Samurai Goal

市場価値


スポンサード リンク





「ボローニャの黄金になる」冨安健洋獲得にセリエAの強豪やチェルシーもスカウト! 上昇する市場価値に伊紙も驚嘆 

スクリーンショット 2021-02-23 21.22.59

ブンデスリーガに在籍の日本人選手7名、最新の市場価値は?遠藤航、堂安律の評価額がアップ 

スクリーンショット 2021-02-11 15.37.32




1: 2021/02/11(木) 07:10:58.05 _USER9
ドイツ移籍情報サイト『transfermarkt.de』は10日、ブンデスリーガ1部の選手たちの最新の市場価値データを発表。同リーグのクラブに所属する日本人選手にも変動があった。

『transfermarkt.de』は定期的にパフォーマンスや将来性、市場効果、過去に支払われた移籍金、ユーザーの意見などに基づいて、さらにコロナ禍の市場への影響も考慮しながら各国でプレーする選手たちの市場価値を評価。今回の更新の対象となったのはブンデスリーガ1部クラブに所属する478名。ランキング上位では、ボルシア・ドルトムントFWアーリング・ハーランドが1億1000万ユーロ(約139億7000万円)と評価されたため、前回から変動なしの同僚FWジェイドン・サンチョ(1億ユーロ、約127億円)を上回り、単独トップに躍り出ている。

また、トップ10は7位タイのRBライプツィヒDFダヨ・ウパメカノを除けば3位ヨシュア・キミッヒ(500万ユーロ増の9000万ユーロ、約114億3000万円)や4位アルフォンソ・デイヴィス(500万ユーロ減の7500万ユーロ、約95億円3000万円)らとバイエルン・ミュンヘンのメンバーたちが占めることに。市場価値が最も高騰したのはレヴァークーゼンの17歳MFフロリアン・ヴィエルツ(2100万ユーロ増の4500万ユーロ、約57億2000万円)となった。

今冬のマーケットで奥川雅也がレッドブル・ザルツブルクからアルミニア・ビーレフェルトにレンタルで加わったため、現在日本人選手7名がブンデスリーガ・クラブに在籍。その中で、市場価値が上がったのはシュトゥットガルトMF遠藤航(200万ユーロ増の800万ユーロ、約10億2000万円)、昨夏PSVからのレンタルでビーレフェルト入りしたMF堂安律(70万ユーロ増の700万ユーロ、約8億9000万円)のみとなっている。

フランクフルトの鎌田大地(1600万ユーロ、約20億3000万円)や長谷部誠(80万ユーロ、約1億円)、昨夏に横浜F・マリノスから期限付きでウニオン・ベルリンに移籍した遠藤渓太(130万ユーロ、約1億7000万円)はそれぞれ市場価値が変わらず。最近ブレーメンで復調の兆しを見せる大迫勇也だが、300万ユーロから150万ユーロ(約1億9000万円)と半減。奥川は昨年12月のオーストリア・ブンデスリーガの更新時の評価(50万ユーロ減の350万ユーロ、約4億4000万円)のままだった。

なお、『transfermarkt.de』が現時点掲載している日本人選手の市場価値ランキングのトップ10は次のとおり。

1位 久保建英(ヘタフェ、2000万ユーロ、約25億4000万円)
2位 冨安健洋(ボローニャ、1800万ユーロ、約22億9000万円)
3位 鎌田大地(フランクフルト、1600万ユーロ、約20億3000万円)
4位 南野拓実(サウサンプトン、1000万ユーロ、約12億7000万円)
5位 遠藤航(シュトゥットガルト、800万ユーロ、約10億2000万円)
6位 堂安律(アルミニア・ビーレフェルト、700万ユーロ、約8億9000万円)
6位 中島翔哉(アル・アイン、700万ユーロ、約8億9000万円)
8位 伊東純也(ヘンク、650万ユーロ、約8億3000万円)
9位 酒井宏樹(マルセイユ、550万ユーロ、約7億円)
10位 吉田麻也(サンプドリア、380万ユーロ、約4億8000万円)

https://news.yahoo.co.jp/articles/0ffd4d6ef5323abd201c19126b8b0fcef52995af
2/11(木) 5:08配信

セリエA屈指のDFに成長した冨安健洋。市場価値50億円の男はボローニャ“目玉商品”に 

スクリーンショット 2021-02-01 18.15.25

南野所属リバプールの市場価値は1367億円! 欧州6大リーグ王者で「最も高価」と英注目 

スクリーンショット 2021-01-24 21.18.20

世界最高額のイングランド人は誰だ? サッカー選手市場価値ランキング1~5位。アーセナルから放出された代表エースは… 

スクリーンショット 2020-12-07 15.20.13

負傷続くアザール、2年間で市場価値が約113億円下落…今季は公式戦未出場 

スクリーンショット 2020-10-11 17.38.04

<久保建英>市場価値36億円!33億円のベール上回る 

no title




1: 2020/08/01(土) 23:58:33.92 _USER9
日本代表MF久保建英(19)の市場価値がウェールズ代表FWギャレス・ベール(31)を上回ったとスペイン紙アス電子版が31日に報じている。

同紙はドイツの移籍情報サイト「トランスファー・マーケット」の情報を元にレアル・マドリードと契約を結ぶ選手たちの最新の市場価値を発表した。
この中で久保が前回の1350万ユーロ(約16億2000万円)から3000万ユーロ(約36億円)へと、市場価値が倍以上にアップしたのに対し、
ベールの市場価値は3200万ユーロ(約38億4000万円)から2800万ユーロ(約33億6000万円)へと下がったことを伝えている。

久保は今季、マジョルカで公式戦2398分間出場し、4得点4アシスト記録。一方、ベールはRマドリードでわずか1260分間の出場にとどまり、
ポジション争いのライバルであるビニシウス(1817分)、ロドリゴ(1635分)、アザール(1462分)の出場時間を下回り、3ゴールしか決めていない。リーグ戦終盤は戦力外になっていた。

Rマドリードの最新の市場価値ランキングを見てみると、
トップはアザール、久保は19位となっている。また、特にレギュラーのセルヒオラモス、モドリッチはすでに34歳と年齢が高いため、市場価値は低くなっている。

1位アザール 8000万ユーロ(約96億円)

2位カゼミロ、バラン 6400万ユーロ(約76億8000万円)



19位久保 3000万ユーロ(約36億円)

20位ベール 2800万ユーロ(約33億6000万円)

21位レギロン 2500万ユーロ(約30億円)

22位ヘイニエル 2250万ユーロ(約27億円)

23位マルセロ、ルーカス・バスケス 1600万ユーロ(約19億2000万円)

25位オスカル・ロドリゲス 1500万ユーロ(約18億円)

26位セルヒオラモス 1450万ユーロ(約17億4000万円)

27位ブラヒム 1350万ユーロ(約16億2000万円)

28位アレオラ、マリアーノ 1300万ユーロ(約15億6000万円)

 ※アレオラは今季1年間、パリ・サンジェルマンからの期限付き移籍

30位モドリッチ、ナチョ 1200万ユーロ(約14億4000万円)

32位マジョラル 1000万ユーロ(約12億円)

33位バジェホ 600万ユーロ(約7億2000万円)

34位ルニン、アルベルト・ソロ 270万ユーロ(約3億2400万円)

36位ルカ・ジダン 180万ユーロ(約2億1600万円)

 ※今季で契約切れ

37位アルトゥーベ 100万ユーロ(約1億2000万円)

(高橋智行通信員)

8/1(土) 10:47配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/72dad55cf7d531431f56b7dd73780951f99e0edf

<久保建英>マジョルカでの活躍で市場価値が15倍!(約2億5000万円)→3000万ユーロ(約37億2000万円) 

1: 2020/07/24(金) 23:37:53.10 _USER9
写真
no title


今季Rマドリードから1年間の期限付きでマジョルカでプレーした日本代表MF久保建英(19)に関し、マドリードの電子メディア「デェフェンサセントラル」は24日、今シーズンのマジョルカでの活躍により久保の価値が200万ユーロ(約2億5000万円)から3000万ユーロ(約37億2000万円)と15倍に跳ね上がったと報じた。

 同メディアは「今季リーグ戦を制したRマドリードが素晴らしいチームであることを選手が証明した」とした一方で、期限付き移籍で他クラブでプレーした久保を含めた4選手も素晴らしい活躍を見せたことで、その価値が跳ね上がったと強調。

その中で久保については、今季Rソシエダで活躍したノルウェー代表MFエデゴールを引き合いに出し、「エデゴール同様の昇進があった」とし、続けて「マジョルカには200万ユーロの価値で入団したが、彼のスペクタクルな今シーズンがそれを3000万ユーロにまで上昇させた」と報じた。

7/24(金) 22:58 スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/37e77010f4724f5622adf76d2464849aff7f0cad

スペイン一般紙が久保建英の現状と市場価値を分析「レアルに戻るかは8月下旬にジダンが決める」 

20200713-00010012-goal-000-3-view

<コロナ後”の選手市場価値ランキング>ムバッペが約320億円で1位!5位まではイングランドの若手選手が続く... 

1: 2020/06/08(月) 20:09:14.05
国際サッカー連盟(FIFA)の関連機関であるスポーツ研究国際センター(CIES)は8日、欧州5大リーグの所属選手を対象とした市場価値試算額のランキングトップ100を発表した。パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが最高額とされている。

 選手の市場価値はパフォーマンスや年齢、現在の契約残り期間など様々なパラメータに基づく独自基準で算出。新型コロナウイルスの影響により各クラブが経済的に苦しい状況となり、移籍市場の冷え込みが予想される中でも、依然として多くの選手が高い価値を維持していると試算されている。

 ランキング1位となったムバッペの価値は2億5920万ユーロ(約320億円)。2年連続リーグアン得点王に輝くなどの活躍に加え、21歳という若さや、2023年までの契約を残していることなどにより高い価値を持つと算出された。

 2位から5位まではイングランドの若手選手が続く。マンチェスター・シティのFWラヒーム・スターリング(約240億円)、ボルシア・ドルトムントのFWジェイドン・サンチョ(約221億円)、リバプールのDFトレント・アレクサンダー=アーノルド(約211億円)、マンチェスター・ユナイテッドのFWマーカス・ラッシュフォード(約188億円)がランクインしている。

 6位以降はリバプールのFWモハメド・サラ-(約179億円)、同FWサディオ・マネ(約172億円)、バルセロナのFWアントワーヌ・グリーズマン(約168億円)、バイエルン・ミュンヘンのFWアルフォンソ・デイビス(約167億円)、トッテナムのFWハリー・ケイン(約146億円)がトップ10圏内。19歳のデイビスは100位までのランキングで最年少選手となった。

 バルセロナのFWリオネル・メッシは32歳という年齢や、契約が残り1年であることなどから約123億円で22位止まり。ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドは約77億円で70位であり、35歳でランキング内の最年長選手となった。アジア国籍の選手としてはトッテナムのFWソン・フンミンが唯一ランクインしている(約93億円、48位)。

6/8(月) 20:01 フットボールチャンネル
https://news.yahoo.co.jp/articles/6c370ff3a6a81c0b00c9d0adfe134f02b6cd379b

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索