Samurai Goal

川崎フロンターレ


スポンサード リンク





神戸リージョ監督、川崎Fは「殴り合ってはいけない相手」イニエスタ「質の高い選手が揃っている」 

1: 2018/10/21(日) 11:02:35.45 _USER9
<明治安田生命J1:川崎F5-3神戸>◇第30節◇20日◇等々力

ファン・マヌエル・リージョ監督(52)は、首位の川崎フロンターレに一時は2点差をつけながら、後半20分から3連続失点を喫し、日本での采配2戦目で初黒星を喫した
試合後は「1試合で3点取って、勝てないのは非常に厳しい。殴り合いの試合となったが、リーグの中でやってはいけない相手と、そうなってしまった」と悔しさをあらわにした。

リージョ監督は会見で「川崎Fは順位的にいいシーズンを過ごしている。どれだけ相手にとって、ゴールから遠いところでボールを持つ状況を作るか、やれることを構築して臨むのがゲームプランだった」と説明した。
そして「立ち上がりは、チームとしては非常に良く入ることが出来た。前半から70分までは、我々のゴールの遠いところでボールを奪えた。3-1まで盛り返してくれたのも、それを証明するだろう。
ただ、決していいシーズンを過ごしていない中、勝っている状態で2点目を失ったのが難しくした」と振り返った。

その上で「自分のゴールより遠いところでプレーする」という自らのコンセプトを実現するためには「それなりに多くのボール、パスを回さなければいけない」と説明。
「どうやって体力をマネジメントするかの難しさが出た。70分くらいまではボールを支配することで、ゴールを守る方法は達成できた。
ただ、やはりそれに値するゴールという結果が伴わないと、フラストレーションがたまっている中、プレーしているのでプレーの低下につながる」と敗因を分析した。

質疑応答で「目指しているサッカーの、どの程度までいっているか」と質問が飛ぶと、リージョ監督は「例えば、1度100に到達しないと、そこからの距離を測るのは難しい、
成長しているとは思うが、どの程度までいったかを判断するのは難しい」と語った。

17年のJ1王者・川崎Fの印象を聞かれると「当然、私たちを上回った対戦相手であることは理解していた。足元もいい選手が多い。
両サイドバックが高い位置でプレーできるのは、そういう選手がそろっているから。インサイドハーフが中のポジションに入り、2トップと上がったサイドバックが、どのポジションでプレーできるかを考えることが出来ていた。
中村(憲剛)や大島(僚太)から、サイドを切り崩す選手にいいボールがいくことは把握していた」と相手の能力の高さをたたえた。

その上で「アンドレス(イニエスタ)も長く走り、三田(啓貴)もマークのズレがあり、古橋(亨梧)を下げるなど変化の必要に強いられた。そういった状況の中で2点目を取られ、試合全体の体力のマネジメントできず、
どちらかというと殴り合いの試合となったが、リーグの中でやってはいけない相手と、そうなってしまった。エンドラインまでかなり深く切り込めるチーム、走り続けることが出来るチームと、そういう展開になってしまったのは残念」と悔しさをにじませた。

今後については「唯一出来るのは続けていくこと。精度を高めたい」と語った。【村上幸将】

10/21(日) 0:30配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00367933-nksports-socc&pos=4

写真
no title


つづく

川崎F小林がPK失敗で痛恨ドロー…鹿島はGKクォン・スンテが神セーブ連発 

kashimakawasaki

【サッカー】<川崎フロンターレ>6カ月ぶり首位浮上! 長崎に2-1勝利、最大勝ち点13差追いつきJ1連覇へ前進  

20171203-00000001-




1: 2018/09/29(土) 21:01:29.17 _USER9
川崎フロンターレは29日のJ1リーグ第28節で、リーグ最下位に沈むV・ファーレン長崎を2-1で破った。FW知念慶とFW小林悠の2トップ揃い踏みで勝ち点を56に伸ばし、得失点差でサンフレッチェ広島を上回って約6カ月ぶりの首位に立った。

【動画】15試合ぶりのスタメン起用に応える一撃! 川崎FW知念慶の貴重な先制弾

 前節の湘南戦でスコアレスドローに終わった川崎は、2年目の知念を15試合ぶりにスタメン起用して小林と2トップを形成。前半14分にMF中村憲剛のミドルシュートを合図に一気に攻撃のギアを上げる。前半32分、ペナルティーエリア右からのDFエウシーニョの折り返しに小林が合わせたスライディングシュートは右ポストに嫌われたが、直後のCKで小林が逸らしたボールをゴール前でフリーの知念が押し込んで先制点を奪った。

 さらに、前半41分には中村のスルーパスに左サイドを抜け出したMF登里享平がマイナスの折り返しを供給。これに反応したMF家長昭博の左足ミドルは相手GKにセーブされたが、ゴール前の小林が抜け目なく押し込んで追加点を挙げた。

 追加点を狙った後半は長崎に攻め込まれる時間も多くなり、後半アディショナルタイムにFWファンマにゴールを許したが、2-1と2試合ぶりの勝利を飾った。

 川崎は第14節終了時点で広島に最大勝ち点13差をつけられていたが、ライバルがリーグ戦3試合連続白星なしの間に一気に追いつき、得失点差で上回って3月18日の第4節以来となる首位に立った。昨季に続くJ1連覇に向けて、一歩前進したと言っていいだろう。

9/29(土) 20:54配信 フットボールZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180929-00138269-soccermzw-socc

川崎Fがついに首位浮上!!広島は半年ぶりに陥落…小林悠1G1Aで長崎を破る 

 nagasakikawasakijpg_tjq1w2kdwiv91h1ip1leqs7tk

<川崎フロンターレが突入した「黄金のサイクル」>攻守の“隙のなさ”と緻密な未来への投資 

1: 2018/09/25(火) 23:44:21.63 _USER9
札幌戦の反省を生かし、名古屋戦で見せた攻守に隙のない試合

no title


 川崎フロンターレは黄金のサイクルに入って来たのかもしれない。

 第26節の北海道コンサドーレ札幌戦は、結果的に7-0で大勝したものの、「何点入れられてもおかしくない立ち上がりだった」(鬼木達監督)と、反省材料も少なくなかった。だが翌第27節の名古屋グランパス戦(3-1)は、指揮官が「攻撃から守備への切り替えを強調して入った」と言うとおりに、ハイプレスで相手のビルドアップの起点を潰し、隙のない試合を貫いた。

 とりわけ川崎が徹底してプレッシャーをかけ続けたのが、名古屋のMFエドゥアルド・ネットだった。4バックの名古屋は、二人のCBの間にエドゥアルド・ネットが下りてビルドアップの起点となる。思い出すのは春のサンフレッチェ広島戦で、敵将の城福浩監督が当時川崎の中軸だったネットについて明かした言葉だ。

「ネットはストロングポイントだが、それはウィークポイントにもなりうる」

 川崎はトップ下の中村憲剛を中心に、家長昭博らもファウルも辞さない厳しいチャージを続けてミスを誘った。とりわけ中村は容赦ない当たりで、足を蹴られたエドゥアルド・ネットが痛がっても、見向きもせずにプレーを続けた。後半が始まると、名古屋はエドゥアルド・ネットの代わりに、もう一人のボランチ小林裕紀が下りるようになったほどだった。

 ややもたついた頃の川崎は、ポゼッションでは上回っても、下がった相手にスペースを消され、得点機も小林悠ばかり集中した。小林は一貫して良質なパフォーマンスを続けてきたが、反面簡単なチャンスを逃すことも多く、それがそのままチームの勝敗を左右した。

 しかし名古屋戦の途中からは、前線の守備が著しく機能し、その分だけ速い押し上げもできて数的優位を築けている。

 例えば、試合を決定づけた3点目もCKからの流れだったとはいえ相手のクリアボールを拾うと、素早くつなぎ中村が左からクロス。ペナルティーエリア内でCBの谷口彰悟が頭で落とし、そこに左SBの車屋紳太郎が走り込み、小林のゴールをアシストしている。要するにディフェンスラインの二人がボックス内に侵入し、フリーで仕事をしたわけだ。

つづく

9/25(火) 20:31 フットボールZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180925-00137522-soccermzw-socc&p=1

川崎フロンターレ“総額338万”北海道地震支援で募金活動!! 

team_kawasakif




1: 2018/09/21(金) 00:09:30.66 _USER9
J1の川崎は20日、15日の札幌戦(等々力)で実施した「平成30年北海道胆振(いぶり)東部地震」災害に対する「Jリーグ TEAM AS ONE」募金活動の寄付金・募金総額が338万8562円となったと発表した。

 札幌戦では川崎の選手会と札幌の選手会が合同で募金活動を実施。両チームの募金活で214万1790円、募金箱や北海道七飯(ななえ)町物産展・グッズ販売収益金などで24万6772円が集まった。また、ユニホームスポンサー契約を締結した株式会社GA technologiesから100万円が義援金として寄付された。

 募金は被災地クラブの札幌が開設した「TEAM AS ONE コンサドーレ平成30年北海道胆振東部地震災害義援金」受付口座を通して被災地に届けられる。

9/20(木) 18:28配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00000127-sph-socc

ブラジル人“大型MF”カイオ・セザール獲得を川崎が正式発表!! 

DSC04245w-640x427
1 2018/08/17(金) 13:08:37.94 _USER9
 川崎フロンターレは17日、トンベンセ(ブラジル)に所属するMFカイオ・セザール(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は18年8月7日から19年1月1日まで。背番号は『44』に決定した。

 クラブの発表によると、カイオ・セザールは足下の技術や展開力、体の幅を生かした懐の深さが特徴の大型MF。ブラジルではボランチ、トップ下、ワイドと、中盤の様々なポジションでプレー。「今季対戦が楽しみなチーム」には「名古屋」を挙げ、「ネットがいるから」と元同僚との対戦を心待ちにしている。

 同選手はクラブを通じて、「川崎フロンターレという素晴らしいクラブでプレーをする機会をいただけたこと、すごく嬉しく思っています。とにかくクラブのため、サポーターの皆さんのために自分は精一杯プレーしますので、皆さんと一緒に成長していけたらいいなと思っています。よろしくお願いします」とコメントを発表した。

以下、プロフィール

●MFカイオ・セザール
Caio Cesar da Silva Silveira
■生年月日
1995年7月27日
■身長/体重
193cm/76kg
■出身地
ブラジル、サンパウロ州
■経歴
ヴィラ・ノヴァFC-アヴァイFC-トンベンセ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-01679303-gekisaka-socc

“トーレスに初ゴールを与えたくない”と意気込む川崎「川崎×鳥栖」試合の行方は? 

1 2018/08/15(水) 12:04:05.20 _USER9
川崎――小林は2試合で3ゴールと好調を維持

J1リーグ22節
川崎フロンターレ - サガン鳥栖
8月15日(水)/19:00/等々力陸上競技場

no title

 
川崎フロンターレ
今季成績(21節終了時):3位 勝点39 12勝3分5敗 29得点・16失点
 
【最新チーム事情】
●3日間の準備期間で1日はオフにし、コンディションの回復を図った。
●小林が好調を維持しているのは頼もしい。
●守備陣はF・トーレスにJ初ゴールを与えたくないと警戒。
 
 
【担当記者の視点】
 2-1で競り勝った清水戦から中3日で迎えるが、試合翌日はオフにし、コンディションの回復を図った。チームは2連勝中と再び上昇気流に乗っており、エースの小林もここ2試合で3ゴールと調子を上げているのは好材料だろう。
 
 一方、守備陣が警戒しているのはやはりF・トーレスで、J初ゴールを奪わせたくないと燃えている。


川崎|今シーズン詳細スタッツ

J1リーグ22節
川崎フロンターレ - サガン鳥栖
8月15日(水)/19:00/等々力陸上競技場
 
サガン鳥栖
今季成績(21試合終了時):16位 勝点15 5勝6分10敗 17得点・24失点
 
【最新チーム事情】
●C大阪戦、浦和戦と連勝。調子を上げている。
●中断明けはセットプレーから2得点も、流れの中でのゴールはいまだなし。
●F・トーレスと金崎の2トップは日に日に連係が良化。
【担当記者の視点】
 C大阪戦に続き、浦和戦でも1-0で勝利し勝点3を積み上げた。順位も自動降格圏を脱して、16位まで浮上。前々節にフィッカデンティ監督が「これで鳥栖の今シーズンの再スタートが切れた」と言うとおり、ここから弾みをつけたい。
 
 ただし2試合ともCKからの得点をあげた一方で、期待されているF・トーレスと金崎のゴールは生まれていない。そろそろ彼らの得点を見たいところだ。前線のクオリティを活かす指揮官の采配にも注目したい。

8/14(火) 21:55配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180814-00045616-sdigestw-socc

“大型外人”190cm23歳カイオ・サセル、ブラジル3部から川崎へ移籍! 

キャプチャ
 J1川崎がブラジル3部のトンベンセからブラジル人MFカイオ・セサル(23)を獲得することが6日、分かった。複数の関係者が明かした。世代別代表の経験はないが、身長190センチを超える長身MFで、トップ下や左サイドを主戦場とするゲームメーカー。7日の練習から合流する予定で、今週中に選手登録する。

 川崎はロシアW杯の中断期間中にFW大久保嘉人がJ1磐田へ、MFエドゥアルドネットがJ1名古屋へ完全移籍。今月17日の移籍登録期限前に獲得を決めた模様だ。

 長身ながら足元の技術は抜群。スルーパスはもちろん、自らがパスを出した後に前線へ飛び出していく動きも秀逸。ボール支配率を高めて多彩な攻撃を繰り広げる川崎のスタイルにも合う。今夏唯一の獲得選手となる見込みで、23歳と若いため伸びしろにも期待できる。消化試合が1試合少ない現時点で、首位の広島を勝ち点9差で追うチームの“秘密兵器”として期待ができそうだ。

 ◆カイオ・セサル(本名、カイオ・セサル・ダ・シルバ・シルベイラ)1995年7月27日、ブラジル・サンパウロ州生まれ。23歳。ビラノバの下部組織で育ち、2014年にトップデビュー。15年に1部のアヴァイ、18年から3部のトンベンセに移籍した。今季は背番号10をつけ、リーグ戦14試合3得点。193センチ、76キロ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180807-00000053-sph-socc

西城秀樹の訃報に中村憲剛らがコメント「恩返しができれば」 

1   2018/05/17(木) 14:50:42.15 _USER9
昨季、リーグ王者に輝いた川崎フロンターレは、川崎市在住で歌手の西城秀樹さんとの縁が深く、突然の悲報に驚きと悲しみに包まれた。
川崎Fは00年から7月にホーム・等々力競技場で「川崎市制記念試合」を開催しており、西城さんは00年の
「川崎フロンターレ-川崎ヴェルディ」の試合でハーフタイムにスタジアムを1周しながらヒット曲「YMCA」を歌った。
04年からはほぼ毎年、西城さんが「市制記念試合」に登場し、サポーターも一緒に踊りながら盛り上がっていた。
昨季も、体調が万全ではないにもかかわらず、豪雨の中の「川崎フロンターレ-ジュビロ磐田」の試合に登場していた。

 MF中村憲剛(37)は「びっくりしました。フロンターレのイベントでとてもお世話になっていた。スタジアムが満員になる前から、
市制記念試合ではほぼやっていただいて、Jリーグの中でも夏の風物詩のようになっていた。
あの空間でYMCAでみんなで巻き込むパワーがすごくあった。いつも、どんなときも来てくださって。
ショックですし寂しい。ご冥福をお祈りしたいです」と言葉を詰まらせた。DF車屋紳太郎(26)は「自分が加入する前から、
フロンターレを盛り上げてくれた方。連覇という形で恩返しができれば」と話した。

日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00211259-nksports-ent
16年7月13日、川崎F対新潟 ハーフタイムショーで脳梗塞を患いリハビリ中の西城秀樹さんがオープンカーに乗って「ヤングマン」を歌って場内1周する
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索