Samurai Goal

広州恒大


スポンサード リンク





広州恒大エウケソンら中国代表に3人の「帰化選手」 

20200511-25110578-nksports-000-5-view

<広州恒大>先日着工した10万人収容の新たな本拠地に加え、8万人規模のスタジアムをあと二つ建設すると発表 

1: 2020/04/20(月) 17:31:39.08
写真
no title


中国スーパーリーグ(1部)の広州恒大は、先日着工した10万人収容の新たな本拠地に加え、8万人規模のスタジアムをあと二つ建設すると発表した。

【写真4枚】広州恒大の10万人を収容する新スタジアム完成予想図

 拡張された新方式のクラブW杯(2021 FIFA Club World Cup)を2021年に、第18回アジアカップ(2023 AFC Asian Cup)を2023年に開催する予定の中国では、スーパーリーグの各クラブが立て続けにスタジアムの建設や改築を進めている。しかし、新スタジアムの建設ラッシュは、2030年大会とみられるW杯の招致に向けた準備のスピードを速めているという臆測を強めるものにもなる。

 不動産開発大手の恒大集団はファンに対し、この二つの新スタジアムについて好みのデザインを選ぶことを求めた。

 大富豪で知られる広州のオーナー陣はSNSで「恒大は8万人収容のスタジアムをあと二つ建設する予定で、皆さんには六つある予備の計画から二つを推薦してほしい」と記した。

 この発表の中では、建設地や完成時期といった詳細は明かされなかった。

 ファビオ・カンナヴァーロ監督が率いる中国王者の広州は、人目を引くデザインの新スタジアム建設を16日に着工したばかりだった。

 総工費120億元(約1825億円)におよぶこのスタジアムの収容人数は、FCバルセロナの本拠地カンプ・ノウよりもわずかに多い、世界最大規模の10万人になる見込みで、2022年末までに完成する予定だという

4/20(月) 17:14配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200420-00000028-jij_afp-socc

<広州恒大>世界最大規模の10万人収容スタジアム建設開始!、建設費は1800億円! 

1: 2020/04/17(金) 21:00:14.71
広州恒大が16日、新スタジアムの建設を開始した。世界最大規模の10万人を収容するスタジアムは2022年末に完成予定。費用は15億5000万ユーロ(約1800億円)を費やすとのことだ。

現在、広州恒大は5万人収容のスタジアムを使用しているが、倍のキャパシティを誇ることになる。

世界では15万人収容の北朝鮮にある綾羅島メーデースタジアムが最多で、バルセロナの本拠地カンプ・ノウが広州恒大の新スタジアムと同程度の10万人となっている

2020年4月17日 8時0分 超ワールドサッカー
https://news.livedoor.com/article/detail/18133263/

写真
no title

<新型肺炎>影響で中国スーパーカップが延期協会が発表「交差感染を避けるため」 

20200125-00010021-goal-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2020/01/25(土) 18:57:20.33 ID:cN20nS7U9
中国サッカー協会(CFA)は25日、2月5日に開催予定であった中国スーパーカップを延期とすることを発表した。

 同大会は、前年度のスーパーリーグ王者である広州恒大とFAカップ王者の上海申花が、中国江蘇省の蘇州オリンピックスポーツセンターで対戦する予定であったが、武漢で発生した新型肺炎の影響で2月5日の開催を延期することが決まった。

 延期についてCFAは「新しいコロナウイルス感染による肺炎流行の予防と制御の要件に従い、群衆の集まりによって引き起こされる交差感染を避けるため」と理由を説明している。

 なお、延期試合の日程は状況に応じてCFAが決定するという。また、中国『新浪体育』によると、2月22日に開幕が予定されていたスーパーリーグも延期される可能性があり、現在、CFAが日程について協議していることを報じている。

1/25(土) 18:03配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200125-00010021-goal-socc

広州恒大カンナバーロ監督、日本と中国の“差”に個人的見解!「正直、大きな差が」フィジカルでも劣勢を痛感  

1: Egg ★ 2019/10/24(木) 16:29:59.63 ID:4UCvOXSq9
浦和に2戦合計スコア0-3で敗れたイタリア人監督はフィジカルでも劣勢を痛感

浦和レッズは23日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝第2戦で広州恒大(中国)とのアウェーゲームに1-0で勝利し、2戦合計スコア3-0で決勝への切符を手に入れた。広州恒大を率いるファビオ・カンナバーロ監督は、日本と中国のサッカーは「正直、大きな差がある」と話した

 浦和はホームでの初戦、5バックの守備的な布陣で臨んだ広州恒大を相手に2-0の勝利を収めた。あとがなくなったカンナバーロ監督は普段の姿である4バックで臨んだが、2試合連続ノーゴールで敗退。試合後には「私が常に強調しているのは、チャンスがあれば、もっと強く進んでいかないといけないということだが、今日はこういう結果になった」と、3回の決定機でGK西川周作に2回セーブされ、1回は枠外に外したことを悔やんだ。

 浦和はグループステージで北京国安、準々決勝で上海上港、そして準決勝で広州恒大と、中国で「ビッグ3」と呼ばれるクラブをすべて倒した。日本と中国のサッカーの差を問われたカンナバーロ監督はこのように応えている。

「正直、非常に大きな差がある。日本のサッカー協会が20年をかけていろいろな努力をして若い選手を育てていることなど、非常にリードしている。私が最初に知っていた日本と中国の差は、日本の選手はもっと技術の上でリードしていると思っていたが、この何年間を見てフィジカルの面でも日本の選手は、特にサッカーという試合のなかで、アドバンテージを感じることがあった」

 日本人選手は体格に勝る中国の選手に劣勢になるというのが定説だったが、現役時代にバロンドールやワールドカップ(W杯)優勝も経験したイタリア人指揮官は違った見解を示した。必ずしも体をぶつけ合う部分だけでない、瞬発的な動きや90分間を通してのスタミナなども含めてのフィジカル的な要素では、日本人選手のほうが優れていると語った。

「今日の差は選手の安定感にあると感じた」

 そして、浦和との差について「日本のチーム、浦和レッズのいいところは、集中力の強いところ。我々の選手たちに勉強してほしいところだ。昔は広州恒大と日本のチームにはそんなに大きな差がなかったので、場合によっては突破できるポジションにいると思っていたが、今日の差は選手の安定感にあると感じた」と言及。メンタル的な部分でも上回ることができなかったと胸中を明かした。

 2007年に浦和、翌年にガンバ大阪が優勝して以来、Jリーグのクラブは長くアジアを制することができなかった。しかし、17年に浦和、昨年に鹿島アントラーズが優勝したことで、その風向きは変わりつつある。カンナバーロ監督が語った言葉は、日本サッカー全体の強化について自信を持てる要素だと言っても良いのではないだろうか。

10/24(木) 16:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191024-00225209-soccermzw-socc

写真
no title

<浦和レッズFW興梠>広州恒大戦“勝因”に敵将カンナバロ監督の発言指摘!「選手全員、それを見て火がついた」  

1: Egg ★ 2019/10/24(木) 08:53:29.09 ID:k6r1d4ah9
浦和レッズのFW興梠慎三は、23日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝第2戦、広州恒大(中国)戦で決勝ゴールを挙げ、1-0の勝利に導いた。浦和は2戦合計3-0で決勝進出。抜群のゴールへの嗅覚を見せつけたストライカーは、勝因に敵将ファビオ・カンナバーロ監督の発言を挙げた。

 浦和は初戦のホームゲームを2-0で勝利して中国に乗り込んだ。優位な条件のなかで、突破を決定づける一撃は後半5分に生まれた。中盤で相手のパスミスをMF阿部勇樹がカットしてスタートした攻撃は右サイドに展開。ボールを受けたMF橋岡大樹が縦に仕掛けてクロスを上げると、ファーサイド側で相手DFの視野から外れ、そこから一気に前へ走り込む定番のパターンで鮮やかなヘディングシュートを決めた。

 興梠はこのゴールについて「あの1点は相手にダメージが大きかったと思う。サイドで橋岡と関根(貴大)が打開してくれるから、クロスでゴールを取りたいと思っていた。良いクロスを要求するのもそうだけど、中への入り方も、もっと極めたいですね」と笑顔だった。

 そして、興梠は2試合180分の戦いを突破できた要因に、広州を率いるカンナバーロ監督の発言を挙げた。

「(8強で)広州と鹿島(アントラーズ)が対戦して広州が来たわけですが、その時にカンナバーロ監督が『鹿島に勝って、これで優勝できる』と発言しているというニュースを見た。選手全員、それを見て火がついたと思う。絶対に勝ってやろうと。広州はそれが敗因だったんじゃないですか」

 浦和は16強で蔚山現代(韓国)と対戦した際、初戦をホームで1-2と敗れた。その第2戦を前に、蔚山のキム・ドフン監督が「特に危険だと思う選手はいない」と発言したことに発奮したことがあった。その結果、アウェーで3-0の完勝で逆転突破した。興梠は「蔚山でもそんなことがあったからね。火をつけたら浦和は怖いってことですよ」と、充実感をにじませた。

 興梠は大槻毅監督と試合前日記者会見にも出席したが、その場ではカンナバーロ監督の発言について触れなかった。まさに結果で示してから口を開くという矜持を見せたエースは、これでACL通算26得点。歴代単独4位で、日本人最多ゴールも更新した。

 この試合には、浦和から約700人のサポーターが駆けつけた。興梠は「後押ししてくれたサポーターに、決勝進出をプレゼントしたかった」と、完全アウェーの中で心強い味方になった存在にも感謝の言葉を残していた。

10/24(木) 6:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191024-00225140-soccermzw-socc

写真
no title

敵地中国の5万大観衆を沈黙させた「浦和レッズ」なぜACL21戦ホーム無敗の広州恒大に勝てたのか?  

1: Egg ★ 2019/10/24(木) 12:32:52.53 ID:XSfX6p779
中国遠征は8戦未勝利。独特のスタジアムの雰囲気に呑み込まれなかったワケは?
no title


浦和レッズは、10月23日のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準決勝第2戦で、広州恒大(中国)に1-0で勝利。2戦合計3-0で、決勝への切符を手に入れた。浦和は、これがACLの歴史の中でも中国での初勝利になった。

 浦和は初戦のホームゲームを2-0で勝利し、優位な状況で中国へ遠征した。しかし、2013年と16年にグループステージで広州と対戦した際にはそれぞれ0-3、2-2と勝利できなかった。16年の引き分けも先に2点を奪われて、試合終了間際に興梠慎三のゴールでようやく勝点1を得たもの。北京国安や上海上港といった何度も対戦した中国クラブを相手にした試合でも、アウェーでは内容的にも厳しいなかでの引き分けや敗戦だった。通算して中国遠征は8戦未勝利。だから、決して楽観視できる状況にはなかった。

 その16年の試合を経験している選手たちや、柏レイソル時代に同じ準決勝で広州に敗れた鈴木大輔が話していたのは、とにかく「スタジアムの雰囲気が独特だ」ということだった。この日も約5万人の観衆がスタジアムを埋めたが、入場ゲートではチームのレプリカユニホームが無料配布された。応援の中心はゴール裏だったが、メインスタンドからバックスタンドまで手拍子に合わせ、さらには「大したチャンスでもないのに大きく沸いて、変な空気になる」と選手たちが警戒していた環境そのままだった。

 しかしながら、その空気に飲み込まれなかった要員のひとつを興梠は「経験だ」と話す。13年から今季までの7シーズンのうち、浦和は5回ACLに出ている。その中では必ず中国勢との対戦が組み込まれるため、こうした状況には慣れていた。西川周作が「ホテルや移動でも何があるか」と話したが、例えばホテルから試合会場への移動でも、不測の事態に備えるプランBが必ず用意されていた。今回はそれを必要とする場面はなかったが、選手の経験とクラブに蓄積されたノウハウは、この一戦に対して平常心で臨むことを可能にしたと言えるだろう。

10/24(木) 11:53 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191024-00065718-sdigestw-socc

「中国サッカーの恥だ!」「敗因は過信と怠慢」ACL浦和レッズ戦に完敗の広州恒大を中国紙が酷評!  

20191024-00065702-sdigestw-000-5-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/10/24(木) 07:11:25.82 ID:Fgy05dFM9
「もっと現実を見つめて危機感を持つべきだ」と警鐘を
 中国サッカー界において唯一無二の存在であり続ける広州恒大が、良いところなく2戦合計0-3で浦和レッズの後塵を拝した。やはりそのショックの大きさは計り知れない。

 10月23日のアジア・チャンピオンズリーグ準決勝第2レグ。アウェーでの第1レグを0-2で落としていた広州恒大は序盤からラッシュを仕掛け、何度も浦和のゴールに迫った。だが相手GK西川周作のファインセーブと浦和ディフェンス陣の粘り強い対応に阻まれ、なかなかゴールを奪えない。すると50分、左サイドから橋岡大樹に完璧なクロスを上げられ、中央で興梠慎三にドンピシャヘッドを決められてしまう。これで趨勢はほぼ定まった。その後も何度か得点機を掴むも決め切れず、2戦連続の完封負けを喫したのだ。

 この完敗劇を広州恒大のみならず、中国サッカー界そのものの危機と断じたのが、全国スポーツ紙『新浪体育』だ。「目を覚ませ、中国サッカーよ! いつまでうぬぼれているのか」と銘打ち、次のような論調を展開している。

「まるでルビーのような輝きを放ってきた王者(広州恒大)が、あっさりと浦和レッズに敗れ去った。今季のACLで中国勢は6度に渡って浦和と戦いながら、3分け3敗とひとつの白星も挙げていない。中国サッカーの恥だ。浦和は現在J1リーグで12位に付け、自動降格圏(実際は入れ替えプレーオフの16位)からわずか4ポイント差の位置にいる。それでもあれだけの組織力と抜け目のなさを発揮するのだ。ひるがえって広州恒大はどうか。彼らは確かに攻勢を仕掛ける時間帯が長かったが、全体的にプレーには力強さがなく、浦和の選手たちに比べれば怠慢さが目立った。とくに守備では警戒心に乏しく、いとも簡単にギャップを提供していたのだ」

 中国マネーと中国政府のバックアップを受けて、急躍進を遂げた中国スーパーリーグ。次から次へと各クラブはワールドクラスの名手を買いあさり、チームの強化の絶対軸に据えてきた。広州恒大にもパウリーニョ、タリスカ、エウケソンと一線級のブラジリアンが籍を置く。

 
 だが『新浪体育』紙は、もはやそうしたアプローチだけではもはやACLは獲れないと言い切る。

「今回のゲームでは、浦和に徹底的に研究された。北京国安も上海上港もそうだった。つまりは海外スター選手たちを封じ込めれば、中国クラブの攻撃は半減できるということだ。ファビオ・カンバーロ(監督)も外国籍選手を中心にしたチーム作りしかしてこなかった。そのツケをしっかり払わされている。もはや力づくでは勝てないことに気付くべきで、自信過剰から脱却しなければならない。より高度なチーム戦術を磨き上げねばならない。広州恒大対浦和レッズ戦が、その重要性をあらためて教えてくれた。浦和は今回ACL決勝に駒を進めたが、前述の通り、彼らは日本のベストチームというわけではないのだ」

 中国勢がアジアの頂点に立ったのは、2015年の広州恒大が最後だ。以降は4年連続で、ファイナルの舞台にさえ立てていない。同紙は「東アジアゾーンにおいて、日本、韓国の差はどんどん開いている。中国サッカー界はもっと現実を見つめて危機感を持つべきだ」と提唱した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191024-00065702-sdigestw-socc

ACL準決勝第2戦、浦和レッズ1-0 広州恒大『得点』興梠慎三(50分)/2試合合計3-0/決勝はアル・ヒラル  

201910230000022-w500_7





1: Egg ★ 2019/10/24(木) 00:29:19.33 ID:OOg3t6LS9
AFCチャンピオンズリーグ 準決勝 第2戦
2019年10月23日(水)21:00KO
広州天河体育中心体育場

・広州恒大0-1浦和レッズ

50分 興梠慎三(浦和)

スコア Jリーグ公式
https://www.jleague.jp/sp/match/acl/2019/102305/live/#live

【決勝】

[第1戦]

(11月9日)
(西地区)アル・ヒラル vs (東地区)浦和レッズ

[第2戦]

(11月24日)
(東地区)浦和レッズ vs (西地区)アル・ヒラル

ゲキサカ ACL
https://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?260307-260307-fl

1 Egg ★ 2019/10/23(水) 22:53:57.73
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1571838837/

広州敗戦に驚きの中国メディア「信じられない」、埼スタの応援は「衝撃的」 

20191003-43472334-gekisaka-000-3-view[1]


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索