Samurai Goal

得点


スポンサード リンク





「ごめん」日本人は謝るのに…なぜ外人選手はシカト? 得点入ると神様に土下座、空を見上げ神様と対話 サッカーはいつから宗教に? 

img_5cd2d330301e573a797051ffc804319e180016




1: 2021/02/16(火) 22:20:05.66 _USER9
 神に感謝――僕たちは、外国籍選手が神に感謝している姿や言動を、すでに「サッカーでよく見る光景」の一部として受け入れていて、そこに改めて違和感を持つ人は少ないのではないでしょうか。たとえばモハメド・サラーが得点後に地面に額をつける姿を見ても「そういうゴールパフォーマンス」くらいの認識が定着しているように思います。

 けれど、サラーが祈りを捧げることと、(たとえば)日本人が「かめはめ波」のゴールパフォーマンスをすることでは、持つ意味合いが全く異なります(鳥山明さんが「神」かという議論は他に譲ります)。

「神を信仰する」がサッカーに与える影響

 僕たちは普段、宗教とサッカーを切り離して考えています。少なくとも、積極的に関連づけようとはしていません。しかし、サッカーが西洋・南米を中心に発展してきたスポーツである以上、必然的に両者は、容易には切り離せないほど深く結びついています。

 大多数の日本人は(僕自身も含めて)、特定の宗教信仰を持ちません。自分の宗教観、何をどれくらい信仰し、それがどう日常生活とリンクしているのか、説明できる人は多くないはずです。それが良いとか悪いとか、そんなことを述べるつもりは寸分もありません。しかし僕が海外で生活を送ってきた中で、例えば試合前に膝をつき、肩を震わせながら祈りを捧げる選手や、眠る前に必ず聖書を読む同部屋の選手、オフの日に教会の枯葉を掃きに行く選手たちを見てきて、その挙動が一過性のパフォーマンスではないことは断言できます。

 たとえば、決定的なシュートを外したとき、パスミスをしたとき。

 僕たち日本人の多くは「味方に謝る」ことを選択します。そうした日本人選手の姿は、すぐに思い浮かぶのではないでしょうか(反対に外国籍選手が即座に謝っている姿は想像がつきにくいのではないでしょうか)。ほぼ無意識に、周囲に対して、自分の失敗であることを表明します(小学生から社会人まで、試合中に「ごめん」とか「わりぃ」がこれほど頻回に往来するのは、日本サッカーの特徴的な光景のように思います)。

 対比して、一人の神を信仰する「一神教徒(キリスト教、イスラム教、ユダヤ教)」の人たちを観察していると、彼らは決定的なミスの直後でも、すぐに味方に謝ったり、自分の失敗であることをすすんで表明したりはしません。

 では、どうするのか。彼らはまず、神様と対話します。キリスト教徒であれば、十字を切る。自分の第一感情が向かうのは、周囲や、場ではありません。もちろん空気でもありません。そこにはまず、自分と神様がいて、他者が入る余地はありません(僕自身が信仰を持つわけではないので正確な心象描写はできませんが)。
★抜粋
https://number.bunshun.jp/articles/amp/846977?page=1
https://mobile.twitter.com/numberweb/status/1360499297201115138
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

鎌田大地が再び開花! 得点につながった57メートルのディアゴナルパスに現地メディア興奮 

スクリーンショット 2021-02-10 12.25.35

英GKがゴールキックで得点 飛距離も凄い“ワンバン弾”に海外衝撃「こんなことが…」 

スクリーンショット 2021-01-25 13.40.24

17歳中井卓大、飛び級U-19で鮮やかミドルで21年初得点 ファン興奮「綺麗なゴール」 

スクリーンショット 2021-01-24 15.39.13

武藤は「他のFWにはない何かをもたらす」 スペイン大手紙も絶賛「完璧にフィットした」8試合1得点 

スクリーンショット 2020-12-03 12.46.38




1: 2020/12/03(木) 08:51:41.77 _USER9
エイバルは現地時間11月30日、リーガ・エスパニョーラ第11節でベティスと対戦し、2-0で勝利を収めた。先発したFW武藤嘉紀は先制点を決め、移籍後初ゴールを記録。スペイン大手紙は「武藤がスペインサッカーに自己紹介」と見出しを打ち、活躍に注目している。

 今夏にニューカッスルからエイバルに期限付き移籍した武藤は、1トップで2試合連続となる先発出場を飾った。MF乾貴士とともにピッチに立った一戦では、0-0で迎えた後半4分、右CKからのMFブライアン・ヒルのクロスをDFエステバン・ブルゴスが頭で逸らすと、走り込んだ武藤がゴール右隅へと流し込んだ。

 出場8試合目にして待望の移籍後初ゴールとなったが、スペイン紙「マルカ」は「武藤がスペインサッカーに自己紹介」と見出しを打ち、「疑う余地なく、武藤は優秀な取引となった。足もとにクオリティーを備え、連係面も問題なく、他のFWにはない何かをもたらす。それは不均衡なスピードだ」と説明している。

 また、「武藤は完璧にフィットした」と太鼓判を押し、「ゴールはストライカーにとってビタミンだ」と、今後武藤がさらなるパフォーマンス向上を示すきっかけになると期待を寄せていた。保有元のニューカッスルでは苦悩の時期を過ごしていたが、スペインで輝きを放ち始めている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e522a28682f10c5f1db902db051b4636afc44b47
12/3(木) 8:40配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/10011868
成績

【G大阪】オルンガ23点に対し、チーム得点トップは6点…それでもG大阪が2位タイ浮上の謎 

スクリーンショット 2020-10-27 20.25.13


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索