Samurai Goal

延期


スポンサード リンク





サガン鳥栖、29日湘南戦も延期 厚労省の調査で“問題行動”続々、代替日程未定 

a33acdbfabf3e2b93de9745e9225b89324be9717_large




1: 2020/08/24(月) 21:13:52.42 _USER9
 Jリーグは21日、鳥栖で選手、スタッフ12人に新型コロナの集団感染が発生した件を受け、29日の湘南―鳥栖戦(BMWス)開催を延期すると発表。鳥栖は最短で26日にも活動を再開するが、十分な準備期間が確保できないため。代替日は未定。鳥栖の絡む延期は4試合目となった。

 鳥栖は厚労省クラスター対策班の疫学調査も受けた。給水タイムにマスクなしで指示を出したり、トングの共有やタオルの放置、ピッチ上での唾吐き、うがいなど、感染リスクの高い複数の行動も判明した。また同居する家族以外と会食した選手、スタッフの率が高かったことも明かされ、再注意が呼び掛けられた。

 Jリーグの藤村特命担当部長は「リーグとして反省、自戒を込め受け取る事案」とし、ガイドラインへの新たな追記も明言。また対策班からは鳥栖の最初の感染は1日のFC東京戦に伴う遠征中だった可能性が高いという指摘を受け、遠征時の注意レベル引き上げを求められた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/62b74c6a4f34209efb8a157f00f712da5c01d00b

FIFA、2022年W杯延期も視野に検討 2年先なれどマイナス要因ばかり 

00_m




1: 2020/06/06(土) 06:28:14.02
国際連盟(FIFA)が2022年にカタールで開催予定のW杯について、新型コロナウイルス感染拡大により延期も視野に入れて検討し始めていることが5日、関係者への取材で分かった。感染は収束しておらず、開催国カタールでも感染者が増加。1年延期された東京五輪と同様に、2年後のサッカーW杯にまでコロナ禍の影響が及ぶ恐れも出てきた。

22年11月21日~12月18日に予定されているW杯カタール大会にまで、新型コロナの影が忍び寄ってきた。第二次世界大戦のため1942年大会(ドイツ)と46年大会が中止となった例はあるが、疾病による延期の前例はない。

FIFA関係者によると、インファンティノ会長はW杯の延期に慎重な姿勢をみせている。しかし、上層部の中には「可能ならもちろんやる。だが、世界の(新型コロナの)現状を看過できない。時期尚早かもしれないが(延期も)考えないといけない。本大会を無観客でやることは絶対にあり得ない」と話す人も出てきているという。

欧州では無観客でドイツ1部が5月16日に主要リーグ初となる再開を果たし、スペイン1部なども順次再開予定。しかし南米では同31日、ブラジル1部バスコ・ダ・ガマ所属選手16人から陽性反応が出るなど感染が拡大。代表の活動では国家間をまたいでの“大移動”となり、感染リスクは高まる。

各地域の予選は、日本も出場しているアジア2次予選が延期。南米予選も3月の開幕を延期した。欧州や北中米カリブ海などはまだ予選の日程が決まっていない。「予選の目途が立たないところもある。収束しなければ無観客やセントラル方式(1カ所で集中開催)なども模索しなければならない。本大会延期も念頭に置く必要がある」と、FIFA関係者も頭を悩ませているという。

開催国カタールの問題もある。本番に向けてインフラ整備が進められてきたが、4月15日にスタジアム建設現場の作業員5人がPCR検査で陽性反応を示すなど感染は日増しに拡大。4日時点で累計感染者は6万3741人。死者は45人と少ないが、人口100万人あたりの感染者は約2万1600人となり、世界でも突出して多い。

同国政府は3月、公共・民間の労働者数を20%に削減すると発表しており、W杯関連施設建設への影響は不可避。有効なワクチンも未開発で、FIFAも難しい判断を迫られそうだ。

サンスポ 2020.6.6
https://www.sanspo.com/soccer/news/20200606/wor20060605030001-n1.html

【高校サッカー】7月中旬開催予定の選手権神奈川1次予選は延期 

20200527-00010003-kksoccer-000-1-view




1: 2020/05/27(水) 13:08:01.37
神奈川県サッカー協会2種高校部会 / 2種大会部会は新型コロナウイルス感染拡大の影響により令和2年度全国高校サッカーインターハイ(総体)
神奈川予選の中止と第99回全国高校サッカー選手権神奈川1次予選の延期を発表している。

延期が決まった第99回全国高校サッカー選手権神奈川1次予選は選手の健康と安全を第一に考え、暑熱馴化と感染防止対策を講じた後に大会を開催していく予定とし、
現時点では選手権予選開催日時は未定。 緊急事態宣言解除後の各校部活動の再開状況を確認した後に予選日程を決定するとしている。
なお、昨年度の第98回全国高校サッカー選手権神奈川予選は日大藤沢が優勝し、全国切符を手にした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/87d4ee79382688fb2d56f95ca9647b7c3cc15d6f
5/27(水) 13:00配信

<来年開催のWBCも延期へ…>数年単位の延期視野はサッカー界も対岸の火事ではない? 

1: 2020/05/13(水) 07:19:20.59
2021年3月9日から23日に予定されていたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が、新型コロナウイルスのパンデミックによる混乱で延期されることが濃厚になった。『ESPN』が報じている。

2009年以降、4年に1度のペースで開催されていたWBCだが、今年3月に予定されていた予選ラウンドは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響を受け、中止に。さらに、7月から開催が予定されていた東京オリンピックが2021年に延期したこともあり、同じ年に2つの大会が開催されることも懸念されていた。

また、次回大会の開催が2021年12月に期限を迎える米大リーグ(MLB)の労使協定の条件に含まれていることあり、単純に開催を1年延期するという訳にはいかないようだ。

労使協定とはMLBと選手会の合意の上に結ばれるもので、数年ごとに更新されている。そのため、2023年もしくは2025年の開催が有力視されている。

同じような問題はサッカー界でも起こる可能性がある。

元々、2020年には東京オリンピックの他にユーロ2020、コパ・アメリカが予定されていたものの、それぞれ1年延期することが決定。その他、2022年に予定されているカタール・ワールドカップ(W杯)予選などの国際試合も世界中で軒並み延期となっている。

そして、本来2021年に実施される予定であったUEFA女子欧州選手権2021が1年延期されることも決定。これは男子のユーロ2020と女子も出場する東京オリンピックが1年延期になったことを受け、試合会場や日程の兼ね合いから日程変更を余儀なくされたためである。その他にも2021年夏に中国で開催予定であったクラブ・ワールドカップ2021も2022年へと延期された。

現時点で延期の発表はないが、2021年にはアフリカ・ネーションズ・カップも予定されており、今年3月に予定されていた予選は無期限の延期となっており、代替日程の発表はない。

そしてもちろん、各リーグの2019-20シーズンがいつ再開され、終了できるかは定かではない。

16日からの再開を発表したブンデスリーガに続いて、いくつかのリーグが6月のリーグ再開を目指しているものの、国によっては、2020-21シーズンの開幕すらも危ぶまれることがあるかもしれない。

無理矢理リーグを再開もしくは開幕することはあってはならないが、日程を後ろ倒しにするのも限界があるという認識を持つ必要があり、各国ともに打ち切りも視野に入れ始めているのが現状。ギリギリまで、新型コロナウイルスの感染状況と戦うことになる。

欧州サッカー連盟(UEFA)や国際サッカー連盟(FIFA)を筆頭に各リーグ機構は、長期的な視野を持っての対応が求められており、野球界と同様。また、オリンピックともなれば多くのスポーツ界に影響があり、世界的に終息に向かう状況が見られない限りは、やはり二の次になってしまうのも致し方ないだろう。

5/12(火) 超ワールドサッカー 23:15https://news.yahoo.co.jp/articles/b847f90d24700fdcaada108567b5fb8166061fdd

写真no title

<岩手>天皇杯予選一転延期!「数え切れないほど電話」 

5c20ce08-7774-4db9-a457-6dae0a03004f




1: 2020/04/10(金) 13:09:51.80
岩手県サッカー協会が10日、当初予定していた天皇杯予選の準決勝(12日、富士大-新日鐵釜石、盛岡つなぎ多目的運動場)と決勝(19日、J3いわてグルージャ盛岡-準決勝勝者、いわぎんスタジアム)の2試合を無期限延期した。

同日、公式サイトでも発表した。

新型コロナウイルスの影響で、日本サッカー協会が5月下旬までの公式戦延期を発表したが、岩手県内に観戦者が出てないこともあり「感染者が出たら中止する可能性はあるが、今は感染者がいないので、やる予定です」と試合敢行を明かしていた。

しかしサッカー関係者や行政、ファンから「今はやるべきではない」と、試合敢行に否定的な意見が数多く取り寄せられるなど、社会的な反響が大きかった。同県協会関係者は「午前11時にリリースを流して中止を正式に決定しました。数え切れないほどの電話があった。再開予定は未定です」と話した。

4/10(金) 11:44配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200410-24100175-nksports-socc

Jリーグが4度目の延期…新たに公式戦123試合を中断、5月30日以降については未定 

20200407-00372851-usoccer-000-1-view




1: 2020/04/08(水) 17:23:56.27
 Jリーグは8日、新型コロナウイルスの影響で中断していた公式戦を5月末まで再延期することを発表した。

 Jリーグは当初、4月25日の明治安田生命J3リーグ開幕から段階的な再開を目指していたが、3日に行われたNPBとの「第5回新型コロナウイルス対策連絡会議」で、専門家チームより、「4月中の開催は困難」との見解が示されたのを受けて、村井満チェアマンが即日「現状は今のスケジュールを実行に移すことは難しい」と日程変更を示唆していた。

 再延期により、J1は5月23日の第15節まで、J2は同23日から24日にかけて行われる第17節まで、J3は同16日から17日に開催する第10節までが延期となる。すでにグループステージ第2節から最終節までが延期となっているJリーグYBCルヴァンカップは、5月27日のプレーオフステージ第1戦が延期対象となる。

 今回の発表で延期される公式戦は123試合に。Jリーグは「5月30日(土)以降の試合開催については、現在未定となっております。今後の感染拡大状況等に鑑み判断し、決定次第改めてお知らせいたします」としている。

 開催延期となる日程は以下の通り。

■明治安田生命J1リーグ
第13節:5/9(土)~10(日)
第14節:5/15(金)~5/17(日)
第15節:5/23(土)

■明治安田生命J2リーグ
第13節:5/2(土)~3(日・祝)
第14節:5/6(水・休)、13(水)
第15節:5/9(土)~10(日)
第16節:5/16(土)~17(日)
第17節:5/23(土)~24(日)

■明治安田生命J3リーグ
第7節:4/25(土)~26(日)
第8節:5/2(土)~3(日・祝)
第9節:5/6(水・休)
第10節:5/16(土)~17(日)

■JリーグYBCルヴァンカップ
プレーオフステージ第1戦:5/27(水)

4/8(水) 17:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200408-00010018-goal-socc

J再開、3度目延期も…複数クラブから感染者、実行委員から「現状なら厳しい」 

20200402-04010316-sph-000-1-view




1: 2020/04/02(木) 08:10:38.14
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて公式戦を中断しているJリーグは1日、ウェブでつないだ実行委員会を開いた。Jリーガーにも感染者が出る中、4月25日のJ3再開へ向けて最大限の準備を進めていくことを確認した。ただ、出席した実行委はスポーツ報知の取材に対し、現状では再開は難しいとの意見を明かすなど、中断期間延長の可能性が出てきた。この日、J1C大阪はGK永石拓海(24)、同神戸はトップチームの関係者、J2群馬はDF舩津徹也(33)が新型コロナウイルス感染を確認したことを発表した。

Jリーグ中断期間が、3度目の延期となる可能性が出てきた。この日の会議では中断期間についての議論はなかったが、出席した実行委員は取材に「選手にも感染者が出てしまった。緊急事態宣言が出る可能性がある中で、(4月25日の)再開は難しいんじゃないか」と明かし、別の実行委も「早く試合をやりたいが、現状なら厳しいでしょう」との見方を示した。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、2月23日の公式戦を最後に中断に入った。3月18日に再開を目指したが、事態が収束することはなく中断期間を延長。4月3日再開も同様の理由で見送った。現在はJ3が25日、J2が5月2日、J1が同9日と段階的な再開を目指しているが、3月30日に神戸の元日本代表DF酒井高徳(29)の陽性反応が発表されると、この日は3人が新たに判明し、状況は悪くなる一方だ。

選手への感染が確認されたC大阪は10日までチーム活動をストップすることを発表した。C大阪U―23がJ3に参戦しており、現在の予定では26日の公式戦(F東京U―23戦)に臨む。準備期間の問題があるほか、別のクラブ関係者からは「現実的ではないが、選手から感染者が出てしまった以上、公式戦再開前に全員がPCR検査をする必要があるのではないか」との意見も聞かれた。

Jリーグは8日をめどに、延期分の試合日程を組む方針。村井満チェアマン(60)は「プロトコル(指針)管理をしながら、発症してしまう恐ろしさを感じている。再開へ向けた最大限の準備はしっかり行っていく」と話す一方で、再開については政府の見解、専門家からの意見を受け、「世の中のすう勢をみながら判断していく」と慎重に見極める考えだ。

◆ダゾーン放映権料契約の修正「ない」

○…村井チェアマンは、一部メディアによるスポーツチャンネル「DAZN(ダゾーン)」が、新型コロナウイルスにより中断、中止となった試合について放映権料を支払わない意向を各団体に通告したという報道を否定。「契約の修正等々の申し入れはありません。フレンドリーマッチの中継をお願いしたり、さまざまなことをやっていこうと話をしている。ご心配いただいていることは日本においてはありません」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200402-04010316-sph-socc
4/2(木) 6:00配信

6月のW杯アジア2次予選も延期 

75065bec-db5b-44d9-a22a-cc11977c6460




1: 2020/04/01(水) 18:40:00.39
日本サッカー協会は1日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ワールドカップ(W杯)アジア2次予選で、
日本が予定していた6月の国内2試合が延期されることが決まったと発表した。
https://this.kiji.is/618008622050149473?c=39546741839462401

ザック氏、東京五輪に期待「延期でも日本人なら準備可能。忘れられない大会になる」 

20200323-00010012-goal-000-1-view

【東京五輪】スペインサッカー連盟、東京五輪延期を求める公式声明「今はスポーツは二の次」 

20200322-00367838-footballc-000-1-view




1: 2020/03/22(日) 14:23:17.64
 スペインサッカー連盟(RFEF)のルイス・ルビアレス会長は21日、今年夏に開催が予定される2020年東京五輪の延期を求める公式声明を出した。

 全世界に拡大した新型コロナウイルスの影響により、サッカーを含めたあらゆるスポーツで国内大会や国際大会の中止・延期などが相次いでいる。
東京五輪は現時点では予定通りの開催を目指しているが、延期を求める各国からの声は強まりつつある。

「今は他のどんな問題よりも健康を最優先すべきであり、我々もコロナウイルスと戦うスペイン政府を支えなければならない。スポーツは我々の存在意義だが、
今は二の次とするべきだ」とルビアレス会長。「今は全てのスポーツを中止して団結することがスペイン人としての我々の責務だ」と主張している。

 東京五輪への中止要請は、スペイン五輪委員会(COE)の召集した同国の各スポーツ連盟による会合で採決された。スペイン陸上連盟も21日に
五輪開催延期を求める同様の声明を出している。

フットボールチャンネル編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200322-00367838-footballc-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索