Samurai Goal

岩政大樹


スポンサード リンク





「違うと思う」元代表DFの岩政氏、湘南戦の誤審めぐる現役選手たちの反応に違和感 

20190518-43467117-gekisaka-000-4-view[1]

<"先生"岩政大樹>「自分たちのサッカー」という言葉。「相手」を含めない風潮があることに疑問を呈す...  

20190402-01085450-playboyz-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/04/02(火) 08:41:45.93 ID:Arpag6Fh9
岩政 サッカーをよく知っている選手やうまい選手に対して、「インテリジェンスが高い」と表現することがありますが、そういう選手って、要は相手を見てサッカーをしているわけですよ。相手を見た上で、相手によってやり方を変え、相手のいやがることをする。

昨今、「自分たちのサッカー」という言葉がひとり歩きしていますが、個人的には「相手を見る」という観点があまりにも欠落した状態で語られていることに違和感を覚えていました。この本では、相手を見てサッカーをするために必要な視点や考え方について噛(か)み砕いて説明しています。

──本書は、「『相手』を見るための良いポジショニングとは?」「システム上の急所を知る」「駆け引きで優位に立つ」の3章で構成されていますよね。

岩政 いちばん重要なのは、いいポジショニング、つまりいい立ち位置です。皆さんよく言いますけど、選手は試合中にせいぜい2、3分しかボールに触りません。つまり、ボールを持っていない時間がほとんどだからこそ、オフザボールでの立ち位置が非常に重要になってくる。

インテリジェンスの高い選手ほど、ボールが来る前にどこにポジションを取ればいい判断ができるのか、という意識を強く持っています。

──相手を見るためには、まず立ち位置が重要だと。

岩政 しかし、日本サッカーにおいて、いい立ち位置というものは必ずしも言語化されていません。現在、日本代表や海外のリーグで活躍するトップオブトップの選手たちは、プロで経験を積むなかでやっとそれを見つけていくという状況です。

例えば、ヨーロッパではどんどんいい選手が出てきますが、どれだけ若くても、ポジションや局面ごとのいい立ち位置を最低限は知っている。彼らはみんな育成年代で教わっているのではないかと。

そこが日本との大きな違いであり、そんな日本サッカーの現状に対して問題提起したい、というのもこの本を出した理由のひとつです。

──岩政さんは現役時代、空中戦で無類の強さを誇りました。例えば、セットプレーにおけるいい立ち位置とはなんですか?

岩政 そもそもすべての局面において、いい立ち位置の原則というのは相手の裏を取ること。言い換えれば、いかに相手を外せるかが重要なのです。

セットプレーにおいては、キッカーがボールを蹴る瞬間に、自分をマークするディフェンダーの背中側、つまりボールと逆サイドに立てるかどうか。ディフェンダーはキッカーがボールを蹴る瞬間に、その軌道を確認するため必ずボールを見なければなりません。

その一瞬でディフェンダーの背後を取れれば、相手は自分とボールを同一視野に収めることができなくなり、そこから相手のベクトルの逆を取ることで基本的にマークを外せるのです。

──キッカーが蹴る瞬間の立ち位置がポイントなんですね。

岩政 そして、得点を取る確率を高めるためには、相手の前(ニア)でシュートすべきです。つまり、キッカーが蹴る瞬間にディフェンダーの背後にポジションを取り、相手のマークを外したら、すかさず相手の前に入り込むのです。

相手の背後(ファー)では、スタンディングか下がりながらのシュートで難易度が上がりますし、かつ相手のレベルが高くなればボールが背後に来る前にディフェンダーにクリアされてしまうケースが多くなる。

ところが、相手の前に入れば、ボールに対して正面から向かっていく形になり、当たればゴール方向に飛んでいくため、たとえヘディングがへたでも得点を奪える可能性は高まる。だからこそ、ディフェンダーは自分の前でやられたくないのです。

──初歩的な質問ですが、そもそも攻撃側はボールに合わせて動いているわけではない?

岩政 守備側はボールに合わせて立ち位置を決めますが、攻撃側は必ずしもその必要はありません。とにかく攻撃側が考えるべきは、マークをうまく外してボールを待てているか、ということだけ。

あとは、ボールがそこに来るかどうか。多くの選手はボールが来ないとだんだん足を止めてしまうことが多いんですが、僕は確率論で考えていて。何回かに一回は自分のところにボールが来るわけですから、そのときにマークを外して、相手の前でシュートを打つことができるかどうか。

それさえできていれば、シュートをミスしても気にしなくていい。僕の場合、毎試合そのチャレンジを続けることで、シーズンが終わるとだいたい8試合に1点のペースで得点が取れていました。

4/2(火) 6:00配信 週プレNEWS 全文掲載
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190402-01085450-playboyz-socc&p=1

<日本サッカー>自分たちのサッカーに「相手」が存在しなくなっていないか?日本全体に伝染した弊害...  

201702030004-spnavi_2017020300014_view




1: Egg ★ 2019/03/18(月) 10:25:20.59 ID:UDU2N6aF9
元日本代表が自ら筆をとり、「相手を見てサッカーをする」を徹底的に言語化! 岩政先生の愛称で親しまれる元日本代表の頭脳派・岩政大樹が、具体的な方法論を提示しながら、サッカーの本質に鋭く迫った3/18発売の最新刊『FOOTBALL INTELLIGENCE 相手を見てサッカーをする』から、発売に先駆けて序章を前後編で公開する。今回は前編。(文:岩政大樹)

●自分たちのサッカーに「相手」が存在しなくなっていないか

 サッカーではしばしば言葉が一人歩きします。「自分たちのサッカー」という言葉はその好例でしょう。

「自分たちのサッカー」とは、言葉にすると“自分たちがやるべきこと”をやり通せた試合のことでしょうか。サッカーは相手がいるスポーツですから、本来その中には“相手云々にかかわらず自分たちがやるべきこと”もあれば、“相手(あるいは試合の流れなど)によって変えるべきもの”どちらもあります。

 それは当然のこと。どちらかではなく、どちらも、です。試合の目的は常に「勝つこと」ですから、どちらも組み合わせながら、勝つための方法を逆算して戦うのが“サッカーをする”ということだと思います。

 それなのに、ある時期日本では「自分たちのサッカー」から“相手”が存在しなくなったように感じました。「自分たちのサッカー」が“相手云々にかかわらず自分たちがやるべきこと”だけになり、“相手(あるいは試合の流れなど)によって変えるべきもの”が排除されたようでした。二つが二極化されて語られ、それを“善か悪か”で議論されているようにさえ見えました。

 そこには、国民性のようなものが影響しているところもあったと思いますが、それ以上に、日本サッカーにおいて、相手云々によって何が変わり、何が変わらないのか、が明確にされていないことが根底にある気がしました。

●概念さえ存在していなかった「相手を見てサッカーをする」

 だからでしょう、「自分たちのサッカー」の対極の言葉として、「マリーシア」とか「駆け引き」とか「相手を見てサッカーをする」とか、そんな言葉がよく聞かれます。日本人が苦手とすると言われている部分です。しかし、実際にはこれらの全てが対極に位置しているわけではなく、むしろほとんどは同じところにあります。

「自分たちのサッカー」の中に「マリーシア」とか「駆け引き」などがあり、それは「相手を見てサッカーをする」ということですが、それらも含めたものが「自分たちのサッカー」で、対極には位置していません。

 それなのに、言葉が一人歩きすると面白いことが起きました。「自分たちのサッカー」という言葉にみんなが振り回されて、日本全体が「相手を見なくていい」とか「駆け引きは必要ない」などと言っているようにさえ感じました。

 私が2年間、東京ユナイテッド(関東社会人リーグ1部)と東京大学ア式蹴球部(東京都大学リーグ2部)で指導をさせていただく中で取り組んだ課題も、この「自分たちのサッカー」なるものの捉え方についてでした。

 トップカテゴリーではない彼らはある意味で日本サッカーを象徴していたと思います。トップ選手たちはきっとどんな指導の下でも自分で考えて道を切り開いていけるのでしょうが、私が向き合った彼らはある意味ではそうではありませんでしたから、私が彼らに“何をどう伝えるか”は非常にデリケートな判断が求められました。

 語弊を恐れずに言うと、私が、日々彼らから感じたのが「相手を見てサッカーをする」ということを理解できていないことでした。というよりも「相手を見てサッカーをする」という概念さえも彼らに存在していないように感じました。

(文:岩政大樹)

3/18(月) 10:10配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190318-00010000-footballc-socc

写真https://img.footballchannel.jp/wordpress/assets/2019/03/190315_iwamasa_editor.jpg

元日本代表岩政大樹「まさか15年間も」現役引退 

201702030004-spnavi_2017020300014_view

岩政大樹、西野JAPANの“欠点”を紐解く!「ちぐはぐな動き」 

201702030004-spnavi_2017020300014_view
1   2018/06/01(金) 12:31:26.04 _USER9
日本代表は先月30日、国際親善試合でガーナ代表と対戦し0-2で敗れた。この試合ではどんな成果や課題が見つかったのか。2010年の南アフリカワールドカップにも出場し、現在東京ユナイテッドFCで選手兼コーチとして活躍する元日本代表DF岩政大樹に、現役ディフェンダー目線で話を伺った。(分析:岩政大樹、構成:編集部)

●3バックのメリットとデメリット

 ロシアワールドカップ本大会の初戦まで約3週間というタイミングで迎えたガーナ代表との一戦で、西野朗監督は3バックという新しい戦い方にトライしました。ですが、試合を通じて3バックというシステムのメリットやデメリットがチームにうまく共有されていなかった印象を受けました。

 例えば、ガーナ戦の先発メンバーを見ると、どうしても5バックのようにならざるをえないことがわかってきます。3バックの中央に入った長谷部(誠)選手は、中盤エリアの守備では最大限の力を発揮できますが、ゴール前の競り合いに強いタイプの選手ではありません。

 そうなると相手が蹴ったロングボールなどに対し、左右のセンターバックの選手が競りにいき、長谷部選手がカバーに回る形になるため、ガーナ戦でいえば、吉田(麻也)選手や槙野(智章)選手が、内側にポジションを取らなければなりません。

 すると3バックの左右に生まれるスペースを埋めるため、両サイドのウィングバックの選手も必然的に下がらなければいけないので、5バックのような形になってしまいます。サッカーではどんな形にもメリットとデメリットが存在し、5バックも例外ではありません。

 もちろん5バックで守ることのメリットは、ピッチの横幅を5人でカバーし、その前に立つダブルボランチの選手と、両サイドに開く2シャドーの選手を合わせた9人でゴール前の守備を固められます。

 ところが[5-4]のブロックでゴール前のスペースを消して粘り強く守ろうとすると、前線に1人しか残らないので、相手のセンターバックは常にフリーでボールを持てる状態になります。そうなると多くの選択肢を持った相手に対し、あらゆる可能性を考慮しながら守備をしなければならないため、どうしても遅れ気味の対応を強いられてしまうデメリットが出てきます。

つづく

フットボールチャンネル 6/1(金) 11:52
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180601-00010002-footballc-socc

岡崎慎司と内田篤人の共通点 「サッカー選手の成長」とは… 

775: 名無しさん 2016/05/21(土) 07:59:01.22 ID:6KK8mVpW
岡崎慎司と内田篤人の共通点 「サッカー選手の成長」とは
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160521-00002036-besttimes-spo&p=1
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160521-00002036-besttimes-spo&p=2
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160521-00002036-besttimes-spo&p=3
[一部抜粋]

海外でプレーする印象深いふたり、岡崎慎司選手と内田篤人選手から「サッカー選手としての成長」を紐解きます。
岩政大樹氏書下ろし「現役目線」第三弾。 …

 …これは岡崎選手だけでなく、僕が出会った、プロに入って伸びていく選手の共通点とも言えるかもしれません。
 印象深いのは、内田篤人です。

できないことはやらない内田篤人選手のすごさ

 彼は、僕が3年目のシーズンに、即戦力というよりは、将来性を買われて鹿島アントラーズに入団してきました。大卒で入団した僕とは6歳の歳の差がありました。

 まだあどけなさの残る華奢な高校生、という感じでしたが、当時のアウトゥオリ監督に見出された内田選手は、開幕スタメンを飾りました。彼は右サイドバックで、僕はその隣を担当していたので、自然に彼の面倒を任されました。

 当時は、僕も加減を知らず指示を出していた頃です。その頃のアントラーズのスタメンに歳下が入ることはあまりなかったので、今思うと彼には随分厳しく当たった気がします。特に、守備のポジショニングや考え方については口うるさく指示していました。

 それに対して、内田選手は、いつも大体左手をそっと挙げながら、「分かりました」というジェスチャーはしていました。頭のいい選手なので、僕が言っていることは理解していたと思います。しかし、試合では、自分の中で(理解はしていても)今できないと判断したことはしないのです。しっかりと今の自分にできることとできないことを区別した上で、自分のリズムを崩さない程度に、少しずつ取り入れているように見えました。
 結果、2年間コンビを組んだあたりでしょうか。僕が彼に言うことは何もなくなっていました。たとえ問題があっても、二人で目線を合わせたり、一言交わせば全てを分かりあえる関係だったと思います。後にも先にも、あそこまで僕の守備の考え方を理解して実践できた選手はいませんでした。


岩政大樹「ゴールに目を奪われていては、サッカーは見えてこない」 

1: 名無しさん 2016/05/11(水) 16:34:55.19 ID:CAP_USER9
サッカーの勝敗を決するもの、それは「ゴール」だ。では「ゴール」に必要なものはなんなのか。
戦術か、技術か、フォーメーションか……。
どれも大事な要素であるが、岩政大樹は可視化されない“あるもの”の重要性を指摘する。

外からの視点で見落としがちな内面性
サッカーの試合を振り返るときには、ゴールのシーンが真っ先に思い浮かびます。
サッカーにおける一点の重みはどんな時も大きく、ゴールはまさにその試合を決定づけるハイライトと言えるでしょう。
 一方で、僕たちは90分間の試合をしています。得点の確率を1%でも上げ、
失点の確率を1%でも下げるために、90分間戦っています。
その確率は、試合に相手が存在する限り、決して0%になることはありません。
ゴールとは、90分間のあらゆる努力の結果に過ぎず、ゴールが生まれたシーンだけで、「あれが良かった」、
「これが悪かった」と振り返っていては、その試合を正確に捉える事ができません。
特に、外からサッカーの試合を見ていると、(実際、僕もそうなってしまうのですが)つい戦術やシステム、
または個々のプレーなどにばかりに目が行き、「人がプレーしている」という当たり前のことを忘れ、
人の内面の部分を置いてきぼりにしてしまいます。
しかし、サッカーゲームではない僕たちの試合には、戦術や理論だけではない、感情や心理というものが含まれています。

 先日、自分の中で会心の試合がありました。それは3月に行われたJ2リーグ第2節、ジェフ千葉戦。
ジェフは、今シーズン大量に選手を入れ替え、継続でチームを作っている僕たちファジアーノ岡山とは、
別のアプローチで今シーズンを迎えていました。
まだ2節だったので即席のようなチームかと思いきや、開幕前のプレシーズンマッチで鹿島アントラーズを下すなど、
その試合まで練習試合を含め無敗をキープしていました。

 試合前、僕はロッカールームでいつものようにその日起こることを想像していました。僕のいつものルーティーンです。
 ジェフは相当な自信を持って乗り込んでくる。勝つことでまとまりも生まれているだろう。
僕たちも昨年からの積み重ねに自信があり、充分対抗できる戦力を有していますが、
開幕戦で引き分けていたので、勢いという面では少し分が悪いと思っていました。
 そこで、一つの想定として、もし前半の半ばを過ぎたあたりで相手がボールを保持する時間が長くなるようなら、
少し相手を受ける時間を作ろうと考えました。
そして、もし持ちこたえることができるとふんだ場合には、それをあえて、ハーフタイムまでは
修正せずに後半を迎えようと思いました。

相手に「このままいける」と思わせたい
というのも僕は、ジェフの選手の心理面を利用してみようと考えたのです。 
負けたことのないチームは負けることはあまり想像できません。
ましてや、新加入選手の多いチーム状況では、その勢いのまま押し切ろうと考えるのが普通です。
ハーフタイムに入る前に流れを引き戻して相手に警戒させて前半を終えるのではなく、
相手がハーフタイムに「このままいけるぞ」と声を掛け合うような雰囲気で後半を迎えさせることで、
相手に隙が生まれるのではないかと考えていました。
試合にはいつも通り、フラットに入りました。僕はいつも、どう相手に対応していくかの最終的な判断は試合に入って考えるようにしています。
できるだけ先入観なく、相手の狙いやその日の調子、味方の意見や表情なども含めて、10分から15分くらいで最初の見極めをします。
データやその日の想定を頭に入れて挑むようにはしていますが、それも最終的な判断を下す時の材料を
持っておくためで、ピッチで起こることをできるだけ正確に“感じる“ために、
何かを決めつけて見ることのないように気をつけています。

その試合の最初の感触としては、やはり充分僕たちは対抗できると感じました。
そして予想通り、相手には自信と勢いがあり、前半の半ばを過ぎると、少し相手にボールを持たれる場面が増えてきました。
そこで、僕は試合前にあらかじめ想定していた戦い方を選択しました。
ハーフタイムを迎えるまでの時間に相手はビッグチャンスもありましたし、一つの賭けではありましたが、
なんとなくジェフの選手たちに「このままでいけそうだ」と思っているような雰囲気を感じた僕は、
このまま前半を乗り切ればこっちのものだと思っていました。

no title

【動画】J2岡山×京都戦で菅沼を退場に追いやった岩政のマリーシア?ワロタwwwww 

513: 名無しさん 2016/03/13(日) 15:25:52.16 ID:CbDvLJDP0.net
菅沼の退場シーン確認したら競り合いで争いになってるところに遠くから突っ込んできた岩政が突き飛ばし返されて即倒れてアピールしててワロタw

no title

岩政大樹がファジアーノ岡山に加入!!公式サイトが報じる! 

178: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2014/12/15(月) 16:38:09.96 ID:FG4WcdlF0.net

181: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2014/12/15(月) 16:38:37.14 ID:dJYaZDP/0.net
>>178
キタ━(゚∀゚)━!

182: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2014/12/15(月) 16:38:37.86 ID:551t6os70.net
>>178
今度は嘘じゃなかったw

184: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2014/12/15(月) 16:38:45.66 ID:izMJGPYJ0.net
>>178
きたきたきたきたーーー

タイリーグ移籍の岩政大樹「日本人は、どこのリーグ、どこのチームにいるのか、ばかり気にする」 

1: ぽてぽんφ ★@\(^o^)/ 2014/10/21(火) 12:59:50.11 ID:???0.net
(一部抜粋)
タイリーグの日本人選手の実情
――一方で、今シーズン本格化した日本人選手のタイリーグ移籍の流れは今後も続くと思いますか?

どうでしょうね。日本にいると、これだけの数の日本人が来ているということは
日本人がすごく評価されているように感じますけれど、実際にはみんなが活躍しているわけではありません。
ほとんど試合に出られていない選手や、契約打ち切りになる選手も少なくない。
それはちゃんと伝える義務があるんじゃないかとは思います。

――今季は平野甲斐選手がブリーラムでの活躍が認められてセレッソ大阪への移籍を果たしました。
今後、タイは若手のステップアップの場としても可能性があるでしょうか?

大事なことはどこにいるかではなくて、そこで何ができるかだと思うので、
何をもってステップアップというのかもちゃんと考えなければいけない。
たとえば本田(圭佑)もミランで半年苦しみましたが、
日本人は、どこのリーグ、どこのチームにいるのかということばかり気にするところがありますよね。

J1にいればすごいとか、タイだとステップダウンだとか、そういう単純なものではなくて、
どこで勝負して何を得たいかということだと思うんです。これからタイを中心として
東南アジアのサッカー市場はどんどん広がっていくし、日本人選手の選択肢も広がると思いますが、
そこはちゃんと考えなければいけないと思いますね。

(全文)http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/jleague/2014/columndtl/201410170001-spnavi
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索