Samurai Goal

年俸


スポンサード リンク





【ラグビーの年俸】野球やサッカーの「10分の1」世界のトップが1億円で日本代表は平均4000万円ほど  

1: Egg ★ 2019/09/29(日) 09:02:37.66 ID:ZTeBUYY29
アイルランドのメディア「RUGBY LAD」が今年1月、当時の全世界のラグビー選手年俸トップ10を発表した。

 同メディアによると、1位は豪ワラターズに所属していた(現在は解雇)イズラエル・フォラウの114万ユーロ(約1・35億円)。2位のダン・カーター(神戸製鋼)が110万ユーロ(1・3億円)と続く。カーターは仏ラシン92に所属していた際、ラグビー史上最高額の年俸2・5億円(当時レート)を稼いだといわれた。それでも米プロスポーツのそれと比べればはるかに安い。

 日本はどうか。トップリーグの助っ人外国人選手は全員がプロ契約を結ぶ一方で、日本人選手は所属企業の社員が大半だ。さるマスコミ関係者は「ラグビー界は、選手年俸を一切公表していない」としたうえで、こう言った。

「トップリーグでプロ契約を結ぶ助っ人は強豪国の大物選手で1億円程度。日本人選手は最低年俸が500万~600万円です。日本代表クラスは平均4000万円ほどで、稼ぎ頭は主将のリーチ、ロシア戦でハットトリックを決めた松島あたりでしょう。リーチは広告スポンサーを含めた年収が1億円、松島は年俸だけで5000万~6000万円を稼いでいるといわれています」

 世界のトップ選手が1億円程度で、日本の選手ともなるとさらに安い。野球やサッカー、テニスなどと比べても、ラグビー選手の稼ぎは「10分の1」程度なのだ。

19/09/29 06:00 日刊ゲンダイ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/262481

写真
no title

デリフトのユベントス移籍の「お金事情」とは? 代理人手数料も超巨額だ! 

20190719-00061630-sdigestw-000-6-view[1]

レアル・久保建 破格の高年俸2億4000万円の意外なカラクリ 

20190709-00956123-soccerk-000-3-view[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索