Samurai Goal

差別


スポンサード リンク





エスクデロがSNSで苦言…チームは伏せつつ「その人はブロックしました」 

スクリーンショット 2020-11-28 22.09.31

浦和レッズが差別的、誹謗中傷的な投稿について声明「絶対に許すことはありません」 

スクリーンショット 2020-09-21 21.55.48




1: 2020/09/21(月) 19:32:25.65 _USER9
浦和は21日、「SNSにおける差別的、誹謗中傷的な投稿について」と題した声明を公式サイト上で発表した。以下、全文。

前日20日の川崎F戦後、SNSにて弊クラブ所属選手に対する差別的発言や誹謗中傷を伴う看過できない発信を確認しました。

ここ数節、川崎Fの対戦相手に対し、同様の投稿が為されており、川崎Fサポーターのアカウントを利用した成り済し行為と思われます。浦和レッズだけではなく、Jリーグ全体に対して悪意のある行為です。浦和レッズとしては弁護士にも相談の上、今後の状況によっては法的措置も辞さない考えです。今後もいかなる差別的、侮辱的な行為や言動、SNS等での発言も絶対に許すことはありません。

これからも浦和レッズの理念、差別撲滅宣言、SDGsのビジョン、提携する国連の友アジア―パシフィックと共に策定した差別撲滅に向けたアクションプログラム(行動計画)に基づき、浦和レッズは継続して、差別撲滅に向けて取り組み続けていきます。

ソース/スポニチアネックス
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2020/09/21/kiji/20200921s00002179415000c.html

川崎がSNSでの差別・偏見にあたる投稿について声明を発表「絶対に許容しません」 

スクリーンショット 2020-09-21 21.55.48




1: 2020/09/21(月) 20:01:06.64 _USER9
川崎は21日、SNSにおける差別的な表現や偏見、誹謗(ひぼう)中傷にあたる投稿について断固反対する声明を発表した。「川崎フロンターレは、差別、偏見、誹謗中傷にあたる行為は絶対に許容しません」と声明を出した。

 20日の浦和戦後に、SNS上で実在の川崎サポーターになりすましたアカウントで、浦和所属選手に対する差別的な投稿が発覚。「今回の差別、偏見、誹謗中傷となりうる表現や投稿については、Jリーグ統一禁止事項、並びに社会通念に照らし合わせても、他者になりすまし、実在のユーザーが発言したかのように見せかけ投稿する行為そのものとあわせ、弁解の余地はなく、断罪されるべきであると考えます」と強調した。

 さらに「私たち自身も被害者の立場として、様々な皆様との関係に悪影響を及ぼし、弊クラブの信用失墜にもつながることから、これ以上の被害の拡大を防止するためにも、注意喚起だけではなく直接的、具体的な対応が必要であると考え、適切な方針を提案してもらうべく、顧問契約を結んでいる弁護士事務所と具体的な調整に入りました」とクラブ全体で被害の拡大防止に取り組むとした。

 また、SNS上で今回のような書き込み等を見つけた場合は、スクリーンショット機能などを使い、早期の証拠保全に協力して欲しいと呼びかけた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d4b8a1aa871286eb636b372e5b051c455a476612

関連
【サッカー】浦和レッズが差別的、誹謗中傷的な投稿について声明「絶対に許すことはありません」 #さくら [あずささん★]
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1600684345/

<栃木エスクデロ競飛王>警察に抗議「見た目が外国人というだけで差別はやめてほしい」13年前から日本国籍… 

1: 2020/09/03(木) 22:17:03.77 _USER9
栃木SC所属のFWエスクデロ競飛王が3日、自身の公式Twitter(@chacarita151)を更新し、日本国内の警察当局に抗議した。

競飛王は2度の投稿で抗議の意を表明。1つ目はスペイン語で「日本の警察は差別的です。私は日本国籍を持っていて、日本語を勉強しています。
彼らは私が外国人だからといって、足を止めさせて合法かどうかを確かめてきます。このことを書きたくはありませんが、このことが変わってほしいです。ありがとう」と記した。

また続いて日本語で「血は日本人じゃないかもしれないけど、中学2年から日本に居て海外行ったりしたけど、両親も姉もみんな日本で生活して日本が大好きです。
僕も日本が大好きです」と吐露。「本当見た目とか外国人っていうだけで差別はやめてほしいです」と訴えている。

スペイン出身の競飛王は父親が浦和レッズの選手だった縁で幼少期に来日。一時はアルゼンチンに帰国したが、中学時代に再び日本を訪れ、柏レイソルと浦和の育成組織で育った。
2005年には浦和のトップチームに昇格し、07年には日本国籍を取得。世代別の日本代表にも選ばれた実績を持つ。

12年の浦和退団後は韓国のFCソウル、中国の江蘇蘇寧でプレーした後、16年から再びJリーグ入り。19年まで京都サンガF.C.に在籍し、今季から栃木に加入している。

9/3(木) 22:08配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/b8db2dd9be4b6e2ff10dbbf8ab3eb24ce07f3e89

写真
no title

<田嶋幸三>「今、最前線で闘っているのは医療従事者。彼らや家族が差別や偏見に苦しんでいると聞く。あってはならない」 

kyodo_kd-newspack-2020041101001839_0-enlarge




1: 2020/04/11(土) 17:21:44.47
新型コロナウイルス感染から復帰した日本サッカー協会の田嶋幸三会長がウェブ上でインタビューに応じ、

医療従事者が差別や偏見に苦しむ現状への憤りを口にした。経験から感じ取ったウイルスの恐ろしさ、在宅勤務の重要性も語った。

「今、見えない敵と最前線で闘っているのは医療従事者。彼らや家族が差別や偏見に苦しんでいると聞く。あってはならないことだ。

欧州では拍手をささげる運動もある。いつもワールドカップ(W杯)予選を戦う日本代表を応援していただいている。

今は彼らが日本代表だ。拍手を送って応援するとともに、物資も含めて最大限の支援をしてもらいたい」

共同通信 / 2020年4月11日 17時5分
https://news.infoseek.co.jp/article/kyodo_kd-newspack-2020041101001839/

<アメリカ代表>男女格差は差別か?正当か?好成績に比べ低報酬の女子...生み出す“お金”の面では男子が凌ぐ 

1: Egg ★ 2019/11/13(水) 08:58:25.76 ID:90wKkEnd9
no title


果たしてスポーツの世界における男女間の賃金・待遇の格差は、差別といえるのだろうか?(写真=Getty Images)

2019年3月、女子サッカー米国代表28選手が、男子代表と同等の賃金や待遇を求めて、米国サッカー連盟(USSF)を相手に訴訟を起こしたと現地メディアで報じられた。「組織的に男女差別を行っている」と連盟を批判した同国代表チームは、ワールドカップで3度の優勝、オリンピックでは4つの金メダルを取り、世界ランキングは堂々1位。対する男子代表はワールドカップで最高ベスト8、世界ランキングは23位。

これだけを見れば、確かに女子代表の言い分は通るようにも見える。果たしてスポーツの世界における男女間の賃金・待遇の格差は、差別といえるのだろうか、それとも――?

国際大会では好成績にもかかわらず、報酬が低い女子代表

2019年5月、米国サッカー連盟は、同国の女子サッカー代表選手たちが「性差別がある」として男子代表と同等の賃金や待遇を求めた訴訟に対し、差別を否定する文書を裁判所に提出した。女子サッカー米国代表は全28選手が原告となり、同一賃金法や差別を禁じる公民権法に違反すると訴えている。この訴えは突然のことではない。女子の代表選手たちは、何年も前から、男子代表と同等の待遇を求めてきた。

AP通信が伝えた訴訟の内容には、男子代表と女子代表の金額差が盛り込まれている。それによると、親善試合を20試合行い全勝したと仮定すると、男子選手の平均年俸が26万3230ドル(約2945万円)、1試合あたりの計算では1万3166ドル(約147万円)になるのに対し、女子は最高額で年俸9万9000ドル(約1107万円)、1試合あたりの計算では4950ドル(約55万円)だという。

ワールドカップにおいては、男子代表が2014年大会でベスト16の成績を収め、チームに対して総額540万ドル(約6億円)のボーナスが与えられた。女子代表は2015年のワールドカップで優勝したが、チームに対して与えられたボーナスの総額は172万ドル(約1億9000万円)だったそうだ。

男子代表と女子代表は米国サッカー連盟と、それぞれ別に協約を結んでいる。給与とボーナスの比重や条件もそれぞれ違うので、単純に比較することはできない。それでも、女子代表は、国際大会で男子よりも好成績を収めているのにもかかわらず、報酬が少ないとはいえるだろう。

代表チームが生み出す“お金”の面では男子代表が女子代表を凌ぐ

訴えられた米国サッカー連盟にも言い分がある。AP通信は、連盟側の弁護士の話をこのように伝えている。2008年から2015年までの試合で、女子代表の試合が5300万ドル(約59億円)を生み出す一方で、男子代表は1億4400万ドル(約161億円)を生み出した。2013年から2015年までのテレビ視聴率も、男子代表は女子代表のおよそ2倍だった。さらに連盟は、女子代表には産休や保育など男子代表にはない福利厚生の条件をつけているとも述べている。

一般的に、ファンが代表やスター選手のゲームにひかれる理由に、スピードや強さなどが他の選手より優れていることが挙げられるだろう。そうした選手が自国を代表して、“自分たちの選手”として戦ってくれるからこそ、ファンは選手やチームそのものに自己投影できる。

男子選手と女子選手でスピードや強さを比較すれば、男子選手がはるかに上回る。女子選手は代表レベルであっても、トップレベルの男子高校生と対戦すれば負けてしまうことが多い。それが、男子の大会ほどに観客を集めたり、放映権料を得ることができず、スポンサーがつかない理由の一つといえるだろう。

この訴訟を報じた米国・日本それぞれのインターネットニュースの読者投稿コメントにも、その点を指摘するものが多かった。

11/13(水) 7:10配信 REALSPORTS
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-00010000-realspo-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索