Samurai Goal

岡崎慎司


スポンサード リンク





日本代表“ビッグ3”に期待されるパフォーマンスとは? 

img_57cfe0a0e7f5ea06a7ea62c29843c5e4238900
1   2018/05/16(水) 07:11:41.39 _USER9
■連載/元川悦子「ロシア戦記」

2018年ロシアワールドカップ予備登録メンバーの提出期限だった14日、日本代表の西野朗監督は35人を決め、国際サッカー連盟(FIFA)に提出した。

そのリストは非公開となっているが、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督時代から軸を担っていた長谷部誠(フランクフルト)や吉田麻也(サウサンプトン)らに加え、
当落選上と言われてきた本田圭佑(パチューカ)、香川真司(ドルトムント)、岡崎慎司(レスター)の「ビッグ3」も名を連ねた模様だ。

18日には、30日のガーナ戦(横浜)に挑む30人弱が発表され、31日には最終登録メンバー23人が決定する運びとなっている。

が、「ビッグ3」の動向に人一倍、気を配ってきた新指揮官が彼らを外すはずがない。
もちろんコンディション次第ではあるものの、かつての3枚看板を本大会の軸に据えたいという思いは依然として強いようだ。

その3人の現状を改めて見てみると、まず本田は4月29日のアトラス戦で今季メキシコ・リーガMXが終了。5月3日に早々と帰国した。
その後は関東近郊で調整を行い、13日は東京ヴェルディの練習にも参加していたが、12・13日の週末まで公式戦を消化していた他の欧州組に比べると、実戦から遠ざかるのは否めない事実。
負荷の高いトレーニングをこなせていないこともあり、メキシコでのリーグ終盤戦のパフォーマンスをどこまで維持できているか分からない。

一方の香川は、2月10日のドイツ・ブンデスリーガ1部・ハンブルガーSV戦で左足を負傷して以来、3か月間も実戦から遠ざかる羽目になった。
12日の最終節・ホッフェンハイム戦では後半29分からピッチに立ち、復帰を果たしたものの、この16分間のプレーだけではどんな状態かは判断しかねる部分があった。
14日に帰国した際、本人は「みなさんが思っている以上に、ケガの方は問題はないので、そこだけは強調しておきたい」と報道陣に語ったというから、
負傷自体は癒えているのだろうが、本田以上に実戦感覚は不足しているはず。そこは大きな懸念材料だ。

岡崎にしても似たような状況で、2月初旬に右ひざを負傷し、2月10日のマンチェスター・シティ戦から公式戦4試合を欠場。3月にいったんは復帰したものの、
4月に再びひざを痛めて、4月19日のサウサンプトン戦からのプレミアリーグラスト5試合を回避する羽目になった。ピッチに立てないままシーズンを終えたことは本人にとってもダメージは少なくないはず。
「ロシアまであと1カ月あるから問題ない」と考えているのだろうが、シナリオ通りに行くかどうかは、今のところ未知数というしかない。

>>2以降につづく

DIME 5/16(水) 6:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180516-00010002-dime-spo


岡崎慎司、帰国完了!!「呼ばれたらやれる」 自信に溢れるコメント 

1   2018/05/15(火) 19:10:43.37 _USER9
岡崎慎司 代表入りへ意欲「選ばれたら日本の力になる自信はある」
2018.05.15.

サッカーのロシアW杯(6月14日開幕)に向けて、欧州各リーグのシーズンを終えた
日本代表候補選手たちが15日、羽田空港に相次いで帰国した。

自身3大会連続でのW杯を目指すFW岡崎慎司(レスター)は
「選ばれたら日本の力になる自信はある」と逆転でのW杯メンバー入りに意欲を見せた。
左足首痛を抱えており、4月14日のリーグ・バーンリー戦を最後に実戦から遠ざかっているが、
日本代表の西野監督も欧州視察の際には、直接会談するなど状態を気に懸けている。

自身の状態について問われると「コンディション的には、最後の試合には出られなかったんで。
試合には出てないっていう状況ですけど、今までやってきた積み重ねの部分はあるんで。
ちょっとやらなかったからといって壊れるものでもない。(合宿初日の練習から)呼ばれたらやれる」
と話した。

デイリースポーツ on line
https://www.daily.co.jp/soccer/2018/05/15/0011258262.shtml
帰国した岡崎慎司
no title

西野監督「香川、岡崎、選ぶ可能性ある」欧州視察の感想を語る 

20121108-00022369-roupeiro-000-10-view
1   2018/05/08(火) 17:44:37.16 _USER9
サッカー日本代表の西野朗監督がワールドカップロシア大会のメンバー選考に向けたヨーロッパ視察から帰国し、「どの選手もワールドカップに対する気持ちが強くて、選択肢が増えた」と収穫を口にしました。

来月、開幕するワールドカップロシア大会の日本代表については、今月18日に、30人程度の候補選手が発表され、その後、国内合宿や壮行試合を経て、31日に最終的な23人に絞り込まれます。

西野監督は、ヨーロッパのクラブに所属する選手たちの状態を確かめるため、先月27日からイギリスやドイツなどを訪れ、8日午後、羽田空港に帰国しました。

空港で西野監督は報道陣の取材に応じ、ことし3月のベルギー遠征で選ばれなかった選手たちを中心にプレーを見たり、直接会って話したりしたことを明らかにしました。

中でも、けがの影響で、所属クラブで試合に出場していない香川真司選手と岡崎慎司選手については個別に名前を挙げて、「もっとも心配な2人だが、もちろんプレーできれば選ぶ可能性はある」と話しました。

そのうえで、今回の視察について、「試合の出番に恵まれない選手もいるが、練習でプレーの質は維持できているし、どの選手からもワールドカップへの強い気持ちをひしひしと感じた。選択肢が増えた」とメンバー選考に向けた収穫を口にしました。

5月8日 17時37分
NHK NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180508/k10011430881000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

西野監督“ケガ人”招集の可能性を示唆 香川召集の布石なのか? 

1   2018/05/07(月) 06:15:52.73 _USER9
◇プレミアリーグ・第37節 レスター0-2ウェストハム(2018年5月5日)

日本代表の西野朗監督(63)が30日のW杯壮行試合ガーナ戦(日産)に向けた21日からの国内合宿に、左足首痛で離脱中のレスターFW岡崎慎司(32)を招集する可能性を示唆した。
5日のレスター―ウェストハム戦に足を運び、岡崎と会談。今季リーグ残り2試合での復帰は微妙だが、日本に呼び寄せ31日発表のW杯メンバーに入れる可能性を探る方針だ。

レスターの本拠キングパワー・スタジアム。西野監督は左足首痛でベンチ外だった岡崎と顔を合わせた。ハリルホジッチ前監督の解任経緯を説明し、ケガの状態を確認。
「軽くあいさつして、話した」(岡崎)程度の会話だったが、試合後に報道陣に囲まれると、プレミアで今季6得点を記録しているFWへの大きな期待を口にした。

「ハイレベルなステージでやっている。得点を取れていないことはないし、得点だけではない仕事が岡ちゃんのストロングでもある。チームのため、他の選手のため、そういうスピリットが代表には必要」

岡崎は「(西野監督が)来てくれた時点で、駒として考えてくれてると思うし、モチベーションになる」と笑顔を見せた。日本代表に選ばれたのは昨年9月5日のサウジアラビア戦が最後。
ハリル体制下では“冷遇”されたが、実はハリルホジッチ前監督が解任通告された4月7日にボヌベー前コーチがレスター―ニューカッスル戦を視察しており、前体制でも5月の復帰が検討されていた。

レスターは9日のアーセナル戦、13日のトットナム戦で今季日程を終了する。岡崎は「(ケガは)結構、やっかいな場所。やれるなら来週かな」と話すが、残り2試合での復帰は微妙だ。
西野監督は「ハイリスクを負って試合にもっていけば、その後にも影響する」と指摘。30日のガーナ戦に間に合う見通しなら「W杯メンバー入りの可能性は求めたい」と21日からの国内合宿に招集する方針を示唆した。

「名前は関係ない」と過去の実績を選考に反映させなかった前任者とは対照的に、経験値なども参考にして柔軟にメンバーを絞り込む構えだ。

5/7(月) 6:01配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180507-00000042-spnannex-socc

写真
no title

西野監督と面談した岡崎、「プレーで証明しないといけない」招集に意欲的!! 

OkazakiShinji20171219
1   2018/05/06(日) 13:06:03.98 _USER9
<プレミアリーグ:レスター0-2ウェストハム>◇5日◇レスター

 FW岡崎慎司が所属するレスターはホームでウェストハムに0-2で敗れた。

 試合は左足首の怪我で欠場したが、試合前には観戦に訪れた日本代表の西野新監督と直接話をした。「試合前に軽く挨拶をして、話というか報告というか、どういう経緯(だったか)というところも話してもらった。でも、(様子を観に)来てもらっている時点で、自分は(可能性のある)一つの駒として考えてもらっているとは思う。

選ばれるか、選ばれないかは別として、そういう風に見てもらえていること自体が今の自分のモチベーションになる。選ばれた人間がやらないといけない状況というのは分かった。日本代表に入っていないことが続いているが、それでもプレミアでやってきたことが代表の力になるはずだという気持ちもある。最後は自分がプレーで証明しないといけないと思う。それだけ」と代表への思いを語った。

 続けて「3月、4月に入るとやっぱりW杯が見える。W杯(メンバー)に入りたいという意味ではなくて、どっちかというと、こんな状態じゃいけないという焦りもあったりした。

今は(このタイミングで)怪我をして逆に開き直れている。行けなかったら行けなかっただし、行ければ自分の最大限、今季にやれたことで代表の力になれればいいと思う。

とりあえず今は早く復帰して、1つでも試合に出られるようにすること。気持ち的には、呼ばれれば俺にできることはあると思う。あと2試合やり切って、W杯に行くの行かないのか。自分が決めるわけではない(ですけど)」と、リーグ戦残り2試合への覚悟を示した。(山中忍通信員)

5/6(日) 9:11配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-00200420-nksports-socc

岡崎慎司「W杯には魔物がいる」 日本代表に提言する 

thumb-12195-017041-magazine
1   2018/04/17(火) 11:00:35.62 _USER9
4/17(火) 8:01配信webスポルティーバ

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の電撃解任から約1週間が経過したが、日本代表はまだまだその余波に揺れている。衝撃を受けているのは、欧州で戦う日本人選手たちも一緒だ。特にレスター・シティの岡崎慎司の場合は、発表2日前にハリルホジッチ監督の腹心であるコーチのジャッキー・ボヌベー氏が視察に訪れた直後の電撃解任だった。

 もちろん、昨年9月の招集を最後に半年間にわたって日本代表から遠ざかっている岡崎としては、今回の指揮官交代の影響は限りなく大きい。そんななか、岡崎が口を開いた。4月14日に行なわれたバーンリーvs.レスター戦後、「日本代表に入っていないので、個人的には何も言うことはない。代表に入れるかどうかもわからない」と立場を明確にしたうえで、次のように話した。

「難しいところですけど、自分にとっては、こういう変化もひとつのチャンスだと思う。呼ばれていなかった選手としては、他の選手も含めて、みんなモチベーションがグッと上がると思う。(ハリルホジッチ監督の解任は)やっぱり簡単な決断ではないと思うんですけど、それは何回も議論されてきたことだと思う。自分にとっては大きな変化になるかもしれない。個人的には、チャンスとして捉えるべきだと思っています」

 W杯予選を突破した監督が、大会本番の2ヵ月前に電撃解任されるのは極めて異例と言っていい。そして、新たに西野朗監督がどのような戦術で、いかなる人選で大会に挑むのか。それすらもハッキリと見えていない状況にある。

 また、これまで議論されてきた、志向すべきサッカースタイルについても当然、答えは見つかっていない。ハリルホジッチ監督が貫いた縦に速いサッカーなのか。あるいは、ボールをしっかりつなぐサッカーなのか――。

 プレミアリーグという世界最高峰の舞台に身を置く岡崎は、この点についても自身の見解を述べた。W杯開幕まで2ヵ月となったタイミングでハリルホジッチ監督を解任したのなら、目指すべきスタイルをここで議論すること自体が「おかしい」と語る。そして、W杯へのポイントは、今まで蓄積してきたもの、積み重ねてきたものを「融合」することにあると話す。

「僕は『つなぎたい』とか、『速く攻めたい』という議論自体がおかしいと思っている。後ろからつないでいくサッカーを、『世界を相手にしたときにやれるか?』といったら、まったく別問題だと思う。ただ、その融合というか。ある程度つないでから、縦に速いサッカーをする。そういうふうに融合していかないと、世界では勝てないと思う。この状況で監督が交代したなら、『どんなスタイルで行くか?』っていう次元の話じゃない。

 まずは監督が選手を選び、その選手の特徴をチームに当てはめて、力を出し切らせるところで世界と戦っていく。そういう意味では、ハリルさんがやってきたことも無駄じゃない。むしろ、ハリルさんの時期は、今までの概念を破壊してくれるという意味で、すごく大きかった。

 今までやってきたことは、間違いなく無駄ではない。勝つためには守る時間も必要だし、守った後に速く攻めることも大事だと思う。そして、たまにボールをつながないと、早く攻める時間帯も出てこない」

 これまで岡崎は、2010年の南アフリカ大会と2014年のブラジル大会、2度のW杯を経験した。ドイツのブンデスリーガで5シーズンにわたって研鑽を積み、2015年に世界中の猛者が集(つど)うプレミアリーグへ移籍。レスター加入1年目には「奇跡のリーグ優勝」の原動力になった。そして今、プレミア挑戦3シーズン目にある。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180417-00010000-sportiva-socc&p=1

武田修宏「高額で移籍させられる若手を優先起用するので、30歳を超え、転売が難しいレスター岡崎慎司の出場が減るのは自然の流れ」 

1: 名無しさん 2016/09/28(水) 10:37:36.65 ID:CAP_USER9
【武田修宏の直言!!】海外クラブでプレーする日本選手は苦戦しているね。MF香川真司(27=ドルトムント)やFW本田圭佑(30=ACミラン)も先発を外れているけど、なかでもFW岡崎慎司(30=レスター)はほぼ構想外と言ってもおかしくない状況だ。 

 昨季イングランド・プレミアリーグで優勝したレスターは莫大な賞金を手にし、大型補強を実施。特にFW陣はエースのイングランド代表FWジェイミー・バーディー(29)に加え、アルジェリア代表FWイスラム・スリマニ(28)とナイジェリア代表FWアフメド・ムサ(23)を高額の移籍金(2人で約60億円)で獲得。当然だけど、岡崎のチーム内序列は下がってしまった。 

 しかもクラブ側は高額で移籍させられる若手を優先起用するので、30歳を超え、転売が難しい岡崎の出場が減るのは自然の流れ。昨季リーグVに貢献した選手に対し、非情な感じがするけど、プロとして契約社会の欧州では仕方ないかな。ターンオーバー要員で出場した試合では頑張っているし、どんな状況でもチャレンジする姿勢はすばらしいよね。 

 ただ自分の経験談を言うと、カズことFW三浦知良さん(49=J2横浜FC)とコンビを組んでいたヴェルディ川崎(現J2東京V)時代にブラジル人FWの加入で出番が減って、1996年シーズンに磐田へ移籍した。やっぱり選手は試合に出てナンボだし、求められるチームでプレーする方がやりがいもある。

 岡崎も戦力が固まりつつあるチームでは練習で猛アピールしても覆すのは難しい。それにコンスタントに出場機会を得られないと、日本代表にも呼ばれなくなる。岡崎のプレーを望んでいるクラブはたくさんあるから、来年1月の移籍市場に向け検討してもいいんじゃないかな。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160928-00000005-tospoweb-socc
no title

レスター岡崎慎司、出番なしにため息「自分を出したら、安定するだろうっていう試合なのに…。どの展開で俺を出すのか」 

1: 名無しさん 2016/09/28(水) 09:58:02.98 ID:CAP_USER9
<欧州CL:レスター1-0ポルト◇1次リーグG組◇27日◇レスター

FW岡崎慎司が所属するレスター(イングランド)が、ホームでポルト(ポルトガル)を1-0で下した。

ベンチ入りしたが出番のなかった岡崎は試合後、日本人記者の前で立ち止まるといきなりフゥ~とため息。
「いや、もう溜息っすよ。自分を出したら、安定するだろうっていう試合なのに…。どの展開で俺を出すのかという感じ。
出てない選手を信頼してくれないと。もっと前からの守備で(上手く)できたと思う」と悔しがった。
続けて「プレミアリーグもチャンピオンズリーグも戦っていくんだったらローテーションが必要。
別にチャンスがないから苛立ってるわけじゃなくて、ローテーションをうまくしてして欲しいなと思う。
ここまで一気に試合に出られないということになると…。
(2ゴールを決めた)チェルシー戦も良かったわけですし。
自分は何かしら信頼されるために、やらなきゃいけないかもしれないし、でも自分が出来ることは、大きくは変えられない。
たぶん今は我慢の時期なのかなと思う」と話した。

また、29日には日本代表の発表があるが、「今日出れば1週間のペースで出ているという感じだったので、出してくれよとは思っていた。
ただ。もう30歳だし経験があるし、多少出ていなくても使われればできる自信はある。コンディションは全く問題ない」とした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160928-00000030-nksports-socc
日刊スポーツ 9月28日(水)9時18分配信

no title

レスターが2連勝!スリマニのヘッド弾でポルト下す 岡崎はCLデビューならず!! 

1: 名無しさん 2016/09/28(水) 05:53:01.44 ID:CAP_USER9

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節が27日に行われ、グループGでは日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター(イングランド)とポルト(ポルトガル)が対戦した。

 CL初出場のレスターは第1節でクラブ・ブルージュ(ベルギー)と対戦。3-0の快勝を収め、歴史的初勝利を手にした。ホームで迎えるこの試合でもきっちりと勝ち点3を確保し、連勝を飾りたいところだ。岡崎はこの試合でもベンチスタートとなり、2トップにはFWイスラム・スリマニとFWジェイミー・ヴァーディが入った。

 一方、ポルトはホームでコペンハーゲン(デンマーク)とドロー。グループステージ突破に向けて負けられない戦いとなる。スタメンにはMFダニーロ・ペレイラやFWアンドレ・シルヴァらが入ったが、MFエクトル・エレーラとFWヘスス・コロナはベンチスタートとなった。

 試合は序盤からホームのレスターが積極的に攻め込むと25分に先制点を奪う。左サイドのマーク・オルブライトンから大きなサイドチェンジのボールが入ると、右サイドのリヤド・マフレズが切り返しから左足クロスを供給する。ニアサイドのヴァーディは触れられなかったが、ファーサイドのスリマニがダイビングヘッドで押し込み、ネットを揺らした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160928-00497977-soccerk-socc

no title

“走り屋“レスターFW岡崎慎司はビッグマッチにこそふさわしい!英紙「ラニエリは岡崎外したこと後悔しているのでは」 

1: 名無しさん 2016/09/27(火) 23:20:40.82 ID:CAP_USER9
マンU戦では出番なく

レスター・シティを率いるクラウディオ・ラニエリは、24日のマンチェスター・ユナイテッド戦で前節バーンリー戦と同じくジェイミー・バーディとイスラム・スリマニの2トップを採用した。
今夏クラブレコードとなる移籍金で獲得されたスリマニはバーンリー戦で2得点を挙げており、ラニエリもスリマニのパワーや高さに期待しているのだろう。

しかし、この日のレスターはスリマニの高さを活かすシーンすらなく1-4で敗れてしまった。
マンUには67%ものポゼッション率を許し、レスターはなかなか攻撃に移行することができなかった。

一方、スリマニが2得点を挙げた前節のバーンリー戦でレスターは59%のポゼッション率を記録。
バーンリー戦ではボールを支配しながらゲームを進めることができていた。

マンU戦では日本代表FW岡崎慎司に出番はなかったが、英『Manchester Evening News』はラニエリが岡崎をスタメンから外したことを後悔しているのではないかと伝えている。
岡崎がスタメンでも結果は大きく変わらなかったはずだが、岡崎の献身性は中盤の選手を確実に助けることになる。

少しばかり特殊な使われ方になるが、ボールを支配される強豪クラブとの対戦時こそ岡崎は必要な人材になってくるのかもしれない。
さらに岡崎も先日のリーグ杯チェルシー戦では2得点を挙げており、攻撃面でも全く貢献できないわけではない。

果たして今季2度目となる4失点での大敗を喫したレスター指揮官ラニエリは、マンU戦でのスリマニをどう捉えたのか。
マンU戦での後半からはラニエリもスリマニを最前線に置いた[4-1-4-1]を試すなど試行錯誤はしていたが、走り屋岡崎をビッグマッチで起用するのも1つのオプションだろう。

theWORLD(ザ・ワールド) 9月26日(月)18時50分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160926-00010026-theworld-socc

写真
no title


【サッカー】<UEFA-CL>情報ダダ漏れ?レスターの布陣図らしきものが流出!2トップはFW岡崎慎司とFWイスラム・スリマニ
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1474969854/

サッカーch
http://rio2016.2ch.net/livefoot/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索