Samurai Goal

帰化


スポンサード リンク





実際に噂あった選手も…帰化すれば日本代表を“変貌”させられた助っ人は? 

1: 2020/11/03(火) 22:59:07.37 _USER9
 サッカー日本代表・森保ジャパンが活動を再開させた。オール海外組で臨んだ10月のオランダ遠征では、カメルーン、コートジボワールというアフリカの強豪国相手に1勝1分けという好結果で終えた一方、特に攻撃陣に対して物足りなさを感じたファンも多いだろう。そして、この停滞感を打破する有効な手段の一つに「帰化選手の代表招集」がある。移民や二重国籍を持つ選手が多い欧州強豪国だけでなく、近年はアジアでもカタールや中国が積極的に推し進めている戦力強化策だ。

 日本においても、古くは吉村大志郎(ネルソン吉村)、与那城ジョージ、ラモス瑠偉に始まり、日本代表がW杯に初出場した1998年フランス大会以降、呂比須ワグナー、三都主アレサンドロ、田中マルクス闘莉王が帰化選手としてW杯に出場した。そして現在は、J3、J2で得点王となって今季から浦和に加入したFWレオナルド、日本通算8年目のガンバ大阪所属のFWパトリックなどが、日本帰化の希望を明らかにしている。ただ、日本への帰化条件は他国よりも厳しく、「引き続き5年以上日本に住所を有すること」のほか、「日本語能力」や「素行善良」などが求められ、それが故にこれまでも日本帰化の希望を口にしながらも実現しなかった事例も多い。

 まず思い出されるのが、爆発的なスピードでゴールを量産したブラジル人FWエメルソンだ。2000年に22歳で来日し、札幌、川崎、浦和の3クラブで計6年間プレーし、リーグ戦J1通算100試合71得点。J2通算52試合50得点をマーク。J1得点王に輝いた浦和時代の2004年に帰化の話題が持ち上がり、本人の前向きなコメントも伝えられていたが、その後の手続きは一向に進まず、いつしか立ち消えになった。悪童ぶりも目立ち、最終的には中東からの巨額オファーでカタールへと渡った(その後、カタール国籍を取得するもFIFAより代表資格なしを通達された)が、もしエメルソンが真面目に帰化へ向けて努力していれば、失意に暮れた2006年ドイツW杯に違った結末があったかも知れない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/daeeb3003c0ce653f176e476caa1e3542a60c9d0
1/3(火) 17:00配信


no title

no title


https://www.youtube.com/watch?v=T58pkMU1pus


エメルソン 全盛期浦和レッズ時代のスーパープレー集





 

サッカーの闘莉王や三都主って日本に帰化したはずなのに今は日本じゃなくてブラジルで暮らしてるんだな 

img_0




1: 2020/07/10(金) 18:50:58.36 0
ブラジルのほうが過ごしやすいのか

<元コスタリカ代表GK>「日本で引退したい。帰化もいい」衝撃受けた“日本文化”とは?「ゴミ箱が…」 

1: 2020/03/27(金) 00:38:37.44
FC琉球に所属する元コスタリカ代表GKダニー・カルバハルは、今季でJリーグ3シーズン目を迎えているなか、今では「日本で引退したい。帰化もいい」と語るほど日本に魅せられているようだ。「日本に恋した」守護神は、衝撃を受けたという日本文化について明かしている。コロンビアメディア「Columbia Deportiva」が報じた。

【写真】「日本で引退したい。帰化もいい」 琉球の元コスタリカ代表GKカルバハル、沖縄で愛妻との私服オフショット

 現在31歳のカルバハルは、母国コスタリカのクラブを渡り歩き、2017-18シーズンにはスペイン2部アルバセテ・バロンピエでプレー。コスタリカ代表としても4キャップを刻んだ守護神は、2018年に徳島ヴォルティスに加入して7試合に出場した一方、同年夏に水戸ホーリーホックへ移籍した。2019年から琉球に在籍し、昨季は30試合出場とフル稼働し、今季も活躍が期待されている。

 来日3年目のカルバハルに注目したのがコロンビアメディア「Columbia Deportiva」だ。記事では「守護神はスペインを経て、日本に恋した。彼は日本で引退し、語学も学ぶつもりだと語っている」と記しており、本人が語った“日本エピソード”と紹介している。

 カルバハルは日本で生活するなか、様々な発見をしたようだ。日本では“常識”ながら、海外から見れば驚く文化も少なくない。その一つが「タクシーが着いた時、ドアを開けてくれる」というものだったようだ。また「お金を直接手渡ししない。トレーにお金を乗せて、手袋をはめた人がそれを受取り、お釣りを渡す」という点にも触れている。

数年後に「日本で引退」プラン 「日本語を書いたり、読んだりする勉強をしている」

 とりわけカルバハルの印象に強く残ったのは、街中のゴミ箱だという。「例えば、日本には外のゴミ箱が少ない。1人1人がゴミを処理し、リサイクルしやすいように明確になっている。ゴミの処理やリサイクルが勝手にできないようになっている」と語っている。海外では大型のゴミ箱を設置してなんでも入れてしまう国もあれば、至るところにゴミ箱を置いてある国もあるなど千差万別だが、カルバハルは日本のゴミ箱事情に心を打たれたようだ。

 2021年12月まで契約があるというカルバハルは、日本での引退を切望している。「今、日本語を書いたり、読んだりする勉強をしている。日本に滞在し、日本で引退したい。帰化して、その機会を上手く活用するのもいい。4、5年後に日本で引退したいと思っている」と今後のプランを明かした。

 現在Jリーグ戦は一時中断されているが、再開後にカルバハルは気迫みなぎるプレーを見せてくれそうだ。

3/26(木) 7:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200326-00253541-soccermzw-socc

写真
no title

「同じ立場だったら…」フッキ、元同僚の“中国帰化”について言及 

20190929-43472153-gekisaka-000-1-view[1]

サッカー中国代表、外国人9選手が帰化申請w W杯出場のため11人中9人が外人になる可能性もwww  

20190823-00000034-jij_afp-000-2-view[1]




1: 47の素敵な(SB-Android) (9級) 2019/08/23(金) 18:13:39.40
サッカー中国代表、W杯出場へ後押し 外国人9選手が帰化申請(AFP=時事) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00000034-jij_afp-socc
VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:1000:512: EXT was configured

W杯最終予選で日本の脅威に!?ブラジル出身FWエウケソンが中国代表入り  

1: Egg ★ 2019/08/20(火) 09:40:41.89 ID:daGIsAvc9
中国スーパーリーグ(CSL)の広州恒大に所属するブラジル出身のFWエウケソンが、カタールワールドカップアジア予選に向けて中国代表に初招集された。アジアサッカー連盟(AFC)公式サイトが伝えている。

 現在30歳のエウケソンは2013年に広州恒大に加入すると、CSLで2年連続の得点王に輝き、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも2013年と2015年の優勝に大きく貢献。2016年に移籍した上海上港で3年半を過ごしたあと、今夏から広州恒大に復帰している。

 そのアジア屈指の強力FWが、中国代表としてプレーする見通しとなった。ブラジル代表に一度招集された経験はあるが試合に出場していないエウケソンは、2013年から中国でプレーしていることで代表入りの資格を得たとのことだ。

 中国にルーツを持たない選手の中国代表入りは史上初になるという。今年5月には元U-19イングランド代表のMFニコ・イェナリス(帰化して中国名「李可」)が帰化選手として初のデビューを飾ったが、同選手は母親が中国系である。

 ファビオ・カンナバロ前監督がわずか2試合で退任し、マルチェロ・リッピ監督が復帰した中国代表は、9月10日に行われるモルディブ戦でワールドカップアジア2次予選をスタートさせる。最終予選で日本代表と対戦することになれば、ACLでJリーグクラブもたびたび苦しめられたエウケソンは大きな脅威となるかもしれない。

8/19(月) 16:02配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190819-00334899-footballc-socc

写真
no title

日本のレジェンド「帰化は好きじゃない 中国代表は帰化に頼らないで欲しい」→中国人「日本も帰化選手いたろ」  

27855_ext_04_0




1: 名無し募集中。。。 2019/08/12(月) 21:20:34.25 0
8月9日、第2回青少年国際サッカーチャレンジカップのグループリーグの戦いが終了した。鹿島アントラーズのU-15アシスタントコーチで、元日本代表の小笠原満男が中国サッカーメディアの独占取材を受けた。

今大会、鹿島アントラーズはA組で、アトレチコ・パラナエンセ(ブラジル)と2-3、アンデルレヒト(ベルギー)と2-2、上海上港に4-0の成績で、最終的に準決勝には進めなかった。
小笠原満男は「非常に残念。我々の今大会に賭ける気持ちはとても大きかった。」と述べている。

中国選手については、「中国のディフェンダーは素晴らしいが、優秀なストライカーが少なすぎる」、「武磊(ウーレイ)は素晴らしい。彼は海外に行ったでしょ。スピードがとても速く強いプレーヤーだ」、
「あと鄭智。彼は引退したんでしょ?(もうすぐ39歳の鄭智が広州恒大でまだプレーしているのを知って小笠原は少し驚いた感じだ)」、「恒大の右サイドバックも速くて強い。彼はヨーロッパに行ったんでしょ?
(記者に教えられて張琳ホウが海外に行かずいまだに恒大でプレーしていることを知る)」

中国代表については、「僕は帰化は好きじゃない。(記者が日本は早くから先例があると指摘すると)それでも僕は好きじゃない!」と話した。
「実際のところ、僕は中国代表はすべて中国人であって欲しい。もちろん3人のブラジル人フォワードに頼ってワールドカップに進んだとしても、僕は彼らを応援するよ。」

<中国代表>驚きの“補強”!?上海上港と広州恒大のブラジル人助っ人が帰化へ! 「スムーズに進んでいる」  

1: Egg ★ 2019/05/28(火) 05:44:21.95 ID:gTCbR1qx9
カタールW杯に向け、さらなるターゲットも

no title


中国から驚きのニュースが舞い込んできだ。

 現地時間5月26日、日刊紙『South China Morning Post』は、中国サッカー協会が、上海上港と広州恒大とに所属するブラジル人ストライカーのエウケソンとリカルド・グラールを帰化させ、「代表チームに迎え入れる」と報じた。

 まさに驚愕のニュースだが、すでに中国でプレーして6年目を迎えたエウケソンと今夏で5年目に入るグラールに対して、今月24日に中国代表監督に再任したマルチェロ・リッピが以前から関心を示していたこともあり、すでに代表入りの手はずを進めているという。

 同紙によると、帰化に向けた動きは「スムーズに」進行しているようで、すでに申請をしているエウケソンが認可寸前で、グラールも同じ手順で国籍を取得する算段だという。前者はブラジルA代表歴がなく、後者も2014年に1試合だけ出場しているものの公式戦ではなかったため、国籍が取得できれば、中国代表としてプレーすることに問題はないようだ。

 二人は中国スーパーリーグで歴代最高クラスの助っ人だ。13年に広州恒大に加入したエウケソンは通算142試合で94ゴールを挙げ、リーグの外国人最多得点記録を保持しており、一方のグラールも15年の加入から通算104試合で71ゴールを決めてきた。

『South China Morning Post』と同様にこの一報を報じた中国のスポーツ紙『Oriental Sports Daily』は、エウケソンは今年9月、グラールは20年には代表チームに加わる可能性が高いとし、さらに「この数年のうちに天津天海に所属するアラン・カルバリョと重慶当代のフェルナンジーニョも中国に帰化するだろう」との見通しを綴っている。

 来る22年のカタール・ワールドカップで5大会ぶりの出場を目指す中国。仮にエウケソンやグラールに続いて、取り沙汰されているブラジル人選手たちの帰化することになれば、アジア予選で対戦する可能性のある日本代表にとって脅威となる。今後の動向を注視したい。

5/28(火) 5:30 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190528-00010000-sdigestw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索