Samurai Goal

影響


スポンサード リンク





W杯予選延期が森保Jに与える影響は? 

スクリーンショット 2021-02-20 9.18.50

FIFA、来年のU20とU17のW杯中止 新型コロナ影響 

K10012784191_2012251615_2012251633_01_02




1: 2020/12/25(金) 17:00:39.56 _USER9
FIFA=国際サッカー連盟は24日、新型コロナウイルスの影響で、来年行う予定だった20歳以下と17歳以下のワールドカップを中止すると発表し、
日本サッカー協会の反町康治技術委員長は「世界の強豪と真剣勝負できる大会で中止はかなりショックだ」と話しました。

FIFAは24日、新型コロナウイルスの影響で、来年5月から6月にかけてインドネシアで開催する予定だった20歳以下のワールドカップと
10月にペルーで行う予定だった17歳以下のワールドカップを中止すると発表しました。

3年後の2023年に同じ場所での開催を目指すということです。

これを受けて日本サッカー協会の反町技術委員長がオンラインで取材に応じ、
「若い世代が世界の強豪と真剣勝負できる大会で、中止はかなりショックだ。将来の日本代表を強くするために歩みを止めてはならず、
知恵を出し合って世界と勝負する機会を作っていかなければいけない」と話しました。

20歳以下のワールドカップを目指す世代の日本代表は、来年の大会を見据えて今月21日から27日までの日程で千葉県内で合宿を行っています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201225/k10012784191000.html

「プレー方法を変える必要があった」 レアルFWベンゼマ、“2人のロナウド”から受けた影響は? 

1: 2020/10/12(月) 04:55:44.89 _USER9
怪物ロナウドとポルトガル代表C・ロナウドについて言及

レアル・マドリードの元フランス代表FWカリム・ベンゼマが、2人の“ロナウド”から受けた影響を明かしている。スペイン紙「マルカ」が報じた。

フランスの名門リヨンの下部組織で育ち、2009年からレアルの一員となったベンゼマ。高い技術を備えた万能型のストライカーで、ゴールだけでなくアシストやチャンスメークでも力を発揮してきた。

 今やベンゼマは現代を代表するFWの一人となったが、プロサッカー選手としてのキャリアを歩む上で大きな影響を受けたのは元ブラジル代表FWロナウド氏の存在だという。スペインテレビ「Movistar+」の番組「ウニベルソ・バルダーノ」で次のように語ったという。

「ロナウドは幼い頃から僕のアイドルだった。サッカーを見始めたのは、彼がいたからなんだ。彼の動きを見て、彼がやったことを真似しようとした。彼のようなプレーをする選手は他にいなかった。彼のことを尊敬していた」

 ベンゼマは「ゴールを決めるだけではなく、他にも多くのことをしなければならない」とストライカーに求められる役割が多岐に渡ると主張し、現役時代に“フェノーメノ(超常現象)”と称されたロナウド氏こそが「完璧な模範だった」と語っている。

 また、ベンゼマ氏は“ブラジルのロナウド”だけでなく、もう一人のロナウドについても言及している。それがレアル加入後に同僚となったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(現ユベントス)だ。ベンゼマはクリスティアーノ・ロナウドと共存するため、エゴを捨ててプレースタイルを変えたと振り返っている。

「彼(クリスティアーノ・ロナウド)はゴールを決めるためにそこにいた。僕は彼のためにプレー方法を変える必要があった。ゴールを決めたいという欲求は脇において置かなければならなかったんだ」

 クリスティアーノ・ロナウドはレアル在籍9シーズンで451得点と圧倒的な決定力を示したが、それを献身的にサポートしていたのがベンゼマだった。他のチームならエースを張る実力がありながら、チャンスメーカーとしての役割を完璧に遂行してみせた。

 今では世界最高のFWの一人と評されるようになったベンゼマ。ここまでたどり着く間には、2人のロナウドから多大な影響を受けていたようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d71e8549323d34badcd8eca0f9a18313010e3ed4
no title

サッカー柴崎岳が“森保監督との会話が移籍に影響”の報道を否定 

スクリーンショット 2020-09-05 13.53.46




1: 2020/09/05(土) 09:12:34.04 _USER9
9/5(土) 9:07配信
デイリースポーツ

柴崎岳

 サッカーのスペイン2部・レガネスへの移籍が発表された柴崎岳が5日、移籍に際して日本代表の森保一監督との会話が移籍に影響した、との報道を否定した。

 柴崎は自身のツイッター(@GakuShibasaki_)で「今回、私とサッカー日本代表・森保監督との間にあった会話が移籍に影響した、移籍を決意させたと連想させる報道が一部ありましたが、それらは真実ではなくそういった事は一切無かったとこの場で修正させて頂きます」(9月5日、午前4時41分投稿)と表明した。

 日本では鹿島で活躍し、17年からスペインでプレーする柴崎は、昨季は2部のデポルティボに所属した。しかし、クラブは3部相当の2部Bに降格した。

 レガネスは昨季は1部だったが、20チーム中の18位に終わり2部に降格。今季は1部昇格を目指すシーズンになる。

https://amd.c.yimg.jp/im_sigg7g5xq0FRsc8nV4dr8XBKsQ---x640-y546-q90-exp3h-pril/amd/20200905-00000030-dal-000-1-view.jpg

https://news.yahoo.co.jp/articles/6488faf6e62974aed8fb6e501a9fe96f88c4ee06

サッカー欧州選手権2020が一年延期!オリンピック開催への影響必至か 

20200317-00010032-goal-000-4-view




1: 2020/03/17(火) 23:34:47.77 ● BE:604048985-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/taxi.gif
■UEFAが決断。今年のサッカー界最大の祭典、EURO2020の延期を正式発表
3/1

欧州サッカー連盟(UEFA)は17日、今夏に開催予定だったEURO2020を12カ月間先に延期することを正式発表した。2021年の6月11日から7月11日の開催を予定している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200317-00010032-goal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索