Samurai Goal

川澄奈穂美


スポンサード リンク





INAC川澄奈穂美が退団「私の実力不足」「情けない半年間」期限付き移籍が満了 

スクリーンショット 2020-12-29 16.50.50

川澄奈穂美、INAC神戸復帰で「とにかくタイトルを」 

スクリーンショット 2020-08-19 9.52.53

元代表・川澄奈穂美 INAC神戸に期限付き移籍 4年ぶり古巣「受け入れてくれて感謝」 

スクリーンショット 2020-08-16 17.12.23

なでしこ川澄がコロナ検査結果を報告「結果は、、、ネガティヴ」 

20200530-43480630-gekisaka-000-2-view

サッカー川澄奈穂美がツイッター社から“認証”され大喜び「これが噂の公式マークなんですね…」 

20200509-00010021-chuspo-000-1-view

川澄奈穂美 4月の行動記録と家計簿の中身は…食費に3万1449円 

20200505-00000127-dal-000-4-view

なでしこ川澄奈穂美 聖火リレー辞退 

20200323-03230077-sph-000-4-view

川澄奈穂美「世界一奪還」へ!「なでしこ復帰」に燃える「世代交代」この言葉嫌いです。 

1: Egg ★ 2020/02/07(金) 16:16:18.82 ID:OnZvVCqH9
no title



“シンデレラガール”の川澄が東京五輪に向けて現在の心境を語った
【「令和」に刻む東京五輪 気になる人をインタビュー】日本国民に勇気と感動を与えたサッカーの2011年ドイツ女子W杯優勝から8年半。日本のミラクルVに貢献したMF川澄奈穂美(34=スカイ・ブルー)が本紙連載「『令和』に刻む東京五輪」に登場だ。数々のインパクトあるプレーを見せてきた美人アタッカーは、世界一奪還のかかる東京五輪出場を熱望。昨年のフランス女子W杯でのなでしこジャパンについて熱弁を振るうとともに“レジェンド”へのおねだりや、ラグビー日本代表メンバーとの意外な接点も語ってくれた。

 ――昨季からスカイ・ブルーでプレー

 川澄:シアトル(2018年まで在籍したレインの本拠地)にいたい気持ちもありましたが、監督が代わってサッカーも変わって、どれだけ試合に絡めるかというなかで、スカイ・ブルーの獲得意思と私の思いが合致したので思い切って移籍しました。

 ――東京五輪が迫る

 川澄:すごく出たいと思っています。そのためには自チームでやるしかない。スカイ・ブルーでは中盤やサイドで使われることが多く、ボールをさばいたり、受けてというプレーが増えたのも事実。日本ではアタッカーでガンガンやるタイプでしたけど、新しいチャレンジを楽しんでいます。もし(代表に)選んでいただいたら、柔軟に対応できると思います。

 ――なでしこジャパンは世代交代が進む

 川澄:私自身は「世代交代」という言葉が嫌いで代表には必要ではなく、戦えて、うまい選手が入るだけ。もちろん、監督にしかわかりませんが、今の日本代表も世代交代をしたからではなく、一番戦えるメンバーを集めた結果。なので年を重ねてもいい選手であれば、そこに入っていけると思っています。

 ――昨年のフランスW杯で日本は16強敗退

 川澄:自分は行っていない人間なので、負け惜しみに聞こえちゃうけど、外から見て感じたことはあります。世界大会になると強いチームが出している雰囲気があって、それは微妙な日々の生活の小さな積み重ね。世界を知る選手が、その雰囲気を引き出せれば、一番良かったんでしょうけど、それがうまくかみ合わなかった印象です。やっぱり世界大会になると頑張るだけではなく、もう1~2個必要なものが増えてくる気がします。

 ――ドイツW杯優勝時にあった雰囲気か

 川澄:自分が何かをやったのではありませんが、11年、15年(カナダW杯)を経験させてもらったとき、経験のある選手たちがピッチ内外でそういうこと(雰囲気づくり)をやってくれたので、自分もうまく戦いに入れたと思います。

 ――11年は大会中に急成長した

 川澄:自分では何か変わった感覚はなくて、スタート(先発)じゃないと言われても常にいける準備をしていましたし、そこを評価されて、たまたま(準決勝スウェーデン戦の)スタメンに抜てきされて結果(2得点)を出しただけ。でも、あのチームはたとえ私でなくて、他の選手でもチームとして結果を出せたと素直に思います。

2/7(金) 11:00配信 東スポ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200207-01725684-tospoweb-socc

川澄、8強国が欧州7(前回3)、北中米1(前回2)、アジア0(前回3)だったことに「アジア枠、減らないといいな」  

news_278062_1[1]




1: ラッコ ★ 2019/06/26(水) 20:46:14.55 ID:LCTmDVUS9
ベスト8揃いました
2019-06-26

こんにちは。今朝、ドドド~ンドンッという、雷の音で目が覚めました。またすぐに寝ましたzzz
練習時間にはすっかり雨も止み、ジメジメしていました。オフ明けに練習とジムをみっちりやってきました。

●今日のW杯●
イタリア 2-0 中国
この試合の前半はジムをしながらチラチラ観て(こら、ジムに集中しろ)、後半途中からお家で観戦。
前半はボール保持率:イタリア49%、中国51%、シュート数:イタリア7本、中国7本 と互角の内容。
前半15分 とても良い時間にイタリアが先制。前半途中からは中国がボールを持つ時間が多いように感じました。
後半49分、これまたとても良い時間帯にイタリアが追加点を挙げます。
予選から圧倒的にボールを保持して試合を進めているわけではないイタリアにとって、このリードは気持ち的にもかなり有利な状況だと思います。
まず1点を返したい中国。ボールを繋いだり、サイドから仕掛けたり、相手ゴールに迫る場面は多かったです。
中国は試合を通じてCKを9本も取りましたが(CK:イタリア0本)、ゴールは遠くイタリアがベスト8進出を決めました。
ボール保持率:イタリア49%、中国51%、シュート数:イタリア16本、中国20本でした。

オランダ 2-1 日本
前半開始すぐは日本がボールを保持しそうな雰囲気がありましたが、徐々にオランダのペースになります。
前半17分 CKからオランダが先制します。直後、日本はポストに当たる惜しいシュート。オランダはゆっくりボールを回しながら、
攻撃のスイッチを入れると相手ゴール前まで行くのが速いです。前半43分 ボールを繋いで日本が同点ゴールを決めます。
後半は一進一退の攻防が続きます。後半78分、日本は立て続けに、バーに当たるシュート、キーパーの好セーブに阻まれる決定機がありました。
後半90分 日本がハンドによるPKを取られ、オランダがこれをしっかりと決めます。ロスタイムは5分ありましたが日本は追いつくことができず、オランダがベスト8進出を決めました。
ボール保持率:オランダ55%、日本45%、シュート数:オランダ12本、日本12本でした。

これでベスト8のチームが全て揃いました!!
なんと8チーム中7チームがヨーロッパで、1チームがアメリカ。
アジアは5チーム出場して2チーム(韓国、タイ)が予選敗退(しかも全敗)、3チーム(オーストラリア、中国、日本)がベスト16。
アジア枠、、、減らされないといいな、、、と思う反面、、、(以下、略)

ヨーロッパの国はこのW杯が来年の東京五輪の予選でもあります。W杯の成績で東京五輪の出場チームが決まるということです。
2011年、ドイツはベスト8で日本に負けて地元でのW杯3連覇の夢が消えたと同時に、翌年のロンドン五輪出場権も獲得できませんでした、、
今回のW杯、もちろんみんな“W杯”を戦っていますが、ヨーロッパのチームからすると五輪予選を戦っているということでもあります。
そう思うと、どのチームも色々なことを賭けて戦っているわけですから必死ですよね(ヨーロッパに限らずね)。

そういえば、予選から今日まで44試合消化されましたが、逆点勝ちはたったの3試合。先制点大事すぎる件について。

ここから更に激しい潰し合いが始まります。
ベスト8は、ノルウェー vs イングランド、??????????フランス vs アメリカ、イタリア vs オランダ、ドイツ vs スウェーデン。
アメリカよ、ヨーロッパのチームを蹴散らしまくってくれ(私情満載)。

明日はW杯お休み日ですが、早いものでW杯も残り8試合。

うーそーでーしょー
もう淋しい

残り8試合もイイモノ魅せてください

(以下略)

川澄奈穂美オフィシャルブログ「ROAD RUNNER」Powered by Ameba
https://ameblo.jp/nahomi-kawasumi/entry-12486352171.html

<関連スレ>
【サッカー】なでしこ、オランダに敗れW杯敗退 女子ワールドカップ★5
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1561522085/
【サッカー】<なでしこジャパン>オランダに1-2敗戦...終了間際にPKで失点、3大会連続のW杯8強進出を逃す
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1561496230/

>>2-5あたりに、関連データ)

【ハイライト動画】米移籍の川澄奈穂美、シアトル・レイン復帰初戦…あいさつがわりの2ゴール! 

1: 名無しさん 2016/07/03(日) 16:09:08.09 ID:CAP_USER9
◆米女子サッカーNWSL シアトル・レイン2-0ボストン・ブレーカーズ(2日、米ワシントン州シアトル)

 INAC神戸から完全移籍で米女子リーグNWSLのシアトル・レインに復帰した元日本代表FW川澄奈穂美(30)が2日、ボストン・ブレーカーズ戦に先発で出場。2ゴールを決め、勝利の立役者となった。

 3トップの右ウィングで先発した川澄は前半14分、右サイドバックにスルーパスを出し、ゴール前へ進出。クロスが相手に当たったこぼれ球をダイレクトで蹴りこみ、復帰ゴールを決めた。

後半17分にはゴール正面やや右でボールを受けると、相手DFのマークをたくみに交わし、左足でシュート。GKの指先をわずかにかすめてゴールネットを揺らした。

 川澄はシアトルで14年3月から半年間、期限付き移籍でプレーし9ゴール5アシストと活躍。チームの躍進に大きく貢献した。

 同じシアトルを拠点にする女子プロバスケットボールのシアトル・ストームでプレーする渡嘉敷来夢(25)がスタジアムで生観戦。

川澄とのツーショット写真をインスタグラムに投稿し「シアトルに日本人アスリートが増えました。いやっ、帰ってきました。デビュー戦で2得点。かっこ良かったなぁ~。自分のモチベーションも上がります。また見に行こうっと」と大いに刺激を受けた様子だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160703-00000138-sph-socc
no title


動画
https://m.youtube.com/watch?v=5fkWboVeDf8

NWSL公式
http://nwslsoccer.com




ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索