Samurai Goal

川島永嗣


スポンサード リンク





「日本の弱点はGK」ポーランド紙がGK川島を軽視!! 

キャプチャ
1 2018/06/09(土) 10:26:12.04 _USER9
 8日、日本代表は国際親善試合でスイス代表と対戦し、0-2で敗れた。日本とロシアW杯で戦うポーランドの地元紙『プシェグロンド・スポルトビ』は、「日本のゴールキーパーは彼らの弱点だ」と伝えた。

 5月30日のガーナ戦(0-2)は3-4-2-1で臨んだ日本だが、この試合は4-2-3-1に変更。しかし、前半42分にDFリカルド・ロドリゲスにPKを決められると、後半37分にはFWハリス・セフェロビッチに追加点を許し、完封負けを喫した。

 偉大なGKを何人も輩出してきた“GK大国”ポーランドの地元紙は、日本の敗戦を伝えるとともに、GK川島永嗣のミスについて言及。前半36分、敵陣中央からMFバロン・ベーラミがPA内へロングパスを送ると、飛び出したGK川島がクリアできず、FWマリオ・ガブラノビッチがヘディングシュート。これに反応したFWブレール・エンボロが頭で合わせるが、角度がなく左ポストに助けられた。

 さらに後半30分、カウンターを仕掛けようとMF乾貴士を目掛けて、GK川島が前線のスペースにスローを試みるが、MFシェルダン・シャキリがカット。シャキリの左足シュートはわずかに枠を外れ、事なきを得た。同紙は川島のミスについて、「彼は“ショー”を続けたが、幸運だった」と直接失点につながらなかったが、「日本のゴールキーパーは彼らの弱点だ」と伝えた。

 日本は12日に本番前最後の強化試合でパラグアイ戦と戦う。西野朗監督は試合終了後のインタビューで、「今日のバックアッパーを起用する」と明言したが、正守護神の座は誰が掴むのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-01654815-gekisaka-socc

【疑問】GK川島永嗣をずっと使う理由って何なのか? 

2017-11-15-japan-kawashima-eiji_9nu7cmcgphf51k3twl5uq697e

「科学的には進歩してる」川島永嗣が感じた8年前との共通点とは? 

GettyImages-937461672-730x400
1 2018/06/04(月) 11:38:37.02 _USER9
ロシア・ワールドカップへ臨む日本代表は、3日からオーストリア・ゼーフェルトで事前合宿をスタートさせた。練習後、川島永嗣が取材に応じている。

開幕まで2週間を切ったロシアW杯。コンディション調整のために8日にスイスとの親善試合を控える中、日本代表は欧州合宿で初の本格的な練習を開始した。

守護神の川島永嗣は、限られた時間内で突き詰めていくだけと語った。

「もうここからは決まったメンバーの中で、どれだけ自分たちが結果を残すために突き詰めていけるかって部分だと思う。限られた時間の中でこの素晴らしい環境の中で有効に使っていけるかだと思いますね」

8年前の南アフリカ大会でも、標高の高い場所で直前のトレーニングを行っていた日本代表。川島は当時と共通する部分、そして進歩している部分両方を感じたようだ。

「あの時もこういう感じでしたし、似てると思います。今日はずっとGK別だったんで、そのへんは分からないですけど、準備するに当たってね、いろんなアプローチの仕方があると思うし、今のこのチームになってからいろんな意味でアプローチを変えて、いい状態で選手たちが臨めるようにスタッフの人たちも考えてくれていると思う。そういう意味では、自分たちのコンディションもいい形で持っていけると思うし、しっかりチームのやるべきことをやって、選手一人ひとりがいいコンディションで臨んでいけるのかなと思います」

「(個々のデータとかを細かくチェックして負荷を変えている?)国によって違うと思いますけど、ドイツとかもそうだと思うし、いろんなところでそういうことはやっていると思う。実際に数値の中で疲れを見るのもそうだし、どれだけもっとできるのかもそうだし、いろいろ見えてくる部分っていうのは8年前よりあると思う。そういう意味で、いい意味で科学的には進歩してると思うので、うまく生かしていいコンディションを作っていければいいと思います」

日本代表は、9日にスイスと、12日にパラグアイ親善試合を行った後、19日にいよいよW杯初戦のコロンビア戦に挑む。35歳の守護神は、自分たちの意識をハッキリさせることが重要だと語った。

「もうトレーニングマッチも限られていますし、やっぱり練習でまず自分たちはどれだけやろうとしてることをハッキリ意識を持ってやれるかだと思う。ゲームの中で自分たちがやろうとしてることとのギャップも確実に出てくると思うので、それをうまく練習とトレーニングマッチですり合わせていくことが大切かなと思います」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00000005-goal-socc

【議論】日本代表のGK川島でW杯戦えると思う? 

Dd3yJ3AV4AEY0vE

川島永嗣「話せば解決する問題じゃない」代表チームに対する考え 

GettyImages-874203596-800x533
1   2018/05/26(土) 12:37:03.25 _USER9
日本代表は25日、千葉県内で今月30日の国際親善試合・ガーナ戦に向けて練習を行った。

 ワールドカップ直前に監督が代わる中、川島永嗣は「みんなが何かしたいという気持ちでいると思う。一人ひとりが自覚を持っていく中で、ただ、チームの状況を考えすぎるのではなく、一人ひとりが持っている能力を発揮することが自分たちにとって今大切なことだと思う」と語った。

 ガーナ戦に向けては「自分たちが日本を代表する選手だというのをピッチの上で見せる」とし、「そこから自分たちが積み重ねてきたものだったり、一人ひとりの良さというのが上に乗っかってくる」と述べた。

 ワールドカップで結果を残すためにも「本音で言い合わなければいけないと思うし、そういう部分が大切になってくる」と言う川島だが、こうも述べている。

「話せば解決する問題でもないと思いますし、話した上でどれだけピッチで表現できるか。コミュニケーションの本当の意味というのはそこじゃないのかなと思います」

 チーム内でしっかりと意見交換しながら、それを試合で体現する。まずはガーナ戦で、『コミュニケーション』の成果を見せたいところだ。

(取材・文:青木務)

フットボールチャンネル 5/25(金) 21:54
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180525-00271130-footballc-socc

GK川島永嗣、シュート17本被弾し防ぎ切れず...メス降格決定!! 

1   2018/05/08(火) 00:06:16.05 _USER9
5.6 リーグ1第36節 メス1-2アンジェ]

 リーグ1は6日に第36節を行い、日本代表GK川島永嗣が所属するメスはホームでアンジェと対戦し、1-2で敗戦。あと2試合を残し、3年ぶりとなる2部への降格が決定した。

 『フランスフットボール』は、「後半アディショナルタイムで何が起きてしまったか、まだ説明できない」と川島の落胆の様子を伝えている。「私たちは今シーズン、最後の数分の場面でたくさんの勝ち点を失ってきたが、それらを分析するのは非常に難しい。2部への降格は失望以上のことです。みんなで本当に士気を保とうとしていたので、今日の結果は受け入れがたいです」と悔しさを露わにした。

 川島は前半26分の好セーブなど、幾多のピンチからゴールを守っていた。しかし1-1と追いつかれた後半アディショナルタイム4分、相手のパスワークに翻弄されたメス守備陣は最終ラインを下げてしまい、PA右からのクロスにノーマークで右足ダイレクトボレーを打たれる。川島は懸命に右手を伸ばしてセーブしようと試みたが叶わず。無念の降格決定弾となった。

 上位のパリSGやリヨンといった強豪相手には大敗を喫したものの、それ以外では勝機がゼロだったわけではない。直近10試合のうちで6試合は一時的にリードを奪っており、その後逆転を許す場面が目立っていた。この試合でもメスはシュート数8本に対し、アンジェからは17本のシュートを被弾。好セーブをみせた川島だが、失点数だけ見れば悔しい結果に終わってしまった。

5/7(月) 10:11配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180507-01653515-gekisaka-socc

写真no title

「本田×川島」の“不仲説”、今後の影響を心配する声 

BNfRxtzCcAAF3X9
1   2018/05/06(日) 10:01:42.60 _USER9
2018年5月5日 09:56


 ロシアW杯を2カ月後に控えて、電撃発表されたハリルホジッチ前監督の解任劇。この仰天人事に代表メンバーも大混乱しているのだ。

「今、ハリル解任によって『ザッケローニ体制』から続く『代表選手間の根深い“軋轢”』が一気に表面化しているんですよ」

 と語るのは日本代表に近いスポーツマネージメント関係者だ。続けてもらおう。

「ザッケローニが率いた14年ブラジル大会前、チームリーダーの本田圭佑(31)が『自分たちのサッカーをしてワールドカップで優勝する』と言いだし、長友佑都(31)、香川真司(29)ら主力選手たちが“洗脳”されていったのは、周知の事実です。だが、代表選手間では『非現実的だ』『着実に決勝トーナメント進出を狙うべき』といった反発も多かった。しかし、急速に“王様化”する本田に対して、キャプテンの長谷部誠(34)でさえもモノを言えない空気になってしまったんです」

 当時、チームの“独裁者”となった本田だったが、唯一反旗を翻したのが、キーパーの川島永嗣(35)だった。結果、ブラジル大会では「1分2敗」の成績で予選敗退の結果になったものの、本田からは川島に対して厳しい言葉が投げかけられたという。

「ブラジル大会での惨敗後、本田が川島も同席した反省会で口にしたというのが『川島がポジティブだったら結果は違った』というもの。半ばジョークの意味合いもあるのかもしれませんが、本田としては少なからず“川島にチームをつぶされた”という思いがあったことは間違いありません。対する川島も『今の圭佑はイカれている』とまで断言していて、一時は『今後、同じチームでプレーするのは不可能じゃないか』とまで言われていた」(マネージメント関係者)

 そんな状況を一変させたのが、15年に監督に就任した、他ならぬハリルだった。サッカー関係者の証言。

「監督の威厳を重んじるハリルは、一選手の本田に王様としてふるまうことを絶対に許さなかった。結果、両者の軋轢も目に見えなくなったんです」

 一見すると平穏に見えたチーム内でも、両者の対立はあまりにも根深いものがあったとしてこう続ける。

「ハリル体制になってから、本田、川島とも直接言い合うことはせず、もっぱら大手スポーツメーカーの関係者相手に悪口を漏らすようになった。本田は『川島は世界で戦うには志が低い』なんて言っていますし、一方の川島も『圭佑、衰えたんじゃない』と厳しいかぎりの言葉を‥‥」

 ハリル解任を受けて西野朗体制となった代表チームだが、ハリルを巡ってシンパとアンチに二分されたチームが、一枚岩になる可能性はほとんどない。

「このままではチーム内で他の選手を巻き込んだ大激突の可能性が高い。宇佐美貴史や清武弘嗣ら、ハリルのお気に入りだった“ハリルチルドレン”にとっては、『ハリルを追い出した主犯』と報じられた本田に対する反発が相当あるでしょう。そうなると川島と結びついて、大会前に“反本田”派閥が急拡大するでしょうね」(サッカー関係者)

 本田を代表とする“冷や飯組”の一挙手一投足に注目が集まるばかりだ。

https://www.asagei.com/103392

キャプテン長谷部誠に心強い“相棒”。「彼がいるとチームがピリッとする」 

1: 名無しさん 2016/10/04(火) 15:26:08.04 ID:CAP_USER9
10月シリーズは“ダブルリーダー体制”で連勝を狙う。

 イラク、オーストラリアと対戦する今回の10月シリーズで、6月のキリンカップ以来の招集となったGK川島に、キャプテンの長谷部は多大なる信頼を寄せているようだ。
 
 ハリルホジッチ監督から“メンタルプレーヤー”として招集された川島に関して、ともに10月3日に合流したばかりで「練習という練習はそんなにしっかりやっていない」状況ではあったが、長谷部は次のように語っている。
 
「彼がいることで、チームがピリッとするというか、そういう部分はある。その存在感は日本代表の中ですごく大きいもの。個人的には非常に期待しています」
 
 キャプテンとしてチームを引っ張る立場にある長谷部にとって、心強い“相棒”が加わったというところだろう。「この2試合で勝点6を取って」(長谷部)と連勝を誓う10月シリーズは、長谷部&川島の“ダブルリーダー体制”で勝利を掴みたい。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161004-00019325-sdigestw-socc

no title

日本代表GK川島永嗣が帰国! “応援団長”任命も「経験が日本の役に立つのなら、それに越したことはない」 

1: 名無しさん 2016/10/03(月) 11:56:14.13 ID:CAP_USER9
サッカーのロシアW杯アジア最終予選イラク戦(6日、埼玉スタジアム)、
オーストラリア戦(11日、オーストラリア)に向けて、
6月のキリン杯以来の代表復帰となるGK川島永嗣(33)=メッス=が3日早朝、羽田空港着の航空機で帰国した。

クラブで出場機会が得られていない川島に対し、ハリルホジッチ監督(64)は会見で
「グループの中で特別な役割を担ってほしい。コミュニケーションや励ます部分。
メンタルプレーヤーはチームを底から引き上げる」とチームの精神的支柱としての期待を寄せていた。

川島は「今まで自分も代表を長くやっている。いろいろ感じ、経験させてもらった。
それが今の代表や日本のために役に立つのであれば、それに越したことはない」と話し、
必要とあれば“応援団長”としての役割も全うする心づもりだ。

とはいえ、指揮官も「ツーリスト(観光客)とは認識していない」と話していただけに、
選手として万全の状態で試合へ臨む姿勢は変わらない。

「コンディション的には悪くない。(代表)チームに入って、しっかりやりたい」と気を引き締めた。

デイリースポーツ 10月3日(月)8時40分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161003-00000034-dal-socc

写真
no title

GK川島永嗣、ブログで心境を語った「日本のプライドを胸に」 

1: 名無しさん 2016/09/30(金) 13:44:36.22 ID:CAP_USER9
サッカー2018年ロシアW杯アジア最終予選のイラク戦(10月6日・埼玉)、オーストラリア戦(11日・メルボルン)のメンバーに選ばれたGK川島永嗣(33)=メツ=が30日、自身の公式ブログを更新し、現在の心境を語った。

 今季加入したフランス1部メツではベンチ入りが1度もない苦境に立たされているが「まだなかなか試合に絡めない今の自分の状況から、日本代表に入るのは容易な事ではないと承知の上で、今はフランスでの挑戦の日々を過ごしています。1日1日が本当の勝負。そんな日々が今この瞬間を充実させてくれているのもまた事実です」と前向きに語った。

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(64)からは「永嗣にはメンタルプレーヤーの役割になってほしい」と、ピッチ外でのチームのまとめ役、精神的主柱として期待されている。「このW杯最終予選という厳しい戦いにおいて、日本代表の一員として選ばれたこと、そして日本という国を背負った場所に立てることを誇りに思います。自分自身のプライド、日本のプライド、それを胸にこの2試合に臨んでいきたいと思います」。長年、日本代表のゴールマウスを守り修羅場を経験してきた男は、強い覚悟を持って代表に合流する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160930-00000084-sph-socc

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索