Samurai Goal

尹晶煥


スポンサード リンク





ジェフ千葉、尹晶煥氏の来季監督内定を発表。17年にはセレッソを2冠に導く  

20191124-00349638-footballc-000-2-view[2]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/24(日) 21:34:49.43 ID:W5gOoe8D9
J2のジェフユナイテッド市原・千葉は24日、2020シーズンからの尹晶煥(ユン・ジョンファン)氏の監督就任が内定したことを発表した。クラブの公式サイトで発表されている。

千葉は今季開幕から4試合で未勝利となり、今年3月にフアン・エスナイデル監督を解任。
後任には江尻篤彦監督が就任した。だが、その後チームを立て直すことができず、今季はJ2で17位に終わった。
今月11日に千葉は、江尻監督の今季限りでの退任を発表していた。

尹氏は2017年にセレッソ大阪の監督に就任。J2から昇格した同クラブをルヴァンカップと天皇杯の2冠に導いた。
その年のC大阪は、J1でも3位に入りアジアチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。
その後2018年11月に契約満了により、C大阪の監督を辞任した。2019年4月からはタイのムアントン・ユナイテッドで指揮を執ったが、成績不振によりわずか2ヶ月で解任されていた。

尹氏は千葉を11年ぶりにJ1へ昇格させることができるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191124-00349638-footballc-socc
11/24(日) 20:58配信

https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j2/data/standings/
順位表

主力流出のC大阪、何が起きたのか?「監督の鬼軍曹的なやり方を嫌う選手も少なくなかった」 

6587




1: 2019/01/15(火) 19:34:24.34
2019年Jリーグ開幕カードが11日に決定。セレッソ大阪は2月22日にヴィッセル神戸とJ1開幕戦を本拠地・ヤンマースタジアム長居で戦うことになった。
2018年シーズン末はアカデミー出身の山口蛍や杉本健勇、山村和也が次々と移籍。クラブの先行きが懸念される状況になった。

2018年までの2シーズンはご存じの通り、クラブレジェンドの尹晶煥監督が指揮を執った。
その1年目だった2017年は、J1復帰初年度ながらいきなり3位に躍進。ACL出場権を獲得すると同時に、ルヴァンカップと天皇杯の2冠を達成した。

1995年のJリーグ参入以来、長くタイトルを追い求めてきたクラブにとって、悲願達成のシーズンとなった。
ところが、2018年はJ1こそ7位に滑り込んだものの、ACLはグループステージで早々と敗退。天皇杯はベスト16、ルヴァンカップも8強で敗れてしまった。

「オフが短い状態でいきなりシーズンに突入し、ACLとJリーグの過密日程を強いられたのが厳しかった。ワールドカップ中断明けの夏場に勝てなかったのも苦しかった」と尹監督は振り返っていたが、
1年目の大成功を考えたら指揮官の続投は当然のはず。しかしクラブはシーズン終盤の早い段階で韓国人指揮官の退任を決断。東京ヴェルディを2年間率いてJ1昇格プレーオフ連続出場へと導いたミゲル・アンヘル・ロティーナ監督の招聘に踏み切ったのだ。

「尹監督は就任直後に朝6時からの早朝トレーニングを含む3部練習を行うなど、厳しい指導で有名でした。しかし、アカデミー出身選手の多いセレッソは『華麗で楽しいサッカー』を好む傾向が強く、
尹監督の鬼軍曹的なやり方を嫌う選手も少なくなかった。結果は出ていたものの、1年目から不穏な空気が漂っていたのです」とあるJリーグ関係者は語る。

ただ、一番の火種となったのは、尹監督とセレッソの看板・柿谷曜一朗の関係がギクシャクしてしまったことだと囁かれている。

あるマスコミ関係者は、ふたりの関係について、こう話す。
「尹監督は大型FWの重用が顕著で、最前線の柱には杉本健勇(今オフに浦和移籍)を据えた。当初は彼と柿谷とタテ関係の2トップで使っていましたが、うまく機能しなかったこともあり、
鹿島アントラーズ時代にDFやボランチとして起用されていた山村(今オフに川崎移籍)をFWにコンバート。杉本と2トップを組ませるようになったんです。

それで結果が出始めたことから、柿谷を左MFのポジションに移動させたものの、そこには2017年2月にスペインのセビージャから復帰した清武弘嗣がいました。欧州で一定の成功を収めた清武に対する尹監督の信頼は絶大で、
徐々に柿谷がベンチに回されるようになっていった。自身の序列が下がることを彼は納得いかなかったと思います

 このマスコミ関係者の臆測かもしれないが、確かにそれを伺わせる状況もあった。2017年11月のルヴァンカップ決勝・川崎戦、2018年元日の天皇杯決勝・横浜FM戦を振り返ってみても、柿谷は2戦連続で途中交代。
タイトル獲得の瞬間をピッチ上で味わえなかった。

「『2試合続けてベンチで応援するとは思わなかった。来年の契約はまだしてません』と柿谷は天皇杯優勝後に不満をにじませていました。『どこへ行くの?』と記者に聞かれて
『(以前プレーした)バーゼルに行こうかな』と冗談半分で言っていたけど、移籍願望が強まっていたのは、傍目から見てもよく分かりました」(前出のマスコミ関係者)

 どうやら尹監督と柿谷の確執は、2018年シーズンに入ってさらに大きくなってきたようだ。そして柿谷は夏の移籍市場でかつてのセレッソ指揮官、レヴィ―・クルピ監督が率いていたガンバ大阪への禁断の移籍を決断。
その意向をチームメートに伝えていたという話も出ていた。

「移籍話は最後の最後で流れ、柿谷は残留することになったようです。というのも、セレッソ側が『どうしても残ってほしい』と泣きついたからだと言われています。柿谷は4歳からスクールに通い始め、
U-15、U-18を経てトップに上がり、日本代表入りして2014年ブラジルワールドカップに出た生え抜きのエリート。『セレ女ブーム』のけん引役にもなり、クラブにも大きな利益をもたらした。

つづく

全文 アエラ 1/15(火) 16:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190114-00000020-sasahi-socc&p=1

C大阪・尹晶煥前監督“勝てる集団”づくりの2年間 監督業継続へオファー待つ中古巣を心配 

20181219-00000135-spnannex-000-2-view

<セレッソ大阪>尹晶煥監督が今季限りで退任 後任はJ2東京Vのロティーナ監督有力 

21030_ext_04_0




1: 2018/11/19(月) 18:40:47.10 _USER9
J1C大阪は19日、尹晶煥監督(45)と来季の契約を更新しないと発表した。17年に就任した尹晶煥監督とは2年契約を結んでおり、今季で契約満了となる。

今季の公式戦終了までは尹晶煥監督が引き続き指揮を執るとしている。後任について「決まり次第あらためてお知らせいたします」としているが、
J2東京Vのミゲル・アンヘル・ロティーナ監督(61)の就任が有力となっている。

尹晶煥監督は就任1年目の昨季、ルヴァン杯を制してクラブ史上初のタイトルを各都市、天皇杯との2冠を達成した。
だが、今季はアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で1次リーグ敗退を喫し、ルヴァン杯と天皇杯も敗退。リーグ戦も2試合を残して8位と無冠に終わっている。

C大阪は「尹晶煥監督の二年間の功績に感謝申し上げます」とコメントした。

11/19(月) 18:28配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00000109-dal-socc

今季限りで退任決定的も…C大阪 当面は尹晶煥体制継続へ 

m_soccerdigestweb-21030


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索