Samurai Goal

川島永嗣


スポンサード リンク





#川島永嗣、約1年ぶりに“美形夫婦”ショット公開 「奥様めちゃくちゃキレイ」「美人すぎて羨ましい!」と反響 

1: 2020/09/22(火) 16:15:34.32 _USER9 BE:549615442-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
9/22(火) 15:54
ねとらぼ

川島永嗣、約1年ぶりに“美形夫婦”ショット公開 「奥様めちゃくちゃキレイ」「美人すぎて羨ましい!」と反響
オフにランチデート(画像は川島永嗣Instagramから)
 サッカー日本代表でフランスのリーグ・アン「RCストラスブール」に所属している川島永嗣選手が9月22日、デート中の夫婦ショットをInstagramで公開しました。奥さん相変わらずおキレイ!

【画像】長男&妻との3ショット

 「ランチデート」とコメント添えて、レストランのテラス席に座った夫婦ショットをアップした川島選手。先発出場を果たしたチーム開幕戦から約1カ月、「Day off」とこの日はオフを迎えており、川島選手は舌をペロッと出して控えめにおちゃらけ、妻はにこやかな笑顔を浮かべるなど、美男美女の夫婦でゆったりとした時間を過ごしたようです。

 川島選手は2014年に一般女性と結婚し、2015年12月に第1子となる長男、2020年6月には第2子となる長女が誕生。コロナ禍で迎えた第2子誕生の際には、「色んな不安がある中、頑張って出産してくれた妻に心から感謝です」と愛する妻への思いもつづっていました。

 川島さんのInstagramに妻が登場したのは約1年ぶり。ファンからは、「素敵なご夫婦! しかも美男美女!!」「理想の夫婦です」「奥様めちゃくちゃキレイ」「奥様が美人すぎて羨ましいです!」「子供が産まれるとなかなかデートの時間が取れなくなりますよね 大切な時間だと思います 奥様も相変わらずお綺麗」など久々の夫婦ショットに反響が寄せられています。

no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/d1794b454c1a4d1ce7cad98fbd34dfed007fc940

37歳川島永嗣、3番手GKから一気に主役 ストラスブールで出番 

スクリーンショット 2020-08-29 17.43.31

GK川島永嗣に第2子誕生「先日、無事に娘が産まれました」 

20200601-43480668-gekisaka-000-1-view




1: 2020/06/01(月) 10:41:05.37
 ストラスブールに所属するGK川島永嗣(37)は1日、自身のインスタグラム(@eijikawashima01)で第2子となる長女が生まれたことを発表した。

 川島は自身のインスタグラムで「先日、無事に娘が産まれました」と報告。「この難しい状況下の中、母子共に健康に産まれてきてくれた事に本当に感謝です」と語り、「そして、色んな不安がある中、頑張って出産してくれた妻に心から感謝です」とコロナ禍での第2子誕生に喜びを現した。

 小さなトラブルもあったようで「出産中、一番大事なタイミングで、フランス語の通訳間違えてごめんなさい(笑)」と伝えている。

 川島は2014年9月に結婚。15年12月には第1子となる長男が誕生していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ed8a578b1ac185c202c28ca2bb4b5aea8dd8b626

川島永嗣の本音。客観性を欠いた批判の数々にロシアW杯を語る!「人間である以上ミスは必ず起きる」 

1: Egg ★ 2020/01/01(水) 11:52:13.02 ID:8zNQldSs9
2010年の南アフリカ大会から2018年のロシア大会までの3大会、ワールドカップの全試合でゴールマウスを守った川島永嗣選手がW杯ロシア大会直後に語ったインタビューを『新・GK論 10人の証言から読み解く日本型守護神の未来』(田邊雅之著)から、一部抜粋し全4回で公開する。今回は第1回。(取材・文:田邊雅之)

●「(世間を)見返してやろうじゃないですけど…」

──まずW杯ロシア大会の感想から、聞かせていただけますか。

「大会前にいろいろなことがあったので、結果的に良い形で終われたのは、日本サッカー全体にとってすごく良かったと思います。でも、それはあくまでもチームが一丸となって得た結果だし、簡単な作業ではなかったですね」

──実際、西野朗監督になってからは、チームのプレースタイルがかなり変わりました。攻撃に関しては、もう少しボールをキープしていく、あるいはフレキシブルに対応していこうと、選手と監督が議論をしたことが奏功したと報じられています。守備に関してはどうでしょうか? ラインの引き方や役割の受け渡しなどで、アプローチが変わった部分はあったのでしょうか?

「どういうふうにプレッシャーをかけていくかとか、できるだけ90分間引いて守るだけにならないようにするというのは、多く議論をしてきたと思います。そのあたりは実際の大会期間中も、だいぶ議論されたと思いますね」

──GKコーチも実際に変わったわけですが、その影響はありましたか?

「もともと代表の中にいるGKコーチでしたし、守り方に関しては、そこまで大きな変化はなかったと思います」

──どちらかと言うと、継続性のほうが高かった?

「とはいえ、チームというのは監督やスタッフが変わった場合、すぐにすべてが機能し始めるものではないですから。そういう意味では、よくこの短期間でいろいろなことがうまく回っていったと思います。

 ただしグループリーグを突破して、日本サッカーが成し遂げたことがないことを達成しようという決意は、僕たち選手の心の中では一度もぶれなかった。

 おそらく周囲の期待値と僕たち選手が目指していた目標には、どちらにしても差があったと思います。(世間を)見返してやろうじゃないですけど、様々なことが言われていたからこそ、結果を出すんだという気持ちも働いたのかなという感じがしますね」

●「このポジションを選んだ人間の人生の一部」

 個々のレベルで見るならば、気持ちの強さを最も持ち続けた選手の一人が川島だったのは間違いない。大会期間中、川島はメディアの批判に幾度となくさらされている。しかも批判の多くは、客観性を欠くものだったと言わざるを得ない。

 だが川島は毅然として記者会見に登場し、ピッチにも立ち続けた。

──川島選手ご自身のプレーについては、どのように振り返られますか?

「基本的に新しい体制になってからは、自分のパフォーマンスが良かったとは思っていないんです。だから大会前の自分のパフォーマンスが、そういう見方を招いてしまった部分もあると思います。スイス戦やガーナ戦のパフォーマンスが普通だったら、あそこまで言われることもなかったでしょうし。

 GKというポジションは失点と常に隣り合わせだし、相手に点を取られれば、どのみちGKのせいだと言われてしまう。それは当たり前のことだし、このポジションを選んだ人間の人生の一部だと思っています。

 ただし相手に点を取られたからと言って、GKが必ずしもベストなプレーをしていなかったとは限らない。そこはまったく次元の違う話であって、プレーの良し悪しを判断するのは、あくまでも自分の内面的な基準になる。何が本当のミスで、何がミスではなかったかはきちんと把握できています」

──川島選手が定めている「基準」とは?

「自分の場合は試合の中で、最適なプレーを選択できたかどうかを指標にしています。さらに言えば、自分が単純にミスをしたのか、あるいは勇気を持ってトライした結果として、ミスが起きたのかも考えなければならない。

 人間である以上ミスは必ず起きるし、自分がトライした結果としてミスが起きたのであれば、そこは修正していく必要がある。ただし自分が最善を尽くし、ベストなプレーを選択した上でも、どうしても失点を避けられなかったのであれば、気持ちを切り替えていくしかない。GKには『ミス』という言葉だけで、簡単に片付けられない部分もあるんです」

1/1(水) 10:20 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200101-00010002-footballc-socc

写真
no title

川島永嗣「ラグビーとかサッカーとか境目はないと思いますし同じスポーツで日本が盛り上がれば良い」  

1: Egg ★ 2019/10/07(月) 10:19:13.31 ID:V5HBO0Yj9
日本代表GK川島永嗣(36=ストラスブール)が、開催中のラグビーW杯の盛り上がりに刺激を受けた。


7日、22年W杯カタール大会アジア2次予選モンゴル戦(10日、埼玉)とタジキスタン戦(15日、ドゥシャンベ)に向けた日本代表合宿合流のため、羽田空港に帰国。ラグビー日本代表の快進撃に「ラグビーとかサッカーとかっていう境目はないと思いますし、同じスポーツで日本が盛り上がれば良いと思いますし、日本全体がスポーツを通してひとつになっていければいいのかなと思います」と、同じ“日本代表”としてスポーツ界を盛り立てていくことを誓った。

9月は激しいスコールの降るミャンマーで初戦を勝ちきったが、10月はタジキスタンという未知の環境で試合に挑む。「環境の悪い中で、もっともっと自分たちは高いものを目指していきたいと思っています。1つ1つのパスの質、プレーの質をもっと、難しい試合を通して上げていきたいと思います」と、予選を通しての成長を目標に掲げた。

10/7(月) 9:42配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191007-10070160-nksports-socc

写真
no title

川島永嗣、「H&M」アンバサダーに就任!秋の着こなしを披露  

20190924-00982802-soccerk-000-3-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/09/24(火) 20:56:02.94 ID:3mMJlCJB9
 ストラスブールに所属する日本代表GK川島永嗣がファッションブランド「H&M」の日本市場キャンペーンアンバサダーに就任した。

 同社は9月26日から、秋の必須アイテムを揃えたメンズキャンペーンを展開。グローバルキャンペーンのアンバサダーにはユヴェントスに所属するエムレ・ジャンが起用されている他、NFLのクリーブランド・ブラウンズに所属するジャービス・ランドリーが登場する。

 川島は今回のキャンペーンに合わせ、関東近郊の様々な場所でモデルとして撮影しており、「オフの時間を切り取ったような、そんなリラックスしたムードのキャンペーン・ビジュアルが完成しました」と同社も説明している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190924-00982802-soccerk-socc

【サッカー】<Gk川島永嗣(ストラスブール)>料理男子に変身!?包丁片手の“日曜クッキング姿”に大反響  

1: Egg ★ 2019/09/16(月) 12:27:48.04 ID:kyPGKB+C9
no title


9月の代表活動からフランスに戻ったなか、オフに料理をする姿をブログとSNSでアップ
no title


 フランス1部ストラスブールの日本代表GK川島永嗣が、自身の公式インスタグラムを更新。ワールドカップ(W杯)予選に臨んだ日本代表活動から戻ったなか、オフの“クッキングタイム”の模様をアップし、「料理男子」「素敵すぎますよ」と反響を呼んでいる。

【写真】料理男子に変身!? ストラスブールGK川島、包丁片手に“日曜クッキング”姿

 森保一監督率いる日本代表は、5日に日本で国際親善試合パラグアイ戦(2-0)を行い、10日にカタールW杯アジア2次予選初戦でミャンマーと敵地で対戦。MF中島翔哉(ポルト)とMF南野拓実(ザルツブルク)のゴールで2-0と勝利した。

 9月の2試合はGK権田修一(ポルティモネンセ)がゴールマウスを守ったため、川島に出番は回って来なかったが、最年長(36歳)としてメンタル面でチームを支えた。

 再びストラスブールに戻り、フランスでの戦いに身を投じたなか、自身の公式ブログを更新。ミャンマーでの厳しい環境下での練習を振り返りつつ、「W杯への険しい道、この2次予選は特にアウェイでの環境は毎試合過酷な条件になると思う。でも、そんな水浸しなグラウンドでサッカーをする子供達をバスから眺めながら、そしてまだ顔に泥のついているのを感じながら、サッカーの奥深さを感じた」と綴った。

「また厳しい戦いがフランスで待っている。毎日が戦い、そして自分との戦いでもある」

 そう気を引き締めつつ、アップしたのは「オフの料理タイム」の写真だった。笑顔の川島が慣れた手つきで包丁を捌いているが、「Sunday cooking」とひと言添え、同じショットを投稿した公式インスタグラムには、「料理男子」「料理人」「素敵すぎますよ」といった声がファンからあがり、元日本代表MF稲本潤一(SC相模原)も「いいね!」で反応していた。

 今季はまだストラスブールのトップチームで公式戦出場がない川島だが、ここからポジション争いのギアを上げていく。

9/16(月) 11:50 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190916-00217916-soccermzw-socc

サッカー日本代表最大の闇って川島永嗣だよな  

GettyImages-986896714-e1532780217762




1: 風吹けば名無し 2019/09/03(火) 18:34:06.00 ID:9BJdiZkA0
5人の監督が何故かファーストGKに川島を選んでる
あんなにたくさんのGKが居る中でいくら何でも不自然すぎるわ 
しかも最近じゃ森保監督まで川島を選び出した
絶対なんかしらの裏あるやろ

川島永嗣、美人妻との“フランス散歩2ショット”に反響「奥さんめっちゃ美人」 

20190901-00080944-theanswer-000-3-view[1]

今更だけどW杯サッカーで川島のミスがなければベスト8行ってたよな  

2018063000007_1




1: 47の素敵な(東京都) (9段) 2019/08/05(月) 23:07:52.56

セネガル戦は目の前の敵にパンチングして失点、コロンビア戦はなぜかゴールの中で守ってて線の中で抑えて失点、ベルギー戦は敵のふんわりロビングボールを目測誤り失点


何なのこいつ
VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:1000:512: EXT was configured



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索