Samurai Goal

山口蛍


スポンサード リンク





W杯アジア最終予選UAE戦、日本代表MF山口蛍、柏木の“代役ボランチ”として先発へ リオ戦士・大島も待機! 

1: 名無しさん 2016/09/01(木) 05:58:45.03 ID:CAP_USER9
 MF山口が負傷した柏木の“代役ボランチ”として先発する可能性が高まった。

 昨年12月にハノーバーに移籍しながら、約半年で古巣のJ2C大阪に復帰。その際、ハリルホジッチ監督から「A代表の先発は難しいだろう」と酷評されたが、28日には練習後に指揮官から30分間の個人レッスンを受けた。「ボールを奪う点を買われていると思う。自分の良さを出すことを意識したい」と意気込んだ。

 また、リオ五輪で攻撃陣をけん引した大島も「攻撃でアクセントをつけるとか、僕ができることを全力でやりたい」と、出番が訪れるのを待つ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160901-00000002-spnannex-socc
no title

山口蛍だけ汗だく特別メニュー、ハリルホジッチ直接指導!! …イジメ!?? 

618: 名無しさん 2016/08/28(日) 21:45:00.50 ID:cWQSCVcvr
山口蛍だけ汗だく特別メニュー、ハリル監督直接指導
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160828-00000150-nksports-socc

 W杯アジア最終予選に臨む日本代表が28日、関東近郊で練習した。この日は海外組で帰国したばかりのMF香川真司(27=ドルトムント)、MF長谷部誠(32=フランクフルト)、FW浅野拓磨(21=シュツットガルト)ら17人が参加した。
ハリルホジッチ監督は10分間の円陣の中で「最終予選は今まで以上に難しい試合になる」と何度も口にし、1日のUAE戦への士気を高めた。

 国内組のフィールド選手はJ1での試合翌日で、海外組も移動の疲れを考慮しランニングのリカバリーメニューだったが、MF山口蛍(25=C大阪)だけは特別メニューでみっちり練習が組まれた。
ハリルホジッチ監督、コーチを含め6人が山口の練習相手になり、パスやヘディングを含めた技術とフィジカルの特訓を行った。
指揮官が「私の右足につけなさい」と要求し、逆足につけると「ノー」とダメだし。山口は汗だくになり必死に食らいついていた。
no title

セレッソ山口蛍の代表招集に否定的な意見が多いけど山口以上のボランチって誰がいるんだよ!? 

444: 名無しさん 2016/08/25(木) 21:48:00.63 ID:foOpAGZqO
山口に代わる選手が居ない。
批判するなら代案出せよ。山口以下しかおらんのだよ。

no title

山口蛍「セレッソに戻る時、代表には半年は呼ばれない覚悟はしていました。」 

497: 名無しさん 2016/08/16(火) 10:41:36.04 ID:af9p0ft70
山口蛍の悲壮な決意「代表に半年は呼ばれない覚悟」。
欧州からJ2へ、復活への厳しい挑戦
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160816-00010012-footballc-socc&p=1
 今季はメンバーも変わったし、戻ってから今までは若干の遠慮というか、俺が合わせる形になっていた部分があるんで、もっと自分から周りを動かしていってもいいのかなと思う」と山口蛍は自らアクションを起こす必要性を改めて痛感している。

 この苦境でチームの雰囲気を劇的に変える存在感と統率力を示さなければ、わざわざJ2に戻った意味もなくなってしまう。日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督も苦言を呈していた。

「蛍が2部に帰ってくると聞いて『うれしくない』と本人に伝えた。ドイツは2部でもフィジカルの戦いが違う。ドイツで成長するはずの選手だったが、今の状況ではA代表の先発になるのは難しい」と語るように、山口蛍の古巣復帰の選択には、依然として厳しい声も少なくない。

「(ハリル)監督もそうだけど、いろんな人から『早く帰って来過ぎ』とか『逃げて帰ってきた』とか今もすごい言われるし、そう思われてもおかしくない。自分の中ではそれを受け止めているし、そのうえで自分が何を成し遂げていくか、変わっていくかが大事やと思っています」

 山口は自身への批判を認識している。そしてこう強調した。

「俺はセレッソで何も成し遂げてない」

「宇佐美(貴史=アウグスブルク)も浅野拓磨(アーセナル)も、Jリーグで優勝してから出て行った。自分は最高でも4位、どうしても優勝したい気持ちが強い。J2優勝でも、カップ戦でもいいから、とにかくこのチームでタイトルを取りたい。

 ドイツに行ってから、このチームに対しての思いがこんなにもあるのかと分かったし、セレッソのユニフォームを着る自分以外、全然想像できなかった」

 山口をはじめC大阪の選手たちはチーム愛が強い。タイトルを獲らぬまま移籍した後悔はあったのだろう。とはいえ、日本代表のポジションを争う立場としては不利な状況にある。

「(C大阪に)戻ると決めた時、代表には半年は呼ばれない覚悟はしていました。去年は(ハリル)監督も就任1年目だし、自分もJ2・1年目だから呼ばれたけど、今はそう簡単ではない。だからまずJ1にしっかり上がって、代表に選ばれるようなプレーをして戻るのが一番いい。今は代表のことより、チームをどうにかしなくちゃいけないから。

 どこにいても自分自身、意識を変えてやっていけば必ず成長できるはず。J2の方が絶対フィジカル的にはきついし、マイナスにはならへん。今のような、勝ったり負けたりしている状況を抜け出して、勝ち切っていくことができれば、チームも自分も、もう一段階上にいける。ここから連勝すれば再び自動昇格圏にだって上がれる。そう信じています」と山口蛍は率直な思いを切々と口にした。

no title

セレッソ山口蛍のキャッチフレーズが『桜を照らす蛍の光』wwwwwwwwwww 

570: 名無しさん 2016/08/14(日) 17:06:49.40 ID:mYrWp3cM
クニくん先発きた
no title

【画像】セレッソ山口蛍&杉本健勇が『身の程知らず』のTシャツを着るwwwこれが大阪の笑いや! 

960: 名無しさん 2016/08/06(土) 21:45:33.10 ID:WyCh83Oja
これが大阪の笑いや!
no title

セレッソ山口蛍、後輩南野に逆襲指令「もっとできる!中心になって引っ張っていって欲しい」 

1: 名無しさん 2016/08/05(金) 20:20:30.34 ID:CAP_USER9
 J2C大阪の12年ロンドン五輪代表MF山口蛍(25)が5日、リオ五輪代表MF南野拓実(21=ザルツブルク)をキーマンに挙げた。

 この日は大阪市内で7日のホーム横浜FC戦に向けて練習を実施。午前中に行われたリオ五輪代表のナイジェリア戦を観戦した山口は「点を取れる力があるのに、失点がもったいない」と指摘した。

 ロンドン五輪では1-3で敗れた準決勝のメキシコ戦まで4試合無失点。堅守から1次リーグ突破のリズムをつかんだだけに「僕たちは全員でハードワークして守備から入っていた。次までにどこまで修正できるかが大事」と言い切った。

 一方で攻撃については、この日1得点した南野にさらなる活躍を求めた。C大阪で後輩だった21歳について「拓実(南野)はもっとできると思う。もっと拓実が中心になって引っ張っていって欲しい」と、兄貴心をのぞかせた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160805-00000145-nksports-socc

no title

逆張りのセルジオ越後セレッソ大阪復帰の山口蛍に「プロとして当然の選択。恥じる必要は何もない」 

1: 名無しさん 2016/06/30(木) 14:13:04.77 ID:CAP_USER9
清武と山口、昨季ドイツ2部に降格したハノーバーに所属していたふたりの日本人選手が対照的な移籍をした。

まず、清武はスペインのセビージャへ。バルセロナ、レアル・マドリード、アトレティコ・マドリードの“3強”に続くグループのチームで、現在、ヨーロッパリーグ(旧UEFA杯)3連覇中の強豪だ。来季はチャンピオンズリーグにも出場する。清武にとっては間違いなくステップアップ。ドイツでの4シーズンのプレーが評価された上での移籍だし、日本サッカー界にとって明るいニュースだね。

移籍金の額(約8億円)から考えても、彼は“エース”として迎えられたわけじゃない。ドイツ2部に降格するチームとスペインで上位を争うセビージャではレベルの差が大きいし、最初はサブ扱いだろう。でも、セビージャはカップ戦など試合数も多いから、チャンスは必ずもらえる。そこで結果を残せるかどうか。

これまでスペインでは城、西澤、大久保、(中村)俊輔など多くの日本人選手がプレーしてきたけど、いずれも目立った成績を収められなかった。

また、欧州のクラブで活躍して、そこから強豪クラブへステップアップを果たした選手でいえば、ヒデ(中田英)や香川がいるけど、いずれも先発の座を奪うまでには至らなかった。今回の清武の挑戦も簡単ではないと思う。

でも、強豪のセビージャで活躍できれば、さらなるビッグクラブへの道も開ける。日本代表での序列も変わる。ぜひ壁を乗り越えてほしい。
一方、山口はC大阪(J2)に復帰。今年1月に完全移籍でチームに加わったものの、故障もあって半年足らずで6試合の出場にとどまっていた。

彼の決断について「何をしに行ったんだ」「考えが甘い」などと批判する声もあるようだけど、僕はそうは思わない。以前から言っているように、サッカー選手は試合に出てなんぼ。練習だけでは成長しないし、すぐにさびついてしまうもの。出場機会を得られなければ、自分を必要とするチームに行くのは、プロとして当然の選択だ。

2部に降格するくらいだからハノーバーのチーム状況や雰囲気はよくなかったはず。また、何があったのかは本人に聞いてみないとわからないけど、このままチームにとどまっても、自分の置かれた悪い状況は変わらないと感じた部分があったのでは。

山口の場合は清武と違ってドイツでの実績もないから、欧州で新天地を探すのも難しい。そう考えると、Jリーグ復帰は現実的な選択肢。半年での帰国を恥じる必要は何もない。

宇佐美(G大阪→アウクスブルク)のようにJリーグ復帰を経て、再び欧州に渡る選手もいる。金崎(鹿島)、槙野(浦和)のように、欧州に再挑戦しなくても日本代表に定着する選手もいる。すべては考え方次第だよ。

山口はC大阪への復帰会見で、「欧州再挑戦はもう、ない」と言っていたけど、Jリーグでまたいいプレーを見せられるようになれば、気持ちが変わるかもしれない。そうなったら再挑戦すればいい。それだけの話。

個人的には、彼のJリーグ復帰に異論はないんだけど、仮にも日本代表の選手が「J2でいいの?」という疑問はある。それでも決まった以上は、C大阪のJ1復帰、そして、ロシアW杯での活躍を目指して、新たな気持ちで頑張ってほしいね。

(構成/渡辺達也)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160630-00067286-playboyz-socc
no title

山口蛍に優しいセルジオ越後「海外の文化に合う・合わないは、どうしてもあるからね! でもおめおめと日本に戻れるかという気概を見せて欲しかった」 

1: 名無しさん 2016/06/23(木) 20:47:06.27 ID:CAP_USER9
◆山口の苦労は十分に理解できる。ただ、「甘えるな」とも言いたいよ。

 6月19日、ドイツ2部のハノーファーに所属する山口蛍が、古巣のセレッソ大阪に復帰した。昨年12月末に移籍し、リーグ戦の出場は6試合。約半年での復帰はあまりに早すぎる。まるでドイツに短期留学したかのようだね。
 
 本人としては、釈明したい気持ちで一杯だろう。3月29日のワールドカップ予選・シリア戦で負傷(鼻骨骨折及び左眼窩底骨折)し、ハノーファーは2部に降格。さらに本人曰く、「家族の事情」といろいろ重なった。
 
 もしドイツの水が合わず、家族の問題もあったならば、仕方がない部分はある。外国籍選手も日本に来て馴染めないケースがあるし、山口にとって移籍は初めての経験だった。文化に合う・合わないは、どうしてもあるからね。
 
 また、日本代表でキャプテンを務める長谷部誠、元日本代表の細貝萌にしても、ボランチでの定位置確保に苦労している。ポジション的に考えても、ボランチで結果を残すのは決して簡単ではない。そういう意味で、山口の苦労は十分に理解できる。
 
 ただ、それでも「甘えるな」とも言いたいよ。セレッソでJ2降格(14年)を経験し、ハノーファーでも2部に降格。3年間で二度も降格の屈辱を味わい、プロとして悔しさはないのかな。「おめおめと日本に戻れるか」という気概を見せて欲しかった。
 
◆それにしても、数多くの疑問が残る。
 
 まず、なぜ古巣のセレッソにすんなりと復帰できたのか。レンタルではなく、完全移籍でハノーファーに移籍したのだから、古巣以外が獲得に名乗り出てもいいよね。
 
 ブラジル・ワールドカップに出場し、ハリルホジッチ体制でも代表に招集されている選手だよ。他のチームが“欲しい”と考えるのは自然の流れ。でも実際は、他クラブの噂など一切出ず、本人がセレッソに戻りたいという意志を示し、そのまま決まった。
 
 これは冷静に考えると不思議だ。現役代表ボランチを、どのクラブも欲しくなかったということ? それはあり得ないよね。資金的に考えても、ガンバやレッズ、FC東京をはじめ、複数のクラブは動けたはずだよ。

 それが蓋を開ければ、端からセレッソ復帰の一本化で話が進んでいた。裏で取り決めがないと、こんなとんとん拍子にいかないんじゃないかな。 

半年で50万ユーロの損失。ビジネス面で考えれば「セレッソは何をしているんだ」となるよね。

 それから、山口の移籍をビジネスと考えれば、セレッソはどれだけの損失を出しているのか。
 
 ハノーファーへ完全移籍した際の移籍金は100万ユーロ(約1億1800万円)、6月にセレッソへ完全移籍で復帰した際の移籍金は150万ユーロ(約1億7800万円)とも言われる。
 
 選手を“商品”と考えれば、今年1月にある商品を100万ユーロで売り、6月に同じ商品を150万ユーロで買い戻した。
 
 半年で50万ユーロ(約6000万円)の損失。ビジネスの面から考えれば、「セレッソは何をしているんだ」となるよね。一般企業でこんな経営をしていたら、株主総会で社長は糾弾されるんじゃないかな。
 
 とはいえ、これには選手のエージェントも絡んでいる。唯一、彼らだけが“商品”を動かし、上手く利を得た。裏で上手く立ち回ったと言えるね。

つづく

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160623-00016931-sdigestw-socc&p=1
no title

山口蛍のハノーファーでの全戦績wwwwwwwwww 

60: 名無しさん 2016/06/21(火) 10:44:00.73 ID:qpDWhVoz0
ハノーファーでの全戦績

1/30 0-3 フル出場
2/06 0-1 前半35分OUT
2/27 2-1 フル出場
3/01 0-4 フル出場
3/05 1-4 前半36分OUT
3/19 0-1 後半24分OUT

以上

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索