Samurai Goal

得点王


スポンサード リンク





アトレティコ、カディスを4発で破り8連勝! 2得点の得点王 スアレスは3戦連発 

スクリーンショット 2021-02-01 11.02.54




1: 2021/02/01(月) 02:32:03.28 _USER9
 リーガ・エスパニョーラ(ラ・リーガ)第21節が31日に行われ、カディスとアトレティコ・マドリードが対戦した。

 前節のセビージャ戦に0-3で敗れた暫定13位のカディスと首位アトレティコ・マドリードの一戦。アトレティコ・マドリードは前節のバレンシア戦に3-1で勝利してリーグ戦8連勝を飾っている。

 ホームのカディスが開始早々にアトレティコ・マドリードのゴールを脅かす。1分、ファリからボールを受けたアルベルト・ペレアが相手エリア手前から右足でシュートを放つ。ボールは枠を捉えたが、GKヤン・オブラクが弾き出した。

 アトレティコ・マドリードは14分、右サイドから崩して中央へ折り返すと、これを受けたルイス・スアレスが反転から左足でシュート。これは相手ディフェンダーに防がれたが、こぼれ球をつないで最後はサウール・ニゲスがエリア手前から右足でシュートを放つ。しかし、ボールは惜しくもクロスバーを越えた。

 試合を動かしたのはアトレティコ・マドリードだった。28分、相手エリア手前でFKを獲得すると、ルイス・スアレスがこれを直接狙う。ボールは鮮やかな弧を描き、ゴール左上に吸い込まれた。しかし、カディスもすぐに同点に追いつく。35分、右サイドでパスを受けたサルヴィ・サンチェスが縦パスを入れる。これを受けたアルバロ・ネグレドがエリア内右からカットインして左足を振り抜き、ゴール左に決めた。

 アトレティコ・マドリードは前半終了間際の44分、勝ち越しに成功する。右サイドでボールを受けたトマ・レマルが切り返して左足でクロスを上げると、これにサウール・ニゲスが左足で合わせる。ループ気味になったボールはゴール左に吸い込まれた。カディスは前半アディショナルタイム2分、相手エリア内で突破を試みたペレアがコケのハンドを誘発したかに思われたが、VARの結果、PKは与えられなかった。

 1点リードで後半へ折り返したアトレティコ・マドリードは49分、相手エリア内左をドリブル突破しようとしたレマルが相手ディフェンダーに倒され、PKを獲得する。50分、スアレスがこれをゴール右下に決め、リードを広げた。

 カディスは59分、右サイドでパスを受けたアントニー・ロサノのクロスがそのままクロスバーを直撃する。カディスは71分、左サイドからクロスを上げると、こぼれたところをネグレドが右足でゴール左に決め、1点差とする。リズムをつかむカディスは79分、右サイドからのアーリークロスをネグレドがヘディングで折り返すと、これにイヴァン・シャポニッチがヘディングで合わせる。しかし、強烈なシュートはGKオブラクの正面を突いた。

 アトレティコ・マドリードも反撃に出る。88分、右サイドから相手エリア内に侵入した途中出場のアンヘル・コレアが中央へ送り、これにコケが右足で合わせ、ゴールネットを揺らした。

 試合はこのまま終了。アトレティコ・マドリードがカディスを下し、リーグ戦8連勝。消化試合が1試合少ないなか、暫定2位のレアル・マドリードとの勝ち点差を10ポイントとした。また、スアレスは3試合連続ゴールを決め、今季公式戦の得点数を14に伸ばしている。カディスは2連敗となった。

 次節、カディスは2月7日にアウェイでレアル・ソシエダと、アトレティコ・マドリードは同月8日にホームでセルタと対戦する。

【スコア】
カディス 2-4 アトレティコ・マドリード

【得点者】
0-1 28分 ルイス・スアレス(アトレティコ・マドリード)
1-1 35分 アルバロ・ネグレド(カディス)
1-2 44分 サウール・ニゲス(アトレティコ・マドリード)
1-3 50分 ルイス・スアレス(PK/アトレティコ・マドリード)
2-3 71分 アルバロ・ネグレド(カディス)
2-4 88分 コケ(アトレティコ・マドリード)

https://news.yahoo.co.jp/articles/2688e31a1e413a15e81d711a95d466f9306b3de6
2/1(月) 2:15配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20115099
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/67
順位表

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/67
得点ランキング

J1浦和FWレオナルドが得点王&優勝宣言「必要なら80ゴール決めたい」 

1: 2021/01/26(火) 14:31:20.95 _USER9 BE:426056787-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
1/26(火) 14:10
デイリースポーツ

J1浦和FWレオナルドが得点王&優勝宣言「必要なら80ゴール決めたい」
 浦和・レオナルド
 沖縄県金武町でキャンプを行っているJ1浦和のFWレオナルド(23)が26日、オンラインでの取材に応じ、得点王と優勝を力強く宣言した。

 浦和に加入1年目の昨季は28試合に出場してチーム最多の11得点を挙げたが、途中出場も多く(18試合)「フラストレーションがたまっていた」と振り返った。18年にJ3鳥取で得点王(24得点)、19年にJ2新潟で得点王(28得点)に輝いたブラジル出身のストライカーは「23ゴールを一つの目標にしている」と明かし、「得点王になりたいし、チームとしても優勝したい。(得点王に)必要なら40ゴール、50ゴール、80ゴール決めたい。最終的に得点王になりたい。自分が得点王になれば、必ずチームに貢献できていると思う。チームと自分がお互いにサポートし合いながら成長していければ」と意欲的に語った。

 オフはブラジルに一時帰国し、右足首付近の骨挫傷などの治療に専念していた。「まだ少し痛みはあるし(動きが)制限される部分もあるので、しっかりケアしていきたい」と回復に努める。

 今季から指揮を執るリカルド・ロドリゲス新監督(46)について「彼のスタイルを気に入っている。僕にとって今年のスタイルはより『サッカーらしい』と言える。経験豊富な監督らしく、シンプルに選手に“近道”を教えている」と好印象を受けており、「いい監督だと思っている。一緒に仕事をして成功を収めたい」と開幕を待ち望んだ。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/cefa94e2ada03498617f99904659bb5bed967b53

J1得点王「オルンガ」中東移籍の可能性浮上! カタールメディア報道「アル・ドゥハイルに向かう途中」 

1: 2020/12/28(月) 22:54:02.76 _USER9
かつて中島翔哉も所属したアル・ドゥハイルが接触か

今季のJ1リーグMVPと得点王に輝いた柏レイソルのケニア代表FWマイケル・オルンガは、中東移籍の可能性が浮上している。
カタールメディア「スタッド・アル・ドーハ」が報じた。

オルンガは2018年夏に柏へ加入すると、そのシーズンはJ2降格という結果になったものの、翌年に30試合で27得点をマークして柏のJ2優勝と昇格に大きく貢献。
そして今季、圧倒的な得点能力で28得点を挙げるとMVPと得点王のダブル受賞となった。

しかし、そのオルンガについて同メディアでは公式ツイッターで
「日本の得点王である柏レイソル、ケニアのマイケル・オルンガがアル・ドゥハイルに向かう途中です」と報じた。

アル・ドゥハイルは過去に日本代表MF中島翔哉(ポルト)もプレーしたカタール1部で7回優勝を誇る同国の代表的なクラブ。
Jリーグに旋風を巻き起こしたストライカーは、中東にその活躍の場を移すことになるのだろうか。

12/28(月) 22:32配信 フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/5da293ac4cd7e5d353444b152c78ad58af94082a

写真
no title

柏・オルンガ、MVP&得点王の2冠も欧州評価低い事情 2億越えの年俸がネック 

スクリーンショット 2020-12-24 16.36.01




1: 2020/12/23(水) 22:30:12.44 _USER9
Jリーグの年間表彰式「Jリーグ・アウォーズ」が22日、オンラインで行われ、最優秀選手賞(MVP)はJ1柏のケニア出身FWオルンガ(26)が初受賞した。

 本来であれば、空前の独走優勝を果たした川崎からMVPが出てほしいところ。だが突出した選手がいたわけではなく、コロナ禍による特別ルールの「5人交代制」をフル活用できる層の厚さが強さの原動力だった。

 本命不在のMVP争いを制したのは、J1で7位に甘んじた柏の助っ人。28ゴールで得点王にも輝いたオルンガは「Jリーグ初のアフリカ人MVP、柏にとっても初の得点王。その2つがうれしい」と喜びを語った。

 193センチの長身に規格外のスピード、足元の技術まで兼ね備え、開幕からゴールを量産。8月には欧州の複数クラブが新シーズンに向け補強リストに挙げたものの、スペイン、イングランド、ドイツ、イタリアの4大リーグからオファーは届かず。
フランス1部か、スペインでも2部だった。

 ドイツのサッカー移籍専門サイト「transfermarkt」によれば、オルンガの市場価格は1億4400万円。柏とは2018年8月から3年契約を結んでおり、出場給やオプションを加えた年俸総額は2億円台に達する。

 J1の2冠王といえども、そこまで払って獲得しようという欧州トップリーグのクラブはないのが現実だ。

 やや寂しさはあるものの、「アフリカ人選手にもっとJリーグに来てほしい」と呼びかけるオルンガの受賞が呼び水となって、アフリカ大陸からさらなる逸材が日本を目指す効果に期待だ。 (編集委員・久保武司)

12/23(水) 16:56 Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201223-00000005-ykf-spo

オルンガMVP&得点王「ウナギお願いしようかな」 

1: 2020/12/22(火) 23:33:05.27 _USER9
<Jリーグアウォーズ>◇22日

Jリーグの年間表彰式「Jリーグアウォーズ」が22日に行われた。

   ◇   ◇   ◇

ケニア代表の柏レイソルFWオルンガ(26)が、MVPと得点王の2冠に輝いた。アフリカ出身初のJリーグMVPで、柏から初の得点王誕生となった。今季は28点を挙げ、2位に10得点差をつける独走。オルンガは初ずくめの2冠に「光栄」と喜び「国内外にいい意味で影響を与えていきたい。Jリーグはアジアのベストのリーグとして、アフリカ選手にここでサッカーをしてほしい」と笑顔を見せた。

18年夏にスペインのジローナから柏に加入。日本の蒸し暑さに戸惑い、18年はJ1で10試合3得点にとどまった。自身の出来にフラストレーションもたまったが、サポーターからの信頼に「責任感を持ってプレーしないと」と意を決し、昨季はJ2で30試合27得点。「季節に順応し、日本の文化も理解し、チームメートといい関係を持てたことが成功につながった」と振り返る。

好物はウナギ。今季はコロナ禍で外食を控え、ウナギは食べていないが「シーズンが終わってほっとしたところで、デリバリーをお願いしようかなと考えてます」と笑う。日本の文化に慣れたオルンガは、来年1月4日のルヴァン杯決勝でも決定的な仕事をしそうだ。

no title


[2020年12月22日21時20分
https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.nikkansports.com/m/soccer/news/amp/202012220000741.html%3Fusqp%3Dmq331AQRKAGYAe6K8snNoaSW1wGwASA%253D

no title

速くて強い怪物FWオルンガ「飛んで今季28点目」得点王ダメ押し弾 32試合28得点3アシスト 

1: 2020/12/22(火) 12:03:16.01 _USER9
■12月19日/J1第34節 柏―川崎(三協F柏)

 J1の2020年シーズン最後の試合で、柏FWオルンガが衝撃の得点シーンを生み出した。川崎戦の開始前時点で27ゴールを奪い得点王を独走していたケニア人ストライカーだったが、得点王へ華麗な“ダメ押し弾”を決めてみせた。

 それは、王者・川崎を相手にチャンスを作り続けた14分のことだ。柏のゴール前から前線にロングボールを前線に送り出すと、そのボールはFWクリスティアーノの元へ。クリスティアーノはこれをダイレクトでさらに前線に送ると、そこに待っていたのはオルンガ。

 一度バウンドしたハイボールに対し、オルンガと川崎DF山根視来が競りに行く。身長差をカバーしようと思い切りジャンプした山根だったが、同じく競りに行ったオルンガに簡単にはね返されてしまう。山根が地面に転がる脇で、オルンガは川崎GKチ〇ン・ソンリョンと1対1に。ソンリョンが勢いよく前に出てきたところを、オルンガは左足でチョコンと蹴ってボールを触らせない。

 そして、思い切りジャンプしてソンリョンの上を飛び越えると、あとは無人のゴールに流し込むだけ。今季28得点目を王者から奪ったのだ。

 得点ランク2位のFWエヴェラウド(鹿島)の18ゴールに10ゴール差を付けた大記録で、これはJ1史上でも現行の34試合体制になってからは、2005年にFWアラウージョ(G大阪)が記録した33得点に次ぐ数字だ。

 昨季の得点王は仲川輝人とマルコス・ジュニオールの横浜Mに所属する2人で、33試合に出場して15得点。2018年はジョー(名古屋)の24得点だった。なお、柏レイソル所属の選手としては初めての得点王獲得となる。

 Jリーグの歴史に、そしてクラブの歴史に名を刻んだオルンガ。12月14日の取材対応で来季の所属先について聞かれると「移籍の話はしたくない」と答えただけに、オフの間もその動向に注目が集まりそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7b216ccd735e85d8e7c65bccfec24c5ccc31c173
12/21(月) 19:16配信

no title


no title


no title


no title


https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/stats/j1/
得点ランキング

https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/standings/j1
順位表

https://www.youtube.com/watch?v=2_MjwgCyNHw

【㊗2020J1得点王】オルンガ(柏レイソル)全ゴール集|明治安田生命J1リーグ

C・ロナウド、セリエA得点王で首位イブラに並ぶも「常に勝利が目標。CL優勝を」 

20190922_Cristiano-Ronaldo-GettyImages




1: 2020/12/15(火) 19:56:24.57 _USER9
ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが13日のジェノア戦終了後、インタビューに応じて試合を振り返った。イタリアメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 8日のチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ最終節でバルセロナに3-0と勝利し、グループ首位通過を決めたばかりのユヴェントス。13日は、セリエA第11節でジェノアとの敵地での一戦に臨むと、3-1と勝利を収めた。

ジェノア戦がユヴェントスでの通算100試合目となったC・ロナウドは、CLバルセロナ戦から2戦連続でPKによるドッピエッタ(1試合2得点)を記録して今シーズン10得点目をマーク。これにより、セリエA得点ランキングで首位に立つミランの39歳FWズラタン・イブラヒモヴィッチに並んだ。しかしC・ロナウドは、「得点王ランキングで首位に立つことは重要ではない。常に勝利することが目標だ」とコメント。チームの勝利を優先し、謙虚な姿勢を見せた。

 続いてポルトガル人スーパースターは自身の通算100試合目を喜びつつ、試合を振り返った。

「難しい試合ではあったが、個人記録を達成できたことは嬉しい。バルセロナでは重要な試合で勝利を収めることができたが、このような勝利の後は自信が増すものだ。ジェノアは非常に守備的な戦いを仕掛けてきたので、この結果をつかむのは困難だったよ。CLの後は疲労があるし、切り替えが必要だから常に難しい。しかし監督が必要なことを伝えてくれたので、僕らは良いパフォーマンスを見せることができたよ」

 またCLでの戦いにも言及。「ユーヴェは毎年、リーグ戦およびCLで優勝することを目標としているが、結果的にそのうちの1つしかタイトルを獲れていない。しかし僕らは自信がある。重要なタイトルを勝ち取ることを夢見ても良いはずだ」と意気込んだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9b199eadc8a925de4536c0fd22828656803d699c

得点王レース独走のオルンガ、26発目を含む1G1Aの大活躍! 柏、敵地で仙台を2-0撃破 27試合26得点 

1: 2020/12/01(火) 21:14:09.91 _USER9
クリスティアーノへの絶妙なスルーパスで先制点を引き出す

no title


J1リーグは12月1日、延期となっていた26節のベガルタ仙台対柏レイソルの1試合が開催され、柏が2対0で勝利を収めた。

柏側で新型コロナウイルスの陽性者が出たことで、開催直前で延期となっていたゲームは、アウェーの柏が先制。21分、カウンターからオルンガが持ち上がり、右サイドを走るクリスティアーノへ絶妙なスルーパス。これをクリスティアーノが落ち着いて流し込み、ネットを揺らした。

 柏は後半に入って追加点。61分に、CKからのこぼれ球をオルンガが右足で押し込み2点目。得点王レース独走中のオルンガは、これで今季通算26ゴールとした。

 試合は2対0でタイムアップ。アウェーの柏がオルンガの1得点・1アシストの活躍で勝利を収めた。柏は勝点を47に伸ばし、8位に浮上している。一方の仙台は勝点21となっている

12/1(火) 20:58
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20201201-00082736-sdigestw-socc

no title


順位表
https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/standings/j1

得点ランキング
https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/stats/j1/

柏レイソル 26戦25発、オルンガは得点王へまっしぐら「チームメイトが得点機を作ってくれる」 

1: 2020/11/26(木) 15:29:56.49 _USER9
11月25日、明治安田生命J1リーグは第29節が開催され、柏レイソルは鹿島アントラーズとカシマスタジアムで対戦。前半に北爪健吾が先制点を奪い、オルンガが決勝ゴール。クリスティアーノと神谷優太も追加点を挙げて、アウェーの地で難敵から勝利を収めた。

■2020年11月25日 J1リーグ第29節(@カシマ:観衆4,327人)
鹿島 1-4 柏
得点:(鹿)オウンゴール
   (柏)北爪健吾、オルンガ、クリスティアーノ、神谷優太

大久保嘉人以来のシーズン25点目
 この男、やはり規格外だ。1-1で迎えた後半30分、GKキム・スンギュから前線へロングパスが送られ、江坂任のヘディングでつないだボールにオルンガが反応。追走してきた鹿島の三竿健斗を振り切り、待ち構えていた犬飼智也をかわして、左足を振り抜いた。低くて速い弾道がゴールネットに突き刺さり、この試合の決勝点が生まれた。

「今日の試合はかなり難しい展開になりました。鹿島もすごく強いチーム。極力、自分たちの強さを出して、カウンターで相手を攻めて、同点となっても我々は冷静にプレーすることができ、追加点で勝利をつかむことができました」

 柏に10月28日のFC東京戦以来となる、およそ1カ月ぶりの勝利をもたらしたヒーローは、そのように鹿島との一戦を振り返る。チームの戦略でもあったカウンターがハマり、鹿島からアウェーで勝ち点3を手に入れた。

 オルンガ自身は26試合に出場して25点目。驚異の得点力を見せつけている。得点ランキングでは2位のエヴェラウド(鹿島)に9点差をつけ、首位を独走中。1シーズンで25点を奪ったのは、2013年の大久保嘉人(当時は川崎F)以来のこと。J1での2シーズン目で、得点王へとまっしぐらだ。

 謙虚なケニア人ストライカーは、「自分としては最善を尽くしている。チームメイトも献身的に動いてくれて、我々に得点機を作ってくれる」と、ゴール量産は仲間のおかげであることを強調する。シーズンの残り試合数は「6」。いったい、いくつまで得点数を伸ばすのだろうか。

「これからも一戦一戦、かなり難しい試合が控えているかと思いますけれど、残り6試合をラストスパートとして頑張っていきたいです」

 点取り屋オルンガはこれからも自身のゴールで、チームを上昇させていく。

現地取材◎サッカーマガジン編集部 写真◎J.LEAGUE

no title


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201126-00010006-soccerm-socc
11/26(木) 11:47

https://youtu.be/0dQPaMFe2To

柏レイソル 鹿島アントラーズ ハイライト

https://youtu.be/fSovKeVsdnA

オルンガゴール

https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/stats/j1/
得点ランキング

柏オルンガが得点王レース独走! 無双の今季20ゴール目に称賛「まじでバケモン!」 

1: 2020/10/10(土) 16:59:45.20 _USER9
前半20分、クリスティアーノのクロスをヘディングで押し込んで今季20点目を記録

 柏レイソルは10日、J1リーグ第21節でヴィッセル神戸と対戦。FWオルンガが今季20点目を含む2ゴールの活躍で、前半だけで3点のリードを奪っている。

柏は前半20分、FW江坂任のパスを受けたMFクリスティアーノが右サイドの敵陣深くからクロスを供給。ペナルティーエリア内でこれに反応したオルンガは、相手DF。大﨑玲央のマークをはねのけ、倒れ込みながらヘディングシュートを放ち、先制点を決めた。オルンガは得点王レースを独走する20ゴール目となった。

 DAZN公式ツイッターは、「帰ってきたクリスティアーノがオルンガの今季20ゴール目をアシスト!先制ゴールを抱き合って祝う」と速報。あまりにハイペースのゴール量産ぶりに、「オルンガまじでバケモン!」「まじでやばい」「トップレベルに理不尽ゴール(笑)」とファンからも驚きの声が上がっている。

 柏は前半終了間際に江坂、オルンガが追加点を決めて、前半だけで3点をリード。三浦淳寛新監督の体制となって無傷の3連勝中である神戸を圧倒している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4a18227b2474c5824a2903acdd7f7ce1e8b112bf
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索