Samurai Goal

年齢制限


スポンサード リンク





<東京五輪>1年延期で気になる男子サッカーの年齢制限。「23歳以下」or「24歳以下」でスタメンは? 

1: 2020/03/28(土) 23:00:47.58
J開幕戦で新戦力が台頭。GKでは17歳がベンチ入り、CB陣では2000年生まれがスタメンを確保

東京オリンピックの1年程度の延期が3月24日に発表された。これによって男子サッカーは、メンバー選考を大きく見直さなければならない可能性が生じている。3人のオーバーエイジを除き、「23歳以下」という年齢制限があるからだ。

【U-23日本代表】東京五輪世代最強メンバーの顔ぶれ
no title


 年齢を1歳引き上げて「24歳以下」とする特例が採用される可能性も残されているが、「23歳以下」の規定のままなら、1997年生まれの選手は出場できない。その場合、東京五輪代表メンバーはどう変わるだろうか。ポジションごとに考察する。

■GK■
 レギュラーを務める大迫敬介は99年生まれなので問題ないが、大迫不在時にゴールを守ってきた小島亨介、オビ・パウエル・オビンナはともに97年生まれ。「23歳以下」の規定のままでは出場できないことになってしまう。その場合、誰が大迫とポジションを争うのか。最有力候補は湘南ベルマーレの2000年生まれの谷晃生だろう。東京五輪代表チームでの出場機会は、18年11月のクウェート戦での後半45分間だけだが、これまで何度も招集されてきた。今季は心機一転、ガンバ大阪から期限付き移籍を果たした。新天地でチャンスを掴めれば、東京五輪への道が拓けてくる。

 さらにもうひとり、注目株がいる。浦和レッズの鈴木彩艶だ。19年U-17ワールドカップで日本の正GKを務めた17歳は今シーズン、浦和ユース所属ながらルヴァンカップ・ベガルタ仙台戦、湘南とのJ1開幕戦でベンチ入りを果たしたのだ。シュートストップ、キック、スロー、ハイボール処理と、どれを取ってもレベルが高い“ダイヤの原石”。浦和と同様、東京五輪代表に抜擢されてもおかしくない。
 

■DF■
 主な97年生まれは、チーム発足当初から主力を務め、A代表の一員でもある板倉滉と、大卒ルーキーだった昨年、FC東京でレギュラーの座を掴み、今年1月のU-23アジア選手権でキャプテンマークを巻いた渡辺剛。2人の守備リーダーを欠くことになればダメージは大きいが、幸いA代表の主軸である冨安健洋は98年生まれだから出場可能だ。

 19年U-20ワールドカップでセンターバックとしてコンビを組んだ2000年生まれの瀬古歩夢と小林友希が今季、セレッソ大阪、横浜FCでそれぞれスタメンの座を射止めたのも心強い。シーズンを通してコンスタントに出場できれば、東京五輪代表でレギュラーになっても不思議はない。また、彼らと同年代で、鹿島アントラーズの関川郁万も開幕戦にスタメンとして出場し、今後の成長が期待できる。さらに、センターバックが本職の橋岡大樹を3バックの一角に回す手も考えられる。

3/27(金) 18:25配信サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200327-00071190-sdigestw-socc

<東京五輪「U23」どうなる年齢制限>延期で編成に影響大!年齢制限はそのままなのか?特例とするのか? 

1: 2020/03/25(水) 20:00:21.38
サッカー男子代表はIOCと国際サッカー連盟(FIFA)の協議の末、92年バルセロナオリンピック(五輪)から原則として出場選手に「U-23(23歳以下)」の年齢制限を設けた。

五輪が1年延期された場合、年齢制限はそのままなのか、特例として変更措置を取るのか、開催時期だけでなく、年齢制限がチーム編成に及ぼす影響は大きい。

現行通りのU-23代表で五輪を迎えると仮定した場合、主な代表候補の有資格者は別表の通りになる。現状のベスト布陣で臨んだ昨年11月のU-22コロンビア戦の先発メンバーを例に挙げれば、日本代表MF堂安、MF久保、GK大迫ら7選手が対象のまま。故障で未招集だったDF冨安もU-23世代として活動できる。

17日に報道陣から延期の場合の年齢制限について質問された五輪代表も兼任する日本代表森保監督は「『たられば』であまり話すことではないと思います」と前置きしたうえで「自分たちでコントロールできることではない。決まったレギュレーションで最善を尽くすことを常々考えている」と、決定次第、冷静に対応していく考えを示した。

3/25(水) 9:30配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200325-23240621-nksports-socc

写真
no title


  ◇   ◇   ◇

組織委員会の森喜朗会長「他のスポーツは年齢の制限なんてない。サッカーだけ23歳っていうのは..わがまま」 

no title




1: 2020/03/28(土) 13:34:16.45
2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は28日、読売テレビ「ウェークアップ!ぷらす」に生出演。東京五輪・パラリンピックの延期で、男子サッカーの年齢制限の問題が浮上していることに言及した。

 五輪の男子サッカーは23歳以下(U-23)の選手で構成され、そこに3人までオーバーエージとして24歳以上の選手を加えることができる。ただ、1年程度の延期が決まったことで、五輪世代だった97年生まれの選手は制限を超えることになってしまった。

 辛坊治郎キャスターから「24歳以下ということで話し合いができているのではないか?」と問われた森会長は「オリンピックは最高のベストの選手が集まって競技するとなっている。サッカーは正直に言って、オリンピックよりワールドカップにウエートを置いている。プロセスから言うと、サッカーはオリンピックに参加しなくていいとまでFIFAは言っていたようですよ」と、IOCとFIFAの関係性について触れた。

 そして、「ほかのスポーツは年齢の制限なんてありませんよ。サッカーだけ23歳っていうのはサッカーのある意味わがまま、それが24になろうが、25になろうが知ったこっちゃないということです」と、無関心の姿勢を貫いた。

 一方で、出場が内定していた選手についてさまざまな競技で方針が示されているが、森会長は「今、決まった方はそのまま優先してあげるべき」との持論も述べた

3/28(土) 13:09配信

【韓国サッカー協会】「東京五輪延期、年齢制限に特例措置を」=書簡でAFCとIOCに要請 

1: 2020/03/26(木) 19:59:23.60 _USER
【ソウル聯合ニュース】韓国の大韓サッカー協会は26日、東京五輪が1年程度延期になることで、原則23歳以下(U23)となっているサッカー男子の年齢制限をオーバーする選手について、出場資格の維持を求める書簡をアジアサッカー連盟(AFC)、国際サッカー連盟(FIFA)、国際オリンピック委員会(IOC)に送ったと発表した。

東京五輪が2021年に開催され、特例措置がなければ、原則23歳以下で争われるサッカー男子は1998年1月1日以降に生まれた選手が出場でき、予選で主軸となった97年生まれの選手は出場できなくなる。

 大韓サッカー協会は書簡で「新型コロナウイルスの感染拡大という不可抗力の理由により大会が延期になり、五輪出場のために予選に出場した選手たちが本戦に参加できないのは不公平だ」とし、現代表の参加権利の保護を求めた。

 また出場権を獲得した選手たちが不利益を受けずに本戦に出場できるよう措置を講じることを要請するとし、97年生まれの選手の五輪出場を認めるよう求めた。

 東京五輪の1年程度の延期が24日に発表された直後から、大韓サッカー協会は今後の計画について検討を始め、男子代表の金鶴範(キム・ハクポム)監督をはじめ、コーチ陣の意見を取りまとめた。金監督は97年生まれの選手たちが来年以降の東京五輪に出場するのが合理的な判断とする意見を伝えた。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20200326003900882?section=news
聯合ニュース 2020.03.26 19:31

no title

U23韓国代表を率いる金鶴範監督(資料写真)



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索