Samurai Goal

岡崎慎司


スポンサード リンク





岡崎慎司が核心つく指摘も…日本人がプレミアリーグで苦戦する“3つの理由” 

スクリーンショット 2021-02-10 22.42.39

武田修宏、岡崎慎司、リトマネン...「ごっつぁんゴール」の名手とそのスゴさ 

スクリーンショット 2021-02-10 16.30.11

リーガ ウエスカの岡崎慎司が先制アシスト! レアルを相手にリードするも逆転され1-2敗戦 

スクリーンショット 2021-02-07 11.41.33




1: 2021/02/07(日) 05:09:00.40 _USER9
【ウエスカ 1-2 レアル リーガエスパニョーラ第22節】

 リーガエスパニョーラ第22節、ウエスカ対レアル・マドリードの試合が現地時間6日に行われた。ウエスカが1-2の敗戦を喫している。

 ウエスカに所属する岡崎慎司は先発出場を果たした。4分、ラファ・ミルがゴール前に折り返したボールに岡崎が飛び込むがシュートはゴール枠内に飛ばず。直後の4分には、ショートカウンターからパスを繋いで最後にラファ・ミルがシュートを放つがゴール左のネットに直撃した。


 対するマドリーも34分、カリム・ベンゼマがシュートしてゴールを狙うがウエスカのGKアルバロ・フェルナンデスが弾き出す。すると48分、右サイドを駆け上がった岡崎がクロスを入れると、パスを受けたウエスカのハビ・ガランがシュートを放ち先制点を決めた。

 しかし55分、ベンゼマがゴール真正面のフリーキックから直接狙ったシュートはクロスバーに弾かれるが、こぼれ球をラファエル・ヴァランが押し込んでマドリーが同点に追いつく。84分には、再びヴァランが得点しマドリーが逆転。ウエスカは1-2の敗戦を喫している。

【得点者】
48分 1-0 ガラン(ウエスカ)
55分 1-1 ヴァラン(レアル)
84分 1-2 ヴァラン(レアル)

https://news.yahoo.co.jp/articles/9c5677280978c727ac0ebf9a91c7c338b2c7e652
2/7(日) 2:05配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20115109
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/67
順位表

岡崎慎司が核心つく指摘も…日本人がプレミアリーグで苦戦する“3つの理由” 

スクリーンショット 2021-02-05 22.30.23




1: 2021/02/05(金) 20:44:23.05 _USER9
「プレミアリーグは、日本人選手にとって鬼門である──」。

 いつからか、そんな風に言われるようになった。プレミアリーグで出場歴のある選手は、稲本潤一、中田英寿、戸田和幸、宮市亮、吉田麻也、香川真司、岡崎慎司、武藤嘉紀の8人。出場機会を求めてリバプールからサウサンプトンへのレンタル移籍が決まった南野拓実を入れると、これまで9選手がプレミアの門を叩いた。

 レスターの岡崎のようにレギュラーとしてリーグ優勝に貢献した選手もいれば、志半ばでイングランドを離れた選手も少なくない。イタリアで大きな実績を残した中田や、ドイツで特大のインパクトを放った香川にいたっては、他国ではトップクラスの結果を残しながらプレミアリーグでは苦戦した。

 では、なぜ日本人選手はイングランドで苦しむのか。3つのポイントから理由を探ってみたい。

【1】「個の力」を重視するサッカー

 1つ目の理由は、プレミアリーグでは「個の力」が重視される点。近年は外国人監督が多数流入し、チーム戦術も緻密、かつ高度になってきたが、戦いの根本にあるのは選手ひとりひとりの「個の力」だ。プレミアは、個人能力への比重が極めて高いリーグだろう。

 実際、ピッチに目を向けると、敵をぶっちぎるスピードや、マーカーを翻弄するドリブル、1対1の局面で当たり負けしない体の強さなど、はっきりとした特長を持つ選手が多い。レスター在籍時の岡崎は、ドイツのブンデスリーガと比べながら、「プレミアリーグの印象」と「日本人プレーヤーの可能性」について次のように語っていた。

「プレミアには、個の力がバケモノみたいな選手がいる。印象で言えば、あまり戦術を気にせず、個の力だけでやってしまう選手が活躍できるリーグ。『どんだけドリブルするねん!』って選手も多いし、それぞれ自分の得意とする形を持っている。ただ日本人は、自分の形を持っていない選手が多い。ドイツでハマるのは、周囲の選手が(日本人選手に)合わせてくれるから。あと、ブンデスには個の力がバケモノみたいな選手がそこまでいないからだと思う」

「自分の場合は、能力を平均的に持っていると思う。ある程度走れるし、体も持つし、ケガにも強い。ただ、プレミアでは、ちょっと抜き出たところで勝負しないといけない。プレミアは、(ひとつの能力が)突出しているような選手ばかりじゃないですか。ドリブルに自信を持っている選手がいたり、それぞれの特徴がはっきりしている。でも、自分の場合は『これだったら勝てる』というのがないんですよね。だから、俺がプレミアで1トップのCFとして勝負するのは無理だなって思う。でも(レギュラーCFの)ジェイミー・バーディーには絶対的な速さがある」

https://news.yahoo.co.jp/articles/061a986bce74ddf6e4ba89ff30acb015890e2c6c
2/5(金) 17:00配信



 

武藤嘉紀が国王杯でダイビングヘッド弾!ウエスカ岡崎慎司は得点演出も3部チームに黒星 

スクリーンショット 2021-01-08 10.38.31

岡崎慎司、2度ゴールネット揺らすも2戦連発弾は幻に…。それでもウエスカが待望の今季初勝利 

スクリーンショット 2020-12-13 12.38.40




1: 2020/12/13(日) 10:05:34.06 _USER9
【ウエスカ 1-0 アラベス ラ・リーガ第13節】

 ラ・リーガ第13節のウエスカ対アラベスが現地時間12日に行われた。試合は1-0でホームのウエスカが勝利した。ウエスカの岡崎慎司は先発出場し、86分までプレーしている。

 前節グラナダ戦で今季初ゴールを記録した岡崎は、負傷明け後初の先発出場。前半から得点を予感させた。


 42分、岡崎は左からのグラウンダーのクロスに合わせてゴールネットを揺らす。しかし、オンティベロスがクロスを入れる際に相手を蹴ってしまったため、得点は認められずに折り返した。

 後半立ち上がりにも岡崎がゴールネットを揺らす。48分、右サイドのスペースを突いてパスを受けた岡崎はペナルティエリア右に持ち込んでシュートを放ち、ニアを射貫いた。だが、こちらはVARでオフサイドが確認されて取り消されている。

 それでも先制したのはウエスカ。66分、左サイドでボールを持ったオンティベロスがドリブルでペナルティエリアに侵入して右足でシュートを放つと、見事ゴール右隅に決めた。

 その後も前半で体を張った岡崎は86分に交代。ウエスカは今季初勝利のために最後まで集中を切らさず、逃げ切りに成功した。

【得点者】
66分 1-0 オンティベロス(ウエスカ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/fb48014b4ab51bb31c54dd97257218e25ec14f47

<FW岡崎慎司>“35m超ループ弾”が「スペイン・リーガ今節ベストゴール」に選出!絶賛の嵐「真の芸術作品」 

a9eca_1399_32a58adc_24275550




1: 2020/12/10(木) 22:11:49.93 _USER9
スペイン1部ウエスカの日本代表FW岡崎慎司(34)が、3―3の引き分けだった6日のグラナダ戦で決めた得点が、リーグ第12節のベストゴールに選出された。

後半19分からピッチに立った岡崎は、同37分に約35メートルのロングループシュートを決めて、スペイン1部初ゴール。
ウエスカの公式ツイッターにゴールシーンの動画がアップされると絶賛の嵐となり、現地でも話題になっていた。

9日には、リーグ公式ツイッターが、動画付きで「初ゴールとなったミドルループ弾が第12節ベストゴールに輝きました」と伝えた。
チームはリーグ戦未勝利(4敗8分け)で20チーム中最下位に沈んでいるだけに、12日のアラベス戦で2戦連発の期待がかかる。日本人ストライカーは、チームを浮上させることができるか。

2020年12月10日 18時10分 東スポWeb
https://news.livedoor.com/article/detail/19359438/

動画
https://www.football-zone.net/archives/297479/2

岡崎慎司の“35m超ループ弾”が「今節ベストゴール」に選出 リーガ公式称賛「真の芸術作品」
https://www.football-zone.net/archives/297479

岡崎慎司、待望のスペイン1部初ゴール!ウエスカは一時2点リードも…終盤の2失点で今季初白星逃す 

1: 2020/12/07(月) 00:18:54.27 _USER9
【グラナダ 3-3 ウエスカ ラ・リーガ第12節】

 ラ・リーガ第12節、グラナダ対ウエスカが現地時間6日に行われた。試合は3-3の同点に終わり、ウエスカが今季初白星を逃した。

 今季未だ勝利のない最下位のウエスカは8位グラナダとアウェイで対戦。FW岡崎慎司は3試合連続のベンチスタート。64分から途中出場を果たし、スペイン1部初ゴールを決めた。


 先制したのはウエスカ。左サイドでボールをキープしたラミレスが中央にクロスを供給。そのクロスにリコがダイビングヘッドで合わせてゴールネットを揺らした。先制に成功したウエスカだったが、グラナダに同点ゴールを許す。43分、相手陣内でボールを奪ったプエルタスがスアレスにパス。スアレスがゴールを決めた。

 同点ゴールを許したウエスカだったが、後半開始早々に勝ち越し。49分、フェレイロの右サイドからのクロスに後ろから走り込んできたフリーのガルシアがダイレクトで合わせ、ゴールネットを揺らした。

 ウエスカ1点リードのまま迎えた82分、岡崎に待望のスペイン1部初ゴールが生まれる。自陣からのオンティベロスのロングフィードを相手がクリアミス。少し離れた位置でそのボールを拾った岡崎がダイレクトシュート。上手くコントロールされたボールはゴールに吸い込まれた。

 その後、モリーナのゴールで1点差に追いつかれたウエスカ。90分にも失点し、終盤に同点に追いつかれてしまう。試合はそのまま終了し、ウエスカは今季初白星を逃した。

【得点者】
21分 0-1 リコ(ウエスカ)
43分 1-1 スアレス(グラナダ)
49分 1-2 ガルシア(ウエスカ)
82分 1-3 岡崎慎司(ウエスカ)
88分 2-3 モリーナ(グラナダ)
90分 3-3 サンチェス(グラナダ)

no title


12/6(日) 23:56
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20201206-00400943-footballc-socc

試合スコア
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20115010

順位表
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/67

リーガ第11節 岡崎慎司は2試合連続途中出場。セビージャに敗れて今季未勝利が続く 7試合 0得点 

1: 2020/11/29(日) 08:29:45.14 _USER9
【ウエスカ 0-1 セビージャ ラ・リーガ第11節】

 ラ・リーガ第11節のウエスカ対セビージャが現地時間28日に行われた。試合は1-0でアウェイのセビージャが勝利した。ウエスカのFW岡崎慎司は72分から途中出場している。

 前節オサスナ戦で復帰した岡崎は、2試合続けてのベンチスタート。この日は0-0で迎えた72分からピッチに立った。


 しかし、相手は強豪セビージャ。今季未勝利のウエスカは、岡崎のところまでなかなかボールが届かない。

 すると、均衡を破ったのはセビージャだった。83分、オカンポスがペナルティーエリア右から折り返すと、エンネシリがニアで合わせてアウェイチームが先制する。

 追いかけるウエスカはアディショナルタイムに岡崎がゴール前のボールに反応する場面があったが、相手DFにブロックされて押し込めず。見せ場は多くなく、0-1で試合は終了した。

【得点者】
83分 0-1 エンネシリ(セビージャ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/06161523cd29539618a8639a80d6aa6c449812ce
11/29(日) 4:23配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/67
順位表

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/67
得点ランキング
no title


no title

ウエスカ、岡崎慎司が1カ月半ぶりに実戦復帰…オサスナと1-1で引き分け今季初勝利はお預け 

スクリーンショット 2020-11-21 8.47.25


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索