1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/30(土) 18:08:28.83 ID:+YX6Qacv9
出場5試合連続ゴールをマーク!

絶好調の右ウインガーが15年ぶりの優勝に王手をかける勝利に大きく貢献した。

J1リーグの33節、川崎フロンターレ対横浜F・マリノスの神奈川ダービーが11月30日、等々力陸上競技場で行なわれ、横浜が4対1で快勝。15年ぶり4度目の優勝に大きく近づく勝利を挙げた。

この試合で横浜に流れを引き寄せたのは、なんといっても開始8分の先制ゴールだろう。ティーラトンからのスルーパスに反応したマテウスが左サイドを突破。
折り返しのクロスを仲川輝人が一度は合わせそこなったものの、身体で押し込んだ。

今季通算15ゴール目。仲川の得点ランク首位タイに躍り出るゴールで流れに乗った横浜は、後半も仲川のチャンスメイクなどから追加点を挙げ、終わってみれば4対1の快勝で神奈川ダービーを制した。

試合後、フラッシュインタビューに応えた仲川は「自分たちはあとひとつ試合が残っているので、それを勝ちに行くことしか頭にありません」と、優勝が懸かったFC東京との直接対決に意気込みを示す。
また自身の先制点のシーンについては、「うまくマテ(マテウス)が左サイドを突破したので、逆サイドの自分があそこに行くのはチームの約束事。
ラッキーなゴールでしたけど、早い時間帯だったので、自分たちのペースに持ってこれたと思う」と振り返った。

また、自身が出場した試合では5試合連続ゴールと、シーズン終盤に来てまさに絶好調の状態。
これには「自分の力だけじゃなく、みんなの力あってこそなんで、みんなのサポートに感謝したい」と周囲の支えによって実現できたことを強調。

さらに得点ランク首位タイに浮上したことについては「点は決められましたけど、
もう1点取れたシーンもあったと思うので、そこは課題として、もっと上を目指して突き詰めていきたい」と貪欲な姿勢を見せた。

横浜は12月7日の最終節で2位のFC東京と優勝を懸けて直接対決。
勝点67の横浜は、同64のFC東京に対して、勝点3差をつけ、得失点差でも7ポイント上回る。
横浜は最終節で「3点差の負け」でも15年ぶり4度目の優勝が決まる。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191130-00067271-sdigestw-socc
11/30(土) 17:39配信

no title

no title


https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/score/2019/2019113004.html
試合スコア

https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/data/ranking/
得点ランキング

FW仲川 輝人
フリガナナカガワ テルヒト
背番号23
身長/体重161cm/57kg
生年月日1992年7月27日
出身地神奈川
血液型A
所属チーム名川崎フロンターレU-15-川崎フロンターレU-18-専修大-横浜F・マリノス-FC町田ゼルビア-横浜F・マリノス-アビスパ福岡

https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/players/detail/1400647/124
成績

https://www.youtube.com/watch?v=NianeW98S0k


【ゴール集】2019J1リーグ第33節vs川崎フロンターレ