Samurai Goal

帰化


スポンサード リンク





「同じ立場だったら…」フッキ、元同僚の“中国帰化”について言及 

20190929-43472153-gekisaka-000-1-view[1]

サッカー中国代表、外国人9選手が帰化申請w W杯出場のため11人中9人が外人になる可能性もwww  

20190823-00000034-jij_afp-000-2-view[1]




1: 47の素敵な(SB-Android) (9級) 2019/08/23(金) 18:13:39.40
サッカー中国代表、W杯出場へ後押し 外国人9選手が帰化申請(AFP=時事) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00000034-jij_afp-socc
VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:1000:512: EXT was configured

W杯最終予選で日本の脅威に!?ブラジル出身FWエウケソンが中国代表入り  

1: Egg ★ 2019/08/20(火) 09:40:41.89 ID:daGIsAvc9
中国スーパーリーグ(CSL)の広州恒大に所属するブラジル出身のFWエウケソンが、カタールワールドカップアジア予選に向けて中国代表に初招集された。アジアサッカー連盟(AFC)公式サイトが伝えている。

 現在30歳のエウケソンは2013年に広州恒大に加入すると、CSLで2年連続の得点王に輝き、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも2013年と2015年の優勝に大きく貢献。2016年に移籍した上海上港で3年半を過ごしたあと、今夏から広州恒大に復帰している。

 そのアジア屈指の強力FWが、中国代表としてプレーする見通しとなった。ブラジル代表に一度招集された経験はあるが試合に出場していないエウケソンは、2013年から中国でプレーしていることで代表入りの資格を得たとのことだ。

 中国にルーツを持たない選手の中国代表入りは史上初になるという。今年5月には元U-19イングランド代表のMFニコ・イェナリス(帰化して中国名「李可」)が帰化選手として初のデビューを飾ったが、同選手は母親が中国系である。

 ファビオ・カンナバロ前監督がわずか2試合で退任し、マルチェロ・リッピ監督が復帰した中国代表は、9月10日に行われるモルディブ戦でワールドカップアジア2次予選をスタートさせる。最終予選で日本代表と対戦することになれば、ACLでJリーグクラブもたびたび苦しめられたエウケソンは大きな脅威となるかもしれない。

8/19(月) 16:02配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190819-00334899-footballc-socc

写真
no title

日本のレジェンド「帰化は好きじゃない 中国代表は帰化に頼らないで欲しい」→中国人「日本も帰化選手いたろ」  

27855_ext_04_0




1: 名無し募集中。。。 2019/08/12(月) 21:20:34.25 0
8月9日、第2回青少年国際サッカーチャレンジカップのグループリーグの戦いが終了した。鹿島アントラーズのU-15アシスタントコーチで、元日本代表の小笠原満男が中国サッカーメディアの独占取材を受けた。

今大会、鹿島アントラーズはA組で、アトレチコ・パラナエンセ(ブラジル)と2-3、アンデルレヒト(ベルギー)と2-2、上海上港に4-0の成績で、最終的に準決勝には進めなかった。
小笠原満男は「非常に残念。我々の今大会に賭ける気持ちはとても大きかった。」と述べている。

中国選手については、「中国のディフェンダーは素晴らしいが、優秀なストライカーが少なすぎる」、「武磊(ウーレイ)は素晴らしい。彼は海外に行ったでしょ。スピードがとても速く強いプレーヤーだ」、
「あと鄭智。彼は引退したんでしょ?(もうすぐ39歳の鄭智が広州恒大でまだプレーしているのを知って小笠原は少し驚いた感じだ)」、「恒大の右サイドバックも速くて強い。彼はヨーロッパに行ったんでしょ?
(記者に教えられて張琳ホウが海外に行かずいまだに恒大でプレーしていることを知る)」

中国代表については、「僕は帰化は好きじゃない。(記者が日本は早くから先例があると指摘すると)それでも僕は好きじゃない!」と話した。
「実際のところ、僕は中国代表はすべて中国人であって欲しい。もちろん3人のブラジル人フォワードに頼ってワールドカップに進んだとしても、僕は彼らを応援するよ。」

<中国代表>驚きの“補強”!?上海上港と広州恒大のブラジル人助っ人が帰化へ! 「スムーズに進んでいる」  

1: Egg ★ 2019/05/28(火) 05:44:21.95 ID:gTCbR1qx9
カタールW杯に向け、さらなるターゲットも

no title


中国から驚きのニュースが舞い込んできだ。

 現地時間5月26日、日刊紙『South China Morning Post』は、中国サッカー協会が、上海上港と広州恒大とに所属するブラジル人ストライカーのエウケソンとリカルド・グラールを帰化させ、「代表チームに迎え入れる」と報じた。

 まさに驚愕のニュースだが、すでに中国でプレーして6年目を迎えたエウケソンと今夏で5年目に入るグラールに対して、今月24日に中国代表監督に再任したマルチェロ・リッピが以前から関心を示していたこともあり、すでに代表入りの手はずを進めているという。

 同紙によると、帰化に向けた動きは「スムーズに」進行しているようで、すでに申請をしているエウケソンが認可寸前で、グラールも同じ手順で国籍を取得する算段だという。前者はブラジルA代表歴がなく、後者も2014年に1試合だけ出場しているものの公式戦ではなかったため、国籍が取得できれば、中国代表としてプレーすることに問題はないようだ。

 二人は中国スーパーリーグで歴代最高クラスの助っ人だ。13年に広州恒大に加入したエウケソンは通算142試合で94ゴールを挙げ、リーグの外国人最多得点記録を保持しており、一方のグラールも15年の加入から通算104試合で71ゴールを決めてきた。

『South China Morning Post』と同様にこの一報を報じた中国のスポーツ紙『Oriental Sports Daily』は、エウケソンは今年9月、グラールは20年には代表チームに加わる可能性が高いとし、さらに「この数年のうちに天津天海に所属するアラン・カルバリョと重慶当代のフェルナンジーニョも中国に帰化するだろう」との見通しを綴っている。

 来る22年のカタール・ワールドカップで5大会ぶりの出場を目指す中国。仮にエウケソンやグラールに続いて、取り沙汰されているブラジル人選手たちの帰化することになれば、アジア予選で対戦する可能性のある日本代表にとって脅威となる。今後の動向を注視したい。

5/28(火) 5:30 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190528-00010000-sdigestw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索