Samurai Goal

岡田武史


スポンサード リンク





岡田武史氏率いるJFL今治 J3昇格逃してニンマリは誰だ? 

20181119-00000011-nkgendai-000-1-view

岡田武史氏「責任明確に」今治J3逃し報酬返上も 

20181118-00396204-nksports-000-8-view

岡田武史氏がオーナーのFC今治、J3昇格を逃す…ホームでホンダロックSCと引き分け  

photo_000006




1: 2018/11/18(日) 15:03:56.84 _USER9
日本フットボールリーグ(JFL)セカンドステージ第15節の試合が18日に各地で開催され、
この結果FC今治が惜しくも来シーズンからのJ3参入条件となる年間通算順位4位以内を逃し、順位を5位で確定させた。

元日本代表監督の岡田武史氏がオーナーを務めるFC今治はホームでホンダロックSCと対戦。
同氏が見守る中、試合は早くも序盤に動く。開始早々の3分、DFのミスを拾ったホンダロックが右サイドから中央にグラウンダーのクロスを入れると、大山直哉が右足で合わせ先制点をもぎ取った。
ボールを保持し機会を伺う今治と、切れ味鋭いカウンターで追加点を狙うホンダロックという構図のまま、前半を終える。

後半に入り今治はホームの意地を見せる。56分、三田尚希のゴールで振り出しに戻すと、その後も惜しいシーンを多く演出した。
しかし、なかなかホンダロックのブロックを崩せず、試合はこのまま終了。
1-1の引き分けで決着となった。

一方今治と4位以内を争ったソニー仙台FCは12分、17分、28分と前半に大量得点を挙げるとそのまま守りぬきFCマルヤス岡崎に完勝。
この結果今シーズンの最終順位はソニー仙台が4位、今治が5位となり、FC今治は惜しくもJ3昇格を逃した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181118-00864933-soccerk-socc
11/18(日) 14:56配信

http://livedoor.blogimg.jp/anfierd-arukikata/imgs/2/d/2d240621.png

岡田武史氏オーナーの今治、J3自力昇格が一転消滅 

20181111-00388953-nksports-000-8-view

FC今治、4位以内で来季J参入へ 入会に向けてヒアリング  

201602230001-spnavi_2016022300001_view



1: 2018/11/09(金) 06:45:52.16 _USER9
Jリーグは8日、元日本代表監督の岡田武史氏がオーナーを務めるJFLのFC今治にJリーグ入会に向けたヒアリングを実施。
今治市の菅良二市長、FC今治の矢野将文社長と面会した村井満チェアマンは「大きな懸念はない。残るは順位要件」と話した。

現在4位、残り2試合で年間4位以内となれば来季はJ3参戦となる。矢野社長は「岡田さんはマグロのように元気に動き回っています。
いい結果を出したい」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00000014-spnannex-socc
11/9(金) 6:00配信

元日本代表監督・岡田武史氏オーナーのFC今治 J3昇格に王手!  

okada




1: 2018/11/04(日) 20:33:14.53 _USER9
元日本代表監督の岡田武史氏(62)がオーナーを務めるFC今治が、目標のJ3昇格に王手をかけた。

年間4位で本拠ありがとうサービス.夢スタジアムに勝ち点2差をつけている6位の東京武蔵野シティを迎え撃ち、3-0で快勝。前半21分にゲーム主将のMF上村が蹴ったFKに、DF太田が頭で合わせて先制。JFL200試合出場の節目を自ら飾ると、後半24分には再び上村の左FKから飯泉がヘディングシュートを決めて突き放した。

さらには後半ロスタイム5分、FW向井が自らのドリブル独走から得たPKを沈め、3点目。満員に迫る4704人の前で守備陣は完封し、完勝した。百年構想クラブとして同様にJ3昇格を目指している東京武蔵野シティとの直接対決を制し、6連勝。これで年間勝ち点を48とし、残りは2試合となった。

次節11日のアウェーMIOびわこ滋賀戦(甲賀市陸上競技場)に勝ち、5位ソニー仙台FCが敵地テゲバジャーロ宮崎戦で引き分け以下に終われば、J3昇格要件の4位以内が確定。岡田氏がオーナーとしてJリーグの舞台に舞い戻ることが決まる。

[2018年11月4日15時23分]日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/m/soccer/news/201811040000560_m.html?mode=all

< 岡田武史×小野剛/日本社会の課題と改善点>「この国は主体性のある大衆が必要」 

1: 2018/10/30(火) 21:32:12.95 _USER9
およそ20年、盟友として幾度となく修羅場をくぐり抜け、日本サッカーを牽引してきた岡田武史と小野剛。11/6発売の『フットボール批評issue22』では盟友による特別対談を実現。悲願の初出場となったフランスワールドカップと、躍進を遂げた南アフリカワールドカップの舞台裏、そして、ロシアワールドカップから見えた日本サッカーの未来について語り合った。今回は南ア大会でのエピソードを一部先行して公開する。(構成:粕川哲男)


●“守備的サッカーへの変更”ではない躍進の理由

小野  僕が技術委員長だったので、岡田さんにお願いして第二次岡田体制が始まりました。南アフリカW杯に向けたメンバー選考のときも一緒でしたね。浅草の焼鳥屋の2階を借りて、そこから(川口)能活に電話しました。

岡田  経験があって、みんなをまとめられる選手が欲しかった。だからアイツに電話して「力を貸してくれるか」と聞いたら、「少し考えさせてください」とぬかしよった(笑)。それで30 分くらいして電話がきて、「いま言ったのは23 人のメンバーとしてですか? サポートメンバーじゃないんですか?」と言ってきた。「違うよ ! サポートメンバーにお前を入れてどうすんだ」と。

小野  どうも時間がかかるなと思ったら、勘違いしていたんですよね(笑)。

岡田  でも、能活のおかげだよ。選手たちの目が覚めたのは。大会前、俺がアイツに選手同士でミーティングしてくれと頼んだ。選手たちが、新しい戦い方が腑に落ちているのか確かめたかったから。でも、アイツは俺に報告してこない。「どうだった?」と聞いたら「いいミーティングでした」と素っ気ない。あとで聞いたら選手たちが喧々諤々、本音を言い合ったんだって。それを報告したら、俺がまた怒り出すとでも思ったんだろうな。

小野  アイツなりにかなり気を遣ったんですよ。

岡田  そのあとも練習試合があって、俺は何も変わっていないと感じたけど、選手たちはあのミーティングがあったから、自分たちで動こうと思ったんだろうな。

小野  あの大会も素晴らしかったですね。

岡田  みんな戦術変更して守備的にしたのが良かったと言うけど、やっぱり、選手たちが自分たちで動き始めたのが大きかった。ロシアW杯もそう。日本人というのは、ハッキリ言うと主体性がなくて自立していない国民と言える。自分の人生は自分で決められるのに、すべて人のせい、周りのせい、環境のせいにしている。

小野  そうですね。

つづく

10/30(火) 10:10 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181030-00010000-footballc-socc

写真
no title

岡ちゃんチクリ!!「そんなにビッグ3がいいならスタメン入れとけば?」 

346016
1   2018/05/25(金) 13:52:46.11 _USER9
5/25(金) 13:09配信
岡田武史「なんでビッグ3なの?」 本田・香川・岡崎の呼び方に疑問

 元サッカー日本代表監督の岡田武史氏が、現代表で使われる「ビッグ3」という表現に疑問を示した。


 ここ最近メディアで頻繁に目にするようになった「ビッグ3」は、長年代表を支えてきた本田圭佑、香川真司、岡崎慎司の3人の総称として使われるが、3人とも代表内での地位は大きく脅かされている。

■「よく我々が言う『ビッグ3』ですが、これ岡田さん...」

 岡田氏は2018年5月24日、都内で開かれたスカパーJSAT社(東京都港区)のイベントに出席。実況アナウンサーの八塚(やつづか)浩氏と、開催1か月を切ったロシア・ワールドカップ(W杯)談義に花を咲かせた。

 イベントでは、スカパー側が日本代表の予想スタメンをボードで提示。システムは4-2-1-3で、GK川島永嗣、DFは(左から。以下同)長友佑都・昌子源・吉田麻也・酒井宏樹、ボランチに長谷部誠・山口蛍、トップ下に香川真司、FWは乾貴士・大迫勇也・武藤嘉紀だった。

 日本人で唯一W杯での監督経験がある岡田氏は、「良いんじゃない。大迫なんかは今までにないタメをつくったり、振り向いたりできる。ブンデスリーガでかなり苦労しているけど、活躍できるなら面白くなる気はしてる」と大迫をキーマンにあげた。

 一方、八塚氏が「一応、本田選手はベンチスタートということで、入れるとこうなるかなという感じですが」と、本田を武藤の位置に置くプランを示した。その上で、

  「本田、香川、岡崎というのは、よく我々が言う『ビッグ3』ですが、これ岡田さん...」

と言うと、岡田氏は

  「なんでビッグ3なの?」

と率直に疑問を示した。

 八塚氏は「いやいや、海外での経験値を踏まえて、精神的支柱にもなり得る。テクニックもしっかりしている」と話したが、岡田氏は

  「え?ううん。そんなに買ってるなら、最初から(予想スタメンに)入れておけばいいのに」

と笑い、「JFLばっかり見てるから分かんねえよ。誰がどうしたとか。新聞記事くらいでしか分からないから。まあ、いいんじゃないの」と煙に巻いていた。岡田氏は現在JFLのFC今治の運営会社で代表取締役を務めている。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000003-jct-ent&p=1

岡ちゃんが西野JAPANに檄!「美学だけでは勝てない」 

キャプチャ

 サッカー元日本代表監督の岡田武史氏が5月24日、都内で「スカパー!」のトークイベントに出演し、6月に開幕する「ワールドカップ(W杯)ロシア 2018」に出場する日本代表について「結局勝たなきゃダメ。ハリルホジッチ監督がやっていても勝たなきゃダメだし、代えても勝てなかったら一緒。結果を出すしかない」と檄を飛ばした。

【続く】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180524-00010001-theadline-socc

岡ちゃん『運動神経いい人は野球してる』大きな違いはフィジカル? 

img_0


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索