Samurai Goal

岡崎慎司


スポンサード リンク





岡崎慎司はベンチスタートか…レスター指揮官がホーム初開催のCLで“ポルトキラー”起用を示唆 

1: 名無しさん 2016/09/27(火) 14:45:04.54 ID:CAP_USER9
 レスター・シティのクラウディオ・ラニエリ監督は、27日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループリーグ第2節ポルト(ポルトガル)戦でFWイスラム・スリマニを起用するようだ。欧州サッカー連盟の公式サイトが伝えている。

 レスターは、27日にクラブ史上初となる欧州CLのホームゲームでポルトを迎える。ラニエリ監督は、「我々のファンにとっては最高の機会だ。多くのファンが、(第1節が行われた)ブルージュに、あのアンセムを聞きに来てくれた。明日はもっとたくさんのファンが、あの曲を耳にすることになるだろう。おとぎ話を続けられるのは素晴らしい。明日も良いサッカーをして勝利をプレゼントしたいね」と、ホームでの欧州CLを楽しみにしている。

 ラニエリ監督は先発メンバーについても言及し、新加入スリマニの起用を示唆。スリマニは2016年に入ってポルトと3試合を戦い、5得点と相性が良い。「(スポルティング・リスボン所属時に)スリマニはポルト戦で多くのゴールを挙げているし、明日もポルトにとっては手ごわい相手になるだろう。」と、FW岡崎慎司ではなく、スリマニを起用する考えのようだ。

 また、アルジェリア代表でコンビのMFリヤド・マフレズとの相性の良さも起用の要因のようだ。「お互いをよく知っており、代表チームでも多くの試合でコンビを組んできた。試合や練習での様子を見てきたが、2人はとても良い関係を築いているようだ」と語っている。

 なお、試合は日本時間28日の午前3時45分のキックオフを予定している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160927-01631623-gekisaka-socc

no title

【マンU×っレスター前半終了】岡崎出番なしのレスターが4-1敗戦!![全ゴール動画有] 


プレミアリーグ 2016/2017 第6節
マンチェスター・ユナイテッド 4-1 レスター・シティ

■ 得点:
1-0 クリス・スモーリング(前半22分)
2-0 フアン・マタ(前半37分)
3-0 マーカス・ラッシュフォード(前半40分)
4-0 ポール・ポグバ(前半42分
4-1 デマライ・グレイ(後半14分)


▽キックオフ:2016/09/24(土) 13:30 │ 日本時間 09/24(土) 20:30
▽スタジアム:オールド・トラフォード(Manchester) 
▽主審:M. Dean ▽副審:S. Long、I. Hussin
jpg large
動画がリンク切れする場合があります。ご了承下さい


ラニエリ監督、岡崎慎司がDFダビド・ルイスを制したと称賛!「シンジはウジョアと争っている」 

1: 名無しさん 2016/09/21(水) 16:20:38.60 ID:CAP_USER9
ライバルに差をつけろ

ひたむきに信じ続けることで、道は自ずと開けてくるだろう。レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司が20日、EFLカップ3回戦のチェルシー戦に先発出場を果たし、2-4と敗れたものの、見事2ゴールを挙げている。

チェルシー守備陣による軽率なミスを彼は見逃さない。1点目はヘディングで、そして2点目は右足で隙を突くシュートを放った岡崎だが、そのいずれもゴールラインをわずかに超えたところでチェルシーの選手によってクリアされており、崖っぷちの男による2ゴールでネットが揺れることはなかった。

しかし、最も重要なイタリア人指揮官のハートは大いに揺れている。試合後、クラウディオ・ラニエリ監督は次のように語った。同クラブ公式サイトが伝えている。

「2-0としたところまではハッピーだったよ。スタートは良かった。その後、チェルシーは徐々にボールを支配していったね。当然のことだ。でも我々はシンジの2ゴールによってとてもスマートでクレバーだった。彼は2度の戦いを制した。最初はダビド・ルイスと、そして次はGKとだ」

「シンジはとても強い意志を持っていた。素晴らしいことだよ。だってシンジはウジョアと出場機会を巡って激しく争っているからね」

レオナルド・ウジョアと岡崎は昨季より熾烈なポジション争いを繰り広げてきた。もちろん今季は彼以外にもイスラム・スリマニやアーメド・ムサといった新戦力が加わっているものの、少しずつラニエリからの信頼を取り戻していく必要がありそうだ。

theWORLD(ザ・ワールド) 9月21日 12時38分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-00010014-theworld-socc
no title


【サッカー】<レスターFW岡崎慎司>「2ゴールで自信回復」敗戦も地元紙はチーム最高点の評価!
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1474426969/

レスター岡崎慎司「2ゴールで自信回復」敗戦も地元紙はチーム最高点の評価! 

1: 名無しさん 2016/09/21(水) 12:02:49.47 ID:CAP_USER9
[9.20 EFL杯3回戦 レスター・シティ2-4チェルシー]

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは20日、イングランドフットボールリーグ杯(EFL)の3回戦でチェルシーと対戦し、2-4で敗れた。岡崎の2ゴールで90分を2-2で終えたレスターだが、延長に入りMFセスク・ファブレガスに2ゴールを許してしまった。

 公式戦3試合ぶりの先発となった岡崎が意地の2ゴールを決めた。まずは前半17分にヘディングで押し込み今季初ゴールを決めると、同34分には胸トラップから右足ボレーを蹴り込み、マルチゴールを記録。14日の欧州CL初戦ではまさかのベンチ外の屈辱を味わっていた岡崎だったが、さすがの勝負強さを見せつけた。

 チームは敗れたが、10点満点の採点を公開した『レスター・マーキュリー』は岡崎にチーム最高点の8点を付けて評価。「2つのゴールで失われた自信が回復するだろう。粘り強いハードワークを見せた」と称えた。

 その他ではMFダニー・ドリンクウォーターにも岡崎と同じ、チーム最高点の8点を与えている。後半終了間際にレッドカードで退場となったDFマルチン・バシレフスキにはチーム最低点を与え、「レッドカードは擁護できない」と厳しく論じた。

ゲキサカ 9月21日 11時31分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-01631437-gekisaka-socc
no title

【レスター×チェルシー試合結果】レスター岡崎慎司の2ゴールでリードするも延長で逆転され2-4!![全ゴール動画有] 


リーグ杯3回戦
レスター・シティ 2-4チェルシー

■ 得点:
1-0 岡崎慎司(前半17分)
2-0 岡崎慎司(前半34分)
2-1 ガリー・ケーヒル(前半47分)
2-2 アスピリクエタ(後半4分)
2-3 セスク・ファブレガス(延長前半2分)
2-4 セスク・ファブレガス(延長前半4分)

CszYxr_WgAA5iRQ
Cs0hSVcUAAAutx_
動画がリンク切れする場合があります。ご了承下さい


日本代表FW岡崎慎司の薄毛が進行!?イギリス紙も指摘するハゲしさ! 

1: 名無しさん 2016/09/16(金) 11:17:41.19 ID:CAP_USER9
昨シーズン、所属するレスターの優勝に貢献し、今や日本のエースに成長した岡崎慎司。
評価は上がっていくばかりだが、生え際のほうもどんどん上がってしまっていると噂されている。

「薄毛の進行が囁かれだしたのは9月1日と6日に行われたW杯アジア最終予選の練習でのことです。
岡崎は髪をかなり短く切ったのですが、これによって額が後退しているのが明らかになってしまいました。
練習中の写真を撮ったカメラマンによると、彼の頭髪があまりに悲惨なため、武士の情けでボツにしたカットもあったそうです」(スポーツライター)

岡崎は1日のUAE戦に出場。1-2で敗れ、ひどい試合内容だったことから、そちらばかりが目立ち彼の頭髪が注目を集めることはなかった。
ところが、岡崎がイギリスに戻るとレスターの地元紙が薄毛を指摘し、改めて額が広くなったことを白日の下にさらし出されてしまった。

「地元紙は岡崎の写真に『岡崎は髪の毛の半分を失い、日本から戻ってきた』とキャプションをつけて報じました。
本文で彼が散髪に行ったことに触れていますが、実際は薄毛を茶化したいのだと思います」(前出・スポーツライター)

イングランド代表のルーニーも薄毛を指摘され、大金をかけて植毛したことがあった。
同じプレミアリーグでプレーするものとして、彼を見習ってみてはどうだろうか。

http://dailynewsonline.jp/article/1196792/
2016.09.16 09:58 アサ芸プラス
no title

レスターFW岡崎慎司「監督からは『お前はシュートを打つな』と言われた」 

1: 名無しさん 2016/09/15(木) 14:13:40.93 ID:CAP_USER9
 現地時間9月14日、初めてのチャンピオンズリーグ(CL)の試合でクラブ・ブルージュを3-0という大差で破ったのだから、レスターにとっては歴史的な夜になった。しかし、岡崎慎司は遠征にこそ帯同したものの、まさかのベンチ外となった。

「落胆しました」と岡崎は正直な胸の内を語る。

「自分はCLに出たくてヨーロッパに来たわけじゃない。ヨーロッパに来てから、CLに出ないのは損だと思いました。自分が経験していないのは、もうCLぐらいだと思うんです。

やっぱり先発で出てあのアンセムを聴きたい。本当に一般人のようなミーハー心もあります。長谷部(誠)さん、(香川)真司、ウッチー(内田篤人)……。

ヨーロッパで長いことプレーしているのに、CLに出てないのは俺ぐらいになっている。この経験はなかなかできないと思ったら、まさかのスタメン落ちでした。CLを生で観戦したのも初めてです。それはそれで良い経験ですけれど、思っていたのと全然違うなあと思いました」

 初めて見るCL。それは岡崎にどう映ったのだろう。

「スタンドから見たら全然楽しくなかったです。やっぱり、あそこにいるから楽しいんだと思う。そんな複雑な思いもありながら、一気に良い経験をしたなという感じです。今まで、ここまで一気に突き落されたという経験はなかったです」

■再認識したラニエリ監督から求められる自らの役割

 岡崎が先発落ちを知らされたのは試合当日、キックオフ2時間余り前のことだった。昨季のプレミアリーグチャンピオンのレスターだが、今季はリーグ戦で1勝1分け2敗と調子が上がらず、メンバーを変える時期かもしれなかった。それでも岡崎は「最悪でもベンチかな」と思っていた。それだけにせっかくのひのき舞台を目前にベンチ外となったのは、岡崎にとって辛いことだった。

 今回のスタメン落ちで、岡崎はクラウディオ・ラニエリ監督からどう思われているかを再認識したという。

「自分がリバプール戦(10日、1-4)でロングシュートを打ったんですけれど、監督からは『お前はシュートを打つな。昨シーズンはあそこでパスを出して、余計なことをしなかった』と言われた。

俺はもっと点を取りたいという欲があります。でも監督は現状維持でいいと感じていると思います。ベンチ外にされたというのは、自分が悪いというよりは、監督の意志だと思うんです。 
 
僕はそこに立ち向かわないといけない。結果を出して、やっぱり岡崎を使わなければと思わせないといけない。それを再認識させられました」

 昨季、レスターの優勝に貢献した岡崎だが、ハードワークを評価されることより、ゴール数が伸びなかったことを悔しがっていた。それだけに“ゴール”への思いは強い。一方で、ラニエリ監督は、岡崎のFWながらチームへの献身性が高い動きを評価していることが今回あらためてはっきりした。

「(チームへの貢献性を評価されていることに対して)それはあると思うけれど、みんな(チームメート)は一選手なので、俺の気持ちも分かってくれている。それは普通だと思う。監督が求めていることと、選手が求めていることは違いますから。僕は監督が求めていることをやりながら、自分が求めていることをやっていきます。 

俺が結果を出した時は『ホラ見てくれよ』というのが言える。それは日本代表でも一緒です。(9月6日のワールドカップ・アジア最終予選)タイ戦でも、使われず終わりました。でも、使ってくれたら俺は点を取りますよというのがFWだと思います。自分はそこを頑張りたいです」

http://m.sports.yahoo.co.jp/column/detail/201609150001-spnavi

no title


【サッカー】<UEFA-CL>レスターFW岡崎慎司、クラブ史上初のCLでベンチ外!ラニエリ監督が理由明かす!
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1473908627/

ラニエリ監督「高い選手が必要だったから岡崎ではなくウジョアとムサを選んだ。」 

1: 名無しさん 2016/09/15(木) 12:03:47.30 ID:CAP_USER9
 レスター・シティは現地時間14日、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージの初戦でベルギーのクラブ・ブルージュと対戦し、アウェイで3-0の勝利を収めた。

 クラブ史上初のCLの舞台だったが、日本代表FW岡崎慎司はベンチ外となってしまった。岡崎自身にとっても出場すれば初のCLの舞台だったが、試合後にクラウディオ・ラニエリ監督が岡崎をベンチから外した理由を明らかにした。英紙『デイリー・メール』が伝えている。

 クラブ・ブルージュ戦では新加入のイスラム・スリマニとエースのジェイミー・ヴァーディーが先発し、控えのFWにはアフメド・ムサ、デマレイ・グレイ、レオナルド・ウジョアが入り、3人とも途中投入されている。

 また、この試合では右サイドバックにロングスローが得意なルイス・エルナンデスが先発出場している。

 ラニエリ監督は「我々にターゲットマンがいることは重要なことだ。彼(L・エルナンデス)はエリア内に危険なボールを投げることができる」と、L・エルナンデスのロングスローが攻撃のオプションのひとつであったと語り、それが影響して岡崎が外れたと明かしている。

「岡崎がいなくてとても悲しいよ。私はセットプレーで身長の高い選手が必要だったからウジョアとムサを選んだ。だから岡崎をスタンドに残したんだ。5人の選択肢があるのは重要なことだ」

 なお、先制点はL・エルナンデスが放ったロングスローからマーク・オルブライトンが押し込むというラニエリ監督の狙い通りの形から生まれている。

フットボールチャンネル 9月15日 11時4分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160915-00010016-footballc-socc
no title

浅野ゴールに岡崎危機感 このままではチームから削られるのは「俺ら」 

1: 名無しさん 2016/09/08(木) 06:07:17.45 ID:CAP_USER9
スポーツ報知 9月8日(木)6時5分配信

タイ戦でゴールを決め、ジャガーポーズをする浅野(ロイター)

 FW岡崎慎司(30)=レスター=が巻き返しを誓った。6日のアウェー・タイ戦では出場機会がなく、原口、浅野と若手FWがゴールを決めて勝利。このままでは「(チームから)削られるのは俺ら(ベテラン)」と危機感を募らせ、今後は点取り屋としての意識を強く持つ覚悟を口にした。

 タイ戦について「勝つためのサッカーができた」とたたえた後、自らに目を向け「ゴールで力を証明しないと。やることは一つだと思う」と決意を新たにした。代表通算50得点に王手をかけながら、出場2試合連続無得点と足踏み。「CLでもプレミア(リーグ)でもゴールを重ねたい。僕はチームを支える存在になっていかないといけない。圧倒的な存在感を出していかない」と、岡崎のストライカー魂に火が付いた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160908-00000014-sph-socc
no title

不満を抱える岡崎慎司!本田や香川らに注文!「ストレスになった。いろいろ試していくのもあり」 

1: 名無しさん 2016/09/06(火) 10:10:30.71 ID:CAP_USER9
ワントップで出場のUAE戦は不発。思うように崩せないまま、後半21分に浅野と交代

 日本代表は6日にロシア・ワールドカップ最終予選で敵地タイ戦に挑む。日本代表FW岡崎慎司(レスター)は、1-2で敗れたUAE戦での教訓を活かし、巻き返しを誓う。

 1日のUAE戦でワントップ起用された岡崎だったが、不発のまま後半21分にFW浅野拓磨(シュツットガルト)と途中交代し、ベンチに退いた。攻撃陣はチャンスを多く作ったものの、思うようにUAEの守備を攻略できないまま時間が経過し、流れるようなパスワークからの崩しは鳴りを潜めた。その結果、工夫のない単調なクロスが増え、UAE守備陣に簡単に跳ね返された。

「普通にいったら、たぶんハセさん(長谷部誠)とか(大島)僚太の位置で、後ろから早いボールを(香川)真司とかに入れていくのが良かったのかなと。サイドでもそうですけど、結構みんな中央に寄ってしまって、真司が動くスペースがなくて、自分もスペースがなくてっていうある意味、渋滞じゃないけど、そういうふうになったので、そこはちょっとお互いストレスになった部分はあったと思う」

 岡崎は攻撃陣の停滞をそう振り返る。後半32分には、浅野のシュートがゴールラインを超えながらノーゴールと判定される不運があったものの、日本の攻撃が迫力を欠いた点は否めない。日本代表歴代3位の49得点を挙げているストライカーは「(本田)圭佑とかキヨ(清武弘嗣)とかも、もうちょっとサイドに張って、いろいろ試していくのもありかな」と、崩しのバリエーション増加を提言した。

レスターと代表で異なる役割に困惑も…

 所属のレスターでは、俊足が武器のイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが1トップに君臨し、チーム全体としてもシンプルな縦パスからカウンターを狙うスタイルが定着している。岡崎はトップ下のような位置に入り、献身的に守備の役割をこなしながら、ポストプレーで攻撃の中継点となる役割をこなす。代表とレスターでは、プレースタイルに大きな違いが生じているが、「レスターに戻って、広いスペースの中で自分が自由に動けるっていう役割をやりながら、また代表戻ってきたら、狭い中で周りとコンビネーション合わせていかないといけない」と、戦い方の違いに若干の戸惑いを見せている。

 中央攻撃に人数をかけて、細かいパス交換から崩す形は日本のストロングポイントだ。とはいえ、ライバル国が急速に力をつけ始めた今、そのストロングポイントを前面に押し出すだけでは勝利を掴めない。プレミアで揉まれたエースは、チームに柔軟な姿勢とスタイルの再考を求めている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160906-00010003-soccermzw-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索