Samurai Goal

得点ランク


スポンサード リンク





C・ロナウド2発で得点ランク首位イブラに並ぶ…ユーヴェ、カリアリに完封勝利 

スクリーンショット 2020-11-22 20.01.01




1: 2020/11/22(日) 18:52:27.13 _USER9
 セリエA第8節が21日に行われ、ユヴェントスとカリアリが対戦した。

 試合は11分、エリア右のフェデリコ・ベルナルデスキがアルバロ・モラタからパスを受けると、ベルナルデスキはニアサイドにシュートを放ちゴールネットを揺らす。しかし、モラタの位置でオフサイドが取られてゴールは認められない。

 スコアが変動したのは38分、クリスティアーノ・ロナウドがエリア左でボールを持つと、中に切り込んでシュートを放ち、ゴール右に決めた。ホームのユヴェントスが先制に成功する。

 ユヴェントスは42分に右コーナーキックを獲得すると、フアン・クアドラードのクロスからメリヘ・デミラルが頭で合わせる。ボールは枠の左にそれると、こぼれたところをC・ロナウドが右足で押し込みゴール。C・ロナウドがこの試合2ゴール目を挙げて、ユヴェントスは追加点を獲得する。

 前半をユヴェントスの2点リードで終えて後半に入る。53分、ユヴェントス再び右コーナーキックを獲得し、クアドラードがクロスを入れる。これをデミラルが頭で合わせるが、シュートはGK正面に飛び、得点とはならない。

 カリアリは67分、ラズバン・マリンが右サイドからクロスを上げ、ボールはC・ロナウドの足に弾かれると、こぼれ球をラグナー・クラヴァンがヘディングでゴール。しかし、ラズバン・マリンのパスを受けたポジションでオフサイドが取られ、ゴールは取り消しとなる。

 このまま試合は終了して、2-0でユヴェントスがカリアリに勝利した。2ゴールを決めたC・ロナウドは今シーズンリーグ戦8ゴールを記録し、得点ランク首位のズラタン・イブラヒモヴィッチに並んだ。次節、ユヴェントスはアウェイでベネヴェントと対戦し、カリアリはホームでスペツィアと対戦する。

【スコア】
ユヴェントス 2-0 カリアリ

【得点者】
38分 1-0 クリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス)
42分 2-0 クリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス)

https://news.yahoo.co.jp/articles/56904a8b98f9d8750874f07ed7f8b9f887937cba

【柏】オルンガ5戦連発!開幕から9試合で2桁ゴールを達成、得点ランク独走! 昨季ビジャの2倍の速さ 

1: 2020/08/09(日) 09:52:56.98 _USER9
◆明治安田生命J1リーグ第9節 横浜M1―1柏(8日・日産スタジアム)

前半は鳴りを潜めていたケニア代表FWオルンガが、一瞬で仕事をやってのけた。後半17分。相手のクリアミスを拾ったオルンガは、大きなストライドでグイグイと加速。
相手DFを振り払うと、右足一閃(いっせん)。1995年のFWベンチーニョ以来となるクラブ最多タイの5戦連弾を沈めた。

開幕からわずか9試合で2桁ゴールを達成した。昨季は、神戸のFWビジャが第18節で2桁に到達したのが最速だっただけに、倍の速さでゴールを量産している。
得点後も圧倒的なスピードで、両チーム最多のスプリント20回を記録。相手の脅威となり続けた。

後半33分に追いつかれ、2017年以来3年ぶりの5連勝こそ逃したが、ネルシーニョ監督(70)は「前半はなかなかうまくいかなかったが、後半はうまく修正できた」と納得顔。
今夏の移籍市場では、トルコ・メディアが、日本代表MF香川真司も在籍した名門ベジクタシュが獲得に乗り出す可能性を報じるなど、J1を席巻するストライカーの存在感は、日に日に増している。(田中 雄己)

8/9(日) 8:00配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/104a2bc0ff7915643b59015145b7a1b770400289

写真
no title

首位横浜・仲川輝人、得点ランク首位タイの15点目も「もう1点取れたシーンもあった」32試合15得点9アシスト 

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/30(土) 18:08:28.83 ID:+YX6Qacv9
出場5試合連続ゴールをマーク!

絶好調の右ウインガーが15年ぶりの優勝に王手をかける勝利に大きく貢献した。

J1リーグの33節、川崎フロンターレ対横浜F・マリノスの神奈川ダービーが11月30日、等々力陸上競技場で行なわれ、横浜が4対1で快勝。15年ぶり4度目の優勝に大きく近づく勝利を挙げた。

この試合で横浜に流れを引き寄せたのは、なんといっても開始8分の先制ゴールだろう。ティーラトンからのスルーパスに反応したマテウスが左サイドを突破。
折り返しのクロスを仲川輝人が一度は合わせそこなったものの、身体で押し込んだ。

今季通算15ゴール目。仲川の得点ランク首位タイに躍り出るゴールで流れに乗った横浜は、後半も仲川のチャンスメイクなどから追加点を挙げ、終わってみれば4対1の快勝で神奈川ダービーを制した。

試合後、フラッシュインタビューに応えた仲川は「自分たちはあとひとつ試合が残っているので、それを勝ちに行くことしか頭にありません」と、優勝が懸かったFC東京との直接対決に意気込みを示す。
また自身の先制点のシーンについては、「うまくマテ(マテウス)が左サイドを突破したので、逆サイドの自分があそこに行くのはチームの約束事。
ラッキーなゴールでしたけど、早い時間帯だったので、自分たちのペースに持ってこれたと思う」と振り返った。

また、自身が出場した試合では5試合連続ゴールと、シーズン終盤に来てまさに絶好調の状態。
これには「自分の力だけじゃなく、みんなの力あってこそなんで、みんなのサポートに感謝したい」と周囲の支えによって実現できたことを強調。

さらに得点ランク首位タイに浮上したことについては「点は決められましたけど、
もう1点取れたシーンもあったと思うので、そこは課題として、もっと上を目指して突き詰めていきたい」と貪欲な姿勢を見せた。

横浜は12月7日の最終節で2位のFC東京と優勝を懸けて直接対決。
勝点67の横浜は、同64のFC東京に対して、勝点3差をつけ、得失点差でも7ポイント上回る。
横浜は最終節で「3点差の負け」でも15年ぶり4度目の優勝が決まる。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191130-00067271-sdigestw-socc
11/30(土) 17:39配信

no title

no title


https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/score/2019/2019113004.html
試合スコア

https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/data/ranking/
得点ランキング

FW仲川 輝人
フリガナナカガワ テルヒト
背番号23
身長/体重161cm/57kg
生年月日1992年7月27日
出身地神奈川
血液型A
所属チーム名川崎フロンターレU-15-川崎フロンターレU-18-専修大-横浜F・マリノス-FC町田ゼルビア-横浜F・マリノス-アビスパ福岡

https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/players/detail/1400647/124
成績

https://www.youtube.com/watch?v=NianeW98S0k


【ゴール集】2019J1リーグ第33節vs川崎フロンターレ



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索