Samurai Goal

年間最優秀選手


スポンサード リンク





J1川崎のルーキー・三笘薫が年間最優秀選手に!「すごくうれしいですし、光栄です」 

スクリーンショット 2021-02-23 11.08.54




1: 2021/02/23(火) 08:36:33.26 _USER9
全国のサッカー担当記者の投票による2020年度フットボーラー・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀選手)にJ1川崎の三笘薫(23)が選出された。

 同賞は1961年創設され、プロ、学生、女子などを問わず、シーズン通して最も活躍した選手を表彰。1993年のJリーグ発足後、ルーキーの同賞選出は初めとなった。筑波大から加入した昨季は13得点を挙げるなど川崎の独走Vに貢献した。

 三笘は「サッカーを見てこられた方に評価されるのは、すごくうれしいですし、光栄です。このように評価されたからこそ、継続してそれ以上の期待をされていると思っているので、その期待に応えられるように頑張りたいです」とコメントした。

 三笘は有効投票201票のうち76票を集めて受賞。2位は昨季、J1柏でプレーし、得点王&JリーグMVPに輝いたFWマイケル・オルンガ(26=現アルドハイル)が72票を集め、3位は14票のMF家長昭博(34)だった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1a5256ae0e19484ce19c6d2bdf090e4abec4ca2c
2/22(月) 16:07配信

レワンドフスキが独年間最優秀選手に、投票で大差つけ受賞 

1: 2020/08/31(月) 13:27:58.50 _USER9
【AFP=時事】ドイツ誌キッカー(Kicker)は30日、同国サッカー・ブンデスリーガ1部の年間最優秀選手にバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)のFWロベルト・レワンドフスキ(Robert Lewandowski)を選出した。

31歳のレワンドフスキは、ジャーナリストによる投票で276票を獲得。3冠を達成した同じバイエルンに所属するFWトーマス・ミュラー(Thomas Muller、54票)とDFヨシュア・キミッヒ(Joshua Kimmich、49票)に大差をつけての受賞となった。

 レワンドフスキは同誌に「とても誇りに思う」「期待はどんどん高まっているし、毎年それを超えようとしている」とコメントした。

 リーグ戦で34得点、欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2019-20)で15得点、ドイツカップ(German Cup 2019-20)で6得点を挙げたレワンドフスキは、今季出場した全ての大会で得点王に輝いた。

 バイエルンの公式戦で55ゴールをたたき出したレワンドフスキは、国際サッカー連盟(FIFA)が選出する年間最優秀選手の候補にもなっている。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)が続く中、FIFAは今年も同賞の授与を行いたいと述べていたが、表彰式の日程については未定となっている。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/3b6a7a9a07bf34bb1d3a5e02b7cb1c76d1e9db2b
no title

酒井宏樹こそ最高級の日本人選手。『移籍して欲しくない!』。フランスでの真の評価とは? 

20190726-00010002-footballc-000-3-view[1]

「おめでとう」 日本代表FW大迫が「年間最優秀選手」、W杯公式が祝福ショット投稿 

20190215-00170524-soccermzw-000-4-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索