Samurai Goal

小野伸二


スポンサード リンク





サッカー元日本代表高原直泰・小野伸二・稲本潤一の現在… 

EU6BasyWkAAeNzy




1: 2020/05/23(土) 18:05:15.34 0
高原直泰 九州リーグ・沖縄SV所属

小野伸二 J2リーグ・FC琉球所属

稲本潤一 J3リーグ・SC相模原所属


みんな落ちぶれすぎやろ

小野伸二は「才能あるMFだと証明」 オランダ1部“優勝未経験ベスト11”に現地選出 

20200522-00263144-soccermzw-000-1-view

小野伸二が選ぶJ歴代ベスト11「“魅せる”がコンセプト!でも言い争いが絶えないかも」 

20200515-00010002-sdigestw-000-5-view




1: 2020/05/15(金) 22:24:36.23
最も思い入れのある選手を挙げるなら
 4月23日発売のサッカーダイジェストでは、「Jリーグ歴代ベストイレブン」と題し、現役選手や元日本代表など総勢50名に“マイベストイレブン”を選んでもらっている。人選の条件は現在までに登録されたJリーガーで、外国籍選手は3人まで。ここでは、日本最高峰の天才MF、小野伸二(琉球)の“マイベストイレブン”を紹介しよう。

 2年前にも同様の企画で答えましたが、その時と顔ぶれは変わりませんね。選びたい選手はたくさんいるので悩みましたが……やっぱりこの11人になる。改めて僕が考えるベストイレブンを紹介します。

 この11人は、”視線を釘付けにする”というか魅せるサッカーをコンセプトに選びました。状況に応じて個々が的確に判断を下すなど、即興性の高いサッカーで相手を圧倒できる。とにかく重視したのは”魅せる”ことです。

 中盤を厚くした3-6-1システムの1トップはタカ(高原)で決まり。彼は日本で唯一のゴールゲッターと呼ぶに相応しい選手だと思っています。そしてトップ下には、“チームを勝たせる”ことができるヒデさん(中田)がいて、その後ろでラモスさんがチーム全体をコントロールする。

 最も思い入れのある選手を挙げるなら、ラモスさんですね。小さい時からずっと、そのプレーに魅力されてきましたから。

 憧れの人の両脇を固めるのが”サッカーを知っている”名波さんと、ここぞという時のボール奪取力が凄いイナ(稲本)。名波さんは安定感抜群のゲームコントロールが魅力で、イナは奪ってからの持ち出しもピカイチです。

 中盤は、俊さん(中村)とヒデさんの位置を替えてもいいかな。でも、正直このメンバーであれば、誰がどのポジションでもプレーできると思う。みんながどんどんポジションチェンジを繰り返しながら、人とボールがよく動いて、ポゼッションしながら攻め込んでいく。僕も入って一緒にプレーしたい気持ちもあるけど、これだけのメンバーが揃っていれば、見ているだけでも楽しいでしょうね!

FW 高原直泰
MF 中村俊輔、中田英寿、小笠原満男
  名波浩、ラモス瑠偉、稲本潤一
DF 中田浩二、田中マルクス闘莉王、福西崇史
Gk 川口能活

システム 3-6-1 監督:ギド・ブッフバルト

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200515-00010002-sdigestw-socc

>>2以降に続く

小野伸二は「守備も上手かった」 フェイエノールト元監督が当時の“天才ぶり”を回想 

20200510-00261047-soccermzw-000-1-view




1: 2020/05/10(日) 10:07:06.15
ファン・マルワイク元監督は「信じられないほど良かった」と最大限の賛辞
 元日本代表MF小野伸二(FC琉球)は、日本サッカー界の歴史において指折りの天才として知られている。かつて所属したオランダの名門フェイエノールトでの輝かしいプレーの数々は今もなお鮮明に刻まれているが、当時の監督は「前からの守備も上手かった」と評価している。オランダのサッカー専門サイト「VoetbalPrimeur」が報じた。

【動画】“天才ぶり”を元指揮官も称賛 MF小野伸二、フェイエノールト時代の「トップ10ゴール」

 1998年に浦和レッズでプロデビューを飾った小野は、4年目の2001年にオランダのフェイエノールトへ移籍し、すぐさまスタメンに定着すると2001-02シーズンのUEFAカップ制覇に貢献。翌年にはチャンピオンズリーグ予備予選で2ゴールを挙げ、本選出場に導くなど、主力として君臨した。2004-05シーズン以降は故障が増え、06年1月に浦和へ復帰している。

 当時監督だったオランダ人指揮官のベルト・ファン・マルワイク氏が、オランダのサッカー専門誌「Voetbal International」でファンを魅了し続けた日本のレジェンドについて語った。

「信じられないほど素晴らしかった。彼は誰もが思っていたよりもはるかに良い選手だった。クールなテクニシャンとして記憶されているが、前からの守備も上手かった」

 小野はフェイエノールト入り前の1999年7月、シドニー五輪アジア1次予選フィリピン戦で悪意に満ちたタックルを食らって、左膝靭帯断裂という重傷がその後のキャリアにも大きな影響をもたらした。しかし、オランダでも足首の故障や疲労骨折を経験。2006年のドイツ・ワールドカップ出場を優先し、日本への帰国を決断することになるが、ファン・マルワイク監督は代表活動における「酷使」も要因の一つになったと考えているようだ。

「彼ら(日本代表)は毎回、彼を呼び戻した。時差(7~8時間)や12~13時間のフライトについて指摘するようになった。これは彼のキャリアで長きにわたって怪我に影響をもたらすことになる。この派遣義務がなければ、彼はもっと素晴らしい選手へ進歩を遂げていたと思っている」

 ファン・マルワイク監督はかねてから「シンジは今まで見てきた選手の中で最高の選手」とその才能を高く評価していただけに、世界トッププレーヤーに上り詰める姿を見たかったという思いが強いのかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200510-00261047-soccermzw-socc

小野伸二人気はいまだ健在! 蘭メディアがフェイエノールトの“カルトな英雄イレブン”に選出「ファンからも認められ…」 

20200508-00010002-sdigestw-000-1-view

黄金の記憶 「逃げ出しそうになった…」15歳の天才・小野伸二を襲った“特大の衝撃” 

1: 2020/05/05(火) 05:46:15.70
小学校時代は「けっこうデカかった」
現在はFC琉球でプレーする小野。プロキャリア23年目のスマイルだ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

当サイトで好評を博した連載『黄金は色褪せない』。1999年のナイジェリア・ワールドユースで銀メダルに輝いた“黄金世代”のなかから、
小野伸二、遠藤保仁、小笠原満男、稲本潤一、本山雅志の5人に登場してもらい、その華麗なるキャリアの全容に迫ったインタビューシリーズだ。

ここではGW企画として、数多ある興味深いエピソードから厳選した秘話をお届けしよう。

第3弾となる今回は、日本サッカー界最大級の至宝、オノシンジのサイドストーリーだ。サッカーをはじめたキッカケから、自身のキャリアの礎となった“キヨショウ”での3年間を振り返る。

天才をして「これは付いていけない……」と言わしめたのは──。

―――――◆――――◆―――――

小野伸二がサッカーボールを蹴り始めたのは、「たぶん保育園の5歳くらい」だったという。

いろんなスポーツを遊びでやりながら、近所の友だちとボールを蹴っていた。次第にのめり込んでいくのだが、小学校3年までは特定のサッカーチームに属していなかった。

ある日、そんなシンジ少年に転機が訪れる。

たまたま家の前を通りかかった友だちが「これからサッカーのトレーニングに行くんだ」と言い、「じゃあ俺も付いていく」となり、
彼はグラウンドの片隅でひとりリフティングをしていたという。それがどんなレベルの代物だったかは分からない。それを見たコーチに「一緒にやらないか?」と声をかけられ、
サッカー選手としての第一歩を踏み出すことになるのだ。ちなみに小学校時代は「けっこうデカかった」。

天才少年はメキメキと頭角を現わし、13歳で初めてU-16日本代表に選ばれるなど、サッカー王国・静岡でも知られた存在となっていく。

幼少期のアイドルはディエゴ・マラドーナで、それはいまも変わらない。ボールキープしているときの佇まいが、どことなくアルゼンチン代表のレジェンドを彷彿させるのは、偶然ではないだろう。

「なんかね、ボール持った瞬間にワクワクするじゃないですか。いったいこのあと、なにをするんだろうって。小さい頃からずっと好きですね。いつか会えたらいいなと思ってます」

「一番サッカーを楽しんでた時期かもしれない。いま思えば、ね」

やがて中学を卒業し、“キヨショウ”こと名門・清水市立商業高校(現・清水桜が丘高校)の門を叩く。入部してまもなく、それまでのサッカー人生で味わったことのない衝撃を受けたという。

「小学校から中学校に上がったときって、それはそれでフィジカルの違いとか厳しさを感じたけど、それどころじゃなかった。
すぐに『これは付いていけないな』と思って、最初逃げ出しそうになりましたから。冗談じゃなく。
練習がハードすぎて、フィジカルが通じないうえに無茶苦茶スピードが速い。本当にどうにもならなかった」

全国区のタレントが集う強豪校で小野は、1年時からレギュラーを張った。インターハイや全日本ユースで優勝を飾り、最終学年はキャプテンとして最強メンバーを率いたが……。
高校選手権だけは一度も出場できなかった。シンジの七不思議のひとつだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/28b01947740294c9614e220e2dcaec00e7f13c47
5/5(火) 5:32配信

no title

https://f.image.geki.jp/data/image/news/253/14000/13836/news_icon_l_13836_4.jpg
https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/topics/24702_ext_01_0.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/mt1newyork/imgs/c/9/c951e315.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=O6YTI7spQ8M


PPAPチャレンジ 松井大輔編 【Next小野伸二】 

20191109_Matsui-Daisuke_TakahashiImages




1: 2020/04/15(水) 10:11:21.52
アテネ五輪世代の盟友FW大久保嘉人から回ってきた「PPAPチャレンジ」に挑戦

中村憲剛→小林悠→登里亨平→守田英正→大久保嘉人→松井大輔→小野伸二→?次はどのJリーガーか?


横浜FCの元日本代表MF松井大輔が公式インスタグラムを更新した。川崎フロンターレの元日本代表MF中村憲剛をスタートに、リレー形式で始まったピコ太郎が公開した“手洗いソング”「PPAP~2020~」をカバーする「#ppap2020challenge」に、
アテネ五輪世代の盟友FW大久保嘉人(東京ヴェルディ)からの指名を受けて挑戦。野球のユニフォーム姿に変身して真顔で行い、注目を集めている。

「PPAPチャレンジ」を発信したのは、川崎の“バンディエラ”中村。
自身の公式インスタグラム上で「以前テレビ番組で共演させていただいた古坂さんがプロデュースしたアーティストであるピコ太郎さんの #PPAP2020challenge のオファーをクラブから受け、
自分が出来ることならばとやらせて頂きました!! 
みんなで手を洗いましょう!!」とのメッセージ付きで、手洗いを推奨する動画を公開した。

そこからFW小林悠、DF登里享平、そして登里が指名したMF守田英正とFW大久保嘉人を経て、大久保が「次は松井大輔選手お願いします」とバトンを渡した(守田指名の谷口彰悟は未挑戦)。

「#大久保嘉人選手から指名されたのでやってみました」

 こう綴られた動画は、高校野球を連想させる白いユニフォームを着た松井がソファーに座り、真顔のまま音楽に合わせて手洗いの動作をするというシュールな仕上がりに。
ファンからは「爆笑」「最高すぎます」「何故に野球のユニフォーム?」「真顔がサイコー」とコメントが寄せられ、親交のあるタレントの今井翼さんも「秀喜ー」「稼頭央ー」と野球選手の名前を挙げて反応している。

 次の挑戦者にはFC琉球の元日本代表MF小野伸二が指名されており、「こころよく引き受けてくれました」「優しい」と記されている。40歳のファンタジスタがどのような「PPAPチャレンジ」を見せるのか、見ものになりそうだ。

2020.04.15
FOOTBALLZONE

https://www.football-zone.net/archives/257084

<小野伸二>オランダ紙の“フェイエノールト歴代ベスト11”選出!「ベルベットタッチに…」 

1: 2020/04/06(月) 20:13:11.96
在籍5年間で112試合19得点を記録し、UEFAカップ制覇にも貢献
no title



オランダ1部のフェイエノールトは、リーグ優勝10回、国内カップ戦優勝12回、UEFAチャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)優勝1回、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)優勝を誇る強豪だ。これまで日本人選手では元日本代表の2人、MF小野伸二(FC琉球)とFW宮市亮(ザンクト・パウリ)が在籍したが、オランダメディアが独自に“歴代ベストイレブン”を選出。天才・小野がオランダの名手たちとともに名を連ねている。

【動画】元日本代表MF小野伸二、オランダ人記者も魅了した魅惑のベルベットタッチ
https://www.football-zone.net/archives/255682/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=255682_6

 1998年に浦和レッズでプロデビューを飾った小野は、4年目の2001年にオランダのフェイエノールトへ移籍。すぐさまスタメンに定着すると、UEFAカップ制覇に貢献。翌年にはチャンピオンズリーグ予備予選で2ゴールを挙げ、本選出場に導くなど、主力として君臨した。2004-05シーズン以降は故障が増え、疲労骨折も経験。06年1月に浦和へ復帰することになった。

 フェイエノールト在籍5シーズンで112試合19得点。数字もさることながら、プレーでも魅せる選手だった。

 オランダ紙「De Gelderlander」は「史上最高のフェイエノールト」というテーマで、これまで所属した選手たちを対象にベストイレブンを選出。2001年からフットボールライターを務めるマーテン・ウィジュフェルス氏は、4-3-3の攻撃的MFに小野を配置した。

「たくさんの選択肢があるが、私のフットボール魂は、世紀の変わり目直後(2001年)のシンジ・オノと彼のベルベットタッチによって息づき始めた。ストライカーの頭に合わせてフリーキックを送る技術、ボールを収めて左右両足でシュートする能力とも素晴らしい。小野がいるところには安心感があった」

 そのほかには元オランダ代表MFジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト、3トップにはFWロビン・ファン・ペルシー、FWピエール・ファン・ホーイドンク、“ミスター・フェイエノールト”と呼ばれたFWクーン・ムーラインといったクラブ史に名を残す選手たちが名を連ねており、改めて小野の偉大さを感じさせる選出結果となっている。

4/6(月) 19:30配信フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200406-00255682-soccermzw-socc

小野伸二がチャレンジ動画の新作を投稿!「天晴」と今回もファン大反響 

20200404-00071426-sdigestw-000-4-view




1: 2020/04/04(土) 18:58:31.58
「練習やボール遊びだけで人をワクワクさせられるのヤバいですね」
 初心者向けのリフティング講座や、ゴールのバー当て、神業的なトラップ、リフティングの首での捕球の仕方など、数々のチャレンジ動画を投稿しているFC琉球の小野伸二が4月4日、自身のインスタグラムを更新し、最新のチャレンジ動画を投稿した。

【動画】「天晴」小野伸二が投稿したボール上げチャレンジはこちら
https://www.instagram.com/p/B-i8o_FhfL-/

「今回はボールの上げ方シリーズno.1、スローモーションもあるので見てねー」と3つの動画が投稿された。

 今回紹介された3本の動画はいずれも、軸足の外側に置いたボールをクロスした足で蹴る、いわゆる“ラボーナ”を駆使した上げ技の映像だ。1つ目はアップの映像。2つ目は少し引いた画角でボールの上げ方をスロー再生した映像。3つ目は、高く蹴り上げたボールを何気なく止めた”神業トラップ”の部分がスロー再生される。

 この投稿を見たファンは、今回も大反響。以下のようなコメントが寄せられた。
 
「簡単にやってみせてるけど、半端ないテクニック!!」
「スローの映像完全に足に引っ付いてますよね?」
「どこらへんが簡単か教えてください笑」
「ボール上げた後のピタッとトラップもやばい」
「神」
「天晴」
「上手すぎる」
「タッチが柔らかい」
「相変わらず天才」
「試合だけじゃなくて練習やボール遊びだけで人をワクワクさせられるのヤバいですね」

 Jリーグは試合日程も白紙に戻ってしまうなど、当面は試合も行えない状況だが、ちょっとしたボールタッチひとつでもファンを楽しませられる、小野伸二の魅力が遺憾無く発揮された動画だった。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200404-00071426-sdigestw-socc

“天才”小野伸二がサッカーを始めたきっかけ 貧しかった幼少期「その出会いがなかったらたぶん…」 

20200329-00000123-spnannex-000-4-view




1: 2020/03/29(日) 10:42:44.95
J2琉球の元日本代表MF小野伸二(40)が29日放送のフジテレビ系「ボクらの時代」(日曜前7・00)に出演。本格的にサッカーを始めるきっかけとなった“運命の出会い”を明かした。

同じ79年生まれで、99年のFIFAワールドユース選手権準優勝メンバーの高原直泰(40)、稲本潤一(40)と同番組に出演し、話題は「サッカーを始めたきっかけ」に。
幼稚園の頃から自宅の前で一人でボールを蹴っていたという小野は、小学校入学を前にサッカーチームの指導者からスカウトを受けたという。

10人きょうだいで、「自分の家にそういうお金がないことは分かっていた」と貧しい家庭環境だったことを明かした小野。
「申込書も自分で書いて持って行った。そしたら向こうは“ここ何かあるな”と思ったらしく、その人が家に来てくれて“全部面倒見るから”と」と入団までの経緯を説明し、
「その出会いがなかったら、俺たぶんサッカーやれてない」と振り返った。

稲本から、指導者にスカウトされた理由を聞かれると「俺のリフティングを見て」とニヤリ。
高原は「その時からタッチが違ったんだろうね」と笑っていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200329-00000123-spnannex-socc
3/29(日) 9:03配信



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索