Samurai Goal

山本雄大


スポンサード リンク





<Jリーグ大誤審>苦悩の1年「自分の審判人生は終わった」消えぬ後悔と決めた復帰 信頼できる判定で恩返し 

1: 2020/05/16(土) 10:17:21.98
no title


昨季のJ1浦和-湘南戦で、選手らの抗議を受ける主審の山本雄大さん(中央)=埼玉スタジアム(写真提供:共同通信社)

 昨季のJリーグで「大誤審」と耳目を集めた試合があった。笛を吹いていたのは、日本サッカー協会(JFA)が「プロフェッショナルレフェリー」として認定する山本雄大さん(37)=京都府木津川市。ゴール場面を「ノーゴール」と判定し、「自分の審判人生は終わった」と自らを責め、悔いた。周囲のサポートで現場に復帰したが、その後も苦悩は続いた。あれから約1年。取材に、当時の心境などを語った。

・ノーゴールと誤診した経緯
no title


≪昨年5月17日、J1浦和-湘南のナイター。浦和が2点先制した前半30分過ぎ、湘南のシュートが右ポストに当たり、左サイドネットを揺らした。ゴールラインを割っていたが、直後にボールは跳ね返り、浦和GKの手に収まった。山本主審はノーゴールと判定。湘南側は猛抗議したが、判定は覆らず。その後、湘南は3点を奪って逆転勝ちしたこともあり、試合は世間に強い印象を残した>

 結果論だが、気の緩みがあったんだろうというのが一番の反省点です。湘南の縦の速いボールが入った瞬間に止まってしまい、本来なら左側に位置取るはずが、後ろからボールを追いかけてしまった。結果、前に選手が4、5人いて、右ポストに当たった後のボールが見えなかった。次に視野に入った時は、浦和GKの手の中。副審からは無線で「入っていない」、その後に「続けて」と入った。
 湘南の選手が喜んでいるし、スタンドの雰囲気は明らかにゴールだが、自分が見えていない情報は自分の仲間からしか取れないし、信用できない。副審も第4審判員も、入った確信を持てなかった。もし審判団の誰かがゴールしたように見えていたなら、集合して話し合えたが、それもできないと判断した。最終的に主審である自分の責任です。

判定に試合は一時中断。スタジアムは騒然となった

 前半が終わり、スタジアムの雰囲気が味わったことのないテンションに満ちていた。(身の危険があるため)4人の審判全員がそろうまでピッチに待機し、一緒に控室に戻った。その時点で映像は見ていないが、これは100パーセント判定が間違っているなと。
 ハーフタイムはトイレにこもりました。自分の審判人生は終わりやと思った。選手も人生を懸けているし、自分も生活が懸かっている。取りあえず、残り45分をやりきることだけに集中しようとした。後半は、自分がどんなレフェリングをしたのか覚えてない。入り込んでいたんでしょうね。

 ≪JFAは映像確認や審判への聞き取りなどを経て、試合の3日後に臨時の審判委員会を開き、山本さんらを2週間の公式戦割り当て停止とした。JFAが審判への措置を公表するのは異例だった≫

 処分のことを考える余裕すらなかった。テレビでも取り上げられ、家族への影響だけ考えた。私は「寝る」「食べる」がしばらくできなかった。フラッシュバックがあり、ずっと後悔。(審判の先輩で)世話になっている扇谷健司さん(JFA審判委員会国際・Jリーグ審判デベロプメントシニアマネジャー)が全面的にサポートしてくれた。自宅近くまで何度も来てくださり、2人で泣いたことも。フィジカルや技術面の復帰プログラムも受けたが、精神面を支えてくれたのが大きかった。

 ≪約1カ月後の6月14日。J1川崎-札幌戦で主審に復帰した≫

 お客さんや選手が「頑張ってね」「お帰り」と声を掛けてくれました。温かかった。サッカーファミリーと思ってくれているのかな。もうミスできないという気持ちで緊張したが、自分で戻りたいと決めたので、もう逃げない。でも昨季が終わるまでは、ミスしたくない気持ちが無意識に働いているのか、思い通りにいかず苦しかった。

 ≪9月、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が2020年シーズンからJ1で導入されることが決定。予定から1年前倒しとなった。山本さんは今季のJ1開幕戦でVARを担当した≫

 (VAR導入への)議論を加速させる発端になったのは私。迷惑をかけて申し訳ない。VARのメリットは、審判団や選手、観客がより安心感を持てること。選手の悪質なファウルも減る。審判は研修も受けており、2年ほどかけていろんな映像を見て議論した。まずは主審が自信を持ってフィールド上で判定することが大事です。最終判定は主審。

5/16(土) 10:04 京都新聞
https://news.yahoo.co.jp/articles/3f8d48d4670fc2a6285234f8957a5cbe0b6e8de3

<Jリーグ誤審問題>前代未聞の“誤審”も主審は毅然としてほしかった…  

1: Egg ★ 2019/05/30(木) 13:57:00.21 ID:0gigSF2S9
 【No Ball、No Life】5月17日のJ1浦和-湘南戦(埼玉)で前代未聞の“誤審”が起きた。

 浦和が2-0とリードした前半31分、湘南のMF杉岡大暉(20)が左足でシュートを放つと、ボールは右ポストを直撃し左ゴールネットに突き刺さった。誰もがゴールを思った瞬間、主審はノーゴールの判定を下し、そのままインプレーとなったのだ。

 2万3221人の観客は騒然となった。記者席から見ていた私も、遠目からでも肉眼でゴールを割っていることを確認できた。収まらない湘南サイドは、主審に猛抗議。ベンチ前で、主審と押し問答を繰り返した。チョウ貴裁監督が「入っていましたよね!!」と言えば、山本雄大主審は「いや、入っていません」。そして約5分後に、試合は再開されたのだが…。

 これまでにも誤審やおかしな判定もあった。それによって有利になったり不利になったり。誤審もサッカーの一部だった。普通は5分も抗議したら、一発退場のはず。湘南のベンチ前では、監督と選手数人が主審を取り囲んでいた。ここで主審は毅然(きぜん)として一発退場の判定を下さなかったのは、なぜなのか。

 判定に自信がなかったのかもしれない。だが主審も副審もノーゴールの判定を下した以上、実際はどうでも、ノーゴールとなる。審判は絶対なのだ。

 たとえば、マラドーナの“神の手ゴール”をゴールと認めた主審も毅然としていた。プロ野球でもかつて二出川延明という名物審判がいた。選手に文句を言われようが、「オレがルールブックだ!!」と一喝。審判にはそれだけの権威がある。あってはならない誤審と、長時間の抗議の受け入れ。二重の意味で、主審は大失態を犯した。

 Jリーグでも、VAR(ビデオ・アシスタント・レフリー)やゴールラインテクノロジーなどの導入が検討され始めている。早ければ2021年シーズンからVARが導入されるという。だが、最終的に判定を下すのは主審。それすら、テクノロジーに任せるという時代がくるのなら、もはやサッカーに審判の存在は必要ない。サッカーの醍醐味(だいごみ)が失われていくようで寂しい。(宇賀神隆)

https://www.sanspo.com/smp/soccer/news/20190529/jle19052912000002-s.html

写真no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索