Samurai Goal

引退


スポンサード リンク





大久保嘉人「批判は慣れてる」シーズン途中で引退も 

スクリーンショット 2021-02-03 13.07.13

12チーム222ゴール“流浪のストライカー” 大黒将志40歳が語る“引退”「まだ続けられたけど…お金を無視するのは違った」 

スクリーンショット 2021-02-01 21.22.28

C大阪・梶野統括部長が衝撃発言 復帰の大久保「ダメだったらすぐ引退」3月引退も 

img_075b2cc80612b6587879ef98b66e71e8417073




1: 2021/01/28(木) 17:04:57.72 _USER9
2021.01.28

 J1C大阪の梶野智チーム統括部長(55)が28日、オンライン会見し、15年ぶりにC大阪に復帰した元日本代表FW大久保嘉人(38)について、活躍次第ではシーズン中での引退の可能性があることに言及した。
 梶野統括部長はこの日の練習後に行われた監督および選手のオンライン会見に飛び入り参加。今季新加入した12選手について獲得理由などを説明した。
 中でも大久保については熱が入った。「ヨシトについては本人の口からもあったが、セレッソで引退するつもりで来た」。プロ生活をスタートさせたクラブで現役最後を終える覚悟で加入したことを強調。「セレッソというクラブは、代表になり海外に行った選手、もしくはセレッソ一筋でやってきた選手が最後はセレッソで引退するというクラブ。ヨシト自身も最後はセレッソでやりたいという話もあった」。クラブの方針を示した上で、C大阪への帰還について説明した。
 さらには衝撃の言葉が続く。「実はもう1カ月でも、2カ月でもダメだったらすぐ引退を。引退のカードは僕が持っているんで。そのような状況です」。昨季J2東京Vで19試合出場にとどまり、Jリーグでは初めて無得点でシーズンを終えた大久保が期待するようなプレーができないようならシーズン中の引退もあるとした。
 「もしかしたら3月に引退会見になるのか。6月に(新装オープンするヨドコウ)桜スタジアムができた時に頑張ってやっているのかは彼次第です」と梶野統括部長。C大阪から羽ばたいたJ1最多得点保持者に、現役最後の輝きを放つことを期待した。

https://www.daily.co.jp/soccer/2021/01/28/0014037560.shtml

ゴン中山がユーチューバーデビュー“引退”に妻・生田智子は「あ、そう」だったと告白 

スクリーンショット 2021-01-15 14.15.42




1: 2021/01/15(金) 12:23:01.62 _USER9
 J3沼津を退団し、J2磐田のコーチに就任した元日本代表FW中山雅史(53)が、15日までにYouTubeチャンネル「ゴン中山チャンネル」を開設した。

 古巣の磐田からは一昨年、昨年のシーズンにもコーチ就任のオファーがあったと告白。自身の“引退”について妻で女優、生田智子(53)の反応は「あ、そう」と冷静だったと明かして苦笑い。「まだやる(現役を続ける)と思っていて、意外だったかも。やると言ったら『あー!?』と『あ』に点々(濁点)で言われたと思う」と想像を膨らませ、「奥さん、本当にありがたい。すごくサポートしてくれた」と感謝した。

 収録中に歌手、ナオト・インティライミ(41)から携帯電話に着信があり、沼津退団や磐田のコーチ就任を報告して「この会話をYouTubeに流していいの?」と交渉。通話後は「俺がガラケーを使っているのがバレた」と笑わせた。

 その他、「引退」の2文字を口にしない理由や一番記憶に残るゴール、沼津への思いなども吐露。コメント欄で自身に挑戦してほしいことを募集すると発表した一方で「これが最初で最後(の動画投稿)かも」とおどけたが、次回は日本代表でツートップを組んだJ1横浜FCのFW三浦知良(53)との極秘エピソードなどを語ると予告テロップが流れた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/53e651fd70d45f15746bc32cf63a597b5d184868
1/15(金) 11:09配信

https://www.youtube.com/watch?v=moUb5SuvP20

ゴン中山現役に幕!?中山雅史独占告白!

https://www.youtube.com/watch?v=WIqiwXGV_v8

ジュビロ磐田の応援 「中山隊長」

元日本代表39歳前田遼一が引退 磐田で連続得点王 代表33試合10得点 

1: 2021/01/14(木) 07:03:50.42 _USER9
元日本代表でJリーグ得点王にも輝いたFW前田遼一(39)が、現役引退を決意したことが13日、分かった。

昨年12月にJ3のFC岐阜を契約満了で退団することが発表されていたが、他クラブからの打診もあり、結論を持ち越していた。

東京・暁星高から00年に磐田入りし、183センチの長身を生かしたポストプレーなどで09、10年にJリーグ連続得点王を獲得。15年からFC東京、19年から当時J2の岐阜に移籍した。けがに苦しみながら、J1通算154得点(429試合)は歴代5位の成績を誇る。

11年アジア杯で全6試合に先発して日本の優勝に貢献するなど、国際Aマッチは通算33試合10得点。10年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会は予備登録に終わり、14年W杯ブラジル大会も直前でメンバー入りを逃したが、日本の一時代を築いた名ストライカーだった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/09737fb46eb14f1703144e827ca188de3dd8aeba
1/14(木) 6:43配信

no title

no title

no title

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/224000/223243/news_223243_1.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=hzKBVCu3mLo

前田遼一チャント【ジュビロ磐田】

J2磐田コーチ転身の中山雅史「引退」と言わない理由は「未練ある…女々しいんです」 

スクリーンショット 2021-01-14 13.15.41




1: 2021/01/14(木) 00:44:16.21 _USER9
 J2ジュビロ磐田に12年ぶりにコーチとして復帰することを発表した元日本代表FW中山雅史(53)が13日、テレビ朝日系「報道ステーション」(月~金曜午後9時54分)に生出演し、「引退」の2文字を使わない理由を明かした。
 スポーツコーナーの冒頭、「私、中山雅史は昨シーズンを持ちまして、アスルクラロ沼津を退団し、プレーヤーとしてのトレーニングを、ひとまず、ひとまずお休みさせていただきまして、今シーズンはジュビロ磐田のコーチとして活動していきたいと思います。よろしくお願いします」と宣言。大学卒業後からのサッカー生活30年間を振り返るVTRを真剣な表情で見つめた後、「いろんなことを経験させてもらった30年間でした」と言い、「(現役生活について)未練はあります。まだ、やりたいという思いはあります。でも、この先が見えないことも分かっています」と続けた。その上で「『引く、退く』という言葉を使うと逃げ場がなくなる。怖いんです。自分のリスク管理です。女々しいんです」などと話した。ただ、第三者が「引退」の文字を使うのは「構わない」と言い、「コーチ業というのも疎かにしたくない」とも話した。
カズにも報告「『また2トップを組もう』と言われました。だから…」

 そして、指導者としての抱負を問われると、「本当に選手に向き合って監督をサポートして全力を投じます。戦う集団にしたいです」と言い切った。磐田のコーチ就任については、元日本代表で横浜FCのFWカズ(53=三浦知良)にも報告したといい、「『カテゴリーを下げても、また2トップを組もう』と言われました。だから、2文字は使いません」と明かした。
 静岡県岡部町(現藤枝市)出身の中山は、藤枝東高、筑波大を経て1990年、磐田の前身ヤマハ発動機に入り、1998、2000年にJ1得点王に輝いた。1998年には4試合連続ハットトリックを達成し、その後に到来する磐田の黄金期を支えた。2010年には当時J2のコンサドーレ札幌に移籍し、2012年限りで第一線を退いた。2015年にはJ3アスルクラロ沼津で現役復帰したが、6シーズンで公式戦出場はなかった。Jリーグでの記録は、J1通算355試合出場、157得点。J2通算12試合出場0得点。日本代表国際Aマッチ通算53試合出場、21得点。W杯の日本代表メンバーには、1998年フランス大会と2002年日韓共催大会で選出された。

https://news.yahoo.co.jp/articles/dba059134ce6c50be086e5d8dad1b40da0f43b29

G大阪 大黒将志(40)、引退で古巣下部組織コーチ就任 

1: 2021/01/11(月) 07:19:03.34 _USER9
元日本代表FW大黒将志(40)が、現役を引退してG大阪のアカデミーコーチに就任することが10日、分かった。下部組織から育ったG大阪で05年のリーグ初優勝に貢献した大黒は、イタリア・セリエAのトリノなど、4か国の計12クラブでプレー。20年6月に栃木を退団後も現役続行を希望していたが、古巣からのオファーに引退を決断した。

 日本代表としても06年ドイツW杯に向けたアジア予選で活躍し、“大黒様”の愛称で親しまれた。J1、J2合計で187ゴールを挙げたストライカーが、指導者としてのスタートを切る。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9e891e5c8d715dea41a08db3d7ae11c91bdd6c46
1/11(月) 7:00配信

no title

<FW前田俊介>現役を引退…クラブはトップチームのコーチ就任も併せて発表 

1: 2021/01/07(木) 23:01:10.49 _USER9
九州サッカーリーグの沖縄SVは7日、FW前田俊介が2020年シーズン限りで現役を引退することをクラブ公式サイトで発表した。
また、前田がトップチームのコーチに就任することも併せて発表されている。

34歳の前田は、サンフレッチェ広島ユース出身。2005年に広島のトップチームへ昇格すると、2008年まで同クラブに在籍した(2007年シーズン、2008年シーズンは大分トリニータに期限付き移籍)。
2009年に大分へと完全移籍すると、以後はFC東京(期限付き移籍)、北海道コンサドーレ札幌、ガイナーレ鳥取と渡り歩き、2018年に沖縄SVへと加入した。
2020年シーズンは、KYFA第48回九州サッカーリーグ(4試合実施)で2試合に出場、天皇杯では1試合に出場している。

クラブ公式サイトでは、前田のコメントも掲載されている。

「2020年限りで引退することを決めました。まずは家族を始め、今まで私を支えてくれたチーム、スポンサーパートナー、監督、選手、スタッフ、サポーターの皆様に感謝申し上げます。
とくに去年はコロナ禍にもかかわらず、たくさんのスポンサーパートナーの皆様やサポーターの皆様にそれまでと変わらない応援をしていただきました。これまで応援して下さった皆様、本当にありがとうございました」

「選手としては引退しますが、これからはいろいろな経験を通して人としても成長できるよう精進していきます。今年から沖縄SVトップチームのコーチという新たな立場でJFL昇格を目指していきますので、引き続き応援よろしくお願いします

1/7(木) 17:47配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/5caa8adea6bae4d67195313e12c8a4b319785b9f

写真
no title

<千葉DF増嶋竜也(35)>現役続行表明から一転…引退表明!「17年間突っ走ってきました」 

1: 2020/12/20(日) 12:56:36.77 _USER9
ジェフユナイテッド千葉は20日、DF増嶋竜也(35)が今季限りで現役を引退することを発表した。増嶋は10日に契約満了となっていた。

千葉県出身の増嶋は、2002年の高校2年生時に高校選手権で優勝を成し遂げたメンバーの一人。FC東京や京都サンガF.C.、柏レイソルでプレーした後、18年から千葉に加入していた。
今季はJ2リーグ戦で17試合2得点を記録。また、プライベートでは2012年に元バドミントン日本代表選手の潮田玲子さんと結婚している。
10日の契約満了発表時には、「まだ、サッカーがしたいです。このまま引退したら後悔してしまいそうなので、もう少し頑張りたいと思います」と現役続行を表明していた。

Jリーグ通算336試合19得点。千葉ではリーグ戦71試合7得点を記録。クラブ公式サイトを通じ、増嶋は「私、増嶋竜也は今季限りで現役を退くことを、ここにご報告いたします」と報告し、その胸中を明かしている。

「ここ数年、引退を意識せざるを得ない状況だったのは自分でも少しずつ感じ始めていました。特に今年は出場機会になかなか恵まれず、精神的に辛く苦しい日々が続きました。
当初はこんな終わり方では納得できない、試合に出てやり切って引退したいと思う自分が常にいました」

「なので、先日皆さんには引退しないと発表したのですが、ここ数試合は出場することができ、試合を終えるたびに心に変化が生まれていきました。
一度は続けたいと発表したこともあり正直悩みましたが、それでも今が引退するタイミングとしてはベストなのかもしれないと思うようになりました」

一つはここ数年、サッカーをどう続けるかということよりも、どう終わるかということを重点的に考えている自分に気づいたこと。
そしてもう一つは、新天地でもう一度チャレンジして引退することよりも、地元である千葉で皆さんに見守られて引退できなかったことを後悔するのでは、と思うようになったことで、この地での引退を決断するに至りました」

「今はプロとしての集大成がジェフで本当に良かったと思っています。子供の頃から憧れていたジェフのユニフォームを着ることができ、一つ夢が叶いました。
また、たくさんのファン・サポーター、そして地元である千葉の皆さんに見守られ、プロサッカー選手として最後の日を迎えられたことを心より幸せに感じています」

「千葉で育ち、市立船橋高校でプロに行くことを決意し、FC東京、ヴァンフォーレ甲府、京都サンガF.C.、柏レイソル、ベガルタ仙台、ジェフユナイテッド市原・千葉と6チームに渡り17年間突っ走ってきました」

「振り返ってみると壮絶なサッカー人生でした。プロの世界はとても厳しいところです。毎年一年が終わるたびに、来年もプロサッカー選手でいられるのか不安でした。一試合、一瞬で人生が変わってしまうのがプロの世界。
毎試合が命懸けで、緊張の連続。そんな中でも素晴らしい人たちに恵まれ、たくさんの経験から多くのことを学び、高校からプロまでのすべてのタイトルを獲得できたのは僕の誇りです。
これもひとえに支えてくださったサポーターの皆さん、スタッフ、自分に関わってくださった皆さんのおかげだと心から思っています。そしてなによりいつも自分を一番近くで支えてくれた家族と両親にも感謝をしたいと思います」

「正直、自分の思い描いていたサッカー人生とは少し違いましたが、大満足のサッカー人生です。サッカーで学んだ事を、これからは子供達をはじめ、たくさんのサッカーを愛する人たちに恩返しできるように頑張ります。
今後また違った形でみなさんに会える日を楽しみにしています。長い間熱いご声援本当にありがとうございました」

12/20(日) 12:49配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/8555c9a826ffbe338ece00e0876ea4d771963812

写真
no title

現役続行か、引退か… 〝希代の点取り屋〟佐藤寿人の揺れる胸中 

スクリーンショット 2020-12-16 16.44.13


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索