Samurai Goal

尚志


スポンサード リンク





【高校サッカー】徳島市立がPK戦で尚志撃破!J内定3人擁する帝京長岡や富山一などが3回戦へ:2回戦第2試合 

20200102-43476463-gekisaka-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/02(木) 16:10:55.82 ID:F1YRkm369
第98回全国高校サッカー選手権は2日、2回戦第2試合を行い、帝京長岡高(新潟)と富山一高(富山)、初出場・今治東中等教育学校(愛媛)などが3回戦進出を決めた。

Jリーグ内定者を3人擁する帝京長岡は熊本国府高(熊本)と対戦。MF田中克幸(3年)と京都内定MF谷内田哲平(3年)、町田内定FW晴山岬(3年)の得点により3-0で初戦を制した。
今夏インターハイ準優勝の富山一は左CKからDF丸山以祐(3年)がヘディングシュートを沈め、神村学園高(鹿児島)に1-0で競り勝った。

初出場の今治東は山形中央高(山形)と対戦し、FW高瀨太聖(2年)の2ゴールにより選手権初勝利。
四日市中央工高(三重)は後半2分に鳥取内定FW田口裕也(3年)のゴールで追いつくと、21分にはMF森夢真(3年)が決勝点を挙げ、松本国際高(長野)を2-1で退けた。

一方、鹿島内定FW染野唯月(3年)を負傷で欠く前回ベスト4の尚志高(福島)は、インハイ8強の徳島市立高(徳島)とスコアレスのままPK戦に突入。
PK3-4で敗れ、初戦敗退となっている。

なお、3回戦は明日3日に行われる。

【2回戦】
(1月2日)

専大北上 0-0(PK5-6)國學院久我山

[ゼットエーオリプリスタジアム]
鵬学園 1-1(PK4-3)京都橘
[鵬]坂本健太(80分)
[京]松本永遠(53分)

矢板中央 2-1 大手前高松
[矢]靏見拳士朗(32分)、左合修土(55分)
[大]片上椋太(37分)


帝京長岡 3-0 熊本国府
[帝]田中克幸(19分)、谷内田哲平(25分)、晴山岬(68分)


松本国際 1-2 四日市中央工
[松]小林丈太郎(20分)
[四]田口裕也(42分)、森夢真(66分)

山形中央 0-2 今治東
[今]高瀨太聖2(25分、56分)

[浦和駒場スタジアム]
昌平 2-0 興國
[昌]須藤直輝(46分)、鎌田大夢(51分)

富山一 1-0 神村学園
[富]丸山以祐(15分)


仙台育英 1-0 高川学園
[仙]吉田健太(72分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200102-43476463-gekisaka-socc
1/2(木) 16:09配信

高円宮杯U-18サッカープレミアリーグEAST 尚志・染野唯月ハットデビュー Jスカウト前で強さ発揮  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/07(日) 10:01:18.79 ID:b5egCca49
<高円宮杯U-18サッカープレミアリーグEAST:柏0-3尚志>◇第1節第1日◇6日◇東京・AGFフィールド

尚志(福島)エースFW染野唯月(3年)が、ハットトリックでプレミアデビューした。

1月の高校選手権準決勝以来のゴールラッシュに「プレミア上位、インターハイと選手権は優勝で終わりたい。
プロに行くために何ができるか。注目されている方が、やってやろうという気持ちになれます」。
11年の同リーグ創設年以来の復帰舞台開幕戦で3-0の勝利に貢献した。

Jリーグのスカウト陣が多数訪れる前で、存在感を際立たせた。前半25分に直接FKを右足で決めた。
柏U-18の激しいマークにも負けず、後半34分には強さと得点への意識の成長を披露。
中盤でロングボールを競り勝って仲間に頭でパスを供給すると、すぐに立ち上がってゴール前へ走った。左クロスに高い打点でヘッド。
「ヘディングがうまいと言われてきたが、起点となった後にゴール前に入る課題を克服できた」と会心の表情で喜んだ。

同40分には縦パスを受けてドリブルで独走。相手GKの動きを見て、冷静に流し込んだ。「点を取ってチームを助けることが自分の仕事。いろいろなパターンで得点できたことは自信になります」。
仲村浩二監督(46)からも「格の違いを見せてくれた」と賛辞を贈られた。

11日からは日本高校選抜の欧州遠征直前合宿に合流し、デュッセルドルフ国際ユース大会(18日開幕、ドイツ)に挑む。
プレミアリーグは直近2試合に欠場するが「尚志、日本の代表として、責任や誇りを持って、世界に通用するかを試しながら優勝を目指したい」。次は日本のエースとして躍動する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190406-04060931-nksports-socc
4/6(土) 19:31配信

no title

https://amd.c.yimg.jp/im_sigg.jonqyF4S4YhMMutzC.kig---x400-y267-q90-exp3h-pril/amd/20190406-00057427-theanswer-000-1-view.jpg

<高校サッカー選手権>青森山田や尚志が躍進した東北勢が断トツの1位!「地方別の勝率ランキング」  

img_dd6ec0b9cc2e3780bc13b33c38a8ec93107786




1: 2019/01/19(土) 10:12:34.69
3つの地方が1勝も挙げられず…。

 第97回全国高校サッカー選手権は、決勝で流経大柏(千葉)を3-1で下した青森山田が2年ぶり二度目の栄冠に輝き、幕を閉じた。
 
 その青森山田を筆頭に、7年ぶりにベスト4入りを果たした尚志(福島)、32大会ぶりに8強に進んだ秋田商など、際立ったのは東北勢の躍進だ。仙台育英(宮城)も初戦を突破し、東北6県代表の今大会の通算成績は13勝5敗。勝率は70パーセントを超えている。
 
 では、東北勢以外で好成績を残したのはどの地方だったのか? 他の地方も同様に勝率を算出し、ランキングを作成した。
 
●今大会の地方別勝率ランキング

1位・東北地方/72.2パーセント(13勝5敗)
2位・北信越地方/61.5パーセント(8勝5敗)
2位・中国地方/61.5パーセント(8勝5敗)
4位・関東地方/52.6パーセント(10勝9敗)
5位・北海道地方/50.0パーセント(1勝1敗)
6位・九州地方/46.7パーセント(7勝8敗)
7位・関西地方/0パーセント(0勝6敗)
7位・東海地方/0パーセント(0勝4敗)
7位・四国地方/0パーセント(0勝4敗)
※PK戦も1勝(1敗)でカウント
 
 勝率が2位で並んだのは、北信越勢と中国勢だ。北信越勢は帝京長岡(新潟)が準々決勝に駒を進め、星稜(石川)と丸岡(福井)も2勝を挙げた。
 
 中国勢では、初出場の瀬戸内(広島)が4強入りを果たす快進撃。その瀬戸内に3回戦で敗れた岡山学芸館と、同じく3回戦で矢板中央(栃木)に惜敗した立正大淞南(島根)が、それぞれ2勝を挙げている。

【選手権PHOTO】青森山田3-1流通経済大柏|檀崎が圧巻の2ゴール!青森山田が2度目の優勝!流経大柏は2年連続の準優勝に

 また、関東勢は流経大柏(千葉)が準優勝、前述の矢板中央、日本航空(山梨)がそれぞれ8強と上位進出を果たしたが、インターハイ準優勝の桐光学園(神奈川)や東京勢の2校が初戦で敗れるなど明暗が分かれた。九州勢は6チームが初戦を突破したものの、8強入りしたチームがなかった。
 
 一方で、関西勢、東海勢、四国勢は今大会、初戦を突破することができなかった。

1/16(水) 6:00 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190116-00052827-sdigestw-socc

「今までのFWと違う」「いてほしくないタイプ」青森山田も驚き隠せず…絶賛された尚志FW染野唯月  

1: 2019/01/12(土) 23:38:25.54
1.12 選手権準決勝 尚志高 3-3(PK3-4)青森山田高 埼玉]

対戦した者だから分かるものがある。青森山田高(青森)の選手、そして指揮官は認めた。
尚志(福島)FW染野唯月(2年)の能力の高さを――。

染野はまさに圧巻のプレーを披露した。
前半26分にセットプレーから1点目を奪うと、後半23分には青森山田3選手をワンフェイクで手玉に取って2点目。
さらに同30分にはスルーパスから冷静に流し込んでハットトリックを達成した。得点だけではない。
空中戦での強さを発揮し、抜群のスピードで裏へ抜け出すなど、攻撃の核として存在感を放ち続けた。

対峙したのは福岡内定が発表されているDF三國ケネディエブス(3年)だったが、染野の対応に苦戦した。
「今までやってきたFWとはちょっと違う」と表現した三國は、「ヘディングも強いし、技術もある。背後に抜け出すタイミングや足元で受けるタイミングが一味違うと感じた」
と多くの引き出しを持つストライカーの能力の高さを実感。
特にゴール前でのワンフェイトで仲間3人が置き去りにされた場面では、
「絶対に打つであろうところで切り返した。
飯田(雅浩)も決められた直後に『これはしょうがない』と言っていたので、皆が認めるほどのうまい選手だった」と脱帽するしかなかった。

ゴールを守ったキャプテンのGK飯田雅浩(3年)も、「同じ選手に2点を取られたら相当警戒するけど決められた。高校生になってから初めてのハットトリック。
何でもできるオールラウンダーなプレーヤーだった」と驚きを隠せない。
「2年生とは思えないくらい伸び伸びとプレーしていた。プレミアでも戦ってきたけど、一番相手にいてほしくないタイプのFW。
競り合いでケネディはほぼ勝ってくれるけど、染野くんはヘディングも強く、五分五分だったり、ケネディが劣勢になる場面もあった。そういう場面はプレミアではあまり見ない」。

そして、青森山田を率いる黒田剛監督も「彼はヘディングが強いし、背後を取るのもうまく、足元も長けている。
背後を警戒してラインを下げ過ぎたとこを確実に足元で受けて仕掛けられたり、きちっとサイドにボールを配球できたり、最後は冷静にゴールも決められた。やっぱりうまかった」と賛辞を惜しまなかった。

J内定者も、キャプテンも、指揮官も認める怪物ぶり。
しかし、染野はまだ2年生だ。伸びしろが十分だからこそ、飯田は「染野くんは来年もある。
本当に来年の青森山田からしても脅威になる選手だと思う」と話す。
将来性豊かなストライカーは、来年度も全国で猛威を振るうことになりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190112-17707463-gekisaka-socc
1/12(土) 22:00配信

no title

https://amd.c.yimg.jp/im_sigg0c2vyT36DX7Xd7bya8uJbA---x400-y267-q90-exp3h-pril/amd/20190112-00052649-sdigestw-000-9-view.jpg
https://pbs.twimg.com/media/Dwr0iydV4AU8hCh.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=CoI5a9kNmJw


<高校サッカー>終了3分前に交代出場小松が同点弾!青森山田が3-3、PK戦の激闘制し2年ぶりの決勝進出 

201901120000210-w500_0




1: 2019/01/12(土) 14:35:17.89
[1.12 選手権準決勝 尚志高 3-3(PK3-4)青森山田高 埼玉]

 青森山田が激闘を制して決勝進出! 第97回全国高校サッカー選手権は12日、準決勝を行い、青森山田高(青森)が3-3で突入したPK戦の末、4-3で尚志高(福島)に勝利。優勝した16年度大会以来2年ぶりとなる決勝進出を果たした。

 第39回大会の遠野高(岩手)対秋田商高(秋田)以来、58年ぶりとなる準決勝での東北勢対決。プリンスリーグ東北優勝の尚志とプレミアリーグEASTで高体連最上位の2位に入っている青森山田との“東北頂上決戦”は、青森山田が制した。

 立ち上がり、尚志が左SB沼田皇海(3年)の左足プレースキック、青森山田はMF澤田貴史(3年)のロングスローからゴールに迫るシーンがあったが、互いに守備意識高くシュート数を増やすことができない。

 両校ともに相手の前線の選手に起点を作らせず、SHも献身的にプレスバック。そして、攻撃では後方からビルドアップし、コンビネーションで相手の守りを打開しようとするが、前半は巧さよりも互いの守備の堅さが目立つ試合になった。

 拮抗した試合のスコアを動かしたのはセットプレーだった。前半26分、尚志は相手にとって嫌な存在になっていたMF加瀬直輝(3年)が右サイドでFKを獲得。これを沼田が左足でゴール方向へ入れると、マークを振り切ってニアへ飛び込んだU-17日本代表FW染野唯月(2年)が右足ダイレクトで決めて先制した。

 その後もFW伊藤綾汰(3年)のドリブルシュートなどで追加点を狙う尚志に対し、青森山田は右MFバスケス・バイロン(3年)の個人技やMF武田英寿(2年)の左足パスを活用して同点を目指す。

 そして後半11分、青森山田が同点に追いつく。巧みなファーストタッチで相手CBと入れ替わったバスケスが右サイドを独走。そのままPAへ侵入すると、後方からファウルで倒されてPKを獲得した。キッカーのU-18日本代表MF檀崎竜孔(3年、札幌内定)はGKが先に動くのを見極めてから右足シュート。これがゴールネットを揺らして1-1となった。

 この後、青森山田MF檀崎、尚志MF伊藤がともに決定機を迎えるがシュートは枠外。次のチャンスをものにしたのは青森山田だった。17分、相手の守りを揺さぶってから檀崎が左CKを蹴り込む。これを192cmのU-19日本代表CB三國ケネディエブス(3年、福岡内定)がGKの前で合わせて2-1。だが、尚志がここから逆転する。

 22分、右サイドの加瀬の折り返しを受けた染野が、切り返し一発でDF2人とGKの逆を取る。そして、左足シュートをゴールに流し込んだ。さらに30分、尚志は左中間で伊藤、加瀬と繋ぐと、加瀬がダイレクトでのスルーパス。これで抜け出した染野が右隅に右足シュートを流し込み、ハットトリックを達成した。

 青森山田は三國を前線に上げて反撃。すると、42分、自陣からのロングボールが前線に入る。一度ボールを失ったものの、投入されたばかりのFW小松慧(3年)がPAで奪い返して抜け出す。そのまま同点ゴールを流し込んだ。

 青森山田は三國を前線に残したまま4点目を狙う。対する尚志はGK森本涼太(3年)のビッグセーブで大ピンチを逃れると、アディショナルタイムに“PK職人”のGK鈴木康洋(2年)を投入。大熱戦の決着はPK戦に委ねられた。

 先攻・青森山田2人目の三國のシュートが枠上。だが、尚志は3人目の右SB石川竣祐(3年)が枠上に外してしまう。そして尚志4人目、CBフォファナ・マリック(3年)の右足シュートを青森山田GK飯田雅浩(3年)がストップ。最後は緊張のPKを青森山田の1年生DF藤原優大(1年)が右足で決め、青森山田が決勝切符を勝ち取った。

1/12(土) 14:16配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190112-17605346-gekisaka-socc

【スコア】
尚志 3-3(PK:2-4) 青森山田

【得点者】
1-0 26分 染野唯月(尚志)
1-1 56分 檀崎竜孔(PK/青森山田)
1-2 63分 三國ケネディエブス(青森山田)
2-2 68分 染野唯月(尚志)
3-2 73分 染野唯月(尚志)
3-3 86分 小松慧(青森山田)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190112-00891146-soccerk-socc

高校サッカー、初出場・瀬戸内がベスト4!尚志帝京長岡下す★準決勝は尚志vs青森山田、瀬戸内vs流経大柏 

sty1901050016-f1




1: 2019/01/05(土) 16:19:05.12 _USER9
第97回全国高校サッカー選手権大会準々決勝が1月5日に各地で行われた。

 青森山田対矢板中央の一戦は、“ロングスロー”が試合を決めた。矢板中央が先制に成功したものの、40分、65分と立て続けにロングスローの流れから二階堂正哉がゴールを奪い、青森山田が逆転で準決勝に駒を進めている。

 2大会連続のベスト4入りを目指す流通経済大柏は、秋田県勢32年ぶりの準々決勝進出で勢いに乗る秋田商と対戦した。開始6分、流通経済大柏は相手のクリアボールに反応した八木滉史が先制点をゲット。この1点を関川郁万を中心とした守備陣が守り切り、準決勝への切符をつかみ取った。

 3回戦で前回大会王者・前橋育英を破った尚志。帝京長岡との激突となった準々決勝では、エース染野唯月が2試合連続のゴールを決め、7年ぶり2度目となるベスト4進出を果たした。

 初出場ながらここまで勝ち残っている瀬戸内は、3回戦で2点ビハインドをひっくり返した日本航空と対戦した。37分に吉田寛太が先制点を挙げると、その後は日本航空攻撃陣をシャットアウト。見事、初出場での準決勝進出を達成している。

 準々決勝の結果は以下の通り。準決勝の2試合は12日に埼玉スタジアム2002で行われる。

■準々決勝(5日)
【青森】青森山田 2-1 矢板中央【栃木】
【秋田】秋田商 0-1 流通経済大柏【千葉】
【福島】尚志 1-0 帝京長岡【新潟】
【広島】瀬戸内 1-0 日本航空【山梨】

 5日、第97回全国高校サッカー選手権の準々決勝が行われ、ベスト4が出揃った。

 ついに大会は埼玉スタジアムに戦いの場を移す。その1試合目は2年ぶり優勝を狙う青森山田高(青森)と、7年ぶりにベスト4の尚志高(福島)と激突。2試合目は前回準優勝の流通経済大柏高(千葉)と、初出場ながら堂々の4強入りを果たした瀬戸内高(広島)が対戦する。

 なお、決勝は14日に開催。果たして優勝に王手をかけるのはどの2チームか――。平成最後となる選手権の結末を見逃すな。

【準決勝】
(2019年1月12日)
[埼玉スタジアム]
[1]尚志高 12:05 青森山田高
[2]瀬戸内高 14:20 流通経済大柏高

【決勝】
(2019年1月14日)
[埼玉スタジアム]
[1]の勝者 14:05 [2]の勝者

1/5(土) 15:52配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190105-15443475-gekisaka-socc

【サッカー】<第97回全国高校サッカー選手権大会準々決勝>青森山田、“伏兵”2発で矢板中央撃破!流通経済大柏、秋田商業を下す!
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1546663604/

前回王者・前橋育英敗れる…尚志が後半の2ゴールで準々決勝に進出! 

20190103-00885798-soccerk-000-1-view

帝京長岡がのべ38人が蹴り合う史上最長PK戦を制す!! V候補の一角、東福岡が尚志に敗れる! 

20190102-00052184-sdigestw-000-4-view

前回準V流経大柏が逆転勝ち!東福岡にリベンジ達成の尚志、矢板中央などが3回戦進出:2回戦第1試合 

20190102-14495384-gekisaka-000-3-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索