Samurai Goal

後任


スポンサード リンク





森会長の後任は松本人志を 元サッカー日本代表・内田篤人氏が指名「求心力ある」 

1: 2021/02/14(日) 10:38:44.27 _USER9
2/14(日) 10:34
デイリースポーツ

森会長の後任は松本人志を 元サッカー日本代表・内田篤人氏が指名「求心力ある」
 内田篤人氏
 元サッカー日本代表・内田篤人氏が14日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」に出演し、女性蔑視発言が世界的な批判を浴びて辞任表明した東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の後任人事について意見を述べた。

 内田氏は森氏の辞任については「そこは僕あんまり、思うところはないんですね」と流し、「次ってなった時に、あと半年じゃないですか。やるで進めていくんですよね、きっと。それならそれで、あと半年誰がいいの?って考えたら、僕ホントに、松本さん」と、ダウンタウン・松本人志を指名。松本は「いや~分かりました」とマジメくさって答えた。

 内田氏は「コロナのことに関しては専門家がいるんですよね。お金とかスポンサーとかってのは政治家の方がやるんですよね。発表するのって、松本さんがしたら日本一じゃないですか。プロ。しゃべりの。それでいいんじゃないですか」、「求心力あるし、僕そのぐらいインパクトあって面白くしてくれたら、海外からすると『あ、日本面白いことするじゃないか』」と、人選理由を説明していた。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/f1d56761e45267a98a80ad18b0d3963a331b2a27

森喜朗(83)の後任にサッカー協会重鎮・川淵三郎(84)→撤回されてキヤノン会長・御手洗富士夫(85)が就任 

スクリーンショット 2021-02-13 8.45.25




1: 2021/02/13(土) 08:00:17.340
 東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は12日、評議員と理事による合同懇談会の後に記者会見し、森喜朗会長の辞任を受けた後任会長人事について、候補者検討委員会を設置する方針を明らかにした。委員会の委員長には、組織委の名誉会長でキヤノン代表取締役会長兼社長CEOの御手洗富士夫氏(85)が就任する。武藤氏は「後任の会長を早急に決める必要がある」と語った。

森喜朗氏→川淵三郎氏まさかの「老々交代」 後任に若い世代を選べなかったリアルな内幕 

スクリーンショット 2021-02-12 8.15.10

「サッカー界が足を引っ張るかも…」森喜朗会長の後任・川淵三郎氏に古巣から不安の声 

スクリーンショット 2021-02-12 8.00.59

【速報】森喜朗の後任は日本サッカー協会相談役の川淵三郎 

スクリーンショット 2021-02-11 14.45.01




1: 2021/02/11(木) 13:21:26.19
東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)=元首相=が11日、女性蔑視発言をめぐり辞任の意向を固めたことがわかった。複数の関係者に同日、辞意を伝えた。後任は、日本サッカー協会や日本バスケットボール協会の会長を歴任し、東京五輪では選手村村長を務める川淵三郎氏(84)で調整している。

2021年2月11日 12時53分
https://www.asahi.com/articles/ASP2C3QKGP26UTIL01L.html

ジダン後任は〝南米で今、最も注目される指揮官〟か レアル会長が切望報道 

1: 2021/01/22(金) 07:05:29.49 _USER9
1/22(金) 0:17配信
東スポWeb

ジダン監督の後任候補に浮上したのは…(ロイター)

 スペイン1部レアル・マドリードで解任論が浮上しているジネディーヌ・ジダン監督(48)の後任候補にアルゼンチンの若き名将が浮上した。

 20日に行われたスペイン国王杯3回戦で3部アルコヤノに1―2で敗れるという大失態を犯したジダン監督。現地メディアでは今季終了までは指揮を執るとの見方が大勢を占めているが、今季の戦いぶりは不安定なうえに名門の看板に泥を塗る屈辱の敗戦が決定打となり、クラブ首脳陣は今季終了後の監督交代も視野に入れている。

 そうした中、スポーツ専門テレビ局「ESPN」アルゼンチン版の番組「フットボールショー」で解説者のマキシミリアーノ・パルマ氏が「Rマドリードでは現在、フロレンティーノ・ペレス会長(73)がジダンの代わりに現在リバープレートで監督を務めているマルセロ・ガリャルド(45)の招へいを切望していると話している」と監督交代の最新状況を伝えた。

 現役時代はアルゼンチン1部の名門リバープレートを始め、フランス1部パリサンジェルマンなどでプレーし、同国代表としても活躍したガリャルド氏。引退後はウルグアイ1部の名門ナシオナルを率いた後に古巣のリバープレート監督に就任。2014年には南米のクラブナンバーワンを決めるコパスダメリカーナを制覇した。

 卓越した戦術眼やリーダーシップ、様々な新しい取り組みに挑戦する姿勢などが高く評価されており、南米で今最も注目されている若手指揮官でもある。大物ではなくあえて新進気鋭の指揮官を抜擢することで、チームの大胆な再建に乗り出す狙いがあるようだ。

 Rマドリードの総帥が直々にラブコールを送っているようで、実現なるか注目が集まる。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/408f88d892c901c534bc9d29dbd610eec9ae3ad3

<ヴィッセル神戸>立花陽三社長が退任へ 後任は31歳の徳山大樹副社長、J1最年少社長 

1: 2020/12/23(水) 19:30:12.51 _USER9
J1神戸は23日、立花陽三社長(49)が来年1月末で退任し、新社長に副社長執行役員を務める徳山大樹氏(31)が同2月1日付で正式に就任予定であると発表した。徳山氏はJ1最年少社長となる。

 東京都出身の立花氏は慶大卒業後、外資系証券会社を渡り歩き、11年にはメリルリンチ日本証券の常務執行役員も務めた。12年8月にプロ野球楽天の球団社長に就任。15年から神戸の代表取締役副会長も兼任し、17年10月に代表取締役社長に就任した。今後は代表権を持たない取締役副会長としてクラブに残る予定。

 立花氏は「社長就任以来、ファン・サポーターの皆様をはじめヴィッセル神戸に関わる方々に多大なるご指導・ご支援を賜りましたことに、改めまして心より御礼申し上げます。今後もクラブの発展に向けて邁進していく所存です。引き続きサポーターの皆様に愛されるクラブを目指して努力いたします」とクラブを通じてコメントした。

 徳山氏は早大を卒業後、11年に楽天に入社。主にEC事業を担当し、19年7月から神戸の副社長執行役員となった。

 徳山氏は「この度、楽天ヴィッセル神戸株式会社の代表取締役社長に就任することになりました。私は2011年に楽天株式会社に入社後、楽天市場事業に従事し、昨年よりヴィッセル神戸に携わらせていただきました。アジアNo.1クラブという目標達成のため、監督、コーチ、スタッフ、ファン・サポーターの皆様、スポンサーの皆様、ヴィッセル神戸に関わる全ての皆様とともに、「一致団結」して邁進して参ります。どうぞよろしくお願いいたします」とクラブを通じてコメントした。

2020年12月23日 14時13分 ディリースポーツ
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/19427325/

写真
no title

退任の仙台木山監督の後任に大槻氏、手倉森氏ら候補 

スクリーンショット 2020-12-19 11.30.43

J2京都が実好監督の退任を発表 後任に元湘南・曹貴裁氏 

スクリーンショット 2020-12-07 20.42.33

浦和、大槻毅監督、今季限りで退任…後任は徳島・ロドリゲス監督内定 

スクリーンショット 2020-11-25 8.52.53




1: 2020/11/25(水) 06:19:29.66 _USER9
浦和の大槻毅監督(47)が今季限りで退任し、後任にはスペイン出身でJ2徳島監督のリカルド・ロドリゲス氏(46)の就任が内定したことが24日、分かった。

 大槻監督は昨年5月、成績不振でオリヴェイラ監督が解任されたシーズン途中から指揮。リーグ戦14位と4年ぶりの無冠に終わったが、ACLで準優勝した手腕が評価されて続投した。今季は縦に速い攻撃的サッカーへ変貌させたが、残り4戦で9位と目標の来季ACL出場(3位以上など)も厳しい状況。クラブはすでに大槻監督に来季の契約を更新しない旨を伝えた。

 ロドリゲス氏は徳島を指揮して4年目。プロ選手としての経験はないが、母国のオビエド大でスポーツ科学の博士号を取得した知性派だ。昨季はリーグ4位でJ1参入プレーオフに進みながらも昇格を逃した。今季は残り7戦で首位。相手に応じて3バックと4バックを使い分け、組織的で攻撃的なスタイルを確立し、J2で実績を残してきた。

 浦和は複数の監督候補から戦術熟成に定評があるロドリゲス氏に一本化。クラブ初のスペイン人監督となる知将が、2年連続で無冠のチームの立て直しを図る。

 ◆リカルド・ロドリゲス・スアレス 1974年4月3日、スペイン・オビエド出身。46歳。同国の現2部オビエドのユース時代、17歳で左膝に大けがを負い、選手生活を断念。オビエド大学でスポーツ科学の博士号を取得。98年からオビエドのコーチ、2003~06年までRマドリード・メキシコのアカデミーダイレクター、ジローナとマラガでコーチを歴任。13年にU―17サウジアラビア代表、ジローナの監督を務め、14年からタイの3クラブ、17年から徳島を率いている。


2020年11月25日 04時00分 スポーツ報知
https://hochi.news/articles/20201124-OHT1T50238.html



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索