Samurai Goal

岡崎慎司


スポンサード リンク





今冬移籍濃厚のヘタフェ柴崎、レスター岡崎の新天地は? 

20181106-00000046-tospoweb-000-1-view

レスターのオーナー事故死…岡崎もショック「未だに信じられません」 

20181029-00000077-spnannex-000-5-view

デ・ヘア、バロテッリ、岡崎も…今季限りで契約満了、注目のベスト11とは? 

33228_ext_04_0

岡崎が快勝にツイート「いよいよ親善試合をアウェイでやってかなきゃいけない段階にきてる」 

a6d00ce4c47771d8095087a38076435f




1: 2018/10/16(火) 23:46:12.08 _USER9
◆国際親善試合 日本4―3ウルグアイ(16日・埼玉スタジアム)

 日本が、世界ランク5位のウルグアイを相手に4―3で勝利した。MF南野拓実(ザルツブルク)が前半10分に、3試合連続となる先制ゴール。同28分に追いつかれるも、同36分には大迫勇也(28)=ブレーメン=がこぼれ球を押し込み再び勝ち越す。

後半12分、バックパスを奪われてFWカバニに一時同点弾を許したが、2分後にはMF堂安律(20)=フローニンゲン=が待望の代表初ゴール。さらに同21分には再び南野が決めた。

 同30分に1点差とされたが、このまま逃げ切り勝ち。日本代表が、1996年以来22年ぶりにウルグアイに勝った。ホームで難敵を撃破したが、試合直後にロシアW杯メンバーである岡崎慎司(32)=レスター=が自身のツイッターを更新。「前から言われてきたけど、いよいよ親善試合をアウェイでやってかなきゃいけない段階にきてると思うな」とつぶやいた。

 岡崎のツイートに対し、フォロワーは「南米アウェイ見てみたいです」や、「南米で今日の試合したら、本物っす」などとツイートした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000259-sph-socc

ガラタサライが岡崎慎司獲得に関心か…移籍金2億円程度で交渉がまとまる可能性も 

GettyImages-908284482-800x533

レスターFW岡崎が戦力外…満身創痍でJリーグ復帰の可能性 

GettyImages-908284482-800x533

直接対決が叶わなかった岡崎慎司と武藤嘉紀。見えたプレミアリーグという“世界最高の壁” 

pre18100116030005-p1




1: 2018/10/01(月) 12:24:25.06 _USER9
9月29日に行われたプレミアリーグ第7節のニューカッスル対レスター戦。観客がスタジアムを後にした試合後のピッチに、黙々と汗を流す2人の姿があった。1人は、69分から途中交代で出場したニューカッスルの武藤嘉紀。
もう1人は、ベンチスタートで出番のなかったレスターの岡崎慎司だ。

プレミアリーグでは、出番のなかった選手や出場時間の短かった選手がコンディション維持のため試合後にトレーニングを行うことが多い。この日も、ニューカッスルとレスターの控え選手たちがチームごとにスプリントを繰り返していた。

“日本人ダービー”として注目を集めたこの一戦だが、残念ながら試合の中で2人が相まみえることはなかった。むしろ浮き彫りになったのは、プレミアリーグの難しさと競争の激しさである。

レスターの岡崎は、プレミアリーグ7節終了時点で先発出場は1試合もなく、出番は途中交代での3試合のみ。出場時間はわずか26分だ。ニューカッスルの武藤も出番はすべて途中出場で、先発のチャンスは与えられていない。サウサンプトンの吉田麻也にいたっては、監督交代の煽りを受けて7節まで出番が一度もない。

おそらく3選手とも、プレミアリーグでなければ常にスタメンに名を連ねていてもおかしくはない。ドイツのマインツでレギュラーとして活躍した岡崎と武藤、オランダのVVVフェンロで最終ラインを支え続けた吉田――いずれも欧州のクラブで確固たる地位を築いてからイングランドに渡ってきた。だが、屈指の資金力を背景に世界中で人気のあるプレミアリーグは、そんな精鋭たちが一同に介しているのだ。

■世代交代という波に飲まれる岡崎

3年前に“奇跡のリーグ優勝”に大きく貢献した岡崎だが、レスターが推し進める世代交代の波に飲み込まれている。エネルギッシュなプレーでチームを活性化する岡崎も、来年4月で33歳。
レスターでは、クラブ史上2位の2500万ポンド(約37億円)で加入した21歳のケレチ・イヘアナチョと、同3位の2250万ポンド(約35億円)で加わった21歳のジェームズ・マディソンといった若い力が台頭してきた。

なかでも、岡崎にとって強力なライバルが、イングランドU-21代表MFのマディソンだ。主戦場は岡崎とポジションの重なるトップ下。リーグ戦では7節まで全試合に先発している。フル代表入りも近いと言われ、ニューカッスル戦には同代表のギャレス・サウスゲート監督も視察に訪れた。

マディソンの長所は、確かなパスセンスと高い決定力にある。そんなマディソンとのポジション争いについて、岡崎はどう考えているのだろうか──。ポイントはプレースタイルの違いにあると、岡崎は言う。

「マディソンは、王様的なスタイルでプレーする。彼のところにボールが全部集まるので、マディソン中心のチームになる。僕の場合はボールを受けた後、簡単にはたいて周りを生かす。そういう印象はマディソンにはないので。自分が欲しいところでパスを受ける感じです。だけど、周りを生かせるプレーがあった方が周りもイキイキしてくる」

岡崎は、リーグ優勝を果たしたレスターの象徴的存在だった。チーム全員がハードワークをこなし、前線から激しくプレッシングを仕掛けることで連勝街道を突っ走った。チームの全員が汗かき役。そんなチームだった。

もちろん、今のレスターには、その名残りも見える。だが、昨シーズン途中から指揮を執るクロード・ピュエル監督の下、チームはハードワークを基盤とするプレッシングサッカーから、ポゼッションサッカーにカラーを変えてきた。レスターは今、その変革期の真っ只中にある。

実際、“奇跡のリーグ優勝”のメンバーで、現在も主力としてプレーしてるのはFWジェイミー・バーディーとGKカスパー・シュマイケル、DFのウェズ・モーガンの3人しかいない。MFマーク・オルブライトンやDFクリスティアン・フックスは控えにまわり、DFダニー・シンプソンにいたってはクラブから戦力外通告がなされた。

レスターで押し寄せる世代交代の波──。そう考えると、岡崎の苦戦は今後も続くのではないだろうか。

-続く-

武藤嘉紀、途中出場もニューカッスル未勝利継続…。岡崎慎司不出場のレスターが2連勝 

img_9398377c5de5bed5c279f8005cdf4f59418311




1: 2018/09/30(日) 01:12:20.17 _USER9
【ニューカッスル 0-2 レスター・シティ プレミアリーグ第7節】

 現地時間29日に行われたプレミアリーグ第7節のニューカッスル対レスター・シティは、アウェイのレスターが2-0で勝利した。ニューカッスルの武藤嘉紀は69分から途中出場。レスターの岡崎慎司はベンチ入りしたが、出番はなかった。

 岡崎と武藤がどちらもベンチスタートとなったこの一戦。今季未勝利のニューカッスルはこの試合も厳しい展開となる。

 レスターは30分、相手のハンドでPKのチャンスを得ると、ヴァーディーが決めて先手を取る。

 1点を追うニューカッスルは69分、ペレスを下げて武藤を投入。前線に変化を加える。

 だが、レスターはその直後に追加点を奪った。73分、右からのCKでマディソンが質の高いボールをゴール前に入れると、マグワイアが競り勝ってヘディングでゴール。リードを2点に広げた。

 早くゴールが欲しいニューカッスルは前に出るも、なかなか決定機をつくることはできない。

 結局、試合は2-0のままレスターが勝利を収め、ニューカッスルは今節も初白星をつかむことができなかった。

【得点者】
30分 0-1 ヴァーディー(レスター・シティ)
73分 0-2 マグワイア(レスター・シティ)

9/30(日) 0:51配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180930-00291183-footballc-socc

写真
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180930-00291183-footballc-socc

岡崎慎司はJリーグに帰還すべき?レスターでフィットしない理由とは!? 

1 2018/09/08(土) 23:14:17.15 _USER9
イングランド・プレミアリーグのレスターに所属するFW岡崎慎司(32)が今季限りで退団する可能性が浮上した。7日付の地元紙レスター・マーキュリー(電子版)が報じた。

 岡崎は2015年にドイツ1部マインツからレスターに4年契約で加入した。来年6月で満了となる現契約について、延長交渉は行われておらず、同紙は「(来年)夏にクラブを去る可能性がある」と指摘。「現在、岡崎は32歳。ボールテクニックを有するアタッカーを重宝するピュエル監督の構想にはあまりフィットしていない」と理由をつづった。

 レスターでは、今季加入したイングランドU―21代表のMFジェームズ・マディソン(21)がトップ下のレギュラーとして活躍。ポジションの重なる岡崎は右足首の怪我でチーム合流が遅れたこともあり、リーグ戦でベンチ扱いとなっている。

9/8(土) 22:00配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180908-00000176-spnannex-socc

写真
no title

岡崎慎司“レスター退団”可能性浮上か!!契約最終年である今季、岡崎はどうなるのか... 

2017-08-12-okazaki-le
レスターFW岡崎慎司は、来夏にクラブを離れることが有力なのかもしれない。地元紙『LeicestershireLive』が伝えた。

2015年にレスターへ加入し、4シーズン目を迎えた岡崎。デビューシーズンでは欠かせぬ主力として奇跡のプレミアリーグ制覇に貢献した日本代表FWだが、2017年にクロード・ピュエル監督が就任すると状況は悪化。今季はリーグ戦で未だ2試合、出場時間は28分と厳しいものになっている。

〈続く〉


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180908-00000010-goal-socc


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索