある。オーストリア1部・ザルツブルクMF奥川雅也(24)らを輩出するなど、下部組織の育成に定評がある京都。若手育成を軸としたチーム作りを得意とする曹氏の招へいに動いたとみられる。

 ◆曹 貴裁(チョウ・キジェ)1969年1月16日、京都府生まれ。51歳。洛北高から早大を経て、91年に柏の前身である日立製作所サッカー部に入団。JリーグではDFとして柏―浦和―神戸でプレーし、97年に引退。湘南でジュニアユース監督、ユース監督、ヘッドコーチを歴任して12年に監督に就任。18年にはルヴァン杯で初優勝を果たした。19年途中に湘南を退任。

 ◆京都サンガ 1922年に京都紫光クラブとして創部。96年に「京都パープルサンガ」としてJリーグに加盟し、2007年から現クラブ名。「サンガ」はホームタウン・京都とつながりの深い仏教用語。サンスクリット語で「仲間・群れ」を意味する。本拠地は亀岡市のサンガスタジアム(収容2万1623人)。02年に松井大輔、朴智星らを擁し天皇杯で優勝し初タイトル。J1での最高順位は02年の5位。過去にはラモス瑠偉、森保一、三浦知良らが在籍。

https://news.yahoo.co.jp/articles/811d0c3094560c73efbfe4d4cedc3eb8a77230e9
11/21(土) 5:00配信

コロナからの復帰戦で2ゴールのC・ロナウド「クリスティアーノが戻ってきた」 

スクリーンショット 2020-11-02 10.53.25

グアルディオラ監督、「バルセロナ復帰の予定はない」 

1: 2020/10/31(土) 14:34:05.61 _USER9
[30日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・シティー(マンC)を率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は30日、マンCを退団して古巣のバルセロナ(スペイン)へ復帰する予定はないと語った。

これはバルセロナの次期会長候補の一人とされるビクトル・フォント氏が、グアルディオラ監督を呼び戻したいと発言したことを受けてのもの。グアルディオラ監督はマンCとの契約を1年残しているが、フォント氏は同監督とバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの再会を望んでいると話していた。

グアルディオラ監督はバルセロナに指揮官として4シーズン在籍し、3回のリーグ優勝と2回の欧州チャンピオンズリーグ制覇を達成した実績がある。しかし、同監督は報道陣に対して「私はここ(マンC)でとても幸せ。長くいられるように今季はいい仕事ができることを願っている」と、バルセロナ復帰の意向はないことを示唆した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9ccfb6e81f59e7b8a02f4b0b22a5982b4b5e7cbe
no title

ヘンク伊東純也が新型コロナから復帰! 4発快勝のチームも3連勝《ジュピラー・プロ・リーグ》 

スクリーンショット 2020-10-31 10.32.09

バルサがグアルディオラ元監督復帰を計画 英紙 

スクリーンショット 2020-10-30 11.41.04

モドリッチ(35)、古巣トッテナム復帰について「年をとりすぎて戻れない」 

スクリーンショット 2020-10-27 22.56.59




1: 2020/10/27(火) 21:40:36.48 _USER9
「年をとりすぎて戻れない」ベイルとの再タッグに期待もモドリッチは否定的
[2020年10月27日(火)21:05]

レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(35)が、古巣トッテナム復帰についてイギリス『FourFourTwo』のインタビューで言及した。

2012年にトッテナムから加入して以降、数々のチームタイトルとともに中盤の主軸に君臨するモドリッチだが、マドリーとの契約は今季終了までとなっている。その去就に注目が集まっている中、古巣復帰も含めた現時点での考えを明かしている。




「僕は年を取りすぎてトッテナムに戻ることはできないよ。マドリーとの契約はまだ1年残っているから、どうなるか見ていくつもりだ」

「コンディションも良く、あと数年はサッカーを続けたいと思っている。僕はマドリーで今シーズンできることに焦点を当てている」

「シーズンの後、僕は経営陣と話をし、すべての人に適した解決策を探すつもりだ。僕はクラブのすべての人々と良好な関係を築いてきたし、何が起こっても問題はない」

今夏にマドリーからウェールズ代表FWガレス・ベイルをレンタルで獲得し、元エースの7年ぶりの復帰に沸き立ったトッテナムファンだが、もう一人のスターであるモドリッチについては、残念ながら復帰の可能性は低いようだ。

https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=384076



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索