Samurai Goal

強盗


スポンサード リンク





岡田武史氏明かすマラドーナ伝説「強盗が許す…神」 

1: 2020/11/26(木) 21:26:38.02 _USER9
11/26(木) 20:31配信
日刊スポーツ

1986年W杯メキシコ大会でアルゼンチン代表を優勝に導き「神の子」と呼ばれたディエゴ・マラドーナ氏が25日、ブエノスアイレス郊外の自宅で死去した。同国メディアによると、心不全を起こしたという。10月30日に60歳になったばかり。栄光と挫折の明暗が色濃い、波瀾(はらん)万丈の人生だった。

    ◇   ◇   ◇

元日本代表監督の岡田武史氏(63=J3今治オーナー)も「まだ60歳で…」とマラドーナ氏の急逝に驚いた。「知人が腕に彼の入れ墨をしていて『そんなに好き?』と聞いたら『アルゼンチンで強盗に襲われても、見せれば逃がしてくれるから』と。本当に大丈夫らしい。まさに神。サッカー界の枠を超え、マイケル・ジョーダンやアイルトン・セナのような神懸かった人たちの1人」と評した。

86年W杯は「神の手、5人抜きは当然、自分にとっても強烈だった」。翌87年には対戦した。旧国立で行われた日本リーグ選抜-南米選抜。「個人的な印象だけど、遊んでたというか本気でやってなかったね(笑い)。試合後なぜかプーマのキャプテンマークをもらった」という記憶もある。

続けて「メッシも、まだ彼を超えていないんじゃない?」と指摘した。「誰もボールを奪えなかった。メッシは失う時もあるけど、マラドーナの体はゴムまりみたいで、はねるような瞬発力でかわし、当たりにいっても、はじき返す力強さがあった」と舌を巻いた。

10年W杯には、ともに自国の監督として出場。現役ほど輝けず「スーパースター過ぎて難しかったのかな」と推し量りつつ「それでも愛された。悪いことをしても彼だけは許された。神だから、としか説明できない」と悼んだ。【木下淳】

no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/d68c4091b54f7eb1713992bd2c93356f898e0168

トッテナムDFフェルトンゲン宅にナイフを持った強盗が侵入 妻らが居合わせるも幸い負傷者なし 

20200316-00010005-sportes-000-1-view




1: 2020/03/16(月) 11:15:06.11
トッテナムのDFヤン・フェルトンゲンの家族は、先週火曜日(10日)に恐ろしい体験をしていた。フェルトンゲンの妻と2人の子供が自宅にいる際にナイフを持った4人の強盗が押し入り、金品を持ち去ったということである。

その時フェルトンゲンはドイツでチャンピオンズリーグのRBライプツィヒ戦を戦っている。
強盗はフットボーラー宅を狙う際、いつも同じ戦略を使っている。彼らは試合スケジュールを利用して、彼らが不在の時を襲う。

今回の事件で最も恐ろしいのは、強盗が押し入った際に家族が家にいたということである。救いは家族が全員無事だったということだ。

この窃盗事件は、ライプツィヒ対トッテナムの2ndレグの直前に起こってた。フェルトンゲンは3-0で敗れた試合に出場しなかったものの、この件は試合後に本人に伝えられた。

イギリス警察は、「目出し帽を被り、ナイフを持った4人の強盗がフェルトンゲンの自宅に押し入り、複数の金品を盗んだようである。負傷者はいないものの、犯人は捕まっておらず、捜査が続けられている」と発表している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200316-00010005-sportes-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索