Samurai Goal

川淵三郎


スポンサード リンク





<川淵三郎氏><東京五輪の無観客開催案に疑問!>「無観客で日本で五輪をやってどういう意味があるの?」 

1: 2020/07/05(日) 16:37:31.67
写真
no title


団体球技のリーグで構成する日本トップリーグ連携機構の川淵三郎会長が5日放送のフジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」(日曜・前7時半)に生出演した。

 番組では、明治安田生命J1リーグが4日、新型コロナウイルスによる中断から約4か月ぶりに無観客試合のリモートマッチで再開したことを伝えた。10日から最大5000人の観客をいれる予定となっている。

 さらに、Jリーグの再開が来年に延期された東京五輪への影響について「基本的に五輪は最悪の場合、無観客でもいいと言ってますけど、無観客で日本で五輪をやってどういう意味があるの?って僕は率直にそう思います」と指摘した。

 続けて「だって、無観客なら別にどこの国で五輪やったって日本の国民からすれば、テレビ見てれば同じです。やはり生で見る興奮と感動は、言ってみればテレビから得られるものとは月とすっぽんぐらいの違いがあります」とコメントした。

 その意味でJリーグが10日から5000人の観客を入れて行う事を「それを成功させて、Jリーグとしては感染しないようにいろんな準備をすると思います。しかし絶対に0で収められるかってそうはいかない。そこまでシビアに考え必要ないと思います」とし「次は50%というと、浦和レッズなんかで言えば3万人入れていいってことになりますから。

徐々に成功させていけば、東京五輪に直接つながるんで、東京五輪を成功させるためにも、東京五輪を多くの観客を動員させるためにもJリーグの観客動員による試合がいい方向にいくようにJリーグも努力していくと思います」とコメントしていた。

7/5(日) 9:05 スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/8974d44becf0989910a834809abca858270f92ae

<あのときの一言>「オシムって言っちゃったねえ」 

1: 2020/05/21(木) 16:25:27.84
<サッカー、あのときの一言~21>

名場面に名言あり。サッカー界で語り継がれる記憶に残る言葉の数々。「あの監督の、あの選手の、あの場面」をセレクトし、振り返ります。

「オシムって言っちゃったねえ」。06年W杯ドイツ大会から帰国したその足で行われた総括会見で、疲労マックスの(?)川淵三郎会長は口を滑らせた。後任監督の五輪代表との関わり方を問われたときだった。「(五輪代表)監督はあくまで反町。スーパーバイザー的な立場、総監督として『オシム』が…あっ、オシムって言っちゃったねえ」。交渉中だった当時J1のジェフユナイテッド市原・千葉監督の名前を、うっかり漏らしてしまった。

その後会長は「うそをついて取り消すのも…。どうするかねえ」と取り乱し、会見は一時中断。千葉の社長に電話で謝罪するなどして、約10分後に再登壇した際には「広報部長から『史上最大の失言』と言われた」としょんぼりしていたという。とはいえ、困り顔で「聞かなかったことにはならないだろうねえ」と話す会長に、会場の報道陣からは笑いが漏れた。世間から好意的に受け取られたのも、本人の人柄ゆえかもしれない。

5/21(木) 16:00 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/fa7084d52c7845375737b4f7d74f0e6f1b279c9c

写真
no title

川淵三郎氏「日本人は自粛であっても実行できる」かつて話題のチアホーンで例に 

20200412-00000041-dal-000-2-view

川淵三郎氏、コロナ感染の友人が死去「怒りのやり場がない」 

20200410-00000075-dal-000-2-view




1: 2020/04/10(金) 14:52:48.74
4/10(金) 14:41配信
デイリースポーツ

 Jリーグ初代チェアマンの川淵三郎氏(83)が10日、ツイッターを更新。新型コロナウイルスの感染で友人が亡くなったことを伝えた。

 川淵氏は「30年来の親しい友人がコロナウイルスで亡くなった。余りにも身近で同年代だけに悲しみよりも怒りのやり場がない」とやりきれない思いを吐露。新型コロナは急速に悪化する場合があることも伝えられているが、「入院してから二週間で旅立ってしまったとの事」とした。

 また、感染力の強さから家族でも見舞いや葬儀ができない状況。「志村けんさんの話から想像して一番辛いと思うのはご家族は見舞いにも臨終にも立ち会えない事。入院中の本人もそれが最も辛かったのでは」と思いやった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200410-00000075-dal-socc

日本サッカー協会 川淵三郎、センバツ無観客開催検討で特別扱いの「野球だけ特別扱いして怪しからん」に 

20200305hochi127_0-enlarge[1]




1: 2020/03/05(木) 16:57:01.86
 Jリーグ初代チェアマンで日本サッカー協会相談役の川淵三郎氏(83)が5日、自身のツイッターを更新。第92回センバツ高校野球大会(19日から13日間・甲子園)が無観客で開催する方向で、11日に再度会議することが決まったことに、改めて見解を示した。
 新型コロナウイルスの感染拡大のため、高校スポーツの中止が相次いでおり、センバツの無観客開催に賛否の声が起こっている。
 これに川淵氏は「無観客試合は野球だけ特別扱いして怪しからんという声があります。でもこの閉塞感のある社会を元気付けることができるのはスポーツであり音楽です。それらは人間が生きていく上において必要な勇気、希望、感動を与えてくれます。病に打ち勝つ為の免疫性を高めてくれます。勇気ある決断を希望します」と決断を支持した。
 川淵氏は4日にも「センバツ高校野球、取り敢えず無観客試合であっても決行となって本当に良かった良かった」などとツイートしている
https://news.infoseek.co.jp/article/20200305hochi127/

静岡学園の劇的優勝に川淵三郎氏も感嘆、「昨日の五輪代表戦のストレスを解消して貰った」 

news_295906_1




1: あっあっ豚汁うどん ★ 2020/01/13(月) 17:00:06.52 ID:o8ZGpz879
静岡学園の劇的優勝に川淵三郎氏も感嘆、「昨日の五輪代表戦のストレスを解消して貰った」
20/1/13 16:28

Jリーグ初代チェアマンで日本トップリーグ連携機構会長の川淵三郎氏が13日、自身のツイッター(@jtl_President)を更新し、
第98回全国高校サッカー選手権大会決勝について言及した。

決勝では静岡学園高と青森山田高が対戦。青森山田が前半11分、33分と得点を挙げるも、その後は静岡学園が大反撃に出る。
前半終了間際に1点を返すと後半16分、40分にゴールを重ね、3-2で大逆転勝利。24年ぶりの頂点に、そして初の単独優勝を成し遂げた。

川淵氏は「高校サッカーの素晴らしい試合を見せて貰ったお陰で昨日のオリンピック代表戦のストレスを解消して貰った」と
昨夜のU-23日本代表対U-23シリア代表(●1-2)に触れる。
「静岡学園の2点ビハインドからの逆転勝利。慌ててパスをしない一人一人のボールキープ力。見事としか表現できない。
青森山田も死力を尽くして最後まで良く戦った。本当に感動の試合を有難う!!」と両校の選手たちを称賛した。

また、準優勝となった青森山田については「表彰式の時、準優勝の青森山田の選手たちが気をつけの姿勢で
静岡学園の選手たちを見守っていたのが印象的。何か胸を打たれた。有難う青森山田高校の選手たち!!」とねぎらっている。


https://web.gekisaka.jp/news/detail/?295906-295906-fl

「みっともないことするなよ」日韓W杯で韓国に思ったこと――川淵三郎が語る「反日種族主義」 

images




1: シコリアン ★ 2019/12/30(月) 13:12:33.90 ID:rjKoY0zS9
週刊文春 2019年12月19日号
https://bunshun.jp/articles/-/22033
https://bunshun.jp/articles/-/22033?page=2

次のページ

◆日韓W杯で「えっ」と驚く経験

 韓国の方々は、対日本となると冷静ではいられない面があるのは事実でしょう。私も日韓ワールドカップ共催のときに「えっ」と驚く経験をしました。

 大会の呼称問題です。本来はアルファベット順で「JAPAN・KOREA」のはずが、韓国側が難色を示した。そこでW杯組織委員長のヨハンソンから「決勝は日本で行う代わりに、韓国・日本の順でもいいか」と打診があり、私たちは受け入れた。だが、鄭夢準(チ〇ンモンジュン)韓国サッカー協会会長は「日本から勝ち取った」と名称のことだけ宣伝した。みっともないことをするんじゃないよ、と思ったものです。

『反日種族主義』の出版には、ことによっては身に危険がふりかかるかもしれず、大変な勇気が必要だったでしょう。でも、歴史認識の誤りを放置しておいたら、韓国は衰退していってしまうのではないか。そう考えた見識ある著者の方々の叫びが本書には詰まっている。日本にとっても、これ程ありがたい歴史書はない。

 私は孫にも渡しました。ぜひ大勢の方に読んで欲しい。100万部、行ってもらいたいね。

【悲報】Jリーグ産みの親の川渕三郎「サッカーはラグビーを見習って痛いンゴすんな審判には従え」  

images




1: 風吹けば名無し 2019/09/30(月) 13:20:08.55 ID:6hr63psAd
川淵三郎(日本トップリーグ連携機構会長)
@jtl_President
今朝の日経新聞カズのコラムを見てラグビーワールドカップからJリーガー全員が同じように感じ取ってくれたら本当に嬉しいのにと思った。
あれだけ激しくぶつかり合っても判定に文句を言わない。少々のタックルでも痛がらない。審判に文句を言うな、すぐ痛がって長く寝そべるなと言い続けて来ただけに。
午前11:34 · 2019年9月27日·Twitter for iPhone
https://twitter.com/jtl_President/status/1177411033662513153?s=20
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

偶然レストランで遭遇…浦和選手の行動に川淵三郎氏が感銘「家族全員ファンになった」 

20190808-43470261-gekisaka-000-2-view[1]

Jリーグ初代チェアマンの川渕三郎氏 播戸の現役引退を“フライング発表” 播戸は「整理しているところ」 

1: Egg ★ 2019/07/16(火) 23:50:18.31 ID:OxHwD9Am9
Jリーグ初代チェアマンの川渕三郎氏(82)が、自身のツイッターで元日本代表FW播戸竜二(39)が現役引退の意向を持っていることを明かした。

16日に播戸と会食した川渕氏は、2ショット写真の掲載とともに「迷いがあったようだけど現役引退を決意した様子」とつぶやいた。
川渕氏はかつて日本サッカー協会会長を務めていた06年、正式発表を前に当時ジェフ市原・千葉を率いていたオシム監督の日本代表監督就任を示唆。
今回も播戸本人が発表する前に、思わぬ“フライング発表”となった。

一方、スポーツ報知の取材に応じた播戸は「今はまだ、自分の方向性を整理しているところです。川渕さんからはいろいろアドバイスをいただき、感謝しています」とコメントした。
G大阪、神戸などでプレーし、J通算109ゴールを挙げた播戸は、昨季限りでJ3琉球を退団して無所属に。現役続行の意向を持ったまま、解説者などの仕事も行っていた。

7/16(火) 23:28配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-00000287-sph-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索