Samurai Goal

年間最優秀選手賞


スポンサード リンク





UEFA年間最優秀選手賞候補上位3選手が発表…メッシ、C・ロナウド、そしてファン・ダイク  

20190816-00010001-goal-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/08/16(金) 13:45:29.11 ID:Y6VMbzqg9
欧州サッカー連盟(UEFA)は、2018-19シーズン年間最優秀選手賞の最終候補3選手を発表した。

リヴァプールのチャンピオンズリーグ(CL)制覇で幕を閉じた2018-19シーズン。UEFAは29日にモナコで行われる表彰式を前に、男子の年間最優秀選手賞にノミネートされた3選手に加え、次点となった7選手を公表する。

最終候補に残った3選手は、バルセロナのリオネル・メッシ、ユヴェントスのクリスティアーノ・ロナウド、そしてリヴァプールのビルヒル・ファン・ダイク。アルゼンチン代表FWはCL得点王と欧州ゴールデンシューに輝き、ポルトガル代表FWはUEFAネーションズリーグ(UNL)の初代王者とともに、ファイナルシリーズでの得点王を手にしたことが評価された。

一方で、DFとして唯一選出されたファン・ダイクは、リヴァプールの14年ぶりとなる欧州制覇が決まった決勝の舞台でマン・オブ・ザ・マッチに輝き、さらにオランダ代表としてもUNLで決勝進出を果たすなど、クラブと代表で1年間を通して活躍を続けた。

年間最優秀選手賞の候補は、CLとヨーロッパリーグ(EL)の本戦出場を果たした80クラブの監督と55人のジャーナリストが、トップ3を選出し、1位からそれぞれ5ポイント、3ポイント、1ポイントが与えられ、その結果に基づき順位付けされる。なお、監督は自チームの選手には投票できない仕組みになっている。

また、29日の表彰式では、男子の年間最優秀選手の他に、CLにおけるポジション別の最優秀選手、女子年間最優秀選手、EL最優秀選手が発表される。

男子年間最優秀選手候補の4位以降は以下の通り。

4位 アリソン(リヴァプール)
5位 サディオ・マネ(リヴァプール)
6位 モハメド・サラー(リヴァプール)
7位 エデン・アザール(チェルシー/レアル・マドリー)
8位 マタイス・デ・リフト(アヤックス/ユヴェントス)
8位 フレンキー・デ・ヨング(アヤックス/バルセロナ)
10位 ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190816-00010001-goal-socc

「5冠や勝ち点250が必要か?」3冠マンチェスター・CのFIFA年間MVP候補ゼロにペップが皮肉 

20190804-00010012-goal-000-1-view[2]

C・ロナウドがセリエA年間MVPに!! 移籍初年度でユーベの8連覇に貢献  

20190519-43467178-gekisaka-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/05/19(日) 18:00:51.47 ID:w/IQ5Chj9
ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(34)が、2018-19シーズンのセリエA年間最優秀選手賞(MVP)に選出された。リーグ公式サイトが伝えている。

 今季レアル・マドリーから加入したC・ロナウドは、適応に時間が掛かるとみられていたが、第4節サッスオーロ戦で移籍後初ゴールを決めると、あと2試合を残してリーグ戦30試合で21ゴール8アシストを記録。ユベントスのリーグ8連覇に貢献するとともに、自身にとってはイングランド、スペインに次ぐ欧州3大リーグ制覇という史上初の快挙を成し遂げた。

 そのほか、年間最優秀若手選手賞にローマのMFニコロ・ザニオーロ(19)が選出され、ポジション別の最優秀選手として、GKサミール・ハンダノビッチ(インテル)とDFカリドゥ・クリバリ(ナポリ)、MFセルゲイ・ミリンコビッチ・サビッチ(ラツィオ)、FWファビオ・クアリャレッラ(サンプドリア)が選ばれた。

▼年間最優秀選手賞(MVP)
クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)

▼年間最優秀若手選手賞
ニコロ・ザニオーロ(ローマ)

▼年間最優秀GK
サミール・ハンダノビッチ(インテル)

▼年間最優秀DF
カリドゥ・クリバリ(ナポリ)

▼年間最優秀MF
セルゲイ・ミリンコビッチ・サビッチ(ラツィオ)

▼年間最優秀FW
ファビオ・クアリャレッラ(サンプドリア)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-43467178-gekisaka-socc

スターリングが記者投票のプレミア年間最優秀選手賞を受賞!PFA受賞のファン・ダイクに大差で選出  

20190429-00010033-goal-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/04/29(月) 20:25:10.13 ID:j55BEnuP9
スターリングがFWA年間最優秀選手賞受賞!PFA受賞のファン・ダイクに大差で選出

マンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングが、イングランド・サッカー記者協会(FWA)が選出する年間最優秀選手賞に輝いた。

今シーズン、プレミアリーグ第36節終了時点で2位リヴァプールを勝ち点1上回り、首位に立っているマンチェスター・C。そして、90得点でプレミアNo.1の得点数を記録する攻撃陣の中で、一際輝いているのが24歳のスターリングだ。

2015年夏にリヴァプールからマンチェスター・Cに移籍したスターリングは、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下で大きく成長。今シーズンは、リーグ32試合で17ゴール12アシストを記録した。結局は逃したものの、今シーズンのPFA(プロフェッショナル・フットボーラーズ・アソシエーション)年間最優秀選手賞(受賞はリヴァプールDFヴィルヒル・ファン・ダイク)候補にも挙げられていた。

しかし、FWAにおいては、スターリングは記者の入れる全400票のうち62%を集め、2位となったファン・ダイクに100票以上の差をつけたとのこと。さらに、3位にもマンチェスター・CからFWセルヒオ・アグエロが選ばれたことが伝えられている。なお、昨年はリヴァプールFWモハメド・サラーがマンチェスター・CのMFケビン・デ・ブライネを約20票上回り、栄誉に輝いていた。

先日に発表されていたPFAの年間最優秀若手選手賞と合わせて、スターリングはこれで個人賞2冠。残り2試合となっているリーグ戦で、新進気鋭のアタッカーのさらなる活躍に、期待がかかる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190429-00010033-goal-socc

関連スレッド

【サッカー】<DFとして14年ぶりの快挙!> ファン・ダイクが選手投票のプレミア最優秀プレーヤーに決定!ベストイレブンも改めて発表
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556498405/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索