Samurai Goal

引き分け


スポンサード リンク





わずか20人で1か月に9試合!? 年間60試合!? 選手が壊れる 

20200129-00010000-jsportsv-000-1-view[1]

<西野監督率いるU23タイ代表>イラクと引き分け史上初の1次リーグ突破!観客は涙 

1: Egg ★ 2020/01/15(水) 00:35:00.18 ID:9Gu/zhYV9
前日本代表監督の西野朗監督(64)率いるU―23タイ代表が14日、自国開催のU―23アジア選手権1次リーグ最終戦イラク戦に臨み、1―1で引き分けた。A組2位で史上初の1次リーグ突破が決定した。終了の笛が鳴ると、西野監督は選手と熱く抱擁。スタンドの観客は涙を流した。

 開始6分。VARによる判定で相手のハンドが確認されて得たPK。13番のMFジャルンサックが左に決めると、西野監督は体の近くで小さくガッツポーズした。その後も何度もGKと1対1を作る積極的な攻撃が繰り広げられた。

 「グループステージをいかに突破していくかに全力を注ぐ」と話していた指揮官。第2戦のオーストラリア戦から先発7人を変更して戦い、後半4分に追いつかれても同11分に攻撃の主軸2枚を投入する積極的な采配で主導権を渡さなかった。

 同国のA代表を兼任しており、実質の指揮はまだ約2カ月。「オフェンスのタレントは非常に高い。ディフェンス力に関しては正直かなりレベルアップしないといけない」。攻守で実力が相対する現状の中、短期間でチームをまとめ上げて快進撃を続けている。

 上位3チームは東京五輪の出場権を獲得できる今大会。あと2回勝てば、タイは五輪切符に初めて手が届く。

1/15(水) 0:26配信スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200114-00000201-spnannex-socc

写真
no title

無観客試合 韓国 北朝鮮と引き分け0-0=W杯2次予選[ 

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/10/15(火) 22:00:34.71 ID:CAP_USER
【ソウル聯合ニュース】2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選H組の韓国は15日午後、平壌の金日成競技場で北朝鮮と対戦し、0ー0で引き分けた。

韓国と北朝鮮は共に2勝1引き分けとなったが、得点差で韓国がH組の1位をキープした。

 同試合は当初、約4万人の北朝鮮応援団が観戦すると予想されていたが、まさかの無観客試合で行われた。

 韓国のサッカー男子代表の平壌遠征は1990年10月の親善試合以来、29年ぶり。ただ、選手やサッカー協会関係者以外は招待状を受け取れず、韓国側は報道陣や応援団を派遣できない異例の状況で試合を行った。

 韓国代表は16日午後5時20分ごろに平壌を出発する予定だ。中国・北京を経由して17日未明に仁川国際空港に到着する。

 次は11月14日にレバノンとアジア2次予選H組の第4戦を行う。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20191015003300882?section=entertainment-sports/index
聯合ニュース 2019.10.15 19:27

no title

無観客試合で行われた韓国と北朝鮮戦(大韓サッカー協会提供)=15日、平壌(聯合ニュース)

「日本がサプライズ」 ウルグアイとの白熱ドローに世界驚愕「コパ・アメリカ最高の試合」  

20190621-00198175-soccermzw-000-8-view[1]




1: ゴアマガラ ★ 2019/06/21(金) 11:11:53.14 ID:ClUcjM6P9
日本代表は現地時間20日、コパ・アメリカ(南米選手権)グループリーグ第2戦でウルグアイ代表と対戦し、2-2で引き分けた。MF三好康児(横浜F・マリノス)の殊勲の2ゴールで優勝候補ウルグアイを苦しめたことから、海外メディアも「日本がサプライズ」「コパ・アメリカで最高の試合」と驚きの声が上がっている。

17日のチリ戦(0-4)から6人のメンバーを入れ替えた日本。三好は右サイドに入ると、前半25分には早速先発起用に応えてみせる。MF柴崎岳(ヘタフェ)のロングフィードに抜け出した三好は果敢なドリブルでペナルティーエリア右へ侵入。
対峙したDFディエゴ・ラクサール(ACミラン)を振り切ると、そのまま右足を一閃し、ネットに突き刺した。

 前半32分にDF植田直通(セルクル・ブルージュ)が与えたPKを、エースFWルイス・スアレス(バルセロナ)に決められるも、1-1で迎えた後半14分、日本のテンポの良いパスワークから最後は再び三好が押し込み、
勝ち越しゴールを奪うことに成功する。同21分にCKからDFホセ・ヒメネス(アトレチコ・マドリード)にヘディングを叩き込まれ、試合は2-2のドローで終えるも、大会屈指のタレントを誇る強敵ウルグアイを相手に貴重な勝ち点1を手にした。

 海外メディアも日本が見せたパフォーマンスに反応。コロンビアメディア「ANTENA2」は「日本がサプライズをもたらし、ウルグアイ相手に白熱したドローを演じた」と大々的に取り上げると、
メキシコメディア「Sopitas」は日本とウルグアイの一戦を「今大会のコパ・アメリカで最高の試合」と、試合内容も魅力的な展開であったことを紹介している。

 ペルーメディア「depor.com」は「ポルト・アレグレでの驚愕」と綴り、「びっくりだ!」と驚きを示している。若手主体で今大会に臨んでいる森保ジャパンだが、そのポテンシャルを世界に知らしめることができたようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190621-00198175-soccermzw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索