1: 2020/07/11(土) 22:52:23.24
7月1日の『東スポWeb』が、テレビ朝日系のサッカー番組『やべっちF.C.~日本サッカー応援宣言~』(日曜23時55分~)が、8月終了で調整が進められていると報じ、サッカーファンをはじめ、関係各所に大きな波紋を広げている。

同番組は2002年4月、日韓ワールドカップ開催年に放送を開始。番組スタート時から18年にわたって、ナインティナインの矢部浩之(48)がMCを務めてきた。

「東スポがスクープとして報じた段階では、真偽が定かではありませんでしたが、同日午後には日刊スポーツをはじめとする複数のスポーツ紙も報じました。テレビ朝日広報部は日刊スポーツの取材に対し、“現時点で決まったことはありません”と話していますが、テレ朝の内部の人に聞くと、番組の終了は確定的だといいますね」(芸能記者)

『やべっちF.C.』終了のニュースに、京都サンガF.C.所属の李忠成選手もツイッターで「え? やだやだ。サッカー選手をスターに押し上げてくれる番組。絶対に終わって欲しくない。。」と投稿。

 清水エスパルスに所属する元北朝鮮代表の鄭大世選手も7月1日にツイッターで「Jリーグ、サッカーファンにとっても決して無くしてはならない天然記念物並の番組です。子供達の夢もここから生まれます」というコメントとともに、番組の存続を呼びかけた。

■矢部「おじいちゃんになるまで盛り上げたい」

 矢部は終了報道後初となる7月5日深夜放送の『やべっちF.C.』に生出演。

番組の終盤、名物コーナーの「はーい!やべっち」にはブラジルから元日本代表の三都主アレサンドロ氏がビデオ出演。

「矢部さん、『やべっちF.C.』、これからも日本のサッカーを盛り上げてください。遠いブラジルから応援しています!」とエールを送られると、矢部は「ありがとうございます! おじいちゃんになるまで盛り上げたいと思います」と笑顔で応じた。

 民放キー局スポーツ局ディレクターは話す。

「先日の放送の矢部さんの発言はかなり意味深でしたよね。実は、『やべっちF.C.』は終わらないそうですよ。いや、正確には一度終わるのですが、少し形を変えてDAZN内で、新たな番組が始まることになるという話なんですよ」

つづく

2020.07.09 15:09 更新 週刊大衆
https://taishu.jp/articles/-/76110?page=1

写真
no title